さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 カジュラーホー その3

2012年01月06日 | 海外旅行
東の寺院群に次いで、南の寺院群のドゥラデーオ寺院を訪れました。原っぱの中に、寺院が一つ置かれています。

カジュラーホーの寺院群は、月神チャンドラの子孫と称するチャンデーラ一王国がその全盛期の950~1050年にかけて築いた寺院都市の跡です。14世紀にイスラム教徒の支配下に入ると、寺院は破壊され、85あった寺院のうち残ったものは22だけになってしまいました。



ドゥラデーオ寺院は、「聖なる花婿」という意味で、シヴァ神を祀っています。



お堂の中には、靴を脱いで入ります。



祭壇には、リンガが置かれています。

リンガは、シヴァ神の男根を現し、これにミルクや食用油をかけて祈ります。円筒形の下に置かれた板はヨーニと呼ばれてかけられた液体の流水溝になっています。



この寺院も壁一面に彫刻が施されており、圧倒されます。











どことなく、アンコール遺跡の像と似た感じがします。


これ以下は、インドの誇る世界遺産といっても、人によって受け取り方は異なると思います。

【18禁ともいえる画像が出てきますので、ご注意を。】












それぞれが何をしているかの説明はいらないでしょう。

これらの男女の性行為を現した像は、ミトゥナ像と呼ばれ、男女の結合が宗教的な至福をもらたすというヒンドゥー教の概念の一つを現しています。

このミトゥナ像は、翌日見学する西の寺院群でたっぷりとみることができました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 カジュラー... | トップ | さすらいの風景 カジュラー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
世界は広い (本読みと山歩き)
2012-01-07 07:40:08
おはようございます。
性描写が自由奔放ですね~。
宗教とはいえここまで露骨にする世界観もあるんですね。
ヒンドゥー教とは、奥が深いです。
世界は広いと改めて感じます。
タントリズム (さすらい人)
2012-01-07 21:28:01
今晩は。
このような性描写の彫刻が残されているにもかかわらず、現在のインドで性に関して開放的かというと全く逆のようです。インドのヒンドゥー教は、後に入ってきたイスラム教によって大きく変化したのではないでしょうか。
日本でも、性器信仰は、道祖神や金精様、ホダレ祭りなどで、現在でも残されているので、そう珍しいものではないと思います。
実際に、現地でこれらのミトゥナ像を見ると、面白い彫刻とは思いますが、エロチシズムに関しては、薄衣をまとって腰をくねらす女性像の方が上に感じられました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む