きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

新富初舞会/来春1月7日に…

2017-12-21 20:36:12 | 日本舞踊

宮崎の西都児湯地区14団体が新春の初舞いを
第十回目を迎える「新富初舞会」が、1月7日(日)12時開演で、開催されます。
場所は、児湯郡新富町の新富文化会館大ホール。
主催は、新富町・新富町文化会館・新富町教育委員会です。
全席自由席で、1,000円。(当日券は、1,200円)。なお、未就学児は無料です。
お問合せは、新富町文化会館(0983-33-6205)。

藤間流、藤間亀之輔、藤間亀帆社中も出演。
この初舞会には、日頃お世話になっている、藤間亀之輔社中と、藤間亀帆社中も出演されます。
当日は、幕開きのお祝儀舞い「藤寿三番叟」を藤間亀之輔先生が踊られます。
また、番組後半では、藤間亀帆先生が、長唄の「老松」を踊られる予定です。
ニ社中は、この他にも5名で4演目を披露します。

今から、来春の「新富初舞会」が楽しみですね。



霧島山脈近郊の画像一覧
霧島火山ライブ情報マップ
新燃岳の火口ライブ映像へリンク




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花柳流・「をどりの会」、大好評のうちに幕!

2017-10-02 15:41:09 | 日本舞踊

盛んな拍手や歓声/延べ52名が熱演
10月1日(日)、花柳流・「をどりの会」が、佐賀県立美術館ホールで行なわれました。
当日は、満場の観客の皆さまに、花柳鶴貴三社中、述べ52名の方が、日頃の成果を披露。
一曲ごとに盛んな拍手や歓声を頂いていました。

舞台裏で衣裳の着付けを承っていた「きつけ塾いちき」の6名の衣裳方も、楽しくお仕事をさせていただきました。
ご一門の皆さま、本当にありがとうございました。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刀の下げ緒の結び方

2017-09-15 10:04:30 | 日本舞踊

新舞踊などで、覚えておくと便利です。
舞踊の着付けをしていると、刀を使った振り付けが出てきます。
腰に刀をさす場合も、刃を下向きに、逆さまにさされていらっしゃる方もいて、あわてて手直しをさせてもらいます。
とくに、下げ緒がほどけている場合が多く、栗形にかかった下げ緒を、鞘にぐるぐる巻きにしては、形が悪くてよくありません。
下の写真は、下げ緒の始末をした写真です。
博物館などで飾ってある刀も同じ結び方なので、写真を見ながら完成させてみてください。
端の二本を引っ張ると、スルッとほどけます。
ほどけなければ不正解です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「をどりの会」公演・10月1日に…佐賀

2017-09-12 11:57:32 | 日本舞踊

花柳流・鶴貴三会が、「佐賀県立美術館ホール」で
佐賀市の花柳流・花柳鶴貴三社中は、来る10月1日(日)12時から、「をどりの会」を開催することになりました。開催場所は、「佐賀県立美術館ホール」です。
本年度は、古典小曲など、30演目・のべ54名の踊り手が観客を魅了します。
毎年、この時季に開催される「をどりの会」は、たくさんの方がお越しになります。



お近くの方はぜひお運びくださいませ。
「きつけ塾いちき」は当日の着付けを担当いたします。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国立劇場大劇場で「第9回寛和会」、盛況に開催!

2017-09-12 05:57:13 | 日本舞踊





向島の三名の芸妓衆と一緒に観劇
東京の坂東寛二郎先生のご一門が、9月10日(日)、国立劇場の大劇場で、「第9回寛和会」を開催しました。
「きつけ塾いちき」もお世話になっている先生の舞踊の会。当日は踊りの好きな五名が参りました。
宮崎から二人と、東京墨田区向島の三名の芸妓衆と一緒です。
会主の寛二郎先生はじめ、皆さまの素晴らしい本番の踊りを、感動して見せていただきました。
当日の踊りについては、後日先生の動画とリンクしてご覧いただきたいと思います。

会場で、赤川次郎さんのご家族ともお会いしました。
この会場には、以前からお付き合いをさせて頂いている、作家の赤川次郎さんと再会しました。
会主の坂東寛二郎先生と赤川次郎さんも、ご家族ぐるみのお付き合いをされています。

ご一緒させて頂いた三名の芸妓さんのなかには、学生時代から赤川作品を読んでいる方もいて、大喜び。
さっそく赤川次郎さんを囲んで写真撮影。(左端は市来学院長)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジュニア日本舞踊コンクール九州大会が幕!

2017-06-26 14:58:34 | 日本舞踊

ジュニアたちが、華やかな舞踊の競演
国際文化交流会TENが主催する、「ジュニア日本舞踊コンクール九州大会」は、6月25日(日)午後1時から、鹿児島市民文化ホールで行なわれました。
予選を勝ち抜いた12名のジュニアが、桧舞台で華やかな競演を披露。
いずれも素晴らしい踊りで、大向こうをうならせる内容でした。
九州の各地から参加したジュニア達の他にも、シンガポールで日本舞踊を学んでいる女性も本選に勝ち残り、「手習子」を披露していました。
結果発表は、次回にお知らせ致します。

この舞台のスタッフは、大道具・照明・音響「舞研」。衣裳「小林衣裳店」。衣裳着付け「きつけ塾いちき」。床山「八木源かつら」。顔師「那須裕生」。
ビデオ「中央ビデオ」。写真「キクチスタジオ」。印刷「ユニカラー」。司会「山野真理」の皆さんでした。

舞台裏の着付けの様子をご覧いただきましょう。
床山さんのかつらがのっていませんので、形はいずれも未完成です。あしからず






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジュニア日本舞踊コンクール九州大会まで、あと2週間

2017-06-12 13:49:22 | 日本舞踊

第14回九州大会で、各流派のジュニアが競演
来る6月25日(日)午後1時から、鹿児島市民文化ホールにおいて、「ジュニア日本舞踊コンクール九州大会」が行なわれます。
この大会は、「国際文化交流会TEN」の主催で開催されるもので、今回で14回目を迎えます。

ジュニア日本舞踊コンクール九州大会日程表

大会では、九州一円から、日本舞踊各流派のジュニアの皆さんが、日頃の成果を披露することになっています。

舞台を裏から支える皆さん
この大会の舞台裏の皆さんをご紹介いたしましょう。
当日の大道具、照明、音響は「舞研」。衣裳は、京都の「小林衣裳店」。
衣裳の着付けは「きつけ塾いちき」が担当いたします。
床山は京都の「八木源かつら」。顔師は宮崎の「那須裕生」。
ビデオは「中央ビデオ」。写真「キクチスタジオ」。印刷「ユニカラー」。
司会は「山野真理」の皆さんです。

花柳基先生も特別出演
東京から、花柳基(もとい)先生もお越しになり、「長唄・七福神」を特別に踊って頂くことになっています。

入場料金などは前売り券2,500円。当日券は3,000円です。

詳しいお問合せは、主催者「国際文化交流会TEN」 099-264-6291 まで

ジュニアの素晴らしい踊りに「鳥肌が立った」と言う方がいらっしゃいましたが、皆さまもぜひお越しになってご覧ください。
お待ち申し上げております。

残りはあと二週間、私たちも大会を成功させるために、全力を傾けてまいります。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジュニア日本舞踊コンクール九州大会/明日が予選

2017-03-31 10:01:04 | 日本舞踊

鹿児島市民文化ホールの檜舞台で予選
「国際文化交流会TEN」は、来る6月25日(日)、鹿児島市民文化ホールで、「第14回ジュニア日本舞踊コンクール九州大会」を開催致します。

2年に1回行なわれるこの九州大会は、レベルの高いジュニアの大会として高い評価を得ています。

その大会の予選が、明日(2017年4月1日)、鹿児島市民文化ホール、第二ホールで行なわれます。

 
九州の日本舞踊各流派に所属するジュニアたちのレベルを競う大会。
鳥肌が立つほどの素晴らしい檜舞台をぜひご覧ください。

詳細は右をクリックして下さい。第14回ジュニア日本舞踊コンクール

前回のジュニアたちの踊りを観たい方は、下記の「ジュニア九州大会」をクリックして

          

本選の、ジュニアたちの着付けは、「きつけ塾いちき」が承ります。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月5日に、「水間流・舞踊の会」

2017-03-03 01:29:35 | 日本舞踊

姶良市、蒲生公民館で開催
3月5日(日)、鹿児島県姶良市の蒲生公民館で、水間花紫露社中主催の「舞踊の会」が開催されます。
一部が「古典舞踊」8曲、二部と三部は小曲舞踊30曲が披露されます。
「四季三番叟」を幕開けに、ご来場の皆さまにご覧頂くことになっています。
興味のある方はぜひお越しください。
「きつけ塾いちき」の衣裳方も着付けに伺います。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮日名流会/3月5日に開催!

2017-03-03 01:01:14 | 日本舞踊

 花柳、藤間、若柳、若柳臣各流派から15名が出演
来る3月5日(日)午前10時から、宮崎市民文化ホールで、宮崎日日新聞主催の、「第42回宮日名流会」が行なわれます。
この舞踊の会は、「古典舞踊の伝統を守り、普及と継承、芸術文化の振興を目的に開催する吉例の舞台。(主催者の文言より)」です。
今年の名流会は、花柳、藤間、若柳、若柳臣の4流派から15名が、長唄、清元、常磐津、など11幕を披露する事になっています。
入場料は、3,000円。

お問合せは、宮日文化情報センター 電話0985-77-4737
この会には、「きつけ塾いちき」がお世話になっているお師匠さんも多く出演されます。

宮崎県の日本舞踊の歴史を刻んできた宮日名流会をぜひご覧ください。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加