東京都中小企業診断士協会中央支部認定!「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース「稼げる!プロコン育成塾」のブログ。経営・ビジネスに役立つ情報を発信

節電と省エネ

2018-09-22 19:15:00 | 18期生のブログリレー
みなさん、こんにちは!稼プロ18期の杉山 佳正です。

今年の9月は台風、地震と大きな災害が続きました。被災地の皆様には心からお見舞い申し上げます。

北海道で震度7を計測した大地震では、震源地近くにあった主力の火力発電所が緊急停止。道内全域で停電するブラックアウトが発生し、復旧した後も、経済産業省が10~20%の「節電」を呼びかける事態となりました。

ところで、みなさん「節電」と「省エネ」の違いってご存知でしょうか?

手元の辞書を引くと、「節電」とは、“電力の使用量を節約すること”、「省エネ」とは、“電力・ガスなどのエネルギーの総消費量を節約すること”とあり、あまり変わらないようにみえます。しかし、「節電」では、ピークカット(ピーク時の使用電力を抑えること)の取組みが重視されるという違いがあります。経済産業省の呼びかけも、電力会社の供給力に不安がある中、最大需要電力を抑えようとするものであり、総消費量の節約が主眼ではありません。

言葉だけではわかりにくいので図を用いて説明します。図は企業A社の1年間の電力の使用状況を示しています。A社では、8月の需要電力が100kWで最大となっており、これがA社におけるピーク電力となります。このピークを抑えることが「節電」では重要となります。




「節電」の目的には2つの側面があります。1つは供給者側からみた電力の需給バランスの安定という目的、もう1つは需要者側からみた経費削減の目的です。

ピーク電力を抑える取組みは、とくに経費削減効果の高いものといえます。なぜでしょうか。契約電力の基本料金は、過去1年間の最大需要電力に基づき決まります。先ほどのA社では、ピーク電力の100kWに基づいた基本料金を1年間払い続けることになります。A社で100kWの電力を使用するのは8月だけなのに…、です。

つまり、「省エネ」はそれでも実際使用した分を支払うことになるのですが、「節電」を怠ると使用していない月の分まで、ピーク電力に基づいた経費を負担しなければならず、全くモッタイない状態となってしまうのです!

報道によると、北海道における電力不安は、関係者のみなさまの努力により収束しつつあるようです。しかし、光熱費等の経費削減は企業の収支改善の重要なテーマです。緊急時だけでなく、平時においても「節電」を意識し、のちのち「モッタイなかった」と後悔することがないよう、収支の改善につなげていただきたいと思います。

ちなみに、公的な支援施策を調べると、経済産業省では中小企業の省エネ・節電を支援する補助事業を毎年実施しています。こうした施策の活用も検討してはいかがでしょうか。
<ご参考>下記は平成29年度補正予算の施策「平成29年度補正予算省エネルギー設備の導入・運用改善による中小企業等の生産性革命促進事業」のURLです(今年度は公募終了)。
https://sii.or.jp/kakumeisokushin29r/
コメント (3)

挑戦!

2018-09-21 21:00:00 | 講師亀田からのメッセージ
講師の亀田です。

本日より、
大学でマーケティングの講義を週一回100分間、行うことになりました。


講師の依頼が来た際には、金曜日の4限(15時30分~17時10分)のため、会社の勤務時間と重なり、
会社を説得できるのか、そして、業務との両立ができるかと悩みました。

ただ、
大学の講師という未知なる体験ができること、
自分の知識のたな卸しになること、
マーケティングの面白さを伝えられること、
など、魅力がいっぱいありましたので、お受けすることにしました。

と、つらつらと書きましたが、コアとなる判断理由はシンプルで、

やらないで後悔するよりも、
やって後悔するほうが、経験ができている分、意味がある

という、考えにあります。

これまで、転職を5回しましたが、この考えが後押しをしてくれました。


これからも、引き続き、様々なことにチャレンジをしていこうと思います。
コメント (3)

キーレスの時代へ

2018-09-20 12:00:00 | 講師小野田からのメッセージ
稼プロ18期生の清水祐樹です。
最近、キャッシュレスという言葉をよく聞きますね。政府が舵取りして、キャッシュレス化を推進してますが、日本での現金の決済比率はまだ8割ぐらいあるそうです。
ですが徐々に、キャッシュレス化は進んでいます。

キャッシュの次は、キーレスやカードレスの時代が来るのではないでしょうか?
それは、指紋や顔など個人の特徴で認証する生体認証技術が進んできているためです。

生体認証の種類は、指紋・顔・静脈・DNA・虹彩・音声と様々あります。公共の場では銀行、仕事やプライベートでは、スマホやパソコンなどの認証で使われているため、わりと身近なものとなっています。

ユニバーサルスタジオジャパンでは、年パスを持っていれば、顔認証で入れるようになっていますし、ディズニーも顔認証システムを来年から導入予定となっています。
電車や飛行機に乗る時も、事前に登録しておけば、面倒な手続きなく乗れるようになりそうですね。

また、イオングループのミニストップが「手のひら静脈認証」で、カードレス決済の実証実験を開始してます。これが進めば、カードすら不要で支払いができるので、万が一、災害に見舞われてもお金やカードがないため食料が買えない、といった自体を回避できそうです。

便利な生体認証ですが、問題点も多くあります。

一つ目として、なかなか本人認証できないことや、偽装が簡単にできてしまうことです。
指紋認証では、指の怪我はもちろん、指が濡れていたり、外の温度が極端に寒かったりすると認証できないケースがあります。
偽装の観点では、指紋を採取してゼラチンやシリコンを使い、指紋認証を突破することができたり、カメラでとった顔の画像をプリントアウトしたもので、顔認証を突破することができたりします。

このようなことは、センサーを精度の高いものにしたり、認証アルゴリズムを変更したりすれば対応できるのですが、その分コストがかかっていまいます。

二つ目の問題点は、一度登録した認証情報を変更できないことです。
現在は、amazonやgoogole、microsoft、yahooなどインターネットを使ったサービスを利用する場合、サービス別でIDとパスワードを用意する必要があります。(Googleアカウント認証やFacebook認証などでIDを作らなくてもよくなってますが)
仮に、パスワードの認証を指紋認証に置き換えた場合、全部同じ指紋で登録することになります。パスワードが他人に知られてしまっても、パスワードを変更すれば済みますが、指紋情報が流出してしまったら、もうサービスを利用できなくなってしまいます。


今では、通常のマンションにオートロックは標準装備されていますが、最初に登場したのは、昭和後期から平成初期ぐらいですので、もう30年くらいは経っています。キーレス用の生体認証システムは、10年ぐらいまえにはすでに実用化されてました。現在の指紋認証用電子鍵は、8万~10万円ぐらいしてますので、一般に普及するのは、まだ時間がかかりそうです。
コメント (2)

のれんに関するルール変更

2018-09-19 12:00:00 | 18期生のブログリレー
皆さま こんにちは。
稼プロ18期の舌歯 昌洋です。

【主題】
本日は、のれんについて書いてみます。
ウィキペディア日本語版によると、店先あるいは部屋の境界に日よけや目隠しなどのために吊り下げる布のことである、とされています。

この本来の「のれん」も興味深いのですが、ここでは派生概念とされる「会計上ののれん」について述べます。


【主題の定義】
「会計上ののれん」とは何でしょうか(以下、本稿ののれんはすべて会計上ののれんを指します)?
我が国の会計基準によると、
「取得原価が、受け入れた資産及び引き受けた負債に配分された純額を上回る場合には、 その超過額はのれんとして次項に従い会計処理」するものとされています
(企業結合会計基準第31項)。
意欲的に意訳しますと、「会社を買収するときに、買収される会社の帳簿価格よりも多く支払った場合の、その多い部分」となります。

それでも分かりにくいですね。

これならどうでしょうか。
A社はB社の株式100%を現金1万円で取得することにしました。
B社の貸借対照表はA社の取得時点でこのようになっていました。

B社貸借対照表(単位:円)
諸資産5,000
諸負債4,000
純資産1,000

さあ、のれんはいくらになるでしょうか。
答えは9,000円です(取得対価10,000-純資産1,000)。


【執筆動機】
この記事を書こうと思ったのは、2018年9月14日付日経新聞に国際会計基準審議会(注)がのれんの会計処理の見直しを「検討する」という記事があったためです。
(注)国際会計基準(IFRS)を設定している団体

もしこの会計処理の変更が行われると、企業会計に、さらには株式市場にどのような影響が見込まれるのでしょうか。
こういったことに言及したいと思いました。


【説明】
日本人目線では、現在主要な会計基準は3つあります。
日本会計基準
国際会計基準
米国会計基準

では恒例(?)のクイズです。
各会計基準における、のれんの会計処理はどうなっているでしょうか。























日本会計基準:20年以内に定額法などで償却+必要があれば減損
国際会計基準:定時償却なし+必要があれば減損
米国会計基準:定時償却なし+必要があれば減損

そうです。日本だけ違います。
この違いは非常に大きく、我が国上場企業の会計基準選択に重要な影響を与えています。
処理の相違となる会計理論上の考え方は、神学論争的な様相を呈しているので、こちらでは紹介しません。私個人は、日本会計基準の考え方のほうがより理解できます。

仮に、国際会計基準においてのれんが現行の日本会計基準のように定期的な償却を行うルールに変更されたらどんな影響が見込まれるのでしょうか。
そこをレビューして本稿を締めたいと思います。

サンプルとして、ソフトバンクグループの平成30年3月期決算を取り上げます。
ソフトバンクグループ平成30年3月期決算短信
を見ますと以下のことが分かります。

適用する会計基準:国際会計基準(1/72ページ)
総資産額:31兆円(1/72ページ)
純資産額:6兆円(1/72ページ)
のれん総額:4兆円(28/72ページ)

仮にのれんを20年定額法で償却する場合、毎期2,000億円ののれん償却費が生じることになります。もちろんキャッシュの出入りは伴いませんが、会計基準次第で2,000億円も会計上の固定費が生じてしまうのは恐ろしいことだと思います(会計上のというところがキモで、企業の稼ぐ力には影響ありません)。

また会計基準に関する知識が不足していると、他の条件が全て一定ならば、突如利益がのれんの償却費分減少することに驚いて、意図せざる対象株式の売買を行ってしまうことも考えられます(なので、株式投資する人は会計基準の知識が少しは必要になると思います。)。

【まとめ】
報道によると国際会計基準審議会は、これから議論を本格化させ、2021年には結論を出す意向のようです。
ルール改正が行われるのかどうか、時期が2021年になるのかどうかを含め、職業会計人として状況のウォッチをしていきます。

長文最後までお読みいただきありがとうございました。
コメント (3)

約10日後は稼プロ!合宿

2018-09-18 13:35:38 | 18期生のブログリレー
稼プロ!サポーターの武井です。

ついこの間まで猛暑・・・といっていたのが
ウソのように秋らしい空気になってきましたね。
(日差しがきつい日もありますが、7月、8月のあの暑さとは全然違いますね)

ちょうど9月下旬は、毎年稼プロ!合宿の季節です。
この合宿は、13期生の自主企画から始まり、翌14期から正式カリキュラムとなりました。
(13期生の初回講義のキャリアビジョンの見直しをしたいという声からです)

今年も今月29日、30日の1泊2日で
千葉県にある「生命の森リゾート」内で開催となります。

カリキュラムは昨年同様、
初日はOB生3人による「稼プロ!OB生に聞く”成功への秘訣”」と題しての講義、
その後は、各自でキャリアビジョンのブラッシュアップを行います。
翌日は、前日に振り返ったキャリアビジョンの発表となり、
両日ともに講義冒頭には塾生によるミニプレゼンテーションもあります。

「経営コンサルタント養成塾(略称:経コン)」も昨年同様にこちらで合宿を行うので、
夜の懇談会は稼プロ!と経コンでの合同となります。
両塾の現役塾生以外にも稼プロ!OB生が加わるので、総勢40名ほどになる予定です。

こういった合宿だと、夜が更けてくると、
お酒の力もあるのか、はたまたその場の雰囲気なのか、
不思議と普段なかなか聞けない話なども出てくるような気がします。

塾生のみなさん、ぜひ「熱意」と「誠意」をお酒と一緒にたずさえて、
OB生、講師陣や事務局、経コン生との交流をお酒を飲みかわしつつ楽しんでください。
(翌日のためにぜひウコンなどの力を借りてください)

そして、盛りだくさんの講義内容、交流した方々からの「三意」を、
千葉の大自然のよい空気とともに、忘れずにお持ち帰りくださいね。
コメント (3)