さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 フランクフルト

2009年02月20日 | 海外旅行
フランクフルトは、日本からの飛行機も直行便が入っており、訪れる日本人観光客も多い都市です。近代都市で、古い建物の見どころはそう多くはありません。

レーマー広場にある市公会堂

ローマ人が進出して、この地に砦を築いたことからレーマーベルクとも呼ばれます。

1405年、フランクフルト市の参議会は、三軒の貴族の館を買い取って支庁舎とし、その後、神聖ローマ帝国の皇帝選挙の場となり、宴会や戴冠式が行われました。残念ながら、第二次大戦で崩壊したため、正面だけが復元されています。



レーマー広場に面した建物。



ドーム

歴代の神聖ローマ帝国の皇帝の戴冠式が行われました。



ゲーテの家

ゲーテは、1749年にこの家で生まれました。現在は、ゲーテ博物館になっています。



ゲーテ記念像



シラー像

ゲーテと並ぶドイツを代表する文学者ですね。

ベートーヴェンの交響曲第9番で歌われる「歓喜の歌」はシラーの詩がもとになっています。



カタリン教会

14世紀に作られた教会を17世紀にプロテスタント好みに回収しています。ゲーテもこの教会で洗礼を受けています。



エッシェンハイマー塔

もとは市街地を取り巻く城壁の北門でした。



近代的な町並みの中に古風な塔が建っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 マールブルク | トップ | さすらいの風景 ライン川下... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2009-02-21 18:25:54
おはようございます。
ドイツもそれぞれの町に特徴がありますね。
フランクフルトは近代と中世が混在していて、それはそれで歩き慨がありそうですね。
 でも個人的には、アルプスの少女ハイジが連れてこられてクララと一緒に過ごした街のイメージが強く、これまた行ってみたい街でもあります。
クララ (さすらい人)
2009-02-23 20:06:26
今晩は。
確かに、フランクフルトは、ハイジが無理やりつれてこられて、ホームシックになってしまいそうな商業都市ですね。ちなみにゼーゼマン家屋敷のモデルになったのは、ゲーテの生家だそうです。クララの家として訪れるのもよいですね。ゲーテといっても、偉大なる詩人であることは知っていても、親しみはなかなかもてませんし。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む