さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 瀋陽から大連

2011年07月04日 | 海外旅行
瀋陽には、瀋陽北駅と、満洲時代に旧奉天駅と呼ばれた瀋陽南駅があります。今回の旅行では、瀋陽北駅を利用しましたが、瀋陽南駅は満鉄時代の歴史的な建造物になっています。

瀋陽南駅は、満鉄最大の駅舎として造られました。赤レンガ造りの建物は、当時の日本人建築家辰野金吾が好んで用いた「辰野式」と呼ばれる建築様式で、東京駅と似ています。



瀋陽北駅の改札口ですが、あいかわらずの大混雑です。



列車の編成も長いため、目的の車両にたどり着くまでにひと汗かきます。



瀋陽から大連へは、「特快」の列車の利用でした。日本でいう特急列車で、これで三種類の列車を乗り分けたことになります。



瀋陽北駅を出発した列車は、瀋陽南駅で停車しました。瀋陽南駅は工事中でしたが、レンガ造りの駅舎を内側から眺めることができました。



列車は、2×2の座席で、ゆったりしていました。



郊外に出ると、一面の農作地が広がるようになりましたが、水田が多くなってきました。



中国の列車では、お茶やカップ麺のために、必ず給湯器があるようです。



ハルビンから瀋陽までは、見渡す限りの平原が広がっていましたが、大連が近づくにつれて山が現れるようになってきました。



大連駅に到着。

この後の、大連から旅順へはバスでの往復で、大連からハルビンへは飛行機を利用するため、列車の旅はこれで終わりです。

中国の列車の移動は、興味深いものがありますが、いろいろと疲れます。



大連駅を出てきたところ。

大連駅は、上野駅をモデルにしています。



ホテルは、大連駅前だったので、駅の夜景を見ることもできました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 瀋陽 その6 | トップ | さすらいの風景 大連 その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む