さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 バンコク その4

2011年09月01日 | 海外旅行
ワット・ポーでの寝釈迦拝観を終えて、自由時間は残りわずかでしたが、境内の他の建物の見物を行いました。



礼拝堂の南には、ラーマ1世から4世といった歴代の王を現す仏塔が並んでいます。



これは、ラーマ1世の仏塔だと思います。



仏塔を取り囲む回廊には仏像が並んでいました。



狭い所に大きな仏塔が並んでいます。



ラーマ2世、3世、4世の仏塔です。ワット・アルンと同じように、表面に細かい装飾が施されています。



ラーマ1世の仏塔。白い壁が残されているのが、かえって新鮮に見えます。



上部の飾りは、細かい模様がびっしりと施されています。





時間も無いので、引き返しました。



礼拝堂の前の新しい建物ですが、陶器の代わりにガラスが使われていました。昔はガラスが手に入りにくいために、光を反射させる材料として陶器の破片を使ったのでしょう。



仏塔の入り口には、中国風の像が置かれていました。



礼拝堂の前にある鐘楼。



ワット・ポーの入り口にも、中国風の武人の像が置かれていました。



時間がなく、結局、ワット・ポーの本堂を訪れることはできず、タイ式マッサージの本山としての様子を見ることはできませんでした。

この後は、ワット・プラオケに向かいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 バンコク ... | トップ | さすらいの風景 バンコク ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む