東京都中小企業診断士協会中央支部認定!「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース「稼げる!プロコン育成塾」のブログ。経営・ビジネスに役立つ情報を発信

驚きストーリーがリピーターを増やす

2014-06-02 00:31:23 | 診断士林からのメッセージ

皆さま

中小企業診断士の林です。

いよいよ、プロコン育成塾も13期が終わり、14期に入りますね。たまにメールを拝見すると、14期はいよいよ女性の塾生が入るとのこと!素晴らしいですね。(羨ましい。。。笑) 14期も育成塾がなお一層盛り上がることを祈念します。

さて、今日は先日妻と行ったある和食屋さんのお話を少しだけしたいと思います。

この和食屋さんは、葛飾区立石にあります、「魚つぐ」というお店です。妻の知人たちがよく集まる店だそうで、妻がぜひ一度行ってみたい!ということで、先週、少し空いた時間を利用して妻とランチを食べに行きました。

お店を見つけるのに少し苦労しましたが、なんとか辿り着き、早速、ランチを注文しました。ランチにしては少しお高めの1,300円程度。しかし、値段が安く感じるくらい、素晴らしいメニューとおもてなしのオンパレードでした。

細かいことをここで書いてしまうとお店の人に迷惑をおかけしてしまいますので割愛させていただきますが(すみません)、

メインメニューの品数の多さと上品さ、メインメニューの後にすぐ出されたお新香の品数と量の多さ、ちょうどよいタイミングでご飯のおかわりを尋ねる心配り、食べ終わったタイミングで軽い和のデザート、そして最後に小さいカップに上品に注がれたコーヒー。

一つ一つが順序良く、一品一品に驚きを与えながら、店員さんの丁寧な心配りをもって提供される。たかがランチとはいえ、ストーリー性が考えられた素晴らしいサービスにとても感動しました。

それほど目立つ立地でもなく、お店もそれほど小奇麗というわけでも大きくて目立つというわけでもなく、それでも私たちが行ったときにはほとんどの席が埋まっていて、その人気の理由が分かりました。

私たちも小さい飲食店をコンサルティングするケースがよくあるかと思いますが、良い事例として参考にしたいと思わせてくれるお店でした。

ぜひ、皆さまも一度、葛飾区立石の近くに行った際には、立ち寄ってみてください。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

歴史上のリーダーの資質

2014-05-12 00:30:58 | 診断士林からのメッセージ

皆さま

中小企業診断士の林です。

今日は素晴らしく天気が良く、もう夏日のような気温の高さでした。そんな日には自宅で閉じこもっているのはもったいないので、少しの時間でも外に出ようと近くのファーストフードに行って本を読んでいました。

最近は纏まった時間をとるのが難しいので本をじっくり読む時間も減ってしまいましたが、もっぱら本は歴史モノの本を読むのが好きです。それで今日読んだ本には、歴史上のリーダーについて書かれており、例えば戦国時代の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康から、明治維新の吉田松陰、西郷隆盛、大久保利通など。

歴史上に名を残すリーダーの資質としては、以下の6つがあるようです。

①先を見る力

②情報を集める力

③その情報を分析判断する力

④問題点解決の選択肢から1つを選択する決断力

⑤それを実行する実行力

⑥健康、体力

どれも当たり前のようなことばかりですが、いざ実行しようとすると難しいものばかりであったり、日頃から意識できているかどうかと考えると、これもまた怪しいものばかりです。

特に、仕事をしていると目の前の仕事を消化することばかりに集中して、将来のことを考えながら布石をうっておく仕事というのは優先度が下がってしまいがちです。

よく、仕事の優先順位の付け方として、重要度と緊急度のマトリックスで考える方法がありますが、重要度が高くかつ緊急度が高い時間に忙殺されると充実感はあるかもしれませんが、仕事の効率性であったり付加価値の創出は低くなりがちです。

緊急度が低いのだけれど、重要度が高い仕事にどれだけ時間を振り向けて取り組めるか。これが仕事の成否を握っているような気がします。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

稼げる!プロコン育成塾で未来を作る

2014-04-20 12:14:25 | 診断士林からのメッセージ

皆さま

中小企業診断士の林です。

いよいよ新年度が始まり、中小企業診断士の世界でも新たに診断士になられた方も仲間として多く入ってくる時期になりました。新診断士の方たちの輝かしい目や雰囲気に触れられることで、私も励まされることが多かったように思います。

企業内診断士である私は、昨年度から仕事の関係で診断士の活動を少し控えている状況ではありますが、また近い将来は診断士として活動したい思いから、診断士の方たちとの繋がりを最低限切らないように努力していきたいと思っています。

その背景には、企業内診断士にとって、診断士として活動していくことと本業で活動していくこととの間には、間違いなく相乗効果があるからです。

知識や技術においても、人間関係においても、キャリアプランや生き方を考えていく上でも、本業とは違った世界で多くの人たちと切磋琢磨していくことはとても有意義なことです。

そのためには、躊躇せずに第一歩踏み出すことが肝要です。

そのためにきっかけ作りの場が、診断士協会の研究会であったりマスターコースであったりします。あくまで、第一歩踏み出すためのきっかけとして、研究会やマスターコースに身を置いてみてはどうだろうか、とシンプルに考えることが必要だと思います。

マスターコースだと研究会とは違って少々高額な投資が必要となります。でも、その投資効果は経験した人でないと計り知ることはできませんが、知識や人脈といった最初に多くを期待される点以外に、自分の生き方やキャリア形成のあり方を真剣に考えていく機会になるという計りしれない機会がマスターコースに入ることで得られます。

これがマスターコースに入ることで一番大きいように私は思います。

マスターコースの場合、OBの方たちや講師の先生方はその投資をしてまでも真剣に診断士としてやっていこうと人たちばかりです。そのような人たちから刺激を受けることで、今の自分を見つめ直し、いずれ自分はこうなりたいという道標が作り上げられていくのだと思います。

この、稼げる!プロコン育成塾はマスターコースの中でもあらゆる方面で第一線で活躍されているOBの先生方が多く存在し、また講師陣の先生方も真剣にキャリアのことを考えたり実践されている先生方ばかりです。そして何より、ある一つの決まった考え方や方法論に留まるのではなく、色々な考え方をもった先生方に数多く触れられる機会のなかで考えることができることが、稼げる!プロコン育成塾の良いところでもあります。

新しく診断士になられた方には、稼げる!プロコン育成塾の新しい仲間として数多く集まっていただきたいと思います。ぜひ、よろしくお願い申し上げます。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

仕事を通じて感動すること

2014-02-22 01:59:42 | 診断士林からのメッセージ

皆さま

中小企業診断士の林です。

ソチ五輪も残すところあと3日になりました。TV中継でライブですと毎日深夜に放送していますが、ここのところ毎日深夜帰りなので、ポチっとTVをつけると大会の模様が放送されています。それで、そのままTVに見入ってしまうため、ここのところ、特に睡眠不足の毎日です。。。^^;

昨日は皆さんも注目して見ていた方も多いと思いますが、フィギアスケートの浅田真央選手の演技に感動して目が潤みました。素晴らしかったですね。メダルを獲得できない結果となっても、ここまで多くの人々を感動させるスポーツ選手はいないのではないかと思います。長い時間努力に励み、信念を貫いて戦う姿勢に、そして、想像を絶するプレッシャーを克服して最後の最後にこれまでで一番素晴らしい演技を見せたことに、自分も含めて心を打たれたのだと思います。

このような感動する場面に出会いたくて、スポーツ観賞が大好きなのですが、そのたびに「自分も人に感動を与えられるような仕事をしたいな」とか、「仕事を通じて感動を得られるような経験を多く積みたいな」とよく思います。そして、そのためには、とても辛くなるような苦労を伴う仕事を買って出る勇気と信念を貫いて努力を積み重ねる自分の姿、多くの人を巻き込みながら一丸となって目標に向かって突き進むチームワークの姿をイメージしています。

「勇気」、「信念」、「努力」、「チームワーク」

これらのキーワードを胸に日々仕事に励み、仕事を通じて感動する場面を多く積み重ねていきたい。浅田選手の姿を見て、そのように感じて心新たにしました。

いつの日か、診断士の同士として、皆さんとも感動を得られるような仕事をしていけるといいですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

記憶力

2014-01-31 12:00:00 | 診断士林からのメッセージ
皆さま

中小企業診断士の林です。

今週金・土と九州へ出張に行く関係で、このブログは水曜深夜に書いています。

昨年度までは、営業担当でもっぱら首都圏近郊を昼夜出回っていることが多かったですが、今の仕事は内勤が多くなっているものの、四半期に1回くらいの頻度で北海道から九州まで出張に行きます。全国津々浦々の美味しい料理やお酒を嗜むことができ、出張の機会を楽しんでます。

さて、最近仕事をしていて痛感しているのが、記憶力が以前よりも落ちてるなあ~、ということです。以前は、記憶力なんて落ちるもんじゃない!それだけ覚えようという気が足りないんだ!と思っていたのですが、どれだけ覚えようとしても、なぜだか忘れてしまってる・・・。そんなケースが多くなったように思うのです。

インプットされる情報量が多いからなのか、記憶すべき情報の取捨選択に問題があるのか、記憶の仕方に問題があるのか、なんなのか・・・、そんなことを色々と考えながらも、やはり若い頃と比べると記憶力が落ちてるなあ~、と痛感している日々です。

なので、ここは、自分の記憶力は低下してる!、と割り切って、それを補う方法で単純なことなのですが、手帳にメモを残すことを徹底するようにしています。とにかく、どんなことでも手帳に書きまくる。次のことに移る前に、一つ一つのことが終わるたびにメモを残そうと。それまでのことを忘れてしまうと、その仕事をしていた時間や内容が結果的に損失にしかならないので、とにかくメモを残してアウトプットしようと心がけています。

このメモを残すという作業、これが意外と大変です。ふと気が抜けると、メモに残すことを忘れて次のことをしてしまう。打ち合わせしていて発言することに集中してしまうと、メモをとることを忘れてしまう。

考えながら、発言しながら、ポイントを端的にメモに残す。その達人になりたいなあ~と思いながら、日々格闘しています。

そしてふと、やはり記憶力があったほうがいいよな~、と思う今日この頃です。

効率のよいメモの残し方、あるいは、そんな面倒なことはせずに記憶力をよくする方法をご存知の方、あるいはなにか訓練されている方、ぜひぜひアドバイスを下さい!

また話は変わって、もうすぐソチ五輪ですね。日本の選手たちにはぜひとも頑張って欲しいと思います。日本中の人々が感動する瞬間に出会えるとよいですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加