JUSTQUEST -BLOG-

QUEST & KASHIWAX & STUPID

水は答えを知っている

2016-09-30 | LIFE
「水は答えを知っている ~その結晶に込められたメッセージ~」江本勝 著

水を凍らせる際に声をかけたり音楽をかけたりすると、どのような結晶ができるのか?

という実験を行った本です。15年くらい前に友人のヒロさんからいただきました。感謝。

「ありがとう」と声をかけたら結果が変わる。

「バカヤロー」と声をかけたら結果が変わる。

モーツァルトを聞かせたとき、ハードロックを聞かせたときの結果も変わる。

非科学的だ!と一蹴してしまうのは簡単なことですが、ほとんどすべての人が

お世話になるであろう現代医学の多くの部分は臨床実験の積み重ねで、とても科学的とは

言えない世界であることを知っているならば、この本の内容は軽視できないと思うんです。

言葉であれ音楽であれ、視覚的、嗅覚的な影響であれ「水」に何らかの影響を及ぼすとすれば

人の身体は胎児で90%、ご老人でも50%は水分でできていますから、自身を取り巻く環境の

今まではそれほど意識しなかった部分から大きな影響を受けているとも考えられます。

人間の活動は電気的変化がもたらすものですから水分の質に微弱な変化が生じただけで

大きな障害につながります。もちろんそういう問題を起こさないためにバランスを保つための

リアクションを自動的(無意識)に身体が行っています。

この不安定な中である範囲でバランスを保つことが「健康」と呼ばれる領域です。

鏡のような水面に石を投げれば波紋が広がります。

嵐のような海面に石を投げたところで、どこに着水したのかすらわからない。

面白いですよね。

水は凍ると硬くなって液体のときより大きくなります。

凍るときには周りの熱を奪います。

水温が0℃より下がっても刺激を与えなければ水は凍らない。

それが極一部でも凍ったら一瞬で周囲も凍りはじめる。

プールの水面に飛び込めますが、ものすごく高いところからや速い速度では

水面はコンクリートと同じくらいに硬くなります。

硬くなると動けない。動けないと強く見えるけど割れちゃうんです。

割れても溶かせばまた水に戻せますが、それには充分な熱が必要になる。

優しく。柔かく。















この記事をはてなブックマークに追加

「君の名は」からの「秒速5センチメートル」

2016-09-19 | LIFE
話題の映画「君の名は」。

新海誠さんが原作・脚本・監督をした作品です。

新海さんの過去の作品に「秒速5センチメートル」というものがあります。

栃木(岩舟)を舞台としたものですが「君の名は」に感動された方は

是非こちらもご覧になっていただきたい。





「秒速5センチメートル」予告編 HD版 (5 Centimeters per Second)

この記事をはてなブックマークに追加

単純な落とし穴

2016-09-06 | LIFE
昨日の新幹線移動の際に薄着でクーラーにヤラレました。

腹痛で今日は何もできません。

たかが「冷え」です。自分が薄着だったことだけが問題。

話しは飛んで原発問題。

放射能汚染の話が中心になっていますが、炉を冷やしてる冷却水って

どのくらいの量で、どのくらい温められて、どのくらい排出されるか

ご存知でしょうか?海水を使って流入時の約「+7℃」で排出されます。

広大な海の大きさから考えれば「お風呂にオチョコ一杯の水を入れる」

くらいのイメージじゃないでしょうか?

細かい計算を書いてもスルーされるでしょうから、ざっくりと結果だけ書くと

日本国内の原発すべてを足すと一年で利根川の水量の約7年ぶんです。

世界全体で、この8倍。

たかが7℃です。ぬるま湯です。もちろん汚染値はクリアしています。

ルール上は何も問題はない。

それが海面上昇や気温の上昇、巨大な台風や様々な異常気象を起こしても

因果関係は立証できません・・・ってことになる。

単純なところに落とし穴がある。

誰も掘ったつもりも落とすつもりもない穴が。

腹痛が止まりません・・・。



この記事をはてなブックマークに追加

時代の変化

2016-08-26 | LIFE
(株)マリン企画および関係会社の(株)エムピーシーが自己破産申請の準備に入った。

~帝国データバンクより~

サーフやスノーの雑誌をいろいろと発行していた大手企業の破産情報が入りました。

ほぼ同時期に野上くんがbackside snowbording magazine というweb magazineをスタート。

インターネット時代の専門分野のweb magazineの在り方はまだまだ不確定なものですが

大手雑誌社の元編集長で業界を長く見てきた人が、どのような提案をするのかは楽しみです。

何が正解とか論ずる前に行動しちゃう人がこれからの時代を作れると思うので応援したい。


この記事をはてなブックマークに追加

安倍マリオ!

2016-08-23 | LIFE
リオ五輪の閉会セレモニーでの演出で安倍首相がマリオ姿で登場!

これは動画で全体を見ておく価値がありますよ。

ユーモアは世界を救う。確実に東京のイメージアップになったでしょう。

オリンピックが閉会し、パラリンピックが始まります。

現在のパラリンピックは福祉的な意味合いだったものからスポーツの領域、

しかもアスリートと呼ばれるべき領域に達していて、それに伴って

日本でも厚生省管轄からオリンピックと同じく文科省への管轄が変わりました。

聴覚障害者のためのデフリンピックや精神障害者のためのスペシャルオリンピックなどは

パラリンピックには含まれません。

パラリンピックの名称を調べてみると「パラプレジア」(脊髄損傷等による下半身まひ者)

と「オリンピック」を合わせた造語だそうです。

福祉とスポーツの線引きは極めて判断が難しいものに感じます。

「リハビリ」と「トレーニング」の違いですね。

超高齢化社会を迎える日本で「リハビリ」(病院で保険適応)が必要な老人を100人診るなら

健康な段階でラジオ体操くらいの「トレーニング」(自費)で1000人に指導するほうが現実的。

経済効果としては別な話になるでしょうけど。

メダルの数で喜ぶような視聴もあるとは思いますが、オリンピックやパラリンピックを知ることで

社会全体を見るような意識も育まれたら良いと思います。









この記事をはてなブックマークに追加

引き際

2016-08-19 | LIFE
レスリング女子の吉田選手が銀メダルに泣いていた。

金を獲って勇退という引き際を描いていただけに選手生活の終焉を

どんな形にするのかをもう一度考え直していることでしょう。

一度は五輪種目から外される方向で議論されていた女子レスリング。

絶対王者が負けた相手がアメリカの24歳の選手であったことは、東京五輪後の

種目選考に少なからず影響を及ぼすことを考えると今回の銀の意味は8年後に輝く気がします。

75kg級の渡利選手は2階級上げる過酷な増量で臨んだものの1回戦敗退でした。

6階級のうち4つの金と一つの銀というメダルラッシュの中で、自分だけが何もできなかった

ような心中を察すると、その舞台に立つことだけでも充分リスペクトに値することだと言いたい。





この記事をはてなブックマークに追加

できすぎくん

2016-08-18 | LIFE
リオ五輪で毎日メダル獲得のニュースが流れる。

水泳、柔道、レスリング、卓球、バドミントン etc.

選手やサポートの皆さんの努力の結果ですから拍手なんですが

次が東京五輪だと思うとハードルが高くなり過ぎてちょっと心配。

伊調馨選手の4連覇はシビレました!4連覇ですよ、16年!

人によっては、その競技を始めてから引退するくらいまでの期間ずっと

王者で居続けるわけです。生まれた子供が高校1年になるほどの時間です。

小学校で教えた児童が教師になって赴任してくるくらいの時間です。

一つのことを続けるということだけでも難しいのに。

女子レスリングは選手も素晴らしいですが吉田選手のお父さん(故)と

栄コーチの指導力が間違いなく大きい。

他の競技でもシンクロの井村コーチや水泳の平井コーチなども。

一時は日本の指導力の低さが言われることもありましたが、客観的に見ていると

栄コーチ、井村コーチ、平井コーチの選手への接し方はまるで違うように見えます。

つまり世界トップレベルの指導方法にマニュアルは無いということだと思います。

科学的なアプローチももちろん無視できませんが、指導者も選手も人間で

「心」という科学では解明できていない大きな大きな要素が結果に影響することを

考えれば「気合だ、根性だ」と言われたら「昭和じゃないんだから」と聞こえてきますが

無意識に自動制御してしまう人間の脳のブレーキを解放させるのはメンタルなんですよね。

フィジカル、テクニック、メンタルの3本の柱。

そこから、それぞれを掘り進めていくと深い深い話になっていきます。

スポーツは人間の面白さを教えてくれます。











この記事をはてなブックマークに追加

あるべき姿

2016-08-14 | LIFE
画像は北朝鮮と韓国の選手。

オリンピックのあるべき姿。

この記事をはてなブックマークに追加

足裏の重要性

2016-08-08 | LIFE
インソールであったり、ブーツのインナーだったり、アウターだったり。

そしてバインディングのフッドベッドがあってベースプレートとディスク。

自分の足からスノーボードまでの間にこんなに挟まってるわけです。靴下もね。

それぞれの部分にそれぞれのウンチクがあります。

特に後加工ができるインソールは一番ウンチクが多い。

その部分だけでの商売ができますから当然なんですが。

でもインソールを知れば、それを支えるインナーの素材や構造、更に足全体を

外側からホールドするアウターによってインソールの性能を活かしも殺しも

することも知っていて当然だと思うわけです。

さらにそれを包むバインディング。

ベースはアルミか樹脂で、その下にウレタンを下敷きにしているものがほとんど。

20年前の知識を今でも常識のように語ってるのを耳にすることも少なくないですが

まずは自分を信じて、自分で試そうよって思います。バイン試乗会があれば。

ハイバックを硬くしたらヒールカップはどう支えて、どうベースに伝えるのか?

100の力がボードに伝わったとき、そのボードのトップシートはどう受け止めるのか?

突き詰めれば自身の足裏の踏み方のコントロールというフィジカルな部分に戻って来て

道具の前に自分の体だねって話しになっちゃうんですが、体と道具の両方の視点から

最終的に「こりゃぁ調子イイ」って笑える完成度に達するまでの道程を極めることが

遊びだからこその本気スイッチ・オンなんだと思うわけです。

今年の冬は楽しそうな予感がします。




この記事をはてなブックマークに追加

夏遠征がはじまる

2016-07-26 | QUEST
地球の北半球が夏になれば南半球は冬になります。

定番となっているオースラリアのホッサムで開催されるコンチネンタルカップ。

日本からは若手レーサーが参戦するようです。

雪の状況も好調で昨晩も22cmのドライパウダーが積もったそうです。

コース造成にドライパウダーはウェルカムではないのですが気分は上がる。

画像はホッサムのFACEBOOKより昨晩の状況。

ここでポイント取って、ワールドカップで戦いたいですよね。

春のスペイン戦の慎也の滑りとか何度見ても鳥肌立つもんなぁ。

オッシーが遠征前にボロボロの道具を持って来て「ワックスかけてイイですか?」と。

ナショナル・フラッグ付けて、そのボロボロ感はマズイんじゃないかなぁ?

個人的には身の程を知っていて好印象なんだけど。

遠征に行かれる選手は体調に気をつけてがんばってください。

テロが起きたらオッシーを壁にして逃げるように。

この記事をはてなブックマークに追加