さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 明十三陵 その1

2011年12月05日 | 海外旅行
明十三陵は、北京の北東50kmの郊外にある明大皇帝の墳墓群です。

その入り口には、神道と呼ばれる参道が設けられています。

南から石碑坊、大紅門、御亭が並んでいますが、碑亭から見学しました。



参道には、800mにわたって巨岩を削って造られた石獣、石人が並んでいます。

南から順に、獅子、カイチ、駱駝、象、麒麟、馬、武官、文官、功臣の順に並んでいます。



像を見ながら参道を歩きました。





















瀋陽にある清ン国第二代皇帝ホンタイジの陵墓の昭陵でも、参道に同じような石獣と石人が置かれていました。清国の母体である女真国にこのような習慣は無かったはずなので、新国が成立した後に明国の墳墓の形式を真似たのでしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 円明園 | トップ | さすらいの風景 明十三陵 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む