memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

海上養殖を閉鎖   ベトナム中部

2012-09-30 06:23:11 | 水産・海洋
ベトナム中部Phu Yen省は地元養殖企業に対し今月末までに活動を停止するよう命じた。中国籍の養殖業者による違法事業が見つかったためという(9月5日TNN)

Vietnamnet が火曜日報じたところによれば、省人民委員会はDong Hoa地区のVung Ro 湾の養殖は違法操業であると。2005年、地元当局はこの湾は港として使用するもので養殖目的は許可されていないと。ところが依然湾内には860基のイケスが存在するという。当局によればこうした養殖により年間数百万ドンの利益を揚げているが、税金や環境税を支払っていないという。
こうした養殖場は魚の稚魚や餌料を当局の許可なく輸入、またゴミを廃棄しているという。またここで働く人々にあっては雇用契約もないと当局はいう。6月5日 Phu Yen 当局は査察を実施、地元報道によれば中国人がVung Ro 湾やCam Ranh湾で当局の許可なく操業しているという。こうした中国人らは査察の時点ですでに湾から消えているという。またKhanh Hoa省では同じ時期に7人の中国人を違法として追放している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小魚を飼料に  インド

2012-09-30 06:22:38 | 水産・海洋
飼料として扱うバイヤーに送るべく漁民が小魚をトラックに積んでいる(8月10日Gulf times)
トラックの数は50台以上、毎日1.4万トン以上の小魚がカラチから飼料工場に運ばれている。こうした状況は魚やエビなどの資源に影響するとみられる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

捕鯨は韓国の町に残る

2012-09-29 05:31:18 | 亜細亜海道
長生浦港(Jangsengpo harbour)からは異なった二つの韓国が見えてくる。 水平線には重工業の外観が夏の光の中で揺らめいている。しかし眠たげなこの街の港では老人の男女が陽光に魚を乾している(9月8日BBC)

彼等の背後には小さな簡素な食堂やコンビニがならぶ。30年前ここはクジラが来る町であった。Jangsengpoとその近隣の町は韓国の捕鯨の中心であった。100以上の伝統は1986年IWCによって非合法化された。韓国で4年ごとに行われtろ保護会議が今月行われ、国際規制に関する国の関与が新たな焦点となる。

この街にはクジラの壁画があり、バス停はクジラの尾の形をし、捕鯨博物館もある。港に面した通りには鯨肉料理のレストランが並んでいる。店の日除けには扱う料理の宣伝が描かれている。Park Kae-yung 港を見下ろす場所で食堂を経営している。87歳の元気な彼女は蒸し物鍋から鯨肉の塊を引き上げる。「これは首の部分であれは背骨の部分」という。「昔は、鯨肉はまったく安かった。いま値段は1000倍以上になった。それに入荷は稀だ」と彼女。彼女の隣では共同経営者のGwak Sang-joが保存のための肉を持ち上げている」
「我々は長年クジラを獲ってきた。禁止とされたが今でもクジラは手に入る。違法操業によるもの、事故でとれたもの、混獲などによるものだ」と彼はいう。「グリーンピースのような団体がここにやってきて見せ場を作る。でも彼らが我々を止める理由はない。なぜクジラを獲るななどと我々に言えるのか」

日本を含むほんの一握りの国だけが国際的捕鯨禁止を回避している。韓国政府の一部では日本に続き調査捕鯨を許可したいと考えているという。現時点では合法的にクジラを手に入れる方法は網にクジラが入ってしまった事故を除いてはない。しかしグリーンピースの東アジア海洋キャンペーン担当のJeonghee Hanは多くのクジラが事故にあっていることは疑わしいという。「2009年韓国と日本は世界全体のクジラの混獲で80%を占めている」 「我々はこれは純粋な混獲ではないと考えている。両国とも鯨肉を食べる」と彼女はいう。問題の一部は漁師に報奨金が与えられることと、効果的な監視体制がないことだ」という。「漁民が網の中にクジラを発見すると、船主が見に行く、この方式は駄目だ。またさらに政府当局も鯨肉料理のレストランが何軒あり、鯨肉がどれほど供給されているかも把握していない。管理体制ができていない」

Jangsengpoの桟橋では沿岸警備隊のボートが繋がれ揺れている。沿岸警備隊は一部の漁師が金のためにクジラを獲っていることを私的に認めている。捕鯨禁止ができたことにより市場価格は高騰、だからクジラは“海の宝くじ”とよばれ、これを取り締まクジラ文化保護協会のLee Min-ooは「地元住民だけではない」という。「政府は沿岸域のクジラ頭数を長年観測しているが,ミンククジラとイルカの数が増えたことを認めている」「これらは目撃報告によるもので正規のクジラ研究報告ではない。しかしこうした報告により政府は沖合のクジラの数を調査する立場にある」と。物議の中で多くの人々が将来よりもこの街の過去の歴史に注目している。数年前にはこの港町にクジラ文化博物館が開設され、捕鯨船やその銛も保存されている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火災を起こしたコンテナ船 MSC FLAMINIA

2012-09-29 05:30:46 | 海事
長さ299mのコンテナ船がドイツのWilhelmshavenに到着した。(9月9日SWL)

火災にあい海上に57日間あった本船は8隻のタグボートと様々な官庁船に囲まれ港に入港。布告によればサルベージ会社が船上のコンテナ2,876箱を撤去するがそのうち数百個は火災にあっているという。680トンのデイーゼル油と1240トンの燃油も抜き取られる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尖閣諸島水域の攻防

2012-09-28 07:19:04 | 海事
日本の巡視船、台湾漁船、台湾の巡視船による軌跡と船混み、放水銃による応酬が多くのメデイアで報道されている。平時の海でこのような有様は異常だが、海上保安官の苦労を思わずにはいられない。いったん接触事故が起きれば、さらなる火種として次の不測の事態が起きることは必至。領海を法に従い守りながら紛争拡大も起こしてはならないから、非常な緊張を強いられる操船判断をしているのだろう。こんな状態を何日も続けなくて済むようことにあたるのは政治家の仕事であり、われわれ国民の冷静な行動であろう(9月26日、写真はSTRAITIMESから)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥の共食いは湾岸の魚資源減少の兆しか?   DUBAI

2012-09-28 07:17:39 | 水産・海洋
昨年の12月6日のこと、若い鵜が巣に忍び寄り、雛を60秒ほど眺めた後それをわしづかみ飲み込んだ。(9月5日7DAYSDUBAI)

この状況は世界でも初めてのこと、普段のんびりとした魚食性の鵜が共食いをしたことになる。近くで撮影した科学者らは驚いた。翌日も別の若い鵜がやってきて別の雛を丸呑みにした。10日間でUAE大学の科学者らはこうした状況9件を視認した。なぜなのか?
鵜は各国の沿岸に棲み、数百年以上にわたり人間も鵜の存在を見ている。この奇妙な事象の原因は未だはっきりとはしないが、今週発行されるUAE大学科学研究誌は慢性的な餌の不足から親鳥たちがその巣を離れると若鳥が生き延びるために雛を狙うようになったのではと。 「親鳥が通常よりも早い時期に雛を見捨てたのは餌不足のためではないか。そうなれば共食いの可能性もありうる」と著者らは述べている。もしこの仮説が正しければ、UAE沖合の海に問題があることになる。すでに海では汚染と乱獲が起きている。UAE大学生物部門の主任研究者 Sabir Bin Muzaffarは「それは飢餓によるものかもしれない。これを見て非常に興奮したが、さらに調査を進める必要がある」と。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

難民61人がボート事故で死亡

2012-09-27 07:18:26 | 海事
トルコを経由して欧州に向かおうとしていた難民少なくとも61人が昨日溺死した。エーゲ海に面したイズミール地方のMenderesでのこと(9月7日SNT)

死亡者には18人の女性、子供29人、幼児2人が含まれている。46人は救出されたがこの中には2人のトルコ人乗組員が含まれる。この船の船長とし士官の2人が人身売買のかどで拘束された。
新しい生活を求めたものの悲劇に終わった難民移住者61人のなかにはシリア人、イラク人、パレスチナ人が含まれていた。長さ15mの漁船は現地時間05:30AMころ岩に衝突し沈没したもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパートロール船に厳しい規制  豪州政府

2012-09-27 07:17:45 | 水産・海洋
環境大臣Tony Burkeは豪州に入港している当該船に対し新しい規制を通告した(9月3日AFP/Sky News)

物議を醸している巨大トロール漁船Margirisに対し、監督官をの乗船と水中カメラによるその活動の記録が求められるという新しい対策を月曜日のABC TVのQ&Aコーナーで発言した。本船の運航者は脅威にさらされている魚種、回遊魚、クジラ類などがトロール操業により殺されたり傷つけられたりしてはならないとBurke大臣が発言した。「この大型船が規制に従い操業することで小型船の操業による環境への衝撃より大きくなることはない」と。

Burke大臣は環境法のもとで巨大トロール船を阻止する権限はない、しかしリストにあげられているアザラシやイルカなどについて影響を与えることになる活動を規制することはできると。「環境大臣としての自分お役割は豪州の生物の多様性、とくにリストにあげられている種類について保護されるよう漁業管理を確実にすることである」と発言。この対策により仮にイルカが網に入り殺された場合は操業を停止し、そこから50浬以上離れた場所でしか操業を再開することはできない。同様にアザラシが3頭以上網に入った場合も同じである。 また本船はアシカも捕獲してはならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾の船団が尖閣諸島に向かった

2012-09-26 00:07:02 | 海事
台北発:この船団のまとめ役によると数十隻の船が月曜日東シナ海の紛争状況にある尖閣諸島に向かったという。この島嶼は日本の統治下にあるが中国と台湾がそれぞれ主権を主張している。(9月25日AFP-Jiji/JapanTimes)

78隻の漁船が北東部の宜蘭県にある蘇澳港から出港したと活動家グループが語った。「別の漁港からも我和tれに参加してくることは間違いない」と蘇澳漁業者協会の報道担当が語った。漁民らの目的は台湾でTiaoyutai、中国でDiaoyuと呼ばれる無人島に対する主張に焦点を当てることである。そこは沖縄の那覇から400㎞、台湾から200㎞の距離にある。
「Tiaoyutai(尖閣諸島)は何世紀にもわたり我々の漁場であった。そのために我々は体を張り、先祖に恥を見せたくはない」と同協会のChen Chun-shengが先週末語った。この船団は火曜日に紛争島嶼の12浬以内に到達する見込みだという。「それが目的だがグループが上陸するかどうかについては明言を避けた」台湾沿岸警備隊はこれら漁船の保護のために船舶を差し向けている。(以下省略)
写真は蘇澳港を出る漁船団
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国監視船尖閣水域を去る

2012-09-25 00:00:53 | 海事
この一週間で初めて尖閣諸島周辺から中国船が姿を消した。これは紛争域の鎮静化ではと海上保安庁が日曜日発表した(9月24日Kyodo/Japan Times)

しかしながら9隻の中国漁業監視船9隻が日曜日夕刻まで尖閣諸島の至近金の距離にいたことを認めている。それらすべてが日本領海の緩衝水域にあたる接続水域の外に出た。

およそ20隻の中国警備船は無人島の周りの領海水域や接続水域に火曜日以降侵入していたと沖縄県那覇の第11管区海上保安部が発表。日本政府が民間から無人島の購入を決定して以降中国は島の周辺で目に見える存在を示していた。この国有化が中国国内各地で抗議活動の引きがねとなり、その多くは暴徒化した。また中国政府高官による非難も行われた。これらの島嶼は1800年代以降日本の統治下にある。中国側はこれら島嶼を釣魚島と呼び、石油の埋蔵の可能性があると判明して以降1970年代から領有の主張を始めた。

台湾は島をTiaoyutaiと呼びメデイアの報道によれば凡そ60隻の漁船が抗議のために月曜日この魚釣島に向かうという。漁船は漁民を乗せ魚釣島ンの南西部に集結するが上陸の予定はないという。台湾もまた島の領有を主張している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

底引網で海底は平らに、魚の棲家が破壊される

2012-09-25 00:00:17 | 水産・海洋
漁船はあたかも農民が畑を耕すように海底を耕している。スペイン地中海沿岸の底引きの影響の調査結果が示している(9月6日Huffingtonpost)

魚、エビ、その他の漁獲のために底引き船は網やその属具を着底して引き回す。以前の研究は海底の沈殿物を撹拌し生息地を破壊するものとしている。スペインのチームによる新しい研究は通常よりも深場について調査。大陸棚斜面の上部から深場にかけて着目。この結果深場の景観がどのように変わったかを示した。
底引き船は北Catalan 海縁の水深800mでも網を引く。ここで研究者らは沈殿物の流れを計測、その結果として沈殿物は週日にかき混ぜられるが週末にそれはないことを認めた。これは漁業者の活動に関連している。大型トロール船の動きの軌跡と海底の状況を地図上に現した。
彼等は船の航跡が平滑で均質な海底に対応していることを見つけた。一方底引きの行われていないところは複雑な海底のままである。海底が平たんになると多くの生息地が失われ種の多様性の減少につながる。 「底引きされた水中の環境は地上の丘の溝と同じだ。いつも耕されている穀物畑のようになる」という。このことはNatureで発表される。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メロのMSC承認を申請

2012-09-24 07:31:32 | 水産・海洋
フォークランドのConsolidated Fisheries Ltd社(CFL)はフォークランドでのメロ Patagonian Toothfish (Dissostichus eleginoides) の延縄漁業のMSCの認証を得るための申請を行ったと発表した(8月22日MP)

もしこの申請が認められればフォークランドではじめての承認された会社となる。この査定は独立監査会社のIntertek Moody Marine社が行うが,同社はMSC基準を満たしているか魚資源の持続性があるか、漁業活動の資源に与える影響、管理システムなどを査定する。延縄によるメロ漁業はフォークランド保護海域の内外におよび基線から3浬以上で推進600m以深を対象としている。現在の許容総漁獲量は年間1200トンでその枠のすべてをCFL社が保有している。CFL 社は地元の会社で1994年に設立されフォークランドの漁業会社数社と個人が所有している。
この会社はCFL Gambler1隻を所有フォークランド水域内で独占的にメロのみを対象に操業している
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漁期の始まりのトラブル    トルコ

2012-09-24 07:30:48 | 水産・海洋
夏が終わり涼しくなるとイスタンブールやそのたのトルコ各地で漁が始まる。この時期はこの国の漁業の将来や将来に向けての漁業行政のあり方についての議論が騒がしくなる(9月4日EURASIANET)

Eurasianetの記事でも報じられたように、前の漁期には政府が魚種ごとに最少漁獲許容サイズを規定したことで暴力事件までが起きた。その規制についてイスタンブール漁業ユニオンの幹部が規制を支持したことで暴漢に銃撃された。(彼は助かったが失明した)

今年、トルコ政府はさらに乱獲を防止すべく新しい規制を提案。24m以浅での引き網を禁止するとともに、特定の場所での引き網をイスタンブール近くのプリンセス島(Princes ada)などでは禁止した。しかしグリンピースの関係者は24mでは不十分でEUの基準は50mであると。そしてまた今年も規制についての議論が騒がしくなる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南大西洋のヘイクの乱獲規制を   アルゼンチン

2012-09-23 00:15:19 | 水産・海洋
アルゼンチンのNGOのCeDePesca(漁業開発維持センター)はアルゼンチン漁業当局に南大西洋でのヘイクhake (Merluccius hubbsi)の乱獲防止の対策行動をとるよう要請した(9月4日MP)

過去13年年間にわたってヘイクの再生産のためのバイオマス15万トンには到達していないと。アルゼンチン農業漁業省局長かつ連邦漁業審議会CFP会長のMiguel Bustamanteに対し、 CeDePescaは北部のヘイクの状況が悪化していることと最大許容漁獲量との関係についてCeDEPescaが警告した。CeDePescaは北部ヘイクの再生産に必要とされるバイオマスが過去13年間15万トンに到達していないことを強調した。1999年以降再生産バイオマスのレベルは疲弊した状態で10万トン以下であると。

国家漁業調査開発研究所INIDEPによれば、2010年の報告では、再生産バイオマスレベル15万トンを7年間にわたり維持する必要があり、2011年の漁獲量は7.2万トンを超えるべきでないと(以下省略)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サバ漁獲枠交渉またも不調で失望   英国

2012-09-23 00:14:43 | 水産・海洋
スコットランド漁業者は北東大西洋のサバ漁獲枠についてのEU/Norway と Iceland/Faroeの交渉が不調に終わったことに失望している(9月4日 Shetland Times)

昨日欧州漁業委員会のコミッショナーMaria Damanaki、ノルウエー漁業大臣, Lisbeth Berg-Hansen, アイスランド漁業大臣 Steingrímur Sigfússon、ファロー諸島漁業大臣 Vestergaardは会談を持ったが、何お前進もなく不調に終わった。,この長期にわたる交渉失敗についてスコットランド表層魚漁業者協会のCEのIan Gatt,は「何お解決も見られなかったことに失望した。しかしこの取引がEUやノルウエーにとって公正でなかった場合には我々はDamanakiを支持する」と。「この高官レベルによる合意が得られなかった場合、10月に予定されている次の交渉に望みはあるのか。このことから従来以上に欧州議会がアイスランドとファロー諸島に対する制裁を実行することが重要だ」と
コメント
この記事をはてなブックマークに追加