きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

藤間松歌社中が日本舞踊を披露/来春、県民交流センターで

2011-12-12 09:43:57 | 舞踊の着付け
長唄「黒髪」を日本舞踊とダンスで披露
 来年の1月15日(日)鹿児島県民交流センターで行なわれる「鹿児島県学校体育女子体育研究会30周年記念、第5回ダンス夢交流」で、藤間松歌社中と東大大学院の学生さんが「黒髪とKUROKAMI」と題して、日本舞踊とダンスで、長唄「黒髪」を披露することになっています。

日本舞踊とダンスで講演
 当日は、「黒髪」の踊りの披露に先立ち、藤間松歌先生が和洋の舞踊について講演をされることになっています。
 日本舞踊の舞い方は、藤間由歌先生(写真)。衣裳は、黒地の縮緬の裾引きに、浅葱地に扇面の全通帯で「重箱」結び。
 当日の拵えは、「きつけ塾いちき」がお手伝い致します。皆さんの多数のお越しをお待ちしています。
 

新燃岳の監視映像 辛抱強くトライして…
市川笑三郎ホームページへ             「きつけ塾いちき」ホームページへ
「きつけ塾いちき」の「まいぷれニュース」へ   おしゃれに「きもの語り」
きつけ塾福元ホームページへ            さくら道場ホームページへ
日扇堂ホームページへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

、「振袖着付け特訓始まる!」…(鹿児島編)

2011-12-08 10:24:26 | 振袖着付け
新年早々の成人式を目指して
 例年、鹿児島と宮崎の成人式の着せ付けをお受けしていますが、着付けのプロを目指す特別訓練が始まりました。
 振袖コースや帯専科コースの生徒さんが目指すのは、着付けのプロへの道。
 着付けで最も大切でしかも軽視されがちな「腰紐の締め方」の基本からしっかり学んでいます。

鹿児島の成人着付けは200名以上です。
 1月3日と4日に、鹿児島の島々から船に乗って来られる新成人の着付けは約40名。
 1月8日の市内の新成人の着付けは100名以上着せることになっています。
 その他、美容室などの着付けを含めると鹿児島では、今年も200名以上の着付けをお受けします。

 
鹿児島のお稽古場で特訓を受けるスタッフ

特訓で学ぶもの
 この期間に学ぶものはたくさんあります。
 着付けや帯結びの技術の習得は勿論ですが、この期間に学ぶものはそれだけではありません。
 着付けの時に、楽しい会話の出来る能力と、振袖を着た時のマナー(車に乗る時、食事する時、おトイレなど)を新成人に覚えて頂ける能力も訓練します。
 新成人にとって一生で一回の、大切な振袖姿なのですから…

新燃岳の監視映像 辛抱強くトライして…
市川笑三郎ホームページへ             「きつけ塾いちき」ホームページへ
「きつけ塾いちき」の「まいぷれニュース」へ   おしゃれに「きもの語り」
きつけ塾福元ホームページへ            さくら道場ホームページへ
日扇堂ホームページへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加