きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

鹿児島で舞踊の会

2011-11-28 11:11:43 | 舞踊の着付け
日本舞踊と、狂言との共演

 11月25日(金)午後6時から、鹿児島県民交流センターで、「素踊りと狂言の夕べ」(主催・吾妻流成莉穂会)が行なわれました。
 当日は、四部構成で行なわれ、第二部の「狂言…さくらに乗って」や、第四部のリサイタル「雪の山中」では、大蔵流の狂言師、網谷正美氏が特別出演。
 特にリサイタル「雪の山中」では、吾妻成莉穂会主の日本舞踊と、網谷正美氏の狂言との素晴らしいコラボレーションを披露。
 観客の喝さいを浴びて幕となりました。


雪の山中の会主と京の四季の演者    獅子の乱曲の拵え

 私ども「きつけ塾いちき」の衣裳方も、着付けで伺いました。

新燃岳の監視映像 辛抱強くトライして…
市川笑三郎ホームページへ             「きつけ塾いちき」ホームページへ
「きつけ塾いちき」の「まいぷれニュース」へ   おしゃれに「きもの語り」
きつけ塾福元ホームページへ            さくら道場ホームページへ
日扇堂ホームページへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加