きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

花柳鶴貴三社中の「をどりの会」の準備始まる。/佐賀

2017-09-23 14:29:02 | 衣裳方

29演目、延べ52人の「舞踊の会」に向けて!
10月1日(日)、佐賀県立美術館ホールで、花柳流・鶴貴三社中の「をどりの会」が行なわれます。
演目数は29曲。出演者は延べ52人になります。
今日は準備の一日目。小浦課長の手で始まりました。
例えば、花柳流の後見結びで踊られる方だけでも23人になります。(写真でも後見板が見えています。)
他にも、つの出しあり一文字あり、さまざまな拵えが必要です。
準備が始まると、写真のように、52名様分に必要な小物の準備、男踊り・女踊りの補整の段取りを行ないます。
準備が進むと、補整などで山のようになって、床が見えなくなっていきます。
段取りさえしっかり出来れば、9月30日のリハーサル、10月1日の本番を迎えることが出来ます。
この一週間に、技術の手合わせも必要になってきますから、本番が終わるまで手が抜けません。
全て、ご一門の成功のために全力を尽くす。
それは、舞台の裏方である衣裳方の務めです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の衣裳方は、「六通の袋帯」で「つの出しの変化」

2017-07-27 10:01:05 | 衣裳方

つの出しの帯は「全通」、しかし現場では…
7月27日(木)午後に行なわれた、「衣裳方」の研修では、舞踊の会で時々持ち込まれる「六通の袋帯」。

しかし、つの出しを結ぶ帯は「全通の帯」でなければ完成しません。
時代考証から考えても、つの出しの時代と六通の時代はまったく異なるからです。
また、最近よく見られる、「帯締めを使ったつの出し」などは、本来の「つの出し」とは結び方の違うものです。

私ども衣裳方としては、提供されたいかなる帯でも結ばなければならず、「六通の袋帯を使ったつの出し結び」を学ぶ必要があるわけです。
今日は、そんな課題を解決するための「つの出しの変化結び」でした。

朝から「振袖専科」と「帯専科」を学ばれたがんばり屋の福地さんは、午後も引き続き衣裳方を学ばれました。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞踊の着付け(衣裳方)のおさらい会/宮崎

2017-07-15 09:38:17 | 衣裳方

京都の重箱結びと、片花結び
南九州の梅雨も明けて、連日暑い日が続いています。
今日は、7月15日、土曜日。
衣裳方のおけいこ日です。

衣裳方として、すでに日本舞踊の着付けに関わっている人や、これからデビューされる方がおさらいをされました。
めったに着付けることのない京都の重箱結びや、元禄風の裾引きに片花結びが今日の課題。

午前中の受講時間をフルに使って、相モデルで楽しくおさらいをされていました。

 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿児島で衣裳方➠二種類の後見を復習

2016-10-22 20:06:32 | 衣裳方

十年前の卒業課題を真剣におさらい
今日(10月22日)は、十年前に「舞踊の着付け(衣裳方)」の上級認定を習得された、遠山先生のおさらい講座でした。
毎月一回のペースで、特に難解な課題をおさらいされています。

一般的に後見結びといえば、「両角の後見結び」「花柳流の後見結び」「尾上流の後見結び」などです。
私どもの「衣裳方のカリキュラム」では、「両角」と「花柳」の二つの後見結びを学んでいます。

今日は、舞踊の帯結びでも難題といわれる、両角と花柳の後見結び。
遠山先生は、「後見だけはなかなか難しいわね…」といいながら、おさらいをされていらっしゃいました。
しかし出来上がってみるとなかなかの仕上がりでしたよ。

和裁教室と着付け教室。二つの教室の学院長でもある遠山先生の「学ぶプロ意識」には、頭が下がります。
講座は2時間で終了しました。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は衣裳方初級試験/宮崎

2016-04-07 21:20:21 | 衣裳方

実技二題と筆記に挑戦‼
さんにとって、今日は衣裳方(舞踊着付け)初級の認定試験日。
どの生徒さんでも緊張して試験日を迎えられます。

午前11時からの試験でしたが、9時半にはおけいこ場にお越しになり、試験の課題をくり返しおけいこされていました。

実技の課題は、関東芸者と前割れ後見の二題。
筆記試験は、日本舞踊の決まりと着付けの種類などが出されます。
全力で試験に挑戦された  さん、お疲れさまでした
来週早々には、郵送で合否が通知されます。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の衣裳方/前割れ後見

2016-03-19 13:00:06 | 衣裳方

日本舞踊着付けの定番…この帯結びなしには
宮崎の衣裳方の練習が行なわれました。
今日の着付けは、おはしょりに後見結び。舞踊の会幕開きの祝儀舞いなどには欠かせません。
踊り手が、女と男を踊り分ける時に、着せるのですが、男を演じる時のために、足を開いて両裾の端の高さを合わせます。(箱割といいます)
衿は少し鋭角。衣紋はあまり抜きません。
などと、演じる踊り手の演目に合わせて、着せ付けていきます。
後見結びにも、流派によっていろいろ結び方が違います。
舞踊の帯結びの中では一番デリケートな(難しい)ものです。

真剣に帯結びに取り組む受講生の  さん。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は「裾引きに一文字」

2016-03-01 23:15:26 | 衣裳方

舞踊の祝儀舞いの形を学ぶ
「きつけ塾いちき」で、今日学んでいる  さんのカリキュラムは、「裾引きに一文字結び」です。
この着付けは、日本舞踊の「祝儀舞い」でよく使われる形。
  さんは、お仕事が終わってから講座でお勉強しています。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

着流しの着付けと、帯結び三種

2015-12-19 12:18:10 | 衣裳方

手先の長さが命です。
舞踊(衣裳方)の着付けを学んでいる、  さんの今日のカリキュラムは「着流しの着付けと帯結び三種でした。

三種の内容は、「貝の口」「片ばさみ(浪人結び)」「神田結び」です。
特に男の角帯の場合、手先の長さはことさらに大切で、一番肝心なところです。
帯を締める要領がわかっていないと、手先をきっちり取っていても、、不思議に長くなったり短くなったりします。
また、硬さや厚みによっても手先の長さはちがいます。

舞踊の演目によっては、粋にしたり、真面目な表現をしたり、野暮ったくしたりしますので、帯の位置が違ってきます。
例えば商家の番頭さんや遊び人、股旅ものなどでも形が違ってくるからややこしくなります。

これらの問題を解決するには、自分でいろいろなものを観て、センスを磨くことしかありません。
例えば、「粋だなア」と感じることが出来る感覚を養う事しかありません。
帯を締める時に頼りになるのは、自分の感覚と帯との会話なのだと思います。

さんも、「一人前の衣裳方」目指して一歩づつ確実に腕をあげています。



 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は関東芸者で柳結びでした。

2014-12-02 11:34:24 | 衣裳方

裾を入れるのがむつかしい…

衣裳方コース(舞踊の着付け)を学んでいる さんは、裾引きの課程に進んでいます。
今日は「関東芸者の着付け」。
補整をして、二部式の長襦袢を着せ、裾引きのきものを着せ付け、衣紋を抜き、芸者の衿合わせをして、「裾引き」の裾を入れる。
順を追って着せていきます。

女形で有名な歌舞伎役者とお話をさせて頂いたとき、「裾引きはしっかり裾を入れて頂かないと踊れない」といわれていました。
「裾をしっかり入れる」…これがなかなか難しいのです。
帯結びは、関東芸者の締める「柳結び」。

 M さんは、「やっぱり、裾の入れ方がむつかしい…」とのことでした。



  



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「春のきものパーティー」が幕/鹿児島

2014-04-09 06:24:27 | 衣裳方
きものの魅力…会場の皆さまに!
「きつけ塾いちき」鹿児島は、4月6日(日)午前11時から、「春のきものパーティー」を開催しました。
参加した方のなかには、記事を見てお越し頂いた「きものが大好き」だという皆さんもいらっしゃいました。

パーティーは、
大島紬・本塩沢・有松絞りなど、全国のきもの産地が長い歴史の中で伝えつづけてきた伝統的な「きものショー」。
鹿児島国際大学の音楽科の講師でもある、チェリスト・有松航平氏の素敵な「チェロの調べ」。
日常、日本舞踊の着付けを専門にしている「きつけ塾いちき」の衣裳方の「京の舞妓と、江戸の半玉の着付けショー」。
そして最後に、お楽しみ抽選会が行われ、楽しいショーが幕となりました。

下の写真は、「京の舞妓と、江戸の半玉の着付けショー」の様子です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加