東京都中小企業診断士協会中央支部認定!「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース「稼げる!プロコン育成塾」のブログ。経営・ビジネスに役立つ情報を発信

天声人語書き写しノート

2017-08-16 11:02:08 | 塾長からのメッセージ
こんにちは。塾長の鴨志田栄子です。

今年は、私は、前厄。それと関係するのかしないのかわからないが、年初から、どちらかというと、「えっ~」というネガティブなことが続いています。これは、自分の仕事も含めた生活を見直しなさいというアラームではないかと受け止めています。一つひとつを確実に対応していくしかありません。

気持ちに余裕を持ちたい……そんなとき、稼プロ!の恒例のプレゼンテーションで、天声人語について聞く機会をいただきました。そのお話を聞いて、早速、「天声人語書き写しノート」を購入。

このお盆休みも、昨日から、あいかわらず、「え~」が続発。今朝、天声人語書き写しノートを購入していたことを思い出し、さっそく、実行してみた。そこで感じたことを以下に記します。

(1)曖昧になってきた漢字を確認する機会になる
    「もとをたどれば」の「もと」はどんな漢字だったかな?
    「かこうがん」の漢字は?
(2)漢字表記とかな表記を意識できる
    「心ひかれる」「元をたどれば」「彫りやすい」
(3)書かれた内容が自分の知識となる
    ⇒御影石の産地「香川県」、
    ⇒国会議事堂や最高裁判所は茨城県産の稲田石「白い貴婦人」
(4)自分の身近な出来事に内容を重ね合わせることで、心が落ち着く
    ⇒先日の鴨志田の両親の墓参りを思い出しました
(5)文章の構成がどうなっているのかあらためて見直せる
    ⇒まだ、始めたばかりですが、おおよそ、6つの段落から構成されている(603文字)

天声人語書き写しノートは、よくできていると思います。新聞紙面と同じ行数と列数。写し間違いは、すぐに見つけられます。そして、最後に、タイトルを考えるようになっています。今回は、お盆ということもあり墓石に関する記事でした。私がつけたタイトルは文中からフレーズを抜き出して「亡き人の面影を石に託す」としました。そのほか、「ことばを調べる」「要約や感想を書く」という欄もあり、非常に勉強になると思いました。

私は、日記はつけていないので、たまに、気持ちに余裕がもちたいとき、また、書き写してみようと思います。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

朗読を通じて学んだこと

2017-07-01 22:00:38 | 塾長からのメッセージ

こんにちは。塾長の鴨志田栄子です。

 稼プロ!の特別講師のお一人、宮崎絢子先生のボイストレーニングスタジオの朗読コンサートが、いよいよ、1週間後となりました。
 今回は、私も含めて稼プロ!OB生が4人も出演します。この2か月間は、毎週、顔を合わせていますので、意気投合し、互いに励まし合いながら充実した時をシェアしていました。

  ところで、なぜ、発表会と言わないで、朗読コンサートと言うのかというと、朗読に音楽が入るからです。今回は、ピアノが入ります。ピアニストの方が、朗読を聞いて、即興で作曲されました。そして、チケットが有料なので、発表会ではあるのですが、発表会という言葉は使いません。その分、先生からは、「お金を払って聞いていただくのだから、それなりのレベルに達しなければならない」ということを何度も言われます。 

 今日は、朗読コンサートの練習を通じて感じたことを以下に記します。 

(1)朗読は文字を読むことではない

 宮崎先生は「書いてある文字を立体化させて生きているように伝えるように」と言われます。文字を読むのではなく中身を伝えること。そのためには、なんとなく音声化するのではなく、それがどういう意味を持っているのかを考えて音声に深みや広がりを持たせる必要があります。だから、何度も読み込んで完璧に内容を理解しなければなりません。「読む」は自分に言い聞かせることであり、「語る」とは相手に伝えることなのです。

(2)16人が一つになることで「聴く」力が醸成される

 今回は、16人が舞台に立ちます。朗読コンサートでは、詩と童話の朗読があります。1人で読む詩もあれば、群読するものがあります。童話では、登場人物を演じて読む人もいれば、ナレーションを語る人もいます。出演者各自が役割を分担しています。
 16人で1つの作品を作り上げていくのですが、自分が話すことよりも、他人の朗読をよく聴くことがとても大事になります。「前の人が、どのようなテンポで朗読をしているのか」、「どのような音程で終わっているのか」、「場面がどのように展開されているのか」……など、前の人を受けて、次の人につなげていくことが求められます。まさに、「声のキャッチボール」です。それができないと、自分だけ浮いてしまうのです。自分のセリフが来たから読むというのではなく、常に、他の人の朗読中も、心の中で一緒に朗読をして、前の人が、自分にどんな「ボール」を投げてくれるのかを理解し、きちんと受け止めることで、繋いでいくことができるのです。

 (3)自分の「無意識」の癖が矯正される

 朗読の練習をしていると、無意識のうちに、自分流のアクセントをつけていたり、語尾が弱くなっていたり、節がついていたり、短調(悲しげな音声)になっていたり……ということが多々見つかります。先生は、プロ中のプロですから、その「聴く」力は言葉にできないほどすごい!です。どんなに些細なことも漏らさずに、指摘が返ってきます。詩や童話のイメージを正しく伝えるために、これらは、徹底的に矯正されます。これは、朗読コンサート終了後は、「話す力」として蓄えられていくのだと思います。

  コンサルタントは、人前で話す機会が多いです。聞きやすい声で、わかり易く伝える力は身につけていきたいですね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

稼プロ!で大事にしている「振り返りとフィードバック」

2017-05-18 16:28:04 | 塾長からのメッセージ

こんにちは、塾長の鴨志田栄子です。 

5月13日に、事務局の高橋さんが振り返りシートを話題に記事を書かれています。
私も、今日は、この振り返りシートについて、塾長としての想いを綴りたいと思います。 

私には、何人か、師匠と呼ぶ方がいます。
もちろん、一番目は、初代塾長の宮本邦夫先生ですが、その宮本先生もご存じの方で、もう一人、人材育成に情熱を捧げていた方がいます。2年前にお亡くなりになりました。
地方にお住まいで、出張時にたまにお目にかかると、いつも熱く人材育成について語っていらっしゃいました。

・グループ演習が始まったら、みんなの席をまわって、良いアイデアがあれば「これ、いいねぇ」「この発想、素晴らしいねえ」と声掛けをし、さらに「これは誰の発想?」などと続けて、1人ひとりを褒めることが大事。 

・研修やセミナーの感想レポートには、1人ひとりきちんとお返事を書いてフィードバックすること、感想のもらいっぱなしはダメだよ。研修中、1人ひとりをきちんと見ていないとコメントは書けないよ。 

お仕事をいただいたこともあります。悪天候の中、駅まで迎えに来てください、道中、景色の良い場所をまわってくださったり、そのお人柄も含めて、心から尊敬しておりました。 

この方のこの教えが、稼プロ!でも振り返りシートとして、今、やっと定着しています。
12期生の時に、1年間まとめて振り返りの感想を求めたら、「都度、訊いて欲しかった」という声。それで、13期生からは、毎回振り返りシートの提出をお願いしました。しかし、全員に、全部にコメントすることはなかなかできませんでした。これではいけないとおもって14期生からは、全員に、全部にコメントするようにいたしました。 

高橋さんが書かれた内容を見て、とても嬉しかったです。人を育成するというのは、知識を伝えることではなく、1人ひとりと向き合い、その人の伸びしろに注目して、どうしたら、もっと良くなるのかということを考えること、そしてときには、塾生の方々が書かれる振り返りから、自分を振り返って反省したり、新たな気づきを得ることもあります。

この振り返りに対するフィードバックは、事務局の方のきめ細かななサポートがあるから実現できています。一人ひとりとのやりとりは、事務局の手を煩わせてしまっていますが、同時にとても感謝しています。これからも、稼プロ!では、この振り返りとフィードバックを大切にしていきたいと思います。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大切なことは昔も今も変わらない 三意と基礎の重要性・必要性

2017-03-10 11:20:05 | 塾長からのメッセージ

こんにちは。塾長の鴨志田栄子です。

仕事で良いことがあると、誰もが嬉しいことと思います。私も、最近、嬉しいことがありました。自分がプレゼンテーションした、研修企画が採用されたことです。

私は、研修講師をしておりますが、研修会社様からの依頼がほとんどなので、いわゆる孫請けの立場です。したがって、カリキュラムだけ作成し、研修会社様からお客様に提案することがほとんどですが、たまに、私自身も研修会社様に同行して、プレゼンテーションをする機会があります。

 

来年度の引き合いがこの時期多数来ますが、カリキュラムだけ提供の案件は、失注も多く、競争の厳しさを実感しておりました。しかし、自分が説明に出向いた案件は、受注の確率が高いことも実感いたしました。

2つの受注について紹介します。 

1つは、ある企業様のリーダー研修。

その会社様が大切にしているリーダーの心得や、社長さんが読まれているビジネス本の抜粋記事を事前にいただいていましたので、これらの情報をまず分析して、体系化し、カリキュラムに落とし込むのかを大事にしたところ、社長さんには、それが通じました。間に入った研修会社の方にも、過去に実施したカリキュラムから切り貼りで作成してくる人が多いが、ここまで相手の会社様を受け止めてくれるので、安心して相談できるという言葉をいただきました。自分ができること、持っているものを差し上げることは簡単ですが、相手に合わせてデコレーションすることが、とても大事だと思います。

 

もう1つは、ある自治体様の研修

研修のテーマは、決して、私の経験豊富な分野とは言い難いものでした。そして、コンペのプレゼンテーションも、厳しい質問が多数でて、とても緊張しました。帰りの電車の中では、「これはダメだろうな」とあきらめていました。しか、最終的には、カリキュラムに盛り込んだある項目が決め手になったようです。それは、部下指導は育成計画に基づいて行うということです。お客様の仕様では、指導テクニックを中心に求められていましたが、テクニックだけでは、現場の指導で限界があるという想いが私にはあります。指導を受ける人の現状を把握し、育成目標を設定し、意図的、計画的、継続的に行うことが重要と、この部分は、研修会社様との事前のやりとりでも私が譲れない部分でした。その部分が評価されたことは、とても嬉しいことでした。

 

独立して15年が経過します。何年たとうと、誠意・熱意・創意の重要性、お客様ニーズに合わせて応用力を発揮するための基礎の必要性を実感しているこのごろです。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年を振り返って

2016-12-31 10:55:38 | 塾長からのメッセージ

こんにちは。塾長の鴨志田栄子です。

今日は、大みそかであり、私的なことも含め、この1年間を振り返ってみました。体系化もせず、思いつくままに羅列しています。

(1月)仕事用の写真
みなさんは、仕事用の写真はどのように準備していますか?私は、年に1度、スタジオに撮りにいってきます。おススメのスタジオは2つあります。
・スタジオ・アペックス http://www.studio-apex.com/
・プロモートスタジオ巣鴨  http://pots.co.jp/
来年に向けて、つい先日、写真を撮り直しました。その直後、急に、来年1月、某百貨店での講演が決まり、写真が必要となり、グッドタイミングでした。仕事では、いつ、写真提出が求められてもよいように、独立したら、まず、写真を準備しましょう。必ず、プロに撮ってもらいましょう。王道、知的、親近感……それなりに撮ってくださいます。

(2月)実務補習
実務補習の5日間は、密度の濃い毎日ですね。来年も、建設業の会社様で、実務補習の指導をいたします。この「稼プロ!」の卒塾生の方が、昨年に引き続き、来年も副指導員をすることになりました。実は、企業の社長、副指導員、私も、同じ大学の同窓生という関係になります。たまたまなのですが、きっと、良いご縁が築けると思っています。ご縁は大切に育てていくものですね。 

(3月)家業の教科書販売・納入
私の実家は、もう80年近くも、近隣の小学校に教科書納入の仕事をしています。昔、文房具店を経営しており、その事業の一つとして祖母が手掛けたことが始まりです。嫁となった私の母がそれを継いでいます。今でも、母が代表なのですが、体力的に、子供たちが、手伝っています。高齢化により、近隣の文具店が店じまいをするごとに、そこが担当していた学校も引き受け、今では、7校に納入しています。教科書納入の仕事は、社会貢献事業だと思います。転入生が来た、教科書を紛失したという子供たちのために、たった1冊でも、教科書会社に購入しにいきます。人件費を考えると薄利どころか持ち出しに近いものがありますが、商売は、数字だけではなく、継続していくことも大事であることを子どものところから、見て学んできました。

(4月)ベトナムでの企業研修
昨年、インバウンド関係の仕事をしました。アジア各国からキーメンバーを招聘して、外国人の目線で、日本の観光地などへの助言をいただくという主旨のものです。私はファシリテーターとして、この事業に参加いたしました。このときベトナムから来日された2名の方は、偶然にも「再会」だったのです。過去にベトナムでお世話になったコンサルティング会社の方と、私の講義を受講された旅行会社の社長さんでした。この「再会」がきっかけとなり、この4月、この社長さんの会社での社員研修が実現しました。 

(5月)JICA能力強化研修を受講
本研修を受講するには、書類審査があります。過去の実績や、推薦書が必要です。その書類審査合格の通知をもらい、JICA能力強化研修を受講できました。人間の安全保障、平和構築、ジェンダーなどの問題に触れ、良い機会をえることができました。中でも、印象に残っているのは、安全対策、今年は、テロ事件が多発していますが、実際の銃の音を聞いて、どのように身を守るのかを学びました。発展途上国で働くということは、自分で自分の身を守る覚悟が必要だと実感した次第です。

(6月)北欧の大自然を満喫
87歳と86歳の両親が、2人で申し込んだツァー。それも、高齢者向けではなく、普通の方々が参加するツァーです。杖をついてゆっくりしか歩けない父。2人はなんとかなると言うけど、子供としては、他の方にご迷惑がかかるのでは?と心配です。あわてて、仕事を調整し、同行することにしました。父のために、日本で車いすをレンタルし、持ち込みました。石畳には閉口しましたが、空港では、いずこも歩く距離が長く、車いすは、多いに役立ちました。この会社のサービスは、とてもよかったです。皆様、もし、福祉関連の機器で困ったことがありましたら、ぜひ、この会社にご相談することをおススメします。
有限会社移動サポート http://www.ido-support.com/ 
そして、思い切って仕事から離れて旅行し、雄大な自然の中に身を置くことも、大切なリフレッシュになります。来年もメリハリをつけて過ごしたいと思います。 

(7月)白内障の手術
5年前に片目を手術済み、今年は4月に申し込んで3か月待ちでやっと7月に残りの片目の手術が実現。手術前は、白く靄(もや)がかかり、視界がほとんどなかったのですが、術後は両目とも、1.2の視力を保っています。今、注意することは、眼の紫外線対策です。皆さんも、健康管理に気をつけましょう。

(8月)野菜ソムリエに挑戦
お盆休みに、4日間集中の講座を受講。「激短」コースと呼ばれています。科目は、以下の通りです(日本野菜ソムリエ協会のHPを参照)。
①品目(野菜・果物の原産地、檀頼、種類、品種、輸送技術、鮮度保持)
②生産(土づくり、肥料、農薬、農業政策)
③流通(野菜・果物の流通の仕組み、価格形成、表示基準、食の安全への取り組み)
④青果物と健康(青果物摂取の現状と生活習慣の関係、科学的根拠に基づいた栄養情報とそのプレゼンテーション力)
⑤歴史と時事(「食」の歴史、国際社会における農業交渉など、現代日本の食環境が抱える課題)
12月には、正式に合格登録しましたが、筆記試験で、一番の高得点は「流通」でした。診断士活動や6次産業化と関係が深い学びでした。

※野菜ソムリエの資格を取るには、その前にジュニアソムリエ(筆記試験とレシピ8種類の提出)を取らなければなりません。野菜ソムリエは、1次試験が筆記試験、野菜の栽培観察ノート、レシピ10種類、2次試験は、プレゼンテーションと面接です。

(9月)「稼プロ!」拡大合宿
今年の「稼プロ!」の合宿は、会場手配の都合上、30名の参加者数が目標! そのため、多くの方々にお声がけし、全員参加の16期生、OB生、他マスターコースからも応援参加をいただき、例年になく、密度の濃い内容でした。「稼プロ!杯」の優勝カップも購入。ここでのネットワークが、年末にきて、名古屋での名古屋商科大学院の方々との懇親会に名古屋在住の診断士が合流、飲食店の診断の声掛けにつながっていると思います。このネットワークを大切に育てていきましょう。 

(10月)稼プロ!元事務局・講師の金子敦彦さんの結婚披露宴でプチOB会
稼プロ!11期生、12期~13期の事務局長、14期~15期の講師を務めてくれた金子さんの結婚披露宴。多くの「稼プロ!」OB生が招かれました。2次会も合わせ、ちょっとしたOB会で、通算、9時間!を過ごしておりました。やはり、ここでも、ネットワークの素晴らしさを実感!でき、とても嬉しかったです。

 (11月)ご住職の話に感動
私の住む中野区にある成願寺が毎年主催する観音参拝のバス旅行に両親とともに参加しました。一昨年は、能登輪島の総持寺と和倉温泉「加賀屋」に宿泊、これだけでも診断士として貴重な経験でしたが、このツァーでは毎回お寺を訪問します。そこで聞くご住職のお話がとても面白く、こちらも、診断士として勉強になるのです。今年は福島会津の「ころり三観音」をめぐってきました。こちらについては、http://www.aiaiaizu.com/aizumeguri/korori.html を参照ください。あるご住職の話は、最初から最後まで、高齢者の笑いを引き出しており、その話術に感動しました。もう一つ、往路で、茨城県阿見町にある「予科練平和記念館」にも立ち寄りました。特攻隊の若き少年が母親にあてた手紙など……心が痛みます。ここも、戦争を知らない私たちの世代は、足を運ぶことをぜひおすすめします。

(12月)宮崎絢子先生の朗読コンサート
「稼プロ!」にも特別講師として登壇している宮崎絢子先生とお教室の他の2人の先生による朗読コンサートを聴きにいってきました。「龍の子太郎」、休憩なしに1時間半、様々な登場人物、ナレーションを、3人の先生方が、上手く役割分担をしながら、そして、動きを加えて、朗読していきます。声の力……というより、声による表現力と伝達力に引き込まれ、あっというまの1時間半でした。朗読とギターの演奏のコラボも素晴らしかったです。来年は、6月に、お教室の生徒さんたちによる朗読コンサートが開かれる予定です。これからも、「稼プロ!」では、声の力のすばらしさを伝えていきたいと思います。
https://www.facebook.com/1818voicetraining/?fref=ts ここの投稿から雰囲気は伝わってきます。よかったらご覧くださいませ。

本年は、多くの皆様に支えられて、いろいろなことにチャレンジをし、目標を達成し、年末を迎えることができましたこと、心から感謝申し上げます。
来年も、引き続き、よろしくお願いいたします。今年以上に、皆様にとって良いお年となりますよう、お祈り申し上げます。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加