memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

雨水と魚で耐えて2か月間漂流した漁師 

2017-04-21 00:02:00 | 海事

若いフィリッピン人漁師が2か月間漂流に耐えたのち木曜日に帰還した。この間彼の叔父は洋上で餓死したが、彼はPNGの近くで通行中の船舶により救助された(3月31日AP)

笑顔のRolando Omongos, 21歳はその試練を雨水,生の魚と祈りにより耐えた。彼と叔父は南部のGeneral Santos 市から出漁したが仲間の漁師とははぐれたもの。

小船で漂流中は彼と叔父は魚を捕まえることに奮闘し雨水を待った。「自分は希望を捨てなかった」 と Omongosは記者団に語った。 「自分は共助されることを祈り続けた」

最悪の事態は1か月後に叔父が起臥のために亡くなった時だったという。Omongos は通航する船舶に救助を求め続けたが、最終的に日本漁船がPNG沖合で彼を救助してくれた。現場は母港国3,000 km (1,800 浬) 以上離れたところだった。彼は生まれて初めてんもった航空機でマニラに帰還した。彼は記者団に恥ずかしそうに手短に語った。その後彼はGeneral Santosにもどり、彼の母は涙ながらに彼を抱きしめた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« EUが西地中海の戦略を発表した | トップ | Astrakhan沖で係留事故 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む