塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

日本、UAE戦が迫ってくる

2017-03-21 01:34:04 | 日記
 伝統を重んじるイングランド代表にとって、キャプテンの責務はアームバンドを巻くこと以外にも、大きな重みを持ちます。

 ですから不貞を働いたジョン・テリーに対し、ファンが溜息をついたことは致しかたなかったように思います。

 ボビー・ムーアに限らず、同僚を鼓舞し、自身を律するできる人間でなければ、どんなに秀でた技術を持っていても、腕章を渡されることは無いわけです。

 では長谷部という主将の離脱が決定した日本は、誰が主将を務めるかという点も留意せねばなりませんし、中盤の構成も同様です。

 僕は4-2-3-1の3の中央は、恐らく香川が務め、センターを山口と高萩が務めると予想します。

 高萩は日本よりもフィジカル・コンタクトが強いと言われるkリーグでもまれてきましたし

 1・長いフィードでUAEの最終ラインを後退させる
 2・守備の負担を山口に軽減してもらい、自身は攻撃に重きを置く

 形になるのではなかろうか、と感じます。

 久保や浅野のようなキャップが少ない選手ではなく、清武、香川という従来の選手が起用される見込みが高いのは、敵地ということもありますし、芝と笛に違和感を覚えては意味がないためです。

 大切なことは

 1・ファウル・トラブルに注意する
 2・早い時間での失点は絶対に避ける
 3・監督が交代枠3をどう使うか

 という、ある意味当たり前の観点です。

 UAEは1990年以降ワールドカップから遠ざかっていますし、1997年の最終予選では日本と同組でした。

 あの時はモハメド・アリが要注意人物として指摘されましたが、国内では日本を徹底分析した映像が流れたと言われるほど、準備が万端な点が日本とは対照的ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転勤の季節に思う事柄 | トップ | リニューアルした日本経済新... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。