広報邂逅記

広報宣伝に携わる私が、世の中の面白いこと、美味しいものを紹介します。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。

ブログ160226 博多 薬院のフレンチ

 | 食べ物

19:30
博多の知り合いのお招きで薬院のフレンチへ。

なかなか美味しいフレンチだった。

残念だったのが、皆んなが牛ステーキを希望したのに、シェフが聞き違いか、無視だったのか、メインは牛タンになってしまった。
あぁ、厚切りの牛ステーキが食べたかったなぁ。。。

デザートはスペシャルの盛り合わせ。
ソルベとガトーショコラがオシャレに飾られていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ160225 博多駅 エヴァンゲリオン フェア 改札の外でも

 | 食べ物


なぜ、せっかくの40周年なのに筑紫口でこっそりとやってるのかなぁ~と思ったら、博多駅は大部分がJR九州だし、新大阪の新幹線構内もJR東海が幅を利かせているから、なかなか大きなスペースが取れないのかなぁ。
何かにつけて可愛そうなJR西日本。

筑紫口を探したから、こんなパネルもあった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ160225 博多駅 エヴァンゲリオン ショップ~500TYPE EVA SHOP

 | 食べ物




こちらがエヴァンゲリオンショップ「500TYPE EVA SHOP」。
新幹線構内にあるかと思って探したが見つからず、駅員さんに聞いたら改札の外だった。

しかも、裏側の小さな寂しい改札。
目的を持って訪れる人でないと気付かないかも。

博多駅筑紫口側2階ひかり広場にあるキヨスク売店

こちらは、改札の外なのでお好きな方は是非。

母体はキオスクみたいだが、狭さを活かしてデコレーションも頑張っている。

おすすめは、500TYPE EVAが描かれたフリスクケース。

自分用にも、お土産用としてもお手頃。
言わないとくれないが、エヴァンゲリオンショップオリジナルの紫色のビニール袋があるので、GETしよう!


ただし、10時~18時までしかやってないし、休業日もあるみたいなので、要注意!
なんとも、やる気のないキオスクだ(笑)



https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/10/page_7755.html

http://www.500type-eva.jp/sp/#

http://www.500type-eva.jp/sp/event.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ160225 博多駅 本屋さんもエヴァンゲリオン

 | 食べ物


エヴァンゲリオン カフェの側の本屋さんでもエヴァンゲリオンフェアをやっているようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ160225 博多駅 エヴァンゲリオンカフェ~食品サンプル

 | 食べ物


、エヴァンゲリオン カフェの入口に飾られていた食品サンプル。

わざわざ作ったんだろうなぁ。
この企画が終わって棄ててしまうにはもったいない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ160225 博多駅 エヴァンゲリオンカフェ~外観 Nゲージ

 | 食べ物



エヴァンゲリオンカフェの通路側には壁がなく、通路に向かって500TYPE-EVAのNゲージが展示されていた。

ガラスが光ってしまい、文字の部分が上手く撮れない。

展示期間が終わったらこのNゲージは庵野さんが持ち帰るのだろうか?

それとも、京都に出来る博物館に飾るのだろうか?

まあ、幾つか造って寄贈はしてるだろうなぁ。

私が企画者なら庵野さんに京都の博物館でこのカフェメニューをずっと出せるように交渉するんだけどなぁ~。







Nゲージを正面から撮っていた女性がいたので真似てみた。

確かに、カッコいい。

Nゲージにも、新幹線にも、エヴァンゲリオンにもあまり興味はないのだが、この500TYPE-EVAのNゲージがあるなら欲しいと思った。

どこかで売ってないかなぁ~。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ160225 博多駅 エヴァンゲリオンカフェ~外観

 | 食べ物


12:30

打ち合わせもあるので、早々にエヴァンゲリオンカフェを出るのだが、こちらが外観。



壁の電光パネルがカッコいい。
零号機と500TYPEが左右に並んでいる。

TYPE-EVAを走らせようと思いついたJR西日本の社員は素晴らしい!
本当にドンピシャだ。






零号機と500TYPEの上下バージョンはさらに似ている。




エヴァンゲリオン カフェはこの企画のために造ったのかと思っていたが、元々あったカフェレストランの一部を改修して造ったようだ。
まぁ、無理のないやり方だ。
ただ、逆に混まないのかなぁ~。と心配。
まあ、期間中は単価の高いEVAメニューのお客様優先で、一般のお客様は別で食べてもらってもイイという考えなのかな?

新幹線構内ではあるが入場券で入れるので、是非、お立ち寄りしてみてはいかがでしょうか?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ160225 博多駅 エヴァンゲリオンカフェ~店内の様子

 | 食べ物



エヴァンゲリオン カフェは奥の細長いスペースがエヴァンゲリオンカフェになっていて、入口手前の辺りは通常デザインのままだ。

テーブルにはエヴァンゲリオンショップ博多限定商品の案内があった。


壁や柱にはエヴァンゲリオンのパネルが展示されていた。

個人的には壁のガラスに貼られた500TYPE-EVAのシールに萌える。




鏡に500TYPE-EVAのシールを貼るとはなかなかのアイデアだ。
お皿といい、色々と考えられている。

庵野さんは、実は鉄ちゃんらしく、鉄博にもお忍びで来ているし、
「館長庵野秀明 特撮博物館」の特撮映像での渋谷駅らしき所の山手線は模型なのだ。
http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/

鉄ちゃんだから、この500TYPE-EVAも実現したのかも。。。

本当にカッコいいので、ずっと走ってくれればいいのになぁ。

私の座ったのは、二人席の一番、零号機に近い席。




メニュー全体図。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ160225 博多駅 エヴァンゲリオンカフェ~注文した品は

 | 食べ物



博多駅のエヴァンゲリオンカフェでは、コーヒー(500円)とパンケーキ(800円)を注文。

まず、コーヒーが出てきた。

コーヒーはオリジナルカップで、500形のノーズが描かれていた。
お土産?にコースターがついている。

後でエヴァンゲリオンショップに行ったが、このコーヒーカップは売っていなかった。
売ればいいのにねぇ。

コーヒーにはコースターの他にクッキーが2つついてきた。

そう思うと500円は良心的かも。(笑)

よく見るとクッキーには零号機の顔らしき紋様と綾波レイの横顔らしき紋様が押されていた。

写真でわかるだろうか?

食べるのは、もったいないとも思ったが、エヴァンゲリオンのファンではないので、ありがたくいただいた。




続いて、パンケーキが登場。
零号機と500TYPE-EVAの焼印が嬉しいが、800円はかなり高い。

ただ、これまたお皿がとてもイイ。
パンケーキを置くことを想定してデザインされたのか?!
パンケーキより、お皿がメインと言うような感じ。

残念ながら、こちらのお皿もショップでは販売されていない。

フォークとナイフを置くペーパーには零号機と500TYPE-EVAが描かれているが、テーブルにあるペーパーは柄なしだった。
描かれていたら、皆んなへのお土産で少し持ち帰りたかったが、そういうやから防止のために、置かないんだろうなぁ。。。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ160225 博多駅 エヴァンゲリオンカフェ

 | 食べ物




エヴァンゲリオンカフェは新幹線構内にあるようで、きゃろきょろするとありました!

12:04
無事、店内に。
あまり、エヴァンゲリオンは詳しくないので、かなり大きいエヴァンゲリオンのフィギアが展示してあった。
萌え~。という感じにはならないが、紫と黄緑と白のカラーリングはまさに、500TYPE EVAだ。
こちらの初号機(零号機、0号機)と呼ばれる物が今回のプロジェクトのモデルのようだ。
とても素晴らしいイメージで500形にデザインされたことがわかる。

きっと、鉄ちゃんでエヴァンゲリオン好きにはたまらないんだろうなぁ。

平日の昼前のせいか、カフェは空いていて、零号機のフィギアを正面にとらえられる位置に座る。

メニューは事前にチェックしてきてはいたが、パンケーキにするかトーストにするか迷い、パンケーキにしてみた。
それにしても高い。

コーヒー500円、パンケーキ800円だ。
かなりぼったくり。

メニューのスイーツセットには毒々しい紫の500TYPE EVAの形のケーキがあった。

怖いもの見たさで食べてはみたかったが、当初の目的はパンケーキを食べることだったので、次回のお楽しみに。

期間中にもう一度、来れるといいなぁ。






カレーもあるようだ。

きっと、鉄ちゃん&EVA好きにたまらないメニューなんだろうな。。。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加