memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

西アフリカで海賊の襲撃

2013-07-31 00:01:41 | 海事
ABUJA発:今週トーゴの沿岸でケミカルタンカーが海賊に襲われたと海事および治安当局が発表。このところ西アフリカ水域では危険が高まっている(7月23日Reuters/Helmsman)

高速ボートに乗って武装グループがマーシャル諸島船籍のタンカーMT Ocean Centurion に乗り込んだのは火曜日のこと。現場はトーゴの首都ロメの東南45海里である。船員の所持金と持ち物の強奪が目的と治安消息筋はいう。タンカーを運行しているUnion Maritime社はコメントを拒否している。

海賊の監視に当たるIMB国際海事局は同じ位置での別の攻撃もあったというが鮮明は確認されていない。「7月16日盗賊が乗組員2人を連れて救命艇でタンカーから脱出した。船用金や乗組みの金品、所持品を強奪した」とIMBのウエブサイトが報じている。「その後乗組員は解放されたが3人が負傷した」と。

ナイジェリア、トーゴ、ガーナ、アイボリーコーストなどのギニア湾は原油、ココア、鉱物などの産地市場である。アフリカの角地帯とは異なり、ここでの国際的な海軍力による警備活動は行われていない。昨年からの海賊行為の多発で運行や保険のコストが上昇し、投資意欲を減退させている。月曜日には24人が乗組んだケミカルタンカーをガボン沖合いでハイジャックしているが、これは相次ぐ襲撃でもっとも南に位置する。ナイジェリアのギャングがこうした襲撃の主叛徒治安当局は見ている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チョウザメ養殖は未成熟  ベトナム

2013-07-31 00:01:21 | 亜細亜海道
チョウザメのような冷水性魚の養殖にあってはベトナムはいまだ未成熟であり、この国の持つ気候、水資源、地理的条件を有効に活用してはいない(7月20日SGGP)

この新しい養殖産業は中国からの非合法なチョウザメの到来に脅威を受けている。冷水性魚養殖とくにチョウザメ養殖は5年前に始まった。その場所はLam Dong やLao Cai 省などで2012年チョウザメ養殖は700トンに達し、その半分がLam Dong省である。 しかしその後中国からの非合法なチョウザメの搬入が国内生産者に脅威を与えている。データによれば非合法なチョウザメの鮮魚が毎日ホーチミン市に空路運ばれ、安値で販売されている。Lam Dong 省の冷水性魚養殖協会長Tran Van Haoによれば, 国産チョウザメは疎の体重が2キロ程度になる12~14ヶ月で収穫される。一方中国の魚は成長促進剤により4~6ヶ月で漁獲される、このため中国産チョウザメはベトナム物よりも安価である。

中国物の安値のチョウザメは国産チョウザメの流通を麻痺させ、深刻な影響を養殖業者に与えている。Vietnam Da Lat Sturgeon 社の役員Ngo Thi Kim Phungは国産チョウザメは利益確保のためにはキロあたりVND150,000ドン(邦貨700円)で販売しなければいけない、しかし中国物は業者にはキロあたりVND50,000-60,000で、また末端業者にはキロ当たり VND120,000であるという。 一方北部省の養殖業者は中国からチョウザメを輸入し、濃くないものと偽装して市場に出しているという。Tran Van Hao はxホウザメ養殖産業の保護と発展を持続するためには中国の非合法な魚を阻止し管理する必要があり、幼魚、魚の餌、用h速家庭、販売などに対する様々な対応が必要という。

最近は地元の会社が稚魚を生産することが出来るようにはなった、しかしその品質が良くは無い。餌料も国内生産できるがその技法や原料を海外から輸入する必要がある。明らかに生産者と供給業者の関係も緊密ではない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

燃油補助金が削減された   スリランカ漁民

2013-07-31 00:00:52 | 亜細亜海道
Colombo発:スリランカの漁民協会は漁民に対する燃油補助金が政府により削減されたと発表(7月20日ColomboPage)

全セイロン漁業者連盟会長のNihal Galappatti は漁民は政府から小額の補助金を受けていたがそれさえも削減されたという。彼はGalleでの記者会見で25万から30万人の漁民が生計意地のために燃油補助金に頼っているという。彼はこの補助金は死者までが出るような漁民の示威行動によって勝ち取ったものであったという。

「しかし、この補助金は十分なものではない。それでも漁民はそれに頼らざるを得ない。でも、政府は今回補助金を削減した、これにより漁民は深刻な危機に陥る」とGalappattiはいう。 彼によれば補助金は一部の地区では3月以降補助金が完全にストップ、今や他の地区にも波及しているという。「危機に対応できない漁民にできることは自殺することくらいしかない 。

彼らは他の仕事に就くことはできない。彼等が海で奮闘して魚を持ち帰っても良い値段で売ることが出来ない。政府はこの問題について解決できていない」とGalappatti はいう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デンマークが漁業紛争の調停役を務める

2013-07-30 00:05:07 | 水産・海洋
難題に見えるファロー諸島とこれにたいするEUおよびノルウエーとの調停役を務める(7月22日FUD)

ファロー諸島の首都Torshavnからの報告によると、ファロー諸島に対する経済制裁を行おうとするEUの動きを止めるべくあらゆる努力を行うことをデンマーク政府が約束したという 。デンマークはEUメンバー国である、しかしファロー諸島はそうではない。しかし、デンマーク政府は国防と外交政策の面でファロー諸島に責任を持っている。本件はファロー諸島が太平洋-スカンジナビア系のニシンとサバに独自の漁獲枠を設定したことによる紛争である。このことにはアイスランドも関係している。

デンマークの外務大臣Villy Søvndalはファロー諸島に対する経済制裁が発効する前に両者が交渉のテーブルに就くことに大きな希望を持っていると発言している。先週Søvndal 外相はファロー諸島の首相Kaj Leo Holm Johannesenおよび外務大臣、漁業大臣と面談している。コペンハーゲンでの会談ではいかにEUとの紛争を可決するかが話し合われた。

ファロー諸島はTACのごくわずかな部分しか与えられないと主張。このために自主的に漁獲枠を設定したことで関連沿岸諸国による怒りを買い、EUがファロー諸島に対する経済制裁を行うという発表に繋がった。「会談のゴールは ファロー諸島が交渉のテーブルに再度つくということの保証である。この保証ファロー政府によるものである」とデンマーク外相が語った。(以下省略)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怪しい魚の行商(押し売り)についての警告   英国

2013-07-30 00:04:32 | 
イングランドのLincolnshire郡で怪しい魚商についての警告が出されている(7月22日FUD)

過去数週間で、Lincolnshire取引基準局は戸別訪問をする怪しい魚売りについての苦情が寄せられていると発表した。彼等が近場にある大型魚市場のGrimsby港からきたものかどうかは判っていない。しかしこの港は多くの数の正当な移動販売方式の魚商の根拠地であり、評判もよい。彼らの多くは組織に加盟している。

取引基準局の先任係官Angela Kaneによれば「住民から戸別訪問の魚の行商人から押し売りを受けたという声を聞いている,魚の値段はもっぱら高値で、表示が無かったり、違った表示や期限切れのものもあると聞いている。また魚が鮮魚と書かれていても、解凍した魚であったり、冷蔵車で運ばれていないものもあり、こうしたことは消費者の健康被害につながる」と。またさらに「当初消費者は値段が数ポンドと聞いたものでも、押し売りや嫌がらせの行為により値段は結局高値となる。Lincolnshire にはまっとうな移動販売の魚商がいるが、同時に無許可の行商人もいるので注意が必要だ」と。
こうした魚商が尋ねてきた場合には3つの対応があるという。
・行商人に魚の名前や価格を記載したレシートを求めること
・見知らぬ相手については常に身分証明を求めること
・こうした押し売りは断ること・・・などである。また不審な行商人からの押し売りを受けたり購入した場合にはLincolnshire取引基準局に連絡することという。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安値でナマズPangasius生産が減少

2013-07-30 00:04:03 | 亜細亜海道
VIET NAM発:2013年前半期の国内pangasius生産は560,000 トンで2011年対比で3%減少したとベトナム国家統計局が報じている(7月19日TFSND)

主要養殖生産地での減少が起きているとVASEP。An Giang 省は846ヘクタールで3%減少(原料魚130,000トン、3%減少。)Can Tho省 746ヘクタール、5.1%減少 (61,000トン, 6.9 %減少)Vinh Long省 434ヘクタール、10.6%減少 (52,000 トン7.6%減少などである。この減産は原料魚の安値によるもので、投入コストの上昇と、輸入市場の需要沈静化による。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イワシの来遊はない   ダーバン

2013-07-29 00:03:29 | 水産・海洋
DURBAN発:研究者らはイワシの来遊は終わったと推測している。今年のサルデイン・ラン(大量のイワシの来遊)はそれが始まる前に、すでに終わったと宣言した(7月20日IOL)

「一尾のイワシさえもKwaZulu-Natal (KZN)沿岸では網に入らなかった」とKwaZulu-Natal サメ部会の Debbie Hargreavesが昨夜発表した。「来遊はまったく観られなかった。しかしたぶん10月末以前に来遊するだろう。しかし我々はイワシ情報ホットラインを閉鎖することにした。こうした最悪の事態は今まで無かったことだ」という。海洋調査研究所の主任研究者であるBruce Mannは”非常に賭けのような見方だが”この理由は南アフリカ水域におけるマイワシ資源量の減少によるのではないかという。「過去数年で多くの魚とともにマイワシ資源がEastern Agulhas 礁に向かって移動したのではないか」

マイワシの成魚は通常は大量の産卵が行われるWestern Agulhas礁で多く見られる。この地区で起きる栄養塩豊富な湧昇流によってそれが強化される。ところが東方に移動したことにより栄養塩のレベルが低下し、産卵が減少したのではないか。「研究者らはこの事態には水温も関係しており好適な産卵や卵や幼生の生残がこのところ低下していたのではないかと見ている。このことは南アフリカ周辺のインド洋および大西洋でのマイワシ資源量の低下をもたらす。

KZN 沿岸の水温は今年は平年よりも若干高いとMannはいう。「マイワシは水温およそ18度程度を好む。しかし今年の場合はKZNの南岸ではそうした水温にはなっていない」という。ニシン科のシャッドについても今年は不漁で漁民らはマイワシや気候変動にも関連していると見ている(以下省略)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンテナ船が火災で漂流、乗組員は無事    インド洋

2013-07-29 00:02:52 | 海事
1,740-TEUのコンテナ船 Hansa Brandenburgが昨日インド洋で火災発生、漂流している。本船はシンガポールからダーバンに向かっていたものとSeatrade Globalが報じている(7月18日SNT).

乗組員17人は全員無事で、シンガポールからケープタウンにむかっていたHermann Buss社所属の2,209-TEUコンテナ船 Donau Traderに救助された。リベリア船籍の本船は2003年建造でかつてはMaersk Aucklandと呼ばれていた。本船はモーリシャスの北東200海里にある。 この事故はインド洋で船体が折損し沈没したMOL COMFORTに続いてのものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

治安対策で操業禁止   エジプト

2013-07-29 00:02:26 | 海事
EL-ARISH, Egypt発:エジプトは過激派の侵入対策のためシナイ北部沿岸沖合いでの操業を禁止した(7月20日Ma'an News)

エジプト治安当局はエジプト領土への過激派の侵入防止のための決定であるとMa'anに語った。この禁止措置は無期限主のであるというがこれによりEl-Arish, Rafahや北部沿岸の漁師に影響を与えることになる。
2ヶ月前の密輸トンネルの取り締まり以降、夜間に船を利用してのエジプトへの侵入が増加している。エジプト沿岸警備隊は最近10人のパレスチナ人を乗せていたボートを捕捉したがうち6人は逃亡した。逮捕された4人はジハードグループの過激派であると当局はいう。国内に広がった抗議によりムルシ大統領が軍事クーデターにより倒されて以降j、ほぼ毎日のようにシナイでは軍隊や警察に対する過激派の攻撃が行われている。

この政情不安のなかで治安部隊の数人が死亡、2人のエジプト人クリスチャンも殺害された。このうちの一人は誘拐されたあと首を切られ状態で発見されている。アナリストらはシナイでのイスラム過激派に対する暴力はムルシが倒されたあとの政治不安に乗じたものであると。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三沙市への航海

2013-07-28 01:03:55 | 亜細亜海道
昨年6月24日中国は海南省最南部の永興島に国内でもっとも新しい三沙市を開設した。ここは楽園とされている(7月18日ChinaDaily)

"Coconut Princess"が海南島と永興島を定期的に結び、旅客と貨物を運んでいる。いまだ観光資源は十分に活用されてはおらず、旅客は主に仕事上での人々、軍隊およびその家族などである。
"Coconut Princess"は乗客に夕食を提供する。食堂のウエイターらは無駄をなくすためにその提供数は限られていると乗客らに伝えている。船上での夜は様々で、カラオケ、映画を楽しめるし、おしゃべりに費やす人々もいる。朝5時になると写真好きが甲板に出てきて景勝を楽しんでいる。頭上にはカモメが舞う。そして数時間後には"Coconut Princess"は永興島に入港する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯨肉貨物を送り返した   ドイツ

2013-07-28 01:02:16 | 水産・海洋
日本向けの鯨肉のコンテナをドイツ税関当局が阻止、アイスランドに送り返した(7月19日FUD) 

ハンブルグの港でこの貨物は税関検査され、オランダのロッテルダム経由で送り返された。アイスランドかロッテルダムまでの輸送に関った船社はもう鯨肉は扱わないと発言、別の会社がこの返送を行った。アイスランドは捕鯨を継続していることで多くの国々から批判を受けている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国船の行動に抗議   ベトナム

2013-07-27 00:04:19 | 海事
ベトナムはベトナム領海であるHoang Sa (Paracel) 諸島で、7月7日、中国船がベトナム漁船を追尾したり嫌がらせを行ったことに対して抗議の声を上げている(7月18日VNN)

この事件についての記者団の質問に対しベトナム外務省報道官Luong Thanh Nghi はこの振る舞いはHoang Sa 諸島におけるベトナムの主権とベトナム東海(南シナ海)における主権的権利と管轄権を侵害するものであると発言した。
この振る舞いは漁民の人道的な取扱の精神に逆行するものであり、国際法とベトナムと中国が合意している国際協定の精神に反するものであると。また同時に東海(南シナ海)における締約国の行動に関する宣言(DOC)にも反するものであると。

関係当局によれば中国船306がベトナム水域であるHoang Sa諸島で操業していた2隻の漁船QNg 96787 TSと QNg 90153 TSを追尾した。中国船の乗組員がベトナム漁船に乗り込み船内を捜索、漁民を殴打したり、器物破壊や一部の品物を2隻の漁船から持ち去ったという。報道官よればベトナム外務省の代表者が在ハノイ中国大使館の代表に抗議文を手渡したという。ベトナム側は中国に対し本件についての厳正な捜査を求めるとともに、ベトナム漁民に対する補償と今後このようなことが起こらぬよう求めたと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悪夢: 船員が燃える船に閉じ込められた

2013-07-27 00:03:48 | 海事
「燃える船からの脱出の際には3歳の娘のことだけを思った」とタンカーMT Samuderaからの生存者Abhishek Kumarがはなした(7月16日thestar)

この30歳のカルカッタからの船員は神と彼を火災から救ってくれた仲間に感謝した。マレーシア海事執行庁MMEAは燃える船から22人を救出したが依然一人が取り残されている。火災はPulau Kukup の沖合い2.6海里で発生した。「自分は機関室の当直だったが、火災発生で 混乱した」「何の警報による前触れ無く、機関室で爆発が起こり、消火不能となった」と彼は事故の発生は日曜日の3.30pm であったという。彼は過去7年間この船に乗船しているがこうした事故ははじめてだという。

別の乗組員Pardeep, 27歳は仲間のGiridherがいまだ見つからず悲しいという。「彼がまだ生きているかどうかは見当がつかないが、疎の可能性は薄い」といい、彼等がライフボートで脱出したときには Giridherだけがいなかったという。一方MMEAジョホールバルのボスのCapt Aminuddin Abd Rashid は火災が他の部署に回らないように努力しているという「火災が収まれば行方不明者の捜索を行う」と。Aminuddinによれば本船は原料油をインドネシアのバタム島からバングラデシュのチッタゴンに輸送中であったと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南極半島のOrcadas基地がマグニチュード7.3の地震に見舞われた  アルゼンチン

2013-07-27 00:03:19 | 水産・海洋
強烈なマグニチュード7.3の地震が南極大陸沿岸を襲った。しかし負傷者は無かったとアルゼンチンのOrcades南極基地の地震専門家が月曜日は報じている(7月17日MP)

「 地震観測所は世界時14:03GMTにマグニチュード7.3の地震を観測、震央の深さは10Kmである」と報じたこの地震による基地の被害や観測スタッフの負傷などは無いという。また、南極半島の別の基地における損害や負傷などもないという。
アルゼンチンOrcadas科学観測基地はこの地域で最古のもので1904年2月に開設されている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

輸入水産物に対する取締りを強化している  中国

2013-07-27 00:02:55 | 
5月1日に発効した新規則により証明書の無いすべての水産物と肉類は中国の海港において厳重に阻止される(7月16日SFS)

39の国と地域は中国への輸出を承認されていて中国政府のウエブサイトで表示されている。消費者に対する警告としての声明文は外国からの輸入水産物および肉類のラベルに対する警戒を強化すると中国検疫局、品質検査局などが中国の港での水産物に対する検査を強化することを発表した。AQSIQ品質検査検疫局の中国南部の三亜にある部局はタイから最近輸入した南米産エビ300箱をビブリオ細菌vibrio parahemolyticusを検出したとして破壊した。この貨物の重量は3,240 kgで金額にしてUSD 23,328 (EUR 17,785)であるが、こうした細菌の問題のある貨物の海南省への搬入ははじめてのことであるとAQSIQが発表した。このバクテリアは胃の痛みや下痢を生じるという。AQSIQは3月以降米国、カナダ、韓国、タイ、台湾などからの輸入検査を強化していると。

輸入水産物嗜好に対する反発であることは明らかである。青島日報の日本伊予長居レポートによると、最近北極アマエビの24トンの輸入物で品質不良が認められ送り返されたという。AQSIQの引用する統計によれば、多くの輸入水産物についての検査が行われた結果、不適合のものが発見されているという。今年の初めにはノルウエーから輸入された250トンの冷凍アジにリステリア菌Listeria monocytogenesが発見された。また54トンの冷凍イカから許容量以上のカドミウムが発見されているという。こうした日常食品の安全を脅かすスキャンダル多発に直面し中国はその安全検査体制を強化しようとしている。(以下省略)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加