さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 瀋陽 その6

2011年07月01日 | 海外旅行
瀋陽に到着した夜に、オプショナルツアーで夜景見物に出かけました。

まずは、テレビ塔に向かいました。



向かう途中から見たテレビ塔。



バスを下りて見上げたテレビ塔



テレビ塔の周辺は、運河が引かれていました。



エレベーターで、展望台へ。

テレビ塔は、高さ約300mで、約200mの高さに展望台があります。なお、東京タワーは333mで、特別展望台は約250mの高さにあります。



テレビ塔からの夜景を楽しみました。といっても、瀋陽の街に到着し、夕食後のホテルのチェックイン後に訪れたので、まだ街の様子は把握していない状態でした。



夜になって、急にもやってきて、写真の抜けが悪くなってきました。



高い建物は、高級マンションのようです。







テレビ塔の入り口の前の通りでは露店が並んでいました。



なにやら種類を売っていました。カボチャの種かな。



甘いのやら塩辛いのやら



これはヒツジの串焼きかな。

呼ばれたバスが到着するまで、露店を見て楽しみました。



中山広場を通った後に、西塔に向かいました。西塔は、東北地方でも最大のコリアンタウンで、現地ガイドは、ハングル語などが書かれて華やかにライトアップされて、夜の眺めは面白いと推奨していました。

北朝鮮国旗を飾ったレストランの前を通り過ぎました。



客の見送りをしているスタッフ。中国東北地方に多くある北朝鮮レストランのサービスは良いようです。ふくよかな顔は、北朝鮮としては美人のあかしなのでしょうね。



ハングル文字の看板が並んでいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 瀋陽 その5 | トップ | さすらいの風景 瀋陽から大連 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2011-07-01 15:49:50
瀋陽は、北京や長春に比べれば、小さそうな街ですね。
人口はたくさんいるんでしょうが。
夜景もそれほどでもないように見えます。

 でも、きっとすごい勢いで変わっていくんでしょうね。
歴史的にも地理的にも朝鮮とは関わりが深いようで、興味深い街です。
瀋陽 (さすらい人)
2011-07-04 17:15:23
瀋陽の人口は708万人なので、東京以外の日本の都市は、人口では負けてしまいますね。
瀋陽は古い歴史を持っているので、開発の地域も限られてくるようです。開発地区は瀋陽北駅周辺で、テレビ塔とは街の反対側になります。
瀋陽のある幽州は、三国志の時代は公孫氏の支配地になっていました。魏志倭人伝に出てくる卑弥呼の使者の派遣は、公孫氏の滅亡により通路が通じるようになって可能になったといいます。この地方は、日本から朝を経て中国に至る交易路としても重要だったわけですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事