さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 エカテリーナ宮殿 その2

2012年07月13日 | 海外旅行
エカテリーナ宮殿の内部の見学を続けていきましょう。

ここは白のダイニングルームと呼ばれるようです。



テーブルの上に食器が整えられていました。ここで、エカテリーナ2世は、私的な晩餐会を催したようです。食器は、高価なマイセン製が使われています。



各部屋の隅には、陶器製のペチカが置かれていました。



赤柱の間では、チェス盤が置かれていました。





壁のいたるところに、このような金が塗られて模様が描かれていました。天使の手元にある豆状の図形は、エカチェリーナ女帝の頭文字のEを現しているのでしょうか。



緑柱の食堂では、小型の鍵盤楽器が置かれていました。



肖像画が飾られた肖像の間では、女帝の衣装が展示されていました。

エカテリーナ宮殿の主として、エカテリーナ1世、アンナ、エリザヴェータ、エカテリーナ2世と、女帝が続いたので、誰の衣装か判りません。本で見られる肖像画では、それぞれの女帝の顔付や体形は、ほとんど同じように見えます。



この肖像画は、他の本で見られるものと比べると、エリザヴェータ女帝に見えるのですが、どうでしょうか。





この次が、エカテリーナ宮殿で最も有名な琥珀の間です。琥珀の間の室内では撮影禁止なので、隣りの肖像の間から撮影しました。それでも各部屋にいる監視員に見つかると、レンズの前をふさがれて警告されます。



琥珀の間は、部屋全体の装飾が琥珀で出来ています。第二次世界大戦のレニングラード包囲戦中にドイツ軍が琥珀を持ち去ったため、琥珀の間は失われていましたが、1979年から2003年にかけての修復作業によって、当時の姿に再建されました。

琥珀の間は、次のドアの間までの幅で、これまで通ってきた食堂の奥行きと同じなので、小さな部屋です。



琥珀の間の壁の拡大です。琥珀が埋め込まれて、装飾模様が造られています。

琥珀の間の原型とも言える「琥珀の部屋」は、当時のプロイセン王フリードリヒ1世によって構想され、制作が開始されました。しかし、フリードリヒ1世は琥珀の部屋の完成を見ることなくこの世を去り、フリードリヒ1世の子、フリードリヒ・ヴィルヘルム1世の時代に、ピョートル大帝が所望し、ロシアへ贈られることとなりました。しかし、装飾はすぐに組み立てられずに放置され、ピョートル大帝の死後、即位したエリザヴェータによって、現在のエルミタージュ美術館の冬宮の改築の際に、謁見の間の装飾として、ロシアで作られた装飾と共に利用されました。

その後、エカテリーナ2世の時代に、琥珀の間はエカテリーナ宮殿に移されました。エカテリーナ2世は琥珀の間をことのほか愛し、部外者の立ち入りを禁止していたといいます。

実際に見た感想ですが、琥珀は、どこが魅力なのか、いまいち判らないというのが本音です。



絵画の間。壁一面に絵がはめ込まれています。外交目的のレセプションやコンサートのために使用されまたようです。



第二次大戦中にこの部屋は燃えてしまいましたが、壁の絵画の130枚のうち114は枚は焼失を免れました。残りの16枚はエルミタージュ美術館などから補充して再建されたといいます。



各絵に、統一したテーマは無いようです。このような壁一面に絵をはめ込むと、絵の鑑賞というようりは、富の見せびらかしといった感じになってしまいますね。



白の小ダイニングルーム



皇帝エリザヴェータのプライベートルームでしたが、その後エカテリーナ2世のお気に入りの孫のために改装されました。





アレキサンドル1世の応接間

アレキサンドル1世の肖像画が飾られていますが、これはエルミタージュ美術館で見たものと同じですね。



この部屋中の壁は中国の絹で覆われていましたが、第二次大戦で失われたため、現在では白いダマスク織で再建されています。



これは、エカテリーナ2世の肖像画でしょうか。



緑のダイニングルーム





壁のレリーフは、ウェッジウッド陶器のカメオを模したジャスパーウェアーに似ていますね。



宮殿の見学を終えて、一階通路を戻ります。



壁際には、昔の写真が展示されていました。

第二次大戦後、エカテリーナ宮殿は、甚大な被害を受けました。この正面階段を写した写真では、屋根がなくなってしまっています。

豪華な宮殿が第二次大戦後に再建されたことからすると、現在の政府は、ロシア帝国の再現を目指しているようにも思われます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 エカテリー... | トップ | さすらいの風景 エカテリー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む