広報邂逅記

広報宣伝に携わる私が、世の中の面白いこと、美味しいものを紹介します。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。

ブログ101225 阪神タイガースの羊羹

 | 食べ物
今日はWヘッダーで能の後は同じく渋谷で親友のよすこ夫妻達と行き着けのお店でクリスマス&忘年会。
昨年に引き続き鍋とお酒で楽しい宴会だ。


そしてこちらが、阪神ファンのよすこが持参した阪神タイガース羊羹
「とらや」で出している。虎だけにタイガースなのか?とらやは京都出身で関西だからタイガースなのか?
でも、老舗の和菓子屋なのに斬新だ。


しかも、パッケージの虎柄はもちろん、中味の羊羹まで虎柄なのにはびっくり心憎い演出だ
この羊羹は大阪の阪神百貨店の「とらや」でしか買えない限定品らしいが、
阪急阪神百貨店のオンラインショッピングでお取り寄せ出来るらしい。


■阪急阪神百貨店 限定
とらや「六甲の風」 1,953円(税込)
オンラインショッピングはこちら

阪急阪神百貨店のおとりよせサイトのコメントはこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ101225 七拾七年会 観世能楽堂

 | 芸術・Culture
今日はクリスマス
知人のお招きで観世能楽堂へ七拾七年会主催の能と狂言を鑑賞に。チケットも8000円を6300円にしていただいた。
先日、松本で衝動買いした正絹小紋の着物でお出かけだ

 
演目は
能:養老(ようろう)~水破之伝(すいはのでん)~
   シテ 武田 文志
大鼓が凄かった能の中でもテンポが一番早いらしい。

狂言一調:おかしき天狗
   シテ 山本 則俊
   太鼓 小寺 真佐人

一調:勧進帳
    謡  観世 清和(観世流宗家)
   大鼓 亀井 忠雄

狂言:武悪(ぶあく)
   シテ 山本 則重
アドの動きが素晴らしい。老齢なのにあの軽やかな動きには目が釘付けだ。

仕舞:巴     岡 久広

仕舞:砧~後~  野村 四郎

仕舞:野守    関根 祥丸


披き 能:乱(みだれ)
    シテ 武田 宗典
衣装が美しく、海の精を表す舞いらしいが、普通の能とは動きが違って面白かった。

歌舞伎ほど煌びやかではないけど、伝統芸能としては格は上。
しかし、華やかではない分大変みたいで収入は半分が舞台で半分は生徒さんの月謝だそうだ。
しかも生徒さんは全国にいるらしく、あまり東京にはいないとのこと。
また、衣装などは数千万もするので先代がなくなるとそういった衣装も相続対象になるらしく、税金が大変らしい。
変な宗教法人の税金をタダにするなら伝統芸能のそういったことも守ってあげればいいのにね。


始まりの挨拶の馬場あき子(歌人)さんは歌舞伎では暴力沙汰で話題になってますが狂言には殺生話は無いとウィットに飛んだ話をしていたが、武田文志さんは海老蔵と同級生らしく飲み仲間らしい。巻き込まれなくって良かった良かった(笑)
年末に着物を来て日本の伝統に触れるのも良いものである

来場したお客様に配られた『もなか』。
クリスマスだけあって、最中の皮がクリスマスツリーの形になっている。


ちょっとしたアイデアで和菓子もクリスマス仕様になる。
和菓子好きの私としては、和菓子が末永く繁栄していって欲しいと願うばかりだ。

観世能楽堂
1900年の観世会の創立にともない建設された観世流の活動拠点となる「観世能楽堂」。
所在地   東京都渋谷区松涛1丁目16番4号
電話番号   TEL.03-3469-5241
座席数   552席
アクセス   渋谷駅ハチ公口より徒歩12分

■七拾七年会 
七拾七年会事務局:03-6760-0209
能楽師 武田宗典氏 ブログ

■和菓子処 ならは
東京都小金井市本町1-10



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ101217 カシオペア

 | 鉄子ネタ
年末年始の鉄呑みのメールをやり取りしていたら、
『どーも。カシオペア添乗中のです。
検査直後の対応のためです。だからいろいろ調整作業してます。
ちょっとだけですが。この先何も発生しない事をお祈りください。』
なんていう羨まし過ぎるメールがきた。しかも写真つきだ。


来年は往き北斗星、復カシオペアという北海道の旅をなんとか実現したいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ101211 サンライズ出雲

 | 鉄子ネタ
横浜に行く途中、東海道線だったので品川の車両基地の横を通る。
この車両基地には9月に乗ったサンライズ出雲がいつも止まっている。


そして今日もちゃんといた。

毎年春の改編にて寝台列車が消えていってします。
サンライズは出雲や四国に行く寝台列車で地味な地域を走るが
なんとか残って欲しい。

サロンはあるけど食堂車がないのが寂しいね。。。
そう思うと中国の列車は昔の日本が偲ばれて
イイね。やっぱり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ101218 代々木 ラファエル シャンパーニュパーティ

 | 食べ物
今日は代々木にあるラファエルというレストランでクリスマスイベントを実施。


企画運営はcdcの嶋氏にご依頼。
シャンパーニュとワインを飲み尽くすという企画だ。
このラファエルは関東大震災や東京大空襲の被害に遭うこともなく平成の現代まで現存している貴重な建物である。
あと7年で築100年を迎えるらしい。(2010年12月現在)
最寄り駅は代々木八幡もしくは代々木公園なのだが、ご近所には安部元首相のご自宅があるという高級住宅街にある。


表は蔦のからまる洋館で中に入るとホールになっている。レストランとしてはこのホールのみなので、小笠原伯爵邸などから比べると規模は小さい。


中はクラシカルな桜の豪天井だが古い建物だけあり天井は低めであった。
食べ物のお味はまあまあ。
一度、外観もわかるランチの時間でじっくりと堪能に来るのもいいかもしれない。
評価としては
ラファエル<小笠原伯爵邸


シャンパーニュパーティだけあり、シャンパーニュをはじめこんなに飲み尽くしました

5分でわかるシャンパーニュ講座
シャンパーニュはフランスのシャンパーニュ地域で作られた発泡酒の中でも厳選されたものだけがシャンパーニュと呼ばれます。
ですので、ある程度のクオリティは保障されているので、
レストランでシャンパーニュを選ぶ時は、迷わず一番安い物を
頼めばいいそうです。
特に男性の方は、シャンパーニュをさりげなく選ぶことで
膨大なワインリストのプレッシャーからは免れるので
お勧めと嶋氏。
また、シャンパーニュは3種類のぶどうから作られるそうですが
ワインのように種類まで覚えることはなく、ぶどうの種類は
3種という数字だけ覚えれば十分だそうだ。

グレードも4種類とわかりやすい。

ワインと違いテイスティングの際にグラスを回すこともないし、
テイスティングを避けたい時は、早く乾杯したいから
そのままついでください。といえば、ワインのような
まどろっこしい儀式はせずに、すぐに会話とお食事に
入れる。なので、クリスマスでいつもより豪華なお店で
お食事を考えている男性には、乾杯はシャンパーニュが
お勧めであると嶋氏は力説しておりました。
ご参考にしてくださいまし。


Garden Cafe&Restaurant RAPHAEL(ラファエル)
住 所:東京都渋谷区富ヶ谷1-30-24
最寄駅:千代田線代々木公園駅 または
小田急線代々木八幡駅 徒歩7分
営業時間
ランチ :11:30~15:30(L.O. 15:00) 
ディナー:17:30~22:00(L.O. 20:30) 
*火曜日はランチのみの営業となります。
*夏季限定土日祝日のみ ティータイム:15:00~17:30(L.O. 17:00)
定休日:水曜日 第一&第三火曜日



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ101215 JRスキー2010

 | 鉄子ネタ

今日は上野で呑みなので上野駅で降りるとJRスキーのポスターがあった


よく見るとスキーブーツが新幹線になっている確かに形が似ているし、なんとも可愛い思いついたデザイナーさんにあっぱれ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ101215 上野駅の美味しい店『虎の子』

 | 食べ物
OBK53と上野駅で待ち合わせ魚が安くて美味しい店に連れてってくれるとのこと
ちょうど上野駅正面向かいの常陽銀行の裏手すぐにある呑み屋だ
まさに『ザ下町』。
入るとカウンターなのだが奥が広くなっていて座敷もある。お通しは小松菜のゴマ和えちゃんと板さんが作った物だから美味しい。
ぐっとくるねぇ
お刺身が安くて美味しいというので、マグロのあごとハマチを頼んだ。
マグロはごま油と塩で食す。ほぼ牛肉みたいだ。
ハマチは脂がのっていて臭さ味もなく美味しい。
合格点だしかも厚切り
これで430円とは儲けが出ているのだろうか?
お酒も和民並みに安いがまともだ。
大根の煮物もキレイに面取りされていて添えてあった大きな昆布もだし汁も完食


焼き魚でハタハタを頼んだ。


凄い子持ちなんだけど卵だけあって白身がドロドロしており、ドロリ系が苦手な私としては卵部分はリタイアでも身はおいしかった。
焼き鳥も身が柔らかく美味しいし、鳥皮のポン酢は自家製で酢を使わずに作っているらしく、風合いがたまらない。
しかも、呑んで食べ尽くして二人で6000円ちょっとなんだからビックリ
是非お近くまで来た際には立ち寄って欲しい。

二階に宴会用座敷もある。


■上野 虎の子(とらのこ)
住所 東京都台東区東上野2-20-9
TEL 03-3831-9739
営業時間
ランチ 月~金 11:30~13:00(L.O.13:00)
ディナー 月~金 17:00~23:00(L.O.22:15)
ディナー 土 17:00~21:00(L.O.20:30)
ランチ営業、夜10時以降入店可
定休日 日曜・祝日


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ101217 新宿駅にて

 | 鉄子ネタ

新宿駅から帰る際に、あずさの下りホームにて案内板の付け替えを目撃
今でも、駅員さんが脚立にのって掛け替えている。


世の中、デジタル化が大部進んでしまっているが、大都会のど真ん中でこんなアナログな作業が行われているとホッとする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ101204 松本城下町 中町商店街

 | Travel&Sightseeing
松本城下の水路をたどりながらブラブラ歩いていると
「中町商店街」に出た。


何度も松本には来ているが観光はしたことがなかったので
観光客が訪れるようなこのような通りがあったのすら知らなかった。
通りは城下町をイメージできる蔵を中心とした街並みに
整備されており、観光客も沢山いた。


通りには、井戸がありコップや柄杓が置いてあり
水が飲める。
飲んでみたが、美味しかった。


陶芸のお店を覗くと、奥に中庭がありおばあさんが
植木の手入れをしていた。
風情のある姿だ。。。


今、流行のパワーストーンのお店があった
「ちょっと覗いてみよう」と思ったのが運のつき・・・
結局、1万円くらい買ってしまった。


中町商店街を出て駅に向かう途中に見つけた
着物のお店。コーディネートがイイ。
福袋の中身として飾られていて3万5千円程度だった。

今回のそぞろ歩きで、
●縄手通り商店街の古着屋さんで
正絹の白の綸子の反物1本
半幅帯 1本(黒字に青の花柄)
正絹の白の端切れ 4枚

●中町商店街 縄手通りの古着屋さんの本店
名古屋帯 黒の幾何学模様の変わった柄の帯 1本
名古屋帯 エンジ色  1本

●本町通り
名古屋帯 白地  1本   サービス
正絹白地に紫(USED)  1着
袋帯   黒   1本       計5万円

いやいや、久しぶりに衝動買いデス。
ストレス溜まってるとやってしまうんです。


本当は福袋の着物も欲しかったんだけど
手に持てない状況だったので、あきらめて写真のみ。。。
白い帯、白い着物、、、いいなぁ~


中町のガイドマップは無料でもらえるらしい
→→→こちら


松本城下の通り

■中町商店街
中町商店街周辺に残る蔵屋敷は約90棟ほどだそうで、そのほとんどが壊される事なく活用されてる。
江戸時代創業の木造3階建ての旅館などもあります。

■縄手通り商店街(ナワテドオリ)
長野県松本市大手にある商店街。明治以降に松本城下の南端の外堀を埋め立てて盛り場と化し、多くの露店が構えられていたが、2001年に全面改装され、昔の町並みを再現した下町風情あふれる商店街となっている。カエルがシンボルで毎年かえるまつりを開催している。
城下の整備の一環として外堀が開削された際、その計画線の外側に張る水縄(戦国時代の測量用具)の線を水縄手といい、女鳥羽川との間にできた細路道が「水縄手道」と呼称されたことに由来する。

■本町通り
松本駅前通りから松本城方面に向かう大通りで、古くから松本の主要通りとして栄えた。
上杉謙信が敵である武田信玄に塩を送った際に牛をつないだとされる牛つなぎの石が伊勢町通りと中町通りの交差する場所にある。


http://www.matsumotohonmachi.com/about/castle.php

http://www.mcci.or.jp/syotengai/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ101204 城下町松本 水の街

 | Travel&Sightseeing
サンチームでランチの後、松本城に行ってみようかと、なんとなく歩き出した。
いつも松本では車の移動が多いので、気づかなかったが、松本美術館の周りの側溝には綺麗な水が流れていた。


最初は美術館だから美景のためのデザインかと思っていたら、側溝の小川は梓川の方へと流れており、よくみると街のあちこちが側溝の小川だらけだった。


しかも、水の音に誘われて路地に入っていくと家の入口の脇から湧き水が沢山出ていて小川へと注いでいる。


角の手打ち蕎麦屋の千両 赤が燃えるように綺麗だ。

小川は道路の下をくぐって隣のブロックへ。水もかなりキレイ。


こんな駐車場の脇からも湧き水が。植木鉢を使っているのが面白い。


玄関の前にも小川が流れているので、側溝に玄関分だけ蓋がしてある。


逆がわの小川は道路の下を通ってここにたどり着いている。


ちょっとオシャレな家では、湧き水を使ってこんなに素敵なお庭を作っている。




駐車場の脇からも水が懇々と湧き出ている。コップや柄杓が置いてあるので飲めるのだろうか?
右手は池になっている。


松本では会計士さんの家は昔からお金持ちなのか会計士と看板のある家は、大きくて立派な作りだ。こちらの家も会計士。塀も立派だし、側溝も綺麗に整備されている。


城下町だけあって、こんな建物も残っている。朽ち果て気味なのが残念。

 こんな所からも水が

本当に街のあちこちから水が湧き出す音が聞こえてくる。


この家はなぜか猫が6匹も仲良く陽向ぼっこしている。
よっぽど気持ちいい場所なのか?
近づいても微動だにもしない。
私も昼寝したい…〓


■後で調べたら、松本の城下町は湧き水や井戸が各所にあり、
「まつもと城下町湧水群」として環境省の
「平成の名水百選」に選定されているらしい(〃^∇^)o_彡☆
問合せ>松本市観光温泉課 TEL:0263-34-3000








コメント
この記事をはてなブックマークに追加