きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

「第26回、飛翔の会」公演が満席で幕

2016-05-31 10:39:47 | 日本舞踊

古典など十六曲披露し、大盛況
鹿児島の花柳二千翔社中は、5月29日「日」、「サンエールかごしま」の二階ホールで、「第26回飛翔の会」を開催しました。
花柳流の新名取、花柳二仁祇さんの「廓八景」を皮切りに、「蓬莱」「猿舞」「初桜道成寺」「紺屋のお六」「水の怨」「江戸の賑い」「巽八景」「臥猫」「酒」「鶴の寿」「序の舞」「三面子守」「大文字」「越後獅子」
そして、花柳二千翔会主の「鐘の岬」で幕となりました。

当日は雨にもかかわらず、開演前から多くの方が行列されて、開演時間には満席。
大盛況の内に幕となりました。

この舞踊の会の特徴は、音響や後見のお仕事を、お弟子さんたちが担当していることです。
「表のヒノキ舞台だけでなく、舞台の裏方も知ってもらいたい」というお師匠さんの想いから、続けていらっしゃいます。
着付けは私たちだけでなく、一部は、お弟子さん自身がされているのも、その想いからです。
素晴らしいチームワークと思います。


写真は、出番を待つ会主、花柳二千翔先生。

衣裳は松竹衣裳株式会社。  着付けは「きつけ塾いちき」





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡県糸島市/芳柳寿々光社中の舞踊発表会近づく!

2016-05-31 09:27:43 | 舞踊の着付け

「伊都文化会館多目的ホール」の「杮落し(こけらおとし)記念事業
新たに新装オープンする、福岡県糸島市の「伊都文化会館多目的ホール」。
そのホールのこけら落とし記念事業のための「日本舞踊発表会」が、6月5日(日)に行なわれます。
二部構成で、第一部18演目、第ニ部13演目、計31演目を会場の皆さまに披露することになっています。
花柳寿々光社中はこのうちの23演目を演じます。(他流派の皆さまは、8演目を披露して下さいます。)

「老松」を幕開きに、最後の「朝顔売り」まで、古典・小曲が目白押しです。
開演は午前11時。入場料は無料です。
日本舞踊に関心のある方は、ぜひ「伊都文化会館多目的ホール」まで、お運び下さいませ。



この、芳柳寿々光社中23演目、のべ27名のの着付けは、「きつけ塾いちき」の衣裳方が承ります。
なお、この舞踊の会の衣裳方のメンバーに、初めて福岡の「「舞踊と振袖の着付け専門特別講座」」で修業した2名の方が加わりました。
衣裳方一同、心を込めて着付けさせて頂きます。

リンク①➠「伊都文化会館多目的ホール記念事業日本舞踊発表会」
リンク②➠「杮落し」とは





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝は振袖専科、午後は帯専科で、技術力アップへ

2016-05-26 14:49:04 | 振袖着付け

あらたな帯結びを自分のものに
午前中の「振袖の集中講座」に参加していた  さんは、午後からの「帯専科」も受講されました。
振袖専科で学べない帯結びの数々を、「帯専科」で学ぶわけです。

新しく学ぶ帯結びは、センスのいい彼女にとって新鮮なもの。
新たな帯結びの技術を自分のものにするために、真剣に取り組んでいらっしゃいました。

 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

振袖着付け➠帯結びに集中して

2016-05-26 14:36:20 | 振袖着付け

帯結びをみっちりお稽古しました。
「振袖専科」の参加者の中には、補整から帯結びまでを通しでお稽古している受講生もいらっしゃいます。
さんもそんなお一人です。
学院長や小浦先生の指導で、細かいところまでの指摘が続きます。

さんは、日本舞踊着付け(衣裳方)も学んでいる方だけに、手際よく着付けていました。

着付けの技は、適格な指導と、日々の積み上げしかありません。
一流を目指してがんばってほしいものです。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

振袖専科➠6名が集中しておけいこ

2016-05-26 14:29:39 | 振袖着付け

それぞれの課題を、おけいこで克服
今日は、振袖専科でお勉強している皆さんの集中講座。
補整、襦袢、着付け、衣紋の抜き、衿合わせ、おはしょり、帯結びなど、参加者の課題に合わせたお稽古をしました。

参加したのは6名。
初心者から十年以上のベテランまで、早くきれいに着付けるために、きょうも振袖の技術者がさらなる成長を目指しています。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日から始めました。➠「振袖専科」

2016-05-26 14:27:04 | 振袖着付け

衿付けから➠振袖専科の第一歩
自装の着付けの認定を取得してから、お仕事の都合で七年余り学院とは疎遠になっていた井上さん。
今日から「振袖専科」をお勉強することになりました。

第一日目は、担当の小浦講師の指導を受けて、衿の付け方などの基本から学びはじめました。
「振袖着付け師」への発進です。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿児島、福岡➠相次いで「舞踊の会」

2016-05-25 15:58:47 | 舞踊の着付け

5月29日(日)に花柳流➠「飛翔の会」開催!
各流派の日本舞踊の発表会が続いています。
今度の日曜日、5月29は、毎年恒例の花柳流、花柳二千翔(はなやぎ にちか)社中の「飛翔の会」が開催されます。

開催場所は「サンエールかごしま」二階講堂で行なわれ、入場料金は2,000円です。
この会では、古典舞踊16演目が披露されることになっています。
日本舞踊に興味のある方は、「サンエールかごしま」まで、ぜひ足をお運びくださいませ。

当日は「きつけ塾いちき」の、鹿児島と宮崎の衣裳方が担当いたします。



6月5日(日)は、芳柳流➠福岡の「伊都文化会館多目的ルーム こけら落とし」
また、一週間後の6月5日(日)は、「伊都文化会館多目的ルーム」の「こけら落し記念事業舞踊発表会」が行なわれます。
「こけら落とし」には、芳柳流、芳柳寿々光(よしやなぎ すずひかり)社中が、古典や新舞踊23演目を披露することになっています。


着付けは、「きつけ塾いちき」の宮崎と福岡の衣裳方が担当させて頂きます。
皆さまも、ぜひお出かけ下さいませ。

なお、「伊都文化会館」の住所は、福岡県糸島市前原東2丁目2-7です。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柔らかいブルーのアジサイ

2016-05-24 10:47:01 | 花だより

ぼかしの色目が可愛い
事務所の紫陽花が満開です。
梅雨入り宣言もまだなのですが、淡いブルーの花びらが、私たちを楽しませてくれています。
特に白とのボカシがとっても素敵なのです。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

振袖の特訓、鹿児島で…

2016-05-23 14:19:20 | 振袖着付け

着付けの基本、くりかえしながら
鹿児島の「きつけ塾いちき」では、来春の成人式に向けて、振袖の特訓が続いています。
5月23日(月)には、午後と夜の2回に分けて行なわれました。
着付け上達の秘訣はありません。「基本のくり返し」こそ、上達への最短距離。

参加している受講生は、着付けの先生や美容師、一般の奥さまなどの皆さんです。
技術の腕を磨くのに終わりはありませんから、教えている指導者も成長の真っただ中。
早くきれいに着付けるためのお勉強は続きます。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

振袖専科➠来春の成人式を目指して

2016-05-23 11:10:14 | 振袖着付け

復習を欠かさずに
「振袖専科」でお勉強している鹿児島の  さんは、二人のお嬢さんの振袖を着せるのが夢でお越しになっていました。
しかし現在は、来年の成人式で着せる目標も出来て、お稽古も真剣さを増しています。
前回で学んだ帯結びも覚えていらっしゃって、復習のあとがよくわかります。

毎年増えていく振袖の要請に応えていくには、技術者の養成が欠かせません。
  さんのように、復習しながら学んでいく姿勢は、上達への近道だと言えます。



 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加