世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京都府立医大松原グループの2論文がデータ解析の誤りを理由に撤回!

2013-01-11 00:00:51 | 社会

京都府立医科大学松原弘明グループの2論文が撤回された[1]。撤回論文と撤回公告はこちら。

The editorial team of Circulation Journal has recently confirmed that the manuscript written by Shinzo Kimura et al, Circ J 2012 September 12 [Epub ahead of print] and that by Jun Shiraishi et al, published in the April 2011 issue of the Circulation Journal (Circ J 2011; 75: 806 – 814) contain a number of serious errors in data analysis.

Shinzo Kimura, Takahisa Sawada, Jun Shiraishi, Hiroyuki Yamada, Hiroaki Matsubara; for the KYOTO HEART Study Group. Effects of valsartan on cardiovascular morbidity and mortality in high-risk hypertensive patients with new-onset diabetes mellitus: Sub-analysis of the KYOTO HEART Study. Circ J 2012 September 12 [Epub ahead of print].

Jun Shiraishi, Takahisa Sawada, Shinzo Kimura, Hiroyuki Yamada, Hiroaki Matsubara; for the KYOTO
HEART Study Group. Enhanced cardiovascular protective effects of valsartan in high-risk hypertensive
patients with left ventricular hypertrophy: Sub-analysis of the KYOTO HEART study. Circ J 2011; 75:
806 – 814.

Therefore, we have decided to retract the papers from Circulation Journal.

As the Editor-in-Chief, I regret the time that peer reviewers and others spent evaluating these papers.
I sincerely hope and trust that there will be no repetition of this kind in the future.

Hiroaki Shimokawa, MD, PhD
Editor-in-Chief
Circulation Journal
(Released online December 28, 2012)

[2]』

撤回理由は

「the manuscript ・・・ contain a number of serious errors in data analysis.」(原稿には・・・データ解析における多数の重大な誤りが含まれている。

ということ。やはり婉曲的な表現をした。端的に捏造や改ざんがあったのかは触れていない。誤りが故意か過失かはわからないが、まあそれは皆さんの予想通りじゃないでしょうか。誰が誤りを行い、誰に主に責任があるのかも触れられていない。

データ流用事件については1年以上調査されているが、未だに調査結果が公表されない。詳しいことは調査結果待ちだが、この事件はどうなっているのでしょうか。

それにしても撤回公告の婉曲的な表現はなんとかならないでしょうか。原因などをもっと端的にを示してほしいです。不正の隠蔽まがいのことをやってるところも少なくないと思います。そのことについては後日執筆します。

--

松原グループの論文はまた撤回されました。撤回公告はこちらです。撤回理由は「発表した論文のいくつかのデータに重大な問題が存在した」からだそうです。詳しくはRetraction Watch:"Study of blood pressure drug valsartan retracted"(2013.2.4)を見てください。

それにしても、データ使いまわし事件は2011年12月に調査委員会が発足したことが確認されています。約1年2ヶ月たっているわけですが、なぜ調査結果が公表されないのでしょうか?どうも嫌な予感がします。

(2013.2.5追加)
--

参考
[1]Retraciton Watch:"Journal retracts two papers by Japanese cardiologist under investigation" 2013.1.8
[2]日本循環器学会:Circulation Journalの撤回公告 2012.12.28

『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名人挑戦者候補は羽生、渡辺... | トップ | 論文の訂正、撤回公告は嘘が... »

関連するみんなの記事