さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 マールブルク

2009年02月19日 | 海外旅行
マールブルクは、旧西ドイツの中央部にある古都です。ラーン川に囲まれた丘の上に建つ方伯の城を見上げるように、麓に旧市街地が広がっています。



丘の上に建つ方伯の城です。



麓に広がる古い建物と合わさって、独特のムードが漂っています。



エリザベート教会

1221年にマールブルクに輿入れしたハンガリー王女エリザベートは、貧者や病人への福祉に力をつくし、聖者として崇められました。この教会は、彼女に捧げられたものです。



市庁舎





方伯の城へと坂を登っていきます。



マールブルウには、歴史を持つ大学もあり、グリム兄弟も学んでいます。



方伯の城



13世紀から14世紀にかけて作られた城です。

マールブルクを訪れる日本人観光客はあまりいないかもしれませんが、静かな古都です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高内山 (2009.2.14.) | トップ | さすらいの風景 フランクフルト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む