memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

機関出力喪失でコンテナ船が高雄港の岸壁に衝突  台湾

2017-08-08 00:02:15 | 東北地震津浪災害 3.11

2468-TEU APL Jeddah、出港「突然機関出力喪失」したとAmerican Shipper.が報じた(711SNT)

本船舶は、58番バースに衝突したと高雄港湾局からの声明を引用して、Seatrade Maritimeが報じた。
港湾当局によると、乗組員の負傷は無く、傷ついた岸壁は修理のために閉鎖されており、APLは航海を続ける前に船の損傷を評価する。
APL Jeddahは、高雄、大阪、神戸、東京、横浜、高雄、厦門、香港、広州 - 南沙、深セン - 蛇口、マニラ、そして高雄に戻る日本Taiwan 6 Service-JT6サービスに参加している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島原発事故による放射能の影響はない  アラスカの水産物

2017-01-26 05:54:50 | 東北地震津浪災害 3.11

福島原発事故による放射能の影響はない  アラスカの水産物

2011年原発事故によるアラスカ水産物への放射能の影響はないことが最近の検査結果で判明した(1月11日SfS)

州政府による2016年福島原発事故のアラスカ水産物への影響調査が行われていたが、影響がないことがアラスカ環境保護局DECにより確認された。DECは他部門との協力を得て、日本の原子炉事故によるアラスカの魚介への影響を確認した」と。

これまでの検査結果福島事故にあっても福島事故に関連した放射性核種のアラスカ水産物への影響はなかったとDEC。関係当局はking (Chinook) salmon, chum salmon, sockeye salmon, pink salmon, halibut, pollock, sablefish, herring および Pacific codについての検査を行ってきた。(以下省略)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太平洋の放射能は5年たって平常値に回復した   福島県沖

2016-07-17 05:43:56 | 東北地震津浪災害 3.11

福島原発のメルトダウンによる期待と液体の海への流出は5年経過して太平洋の放射能レベルは急速に平常値に回復した(7月4日RTENEWS)

2011年3月11日のマグニチュード9.0の地震による津波で日本は数十の原発を停止したが、原発事故による放射性物質の世界の海への流出は過去最大規模で会った。地震と福島原発の爆発により原発を冷却する海水は放射性物質を太平洋に流出、これが海流により大規模に拡散した。

海洋研究科学委員会と世界中の専門家らはこの5年間いついて取りまとめをしたが放射性物質は米国沖合まで運ばれたという。しかし、プラントに関連した放射能の20件以上の分析結果から、太平洋の放射能レベルは平常の数千万倍以上高かったものが急速に平常値に回復しているという。

「その一例として福島県沖の魚のサンプルは放射性物質が安全ではない状態にあった」と海洋科学年次レビューの共著者である" Pere Masqueはいう。「しかしながら、その値は許容値を1%超えるレベルにまで低下した」という。しかしながら、調査結果からは福島原発に近い海底や港湾での値は依然高度に汚染されている。これは1986年のチェルノブイリ各事故以来最悪のものであった。

「この海域での海洋生物の放射能レベルの監視は継続する必要がある」と西豪州のEdith Cowan大学環境放射能化学の教授のMasqueはいう。日葡念願から北米に及ぶ太平洋の放射性セシウムの調査が行われている。(以下省略)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拿捕された漁民を保護  ベトナム外務省

2016-03-22 00:01:31 | 東北地震津浪災害 3.11

インドネシアのベトナム大使館に対して外務省がインドネシア当局に働きかけ逮捕されたベトナム人漁業労働者25人を助けるよう指示したと外務省領事部が3月8日発表した(3月9日INFOVN)

うち9人は漁船BV 3240 TS の乗り組みでほかの16人はBV 99253 TS乗り組みである。インドネシアのベトナム大使館はかれらの保護のために動いた。

またこれとは別に、2月28日韓国漁船Dongkyeong 201が日本近海で沈没。うち1人の遺体が発見されたと韓国のベトナム大使館が発表した。大使館は韓国当局とともに残る5人お発見に努めている。29トンの漁船Dongkyeong 201は2月29日9:30 p.m市漁業通信局との交信を絶った。船はKyeongbukのChuksan港を出港したもので、船には韓国人船長のほか6人おベトナム人が乗り組んでいた。この漁船はその後の3月3日日本の水域で発見された。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島県南部沖で漁の試験操業始まる

2013-10-30 00:00:08 | 東北地震津浪災害 3.11
東京電力福島第一原発事故の影響で操業自粛が続いていた福島県南部沖で18日、漁場や魚種を限定して漁を行う試験操業が始まった。(10月18日読売)

試験操業は同県北部沖で昨年6月に始まったが、同県南部沖では初めて。
この日未明、同県いわき市内の4港から、同市漁協と小名浜機船底曳網漁協に所属する漁船13隻が出漁。久之浜漁港には午前9時半過ぎ、約50キロ沖合での底びき網漁を終えた7隻が次々と帰港し、水揚げで港は活気に包まれた。水揚げした魚介類は放射性物質検査を行って出荷される。

スルメイカ約20キロ、ミズダコ約20キロ、メヒカリを水揚げした「三誠丸」(17・8トン)の船長・北郷輝夫さん(62)は「台風の後であまりとれなかったが、2年7か月ぶりにようやく第一歩を踏み出すことができた」とホッとした表情を浮かべた。同市漁協の矢吹正一組合長(76)は「汚染水問題などのハードルはあるが、根気よく試験操業を続け、消費者の理解を求めていきたい」と話した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大震災流失漁船、福井県沖で発見 2年5ヵ月「太平洋大回り?」

2013-08-06 00:11:19 | 東北地震津浪災害 3.11
 2011年3月の東日本大震災の津波で宮城県気仙沼市から流された漁船が3日、福井県沖で見つかった(8月4日福井新聞)

回収した敦賀海上保安部は「太平洋を大回りした後、沖縄付近を通り、海流に乗って日本海側に流されてきたのではないか。相当運が良かった」と驚いている。 敦賀海保によると、同日午前7時ごろ、坂井市の安島岬から北西約76キロの海上で漂流している漁船を付近を航行中の貨物船が見つけ、118番通報した。同海保の巡視船えちぜんが現場に向かい、漁船を回収。敦賀港桜岸壁に戻り、陸揚げした。

 船体に書かれた船名「千代丸」と漁船登録番号から、持ち主は気仙沼市の漁師村上千代志さん(56)と判明。大震災の津波で同市の離島・大島の係留場所から無人状態で流され、2年5カ月近く漂流したとみられる。 船体は長さ5メートル60センチ、幅1メートル50センチ。後部に小さな穴が開いていたが、いけすの部分だった。船内についた藻は一部で、浸水した跡はなかった。同海保によると、同じ漁船が6月中旬、沖縄近海で見つかったが、しけのため回収できなかった。

 村上さんは「びっくりした。見つかったので状態が良ければ、また使いたい」と話したという。ただ、移送費などがかかるため、どうするかを悩んでもいるようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島の漁業の今を探る

2013-06-13 11:21:13 | 東北地震津浪災害 3.11
地元漁業組合と骨の折れる交渉をしたあと、自分は福島第一プラントの沖合いで魚の放射線量を調べる漁船に乗船を許可された。(5月30日REUTERS)

2011年3月11日の地震と津波に襲われた後商業的漁獲は禁止されている。唯一の漁業は政府と契約した小規模漁業者による汚染調査に関るものだけである。彼等漁業者らはかつての良き日々を思い出しながら2週間ごとに海に出ている。彼らは生計の再建を希求し、昔のようなフルタイム操業が可能となるかどうか、不安と期待を抱いている。

この厳しい環境の中での出来るだけ日常的な写真を可能な限り撮りたいと考え始めた。小船の上は滑りやすく、前後に波に揺られ、しぶきが甲板の上に降りかかる。刺し網をするのだと漁師に聞かされたがこれが甲板の上のかなりのスペースを占めかなり危険で自分と持ち物に絡みつく。自分は網に絡まれないようそして海に落ちないように心がけた自分が網を踏んだら、ぶっきらぼうな漁師に怒られるのではとおそれた。自分の不注意ですべてが無駄になるのではと。

そこで自分は1本脚の上にカメラを載せ遠隔操作で漁網を見下ろす写真を撮ることにした。この普通は用いない技法で水面や水中の撮影をすることが出来た。自分は好みのCanon EOS5D Mk3を一本脚の上に取り付けた。そして防水用のプラスチック素材でカバーし甲板の上の安全な場所で遠隔操作をした。(中略)

幸いにも福島の漁民はぶっきらぼうでなく不機嫌でもなかった。非常にエネルギッシュに動き回り、優しく自分に周囲を見せてくれて、災害のあとの彼らの日々に格闘の話をしてくれた。自分はしばしば暇なときに釣りをし仲間からは”釣りキチ”と呼ばれている。でも今回は釣竿ではなく、一本脚の棒を写真のために用いた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

津波のナゾ・・・魚は日本の別の場所から?

2013-04-30 00:02:01 | 東北地震津浪災害 3.11
3月22日にロングビーチに漂着した20フィート長さのボートは2011年の日本の津波による残骸と判定された(4月10日SeattleTimes)

しかし、多くのなぞが残るのは5尾のイシダイがボートの中で生きていたこと。この魚は南日本のもので津波が襲った北のものとは異なる、と州生態局の報道担当Curt Hartはいう。ではどうしてボートの中にいたのか?

Hartによればこのボートが海を南方まで漂い、転覆した際にイシダイの格好の隠れ家になったのではないかという。その後ボートが正常な状態に立ち直った際に魚をその内部に取り込んだのではと見ていると。 「実際に何が起こったのかはミステリーだ」という。4尾の魚はボートが浜に乗り上げた際に死亡、残る一尾はオレゴン州のシーサイド水族館に送られた。

ボートはサイショウマルであるとシアトルの日本総領事が確認、持ち主はボートの返却を望んではいないという。ワシントン州公園局とコロンビア川海事博物館はこのボートを永久貸し出しとすることを検討している。イシダイのほかにもボートの中には30~50種類の海草や動物が確認されている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島原発からの放射性汚染水が漏れたのではないか

2013-04-19 00:02:03 | 東北地震津浪災害 3.11
120トン規模の放射能汚染水が福島原発の貯蔵タンクから漏れたのではないか、これにより周辺土壌が汚染されると東京電力が土曜日発表した(4月6日REUTER/VOR)

電力会社はこの原因をいまだ究明していないが、原子炉の冷却水貯蔵に用いている7つのタンクのうち1基について確認したものと同社の報道担当オノ・マサユキが記者会見で発表した。東京電力は今後2週間でタンクに残っている13,000立方米の水を他の容器に移送する予定である。漏れ出したタンクは海岸から800mのところにありもれた水が海まで到達することは無いと共同通信はつたえている。

東京電力はどのくらいの期間にわたって漏れていたのかについては言及していない。福島第一原発の運用者らは原子炉を安定に保つための冷却水の維持や地下水の制御について問題を抱えている。同社は金曜日、原子炉の燃料棒冷却の機能がひとつの原子炉で3時間にわたり機能停止したと発表している。この事故は過去3週間で2度目のことである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島原発近くの魚から高いレベルの放射線量を検出

2013-04-06 07:09:02 | 東北地震津浪災害 3.11
体長38センチのアイナメ(greenling)からキロあたり74万ベクレルの汚染を検出した。食用としての許容量に比べて7,400倍に相当する(3月18日The Telegrapf)

この発見で福第一原発からの汚染が地震と津波の発生から2年以上経過したいまでも放射線の朗詠が続いているのではという恐れを再燃させている。3月11日の災害につづいてこの原発は一連の爆発やメルトダウンに見舞われ、結果として大気、土壌、海洋への放射能汚染を引き起こした。

この毀損したプラントの運用者であるTEPCO(東京電力)が直近の海洋生物の汚染態調査の中で発見したもの。この魚は原発運用者が汚染の拡大を防ぐため設置した海底からの垣網の内側で発見したものである。 福島の沿岸での商業漁は禁止されている。然しその範囲の外でも汚染された魚の発見が続き、放射能汚染の拡大が懸念されている。

カルフォルニア沖合いで発見されたクロマグロでもセシウム汚染が発見されている。これは回遊魚であることから原発によるものであると確認されている。1986年のチェルノブイリ事故以来世界最悪の原子力事故の浄化作業が続けられているが、当局者はこの作業には40年間かかると警告している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚の高度放射線量を確認   日本

2013-01-25 00:01:44 | 東北地震津浪災害 3.11
法的許容基準の2500倍以上の放射能汚染が福島第一原発近くの魚から見つかった(1月18日SKYNEWS)

プラントの運用者であるTEPCO東京電力が根付きの魚の一種である”ムラオソイ”から検知したもので、魚は福島原発プラントの港内で獲れた物。2011年3月11日の地震と津波で原子炉のメルトダウンが起き、放射性汚染物質を大気中に拡散した。福島周辺の漁業は停止となり政府は牛肉、ミルク、きのこ類、野菜などを禁止した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大きな物体が漂着   ハワイ

2012-10-22 00:03:01 | 東北地震津浪災害 3.11
州国土天然資源局はBig島に漂着した大きな金属製の物体をどう撤去するか検討している。(10月9日KITV)

州報道担当のDeborah Wardは月曜日、この物体がどこから来たのかを識別できるような記載はないという。昨年の日本の津波による瓦礫かどうかいまだ不明である。この物体は高さ15フィート直径20フィートある。この物体は岩場のWaikapuna に打ち上げられた。ハワイではこれまでに2件が津波によるものとして確認されている。先月にはWaimanalo沖合いで青色のプラスチック製容器がみつかり、先週には岩手県のぼーとがマウイ島の800海里沖合いで漁業者によって発見されている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボートが日本から漂着  ハワイ

2012-10-18 12:13:59 | 東北地震津浪災害 3.11
HONOLULU発:州および連邦政府当局者がハワイの漁民が16フィート長さの日本の小船を発見したと報じた。昨年の津波によるものがハワイまで漂着したもの(10月5日AP)

州国土および天然資源局は無傷のボートが漁船ZEPHYRによりマウイの700海里おきで発見されたと金曜日発表した。ホノルルの日本領事館はこのボートが岩手県の登録であると。持ち主は返還を求めないと。ハワイ当局者は侵入生物や放射線の有無を調査したがその懸念はなかった。このボートはハワイに漂着した2番目の瓦礫である。先月には大型の青色のプラスチック製魚容器がオアフ東部に漂着している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漂着の魚コンテナは日本の津波によるものと確認   ハワイ

2012-10-14 11:31:41 | 東北地震津浪災害 3.11
ホノルル発:ハワイに漂着した大型のプラスチック容器が日本の昨年の津波によるものと確認されたと米国海洋大気局NOAAが金曜日発表した(9月21日AP/NEWSNATION)

日本領事館はこの青色の容器は福島から漂着したものであることを確認したとNOAAの広報担当が語った。これはカナダと米国で確認された瓦礫の12番目のものであるという。

この容器はオアフ島南東部の海岸Waimanaloで発見されたものでハワイ水中研究所に引き渡された。水産物の運搬に用いられていたもので、4フィートX4フィートの容器にはYK水産の名前があるという。

ハワイ大学の研究者で海流の専門家であるNikolai Maximenkoは津波の瓦礫の流れについて研究しているが, この容器の漂着は彼の予測時期と一致しているという。「我々の漂着予測に一致した」といい「しかし、これは偶然の一致かもしれない」と。
100万トンから200万トンの瓦礫が洋上にある。そのうちの1~5%が米国やカナダに漂着するだろう」と彼はいう。カニやフジツボが容器に付着しているとともに、地元の海鳥5羽も見つかった。うち2羽は飛んで逃げ、3羽は容器の中で死んでいた。これには外来種の植物や動物は付着していなかったという。

一方漁業者がオアフ島に向かっている大型の浮桟橋を発見、日本語が書かれていることから津波によるものと見られている。30フィートx50フィートのこの桟橋はモロカイの沖で発見されたものでオアフ島に向かっている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浮桟橋がハワイに到着

2012-10-12 10:06:04 | 東北地震津浪災害 3.11
ホノルル発:国土天然資源局はハワイ沖に漂着の浮桟橋は昨年の日本津波による3つのものと同一であると確信している(9月28日AP/HawaiiNews)

この桟橋の最初の発見は9月19日モロカイ沖合で漁師によるものであった。これと同じような桟橋が6月にはオレゴン州に打ち上げられている。同局のWilliam Ailaはこの桟橋が海にあれば船舶に危険であると木曜日発言。漁民やボートを楽しむ人々に報告を呼びかけている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加