さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ボカ・コトルスカ

2014年07月31日 | 海外旅行
ドゥブロヴニクを出発してアドリア海の沿岸を南下すると、モンテネグロに入りました。通関に時間が掛かる場合もあるようですが、停車も僅かで入国できました。

モンテネグロに入ると海辺に開けたヘルツェグ・ノヴィの街に出ました。



ヘルツェグ・ノヴィは、夏のリゾート地として開けているようです。



また、この街は、ボカ・コトルスカと呼ばれる内湾の入り口の戦略的要所になるため、城壁で囲まれ、支配者も幾度も交代しました。



アドリア海から奥に向かって、ヘルツェグ・ノヴィ湾、ティヴァット湾、リサン湾さらにコトル湾が連なっており、これら4つを総称してボカ・コトルスカと呼びます。



ボカ・コトルスカは、北欧のフィヨルドを思わせる風景を見せており、大型の観光船も入ってきていました。



フェリーが見えてきました。



ティヴァット湾とリサン湾を結ぶ海峡は幅が狭く、カメナリとレペタネの間でフェリーが運航されています。このフェリーを使えば、コトルまでの走行を短縮できますが、行きは風景を眺めるために湾岸に走り、帰りにフェリーに乗りました。



対岸のレペタネの街。



海岸線に沿って走ってリサン湾に入ったところで、写真ストップになりました。岩山に囲まれた湾に二つの小島が浮かぶ風景が広がっていました。



小島の一つには岩礁のマリア教会が建てられています。15世紀、小さな岩礁で漁師が聖母のイコンを発見し、聖なる地として十字架を立てました。その後、住民たちは、岩などを沈めて少しずつ埋め立て、やがて島が出来上がったといいます。17世紀には教会が完成し、中は絵画で埋め尽くされているといいます。



もう一つはセント・ジョージ島で修道院がありますが、一般人は立ち入り禁止とのことです。



対岸には、ペラストの街が広がっています。湾を囲んで黒々とした岩山が聳えていますが、これがモンテ・ネグロ(黒い山)の国名の由来になっています。



ペラストは、現在では、岩礁のマリア教会観光の起点となるだけの鄙びた街ですが、中世の頃にはヴェネチア共和国の海軍学校を擁し、軍事・商業の要衝として栄えていたといいます。



リサン湾を大きく回り込んでいきます。



先ほどの展望地の反対側に回り込んできました。



セント・ジョージ島も木立に遮られずに良く見えるようになってきました。



ペラストを通過しました。



湾には魚の養殖筏が浮かんでいました。

この後でコトルに到着するのですが、帰りに使ったフェリーの様子も合わせて載せておきます。



帰りはレペタネからフェリーに乗りました。



バスでフェリーに乗り込んだ後は甲板におりて見学することができました。



対岸のカメナリの街。



海上から振り返ったレペタネの街。





遠くにペラストの街を望むことができました。



フェリーは、短い間隔で運行していました。



10分ほどの航海でカメナリの街に到着しました。

なお、このボカ・コトルスカの一部は、「コトルの自然と文化歴史地域」として世界遺産の構成資産になっています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ドゥブロヴ... | トップ | さすらいの風景 コトル その1 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
城壁の歴史 (本読みと山歩き)
2014-08-03 07:13:26
ドゥブロヴニクを堪能させていただきました。
城壁から、山上から、海からとどこからみても強固な城壁であることがよくわかります。
なぜ強固な城壁を造らねばならなっかったのかの歴史も興味深かったです。
城塞都市 (さすらい人)
2014-08-04 17:47:26
ドゥブロヴニクの魅力は、良く残されている城壁でしょうね。絵になる風景であることは確かですが、地中海貿易の厳しさの一端をうかがうことができました。ただ、ちょっと人が多すぎる感じがしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む