きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

振袖専科とプロ特訓の二人がコラボ

2017-06-14 23:54:42 | 着付け研修

午前中はお互いに新しい帯結びを猛勉強
「きつけ塾いちき 鹿児島」では、二人の生徒さんがおけいこに来られました。

おひとりは、振袖専科でお勉強されている岩切さん。
もうひとりは、プロコースを特訓講座でおけいこされている竿さん。

午前中は、新しい帯結びの練習でした。



午後からはお互いに相モデルで…着せ付けのおけいこ
「振袖専科」と「プロコース」…学ぶ内容は違いますが「着せ付け」は同じ。
午後の講座では、お互いにモデルになっておけいこをしていきます。
腰紐の締め方や締める位置、衿合わせetc、モデルになってみると着付けを通して自分の着付けが見えてきます。
モデルになることを通して、自分の着付けがワンランクアップです。







ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3日間修了して、プロ過程の2... | トップ | プロ特訓コースも4日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL