さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 カルナック神殿 その2

2011年01月11日 | 海外旅行
カルナック神殿の中庭の奥には、第二塔門がそびえていますが、その手前には二つの巨像が立っています。



右は、ラメセス2世の巨像。



左は、神官ピヌジェムの巨像。



第二塔門のレリーフ



第二塔門を過ぎると、大列柱室になります。



高さ15mと23mの巨大な柱が134本並んでいます。



柱には、レリーフが施されています。



軒下にあたるところでは、太陽による劣化が少なかったようで、塗られた色がよく残されています。



大列柱室が造られたのは第19王朝の頃だったようなので、3300年ほどが経過しているようです。



大列柱室には本来は屋根があったようで、明かり取りの小窓が残されています。



柱には二種類あり、これは頭が開いている開花式パピルス柱。



こちらは閉花式パピルス柱。



人と比べると、柱の大きさが判ると思います。



大列柱室を歩いていると、巨木の森を歩いているような感じになります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 カルナック... | トップ | さすらいの風景 カルナック... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごいです (本読みと山歩き)
2011-01-11 20:05:25
この神殿はすごいですね。
ピラミッドばかりが注目されますが、このルクソールの神殿もすごい。
パピルス柱の太さ、これだけ本数があると、柱の機能を超えた、なにか他の目的がありそうです。
古代文明 (さすらい人)
2011-01-12 22:07:56
今晩は。
エジプト文明は、圧倒的な古さで、しかも圧倒的な巨大さで、どうたって造ったのか謎が残りますね。
柱も屋根を支えるという本来の目的の他に、天と地を結ぶといった宗教的な意味があるのかもしれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む