きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

3日間修了して、プロ過程の2級に挑戦

2017-06-13 21:14:15 | 着付け研修

復習…そして二級の認定試験へ
一週間の特訓コースで、「美容師として必要な着付け技術を身につけたい!」と、沖永良部かお越しになった竿さん。
一日3講座(朝・昼・夜)をぶっ続けで受講するわけですから、学ぶほうも教えるほうも真剣勝負。
お互いに楽しいからこそ続けられるのでしょう。
今日の昼の講座は、これまでの復習。
手を休めることもなく、黙々とおけいこをされていました。

夕方になって学院長から、「これから二級の試験を行ないます」と通告。
いつもと違う静かな雰囲気のなかで、モデルさんに、「黒留袖に二重太鼓」を着せ付けていきます。
プロ着付け師の入り口に立ったからには、迷うことなく突き進んでいくことしかありません。
試験中も平常心で着せ付けていかれたようですが…。


プロ着付け師二級の試験(写真)





ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 袋帯の変化結び➠ヒダのとり方... | トップ | 振袖専科とプロ特訓の二人が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

着付け研修」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL