塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

爆報ザ・フライデー、あの名手の現在を特集

2017-10-14 00:33:50 | 日記
 昨日放送された「爆報ザ・フライデー」を見たF・マリノスのファン、特に加茂さん率いる日産時代からのファンがどう感じたでしょうか?

 僕は2015年の時点で、木村和司さんが脳梗塞を患っていることを知らず、昨日の放送を見た形になります。

 「木村さんがF・マリノスの指揮官だったのはもう7年も前の事だったか」
 「中村がスペインから復帰したのもこのころだった」
 「スポンサーもアディダスからナイキに変更し、マリノスはクラブ時代を改革期に位置付けていたのだろうか」

 と様々なことを考え、推測しました。

 映像ではあの韓国戦のフリーキックが確認でき、カリオカと共に80年代の日本リーグをけん引した名手が、監督時代は思い悩んだ出来事が詳細に綴られていますしたね。

 F・マリノスというクラブは

 1・木村和司という、ある種の伝家の宝刀をうまく使えなかった
 2・2016シーズンの中澤への減俸提示と、中村のジュビロ移籍

 というように、監督、選手への心情をフロントがうまく持ち合わせていない印象が強いですね。

 故・松田直樹が退団する際も、ファンがフロントの決定に納得いかずに紛糾しましたが、時には

 「金で買えない物もあるさ」

 という達観した心情も必要ではないでしょうか。

 糖尿病やうつ病など、様々な形で病魔に襲われるも、今を懸命に生きている木村さんの姿が確認できました。

 大リーグはどのようにして資金を用意しているのかわかりませんが、引退した選手に年金だしていますが、Jリーグも年金という形で一定以上結果を残した選手に、引退後の生活を支える制度。

 を検討してみてはどうでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今改めてJリーグの運営を考える | トップ | 僕が水にケチな理由 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事