さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ツエルマット7

2008年03月10日 | 海外旅行
下っていくと、登山道の駅も置かれたリッフェルベルグが近づいてきました。



牧草地の中に、教会風の塔を持つ小さな建物がありました。



リッフェルベルグのレストランで、昼食としました。ツーリスト・メニュー定番のウィンナー・シュニッツェル(仔牛のカツ)だったかと思います。味はともかく、この展望が、なによりのご馳走でした。喉が渇いたので、ビールも一杯。これから先は、ほろ酔いかげんの歩きになりました。



トレッキングコース沿いには、登山鉄道が走っているので、疲れても安心です。ツアー客のスケジュールを見ると、この路線沿いの数駅分を歩いてトレッキング終了になってしまうようですね。



ツエルマットの町も、眼下に見えてきました。下から歩いて登ってきたトレッカーともすれ違いましたが、汗だくで大変そうでした。

万国共通で、「Hi」と挨拶しましたが、カメラだけを持ったおかしな東洋人と見られていたかもしれません。ナイコンを持っていたので、日本人はみえみえでしたね。



マッターホルンも姿を変えながら見え続けています。



牧草地には、花も咲いていました。
ミヤマリンドウとリュウキンカの仲間かな。



コケナデシコの仲間。



アルペン・マーガレットってとこかな。

この当時、日本の高山植物の名前すら知らなかったので、ましてアルプスの花に関する知識は全くありませんでした。しっかりと写真を撮らなかったことを残念に思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ツエルマット6 | トップ | さすらいの風景 ツエルマット8 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む