さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ベトナムの食 その1

2013年05月07日 | 海外旅行
ベトナム旅行で経験した食のまとめです。

まずは、朝食。昼食と夕食が中華風のベトナム料理であるため、朝食は洋風な取り合わせを選ぶことになりました。ベトナムの朝食では、美味しいパンが出てきました。

ベトナムは、フランス植民地であったことから、パン食も普及しており、フランスパンを路上でも売っています。



ベトナムを代表する麺料理のフォーも朝食で食べることができました。



ハロン湾のホテルの夕食を代表として、まず載せます。

鶏肉の煮込み。



麻婆豆腐。残念ながらスパイスが利いていませんでした。



煮魚。



蒸エビ。ベトナムでは、良く出てきました。



スープ。ベトナムでは、ご飯にスープをかけて食べるのが普通だというので、その習慣に従いました。日本の習慣では行儀が悪いとも考えられますが、米の質の問題もあって、この方が美味しく食べられました。



肉ジャガ風。



野菜炒め。



野菜炒め。



デザートのミカン。

ツアーでの食事なので、内容はあまり期待できないのですが、ベトナム料理は中華料理の香辛料弱めといった感じです。



ベトナム名物ともいえる麺料理のフォーですが、地方によっても具などが異なっているようです。

ハロン湾の夕食に出てきた牛肉入りのフォー。



ホイアンで出されたつけ麺のフォー。



ダナンのレストランで出された麺。

この他、フエでの宮廷料理にもフォーが出されましたが、これは別項目にて。



土産物屋で見つけた、iフォーのTシャツ。

某社の製品と名前が似ていますが、これはベトナム側のアイデア勝ちでしょう。



ベトナム料理として、目立った料理を乗せていきます。

揚げ春巻き





生春巻きの一種。



ライスペーパーが堅かったのが意外でした。



イカと魚の天麩羅。日本のものと似ています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ホーチミン... | トップ | さすらいの風景 ベトナムの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む