さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 トレド その1

2008年09月07日 | 海外旅行
トレドは、マドリッドの南71kmの距離にある、タホ河の畔に聳える城郭都市です。

西ゴート王国の首都であり、中世にはイスラム教・ユダヤ教・キリスト教の文化が交錯した地で、旧市街地は、世界遺産に登録されています。

また、画家のエル・グレコが活動した町でもあります。



マドリッドから列車で到着すると、タホ河の畔に聳えるトレドの街が、いかにも要塞といった姿を見せてきます。川にかかったアルカンタラの橋を渡って市内に入ります。

1085年、カスティーリャ王国のアルフォンソ6世は、長期の包囲ののちにトレドを陥落させます。その後のイスラム勢力の反撃からもトレドは守り抜かれ、レコンキスタの重要な節目になっています。



一番高いところに、宮殿として使われたアルカサルがあります。



アルカンタラの橋を渡って、城内に入りましょう。



街の一番高いところにあるアルカサル



少し離れたところから見たアルカサル。中世都市がそのまま残されているため、街中の道は狭く、石畳になっています。



街角から眺めたトレド大聖堂。



1226年にフェルナンド3世の命により建築が開始され、1493年に完成したゴシック様式のカテドラル。

ここには、エル・グレコの「聖衣剥奪」の絵があります。

街を歩いていると、中世へタイムスリップしたような気持ちになってきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 アランフェス | トップ | 一切経山から東吾妻山 その... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (テントミータカ)
2008-09-10 20:47:17
 城郭都市!これまでの町並みとまた雰囲気がガラリと変わりましたね。
 「エル・グレコ」の町!!。個人的に数十年前の事(古ッ!)ですが都内へエル・グレコ展を見にいった事がありました。巨大な絵を見て「グレコさん、弟子達を率いて工房でガッパガッパと宗教画を描いて繁盛したんだろうな・・・」と下世話な事を考えたりしていました、スミマセン。
 当時買った「聖家族と聖アンナ」絵葉書は一体誰に送ったのかな~?忘却の彼方(笑)。
城郭都市 (さすらい人)
2008-09-11 00:03:25
コメントありがとうございます。
城郭都市には、なぜか心ひかれます。
日本には、世界の名画がやってきていますね。
グレコは、時代より先んじた画家だったので、もうかるほどの注文が来ていたのかどうか。有名な画家でも、もうかっていたのは例外的な人だったのではないかなあ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む