塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

パチューカの本田、好調を維持する

2017-11-19 01:35:40 | 日記
 14試合で6ゴール。

 メキシコ、パチューカに新天地を求めた本田圭祐の決断は、現在は良い方向に向いていると思います。

 日本テレビはクラブ・ワールドカップの放送権を持ちますから、中米代表として参戦する本田の取材を既に始めていますが、なるほどと思うことがありました。

 日本ではクラブハウスを含む設備の充実がまだ追い付いていない面がありますが、パチューカのドレッシングルーム、練習場、ジムの充実さは、欧州の一流クラブにひけと取らない充実さでした。

 特にドレッシングルームにおけるロッカーを、漠然と名前で区切るのではなく、選手の等身大パネルで示し、自尊心を煽っている点はJリーグも参考にすべきでしょうね。

 彼が在籍していたミランの「ミランラボ」は、イタリアを飛び越えてその充実さで知られていました。

 パチューカの施設に関して本田は凄く満足していると思います。

 高地に適応すること
 スぺイン語という新しい言語の習得
 知らない土地への移動

 彼にとっては毎日が新鮮でしょうが、ファンの熱狂度にも関心を抱いているに違いありません。

 メキシコもイタリアのように、勝てばファンから英雄扱いされ、敗れる、不調が続けば「くそ野郎」「給料泥棒」「役立たず」と、大きな罵声を浴びせられます。

 通常の選手であれば外出を控えたくなるような喧噪です。

 でも本田はきっと

 「この評価を覆してやる」
 「批判しているメディアに後悔させたやるぞ」

 と燃えている時間が長い、それが現在の好調につながっていると思います。

 本田は日本代表に必要な選手と思いますが、ハリルホジッチが考える4-3-3の布陣との相性が悪いとも囁かれますが、彼が唱えるデュエルを体現するために、高地のクラブを目指したという点は理解できます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サッカーで苦手意識を持つことの不利

2017-11-19 01:20:26 | 日記
 パルセイロの場合、トップは藤枝、レディースはジェフとの対戦成績が非常に良くないのです。

 つまりトップがJ2への昇格、レディースがリーグ戦で上位進出を目指すには、選手の体調や監督采配以外に

 1・連敗しないこと
 2・苦手意識を持つ対戦相手を作らない事

 があるのですが、どうも相性の良くない対戦相手はどの競技でも生まれしまいます。

 J1ですと、レッズはアントラーズに分が悪い印象がありますが、優勝経験クラブですら思うように勝利できないことがある、と考えても慰めにはなりません。

 マイケル・ジョーダンがシカゴ・ブルズに入団し、プレイオフでコンスタントに勝てるようになっても、アイザイア・トーマスがリーダーを務めたデトロイト・ピストンズの荒々しい守備の前に、大いにてこずったものでした。

 最終的にピストンズから勝利を得ると、それまでの形成不利が嘘のように苦手意識が消えてゆくのですが、パルセイロもとにかく

 接戦を物にして勝ち点3を奪いにいく
 負けなければ良し、という場合のドロー狙い

 というように、明確な意思が必要とも感じます。

 野球のような長丁場とは異なり、Jリーグの試合数を考えた場合、「お得意さん」を持つと逆にファンと選手の気は楽になります。

 ワールドカップ予選をみても、南米ではボリビアやヴェネズエラと戦った際、勝ち点3意外にどれだけ得点を奪えるかが焦点となるように、貪欲な試合運びが求められます。

 ヴェネズエラはアンダーの世代が成長を見せ、ボリビアもマルコ・エチェベリのようなタレントが生まれないこともないでしょう。

 ただ現状では草刈り場という印象も強く、サッカーが持つ弱肉強食の姿が垣間見えます。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プーマ、新作スパイクは靴紐に着目

2017-11-18 00:47:35 | 日記
 プーマは昔から

 「いかに靴本体と脚を巧みにフィットさせられるか」

 という観点で靴を製造してきた印象をもちます。

 その代表例がディスク・システムであり、エヴォ・ニットの開発と感じます。

 ディスクはライバル会社が次々と搭載するプーマの専売特許ではなくなりましたが、靴紐ではなく円盤で締め心地を調節するアイディアは、やはり画期的でした。

 そのプーマが今度は選手自身が自在にシューレースを操れる新作スパイク

 「フューチャー18・1FG]

 という新作スパイクを発売します。

 専門サイト「コーヘイズ・ブログ」によりますと、今月22日に加茂スポーツから発売されるそうですが、この自在に靴紐を結べるという概念は確かに希薄でした。

 スニーカーでも革靴でも従来は

 1・靴紐は傷んできたら好感する
 2・アイレットに靴紐を通してゆく

 という形で、これ以外はストラップかスリップオン、スニーカーならばマジック・テープという具合でした。

 1990年代、パトリックのオーシャンとアディダスのマスターが大注目を集めましたが、これは藤原ヒロシさんがマジックテープで着脱が便利なマスターに注目したためで、皆こぞって探したものです。

 このフューチャーは、選手がいかなる結び方でもできるように、内側にエヴォニットを用いながら合成繊維のネットを網目状に張り巡らせる形をとっています。

 数年前、雑誌に掲載されているスパイク広告には、ニットもなければアンクルブーツ型もなく、この数年でどれだけスパイクの概念が変化しているかが確認できます。

 一方で従来の革スパイクの行方がどうなるのかも気になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

個性を伸ばすというのはたやすい物ですが。

2017-11-18 00:37:34 | 日記
 今でもあるかどうかわかりませんが、僕が進学進学を志していたころは「一芸入試」という試験がありました。

 学力試験だけでは人間本来が持つ個性、味わいが感じられないということで、何かしらの特技を面接官の前で披露し、審査してもらうというもので、他には試験を一本に絞った1科目受験も行われていました。

 僕は当時、西洋史には相当な自信があったので、仮に6大学でこの方式を採用しているところがあれば、西洋史で勝負してみればよかった、と思うことが多々ありました。

 予備校はやはりお金も必要ですし、交通費や再度の受験申込が必要ですからね。

 サッカーでも一芸に特化した選手は存在意義があります。

 ベッカムは現役時代、その外見の美しさが時に揶揄の対象となりましたが、一方で
 
 「彼のプロ根性は素晴らしい」
 「右脚からのクロスは正確無比」

 という評判だけは誰もが抱いていました。

 2008年、当時のイングランド代表監督マクラーレンは、当初代表から外していたベッカムを再度呼び戻しましたし、短期レンタルで2度加わったミラン、半年の在籍でしか無かったPSGでも、そのクロスは大きな武器になったものです。

 2010年のワールドカップ、日本代表も

 「本田圭祐」

 という絶対的な個性を4-1-4-1の1トップに起用して収穫を得ましたし、2002年には中田英寿がいましたね。

 個性を生む、創造することはたやすいことではなく、特に日本のように均一化を求める社会では猶更です。

 誰だって疎外になることは嫌ですし、僕は高校時代、クラスに溶け込めなくて大変でしたから、個性を育むことが周囲の反感や眼差しを我慢せねばならないこともわかります。

 個性が強い選手が自分で育つのか、それとも周囲の手助けが必要か、まずその点を見極める必要があると感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jリーグがカレンダーを欧州式に合わせたい気持ちはわかりますが

2017-11-17 21:35:10 | 日記
 長野県は県全体が広いために、降雪、積雪の量に差があります。

 新潟県との県境である栄村、志賀高原のある山ノ内町、五輪会場となった白馬村、このあたりは毎年多くのスキー客や雪かきの映像が用いられます。

 一方で僕の住む千曲市、南の坂城町、上田市はさほどの降雪はありませんが、雪かきが必要な場合は多いですね。

 Jリーグがより選手と密接な科関係が持てる、飽きの開幕、春先に閉幕という欧州リーグと同様のスケジュールを導入したい気持ちはよくわかります。

 ただ、僕が危惧するのは、試合の開催そのものでも、スタジアムでどう暖を取るのか、という点ではありません。

 1・試合当日に積雪が予想された際、ファンと選手が交通渋滞に巻き込まれたらどうするのか
 2・試合のさなかから大雪の気配が漂い始めた場合、敵地まで応援に来たファンはどう帰宅すればよいのか

 という2点はやはり考えるべきではないでしょうか。

 2014年初頭の大雪は、かつて僕が住んでいた甲府市を直撃し、甲府駅前が幾度もテレビに映し出されました。

 当然ですがヴァンフォーレも試合開催に苦労しましたし、とりわけ母は

 「あんたが甲府に住んでいなくてよかったよ」
 「もし山梨学院在学中にあんな雪があったら、心配で眠れなかったよ」

 と語ったほどです。

 大雪ともなれば、地元のファンでも帰宅に苦労しますし、駅前のホテルはすぐに埋まってしまい、食事もとる事が難しくなります。

 ファンの交通手段をリーグが考える必要はありません。

 ただ、そこまでの配慮を考えてみることも一考と思ったにすぎません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加