さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 円明園

2011年12月02日 | 海外旅行
円明園は、北京の北西に位置する清朝の離宮跡です。その起源は12世紀の金代にさかのぼることができますが、荒廃していたものを復活させたのは清の康熙帝で、以後150年にわたって整備が進められました。

円明園は、「円明園」、「万春園」、「長春園」の総称ですが、現在では円明園のみが残されています。

1856年に勃発した第二次アヘン戦争に際して、北京に侵入したフランス・イギリス連合軍によって略奪、破壊され、廃墟になってしまいました。



ここは大水法と呼ばれる噴水跡です。



ローマの遺跡といった風情ですが、この庭園が廃墟になったのは、150年ほど前のことです。



現在は、復旧の方針で工事が進められているようなので、様変わりしているようです。





庭園内には、迷宮が設けられています。ひと頃、日本でも流行ったことのある迷宮です。



中心部には、東屋が設けられています。



東屋から迷宮を眺めたところ。当時の皇帝も遊んだといいます。

円明園を訪れると、清朝末期の英仏の暴虐さを思い知らされ、アヘン戦争などの歴史の興味が増してきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 頤和園 その4 | トップ | さすらいの風景 明十三陵 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頤和園 (本読みと山歩き)
2011-12-02 20:27:52
頤和園は学生時代 北京大学へ短期留学していたころ、毎週末 通った公園です。
いろんな悩み事を、湖を見ながら 考えふけっていた思い出の地です。
昔、冬場は湖が凍って、歩いて渡れまたんです!
そろそろ 北京にも行きたくなってきました。(笑)
北京 (さすらい人)
2011-12-05 19:12:38
北京大学に留学されていたとなると、懐かしくなってくるでしょうね。ただ、北京の変わり方は極めて大きいので、心の中にある街の風景と合わなくなっているでしょうね。北京も最近は行きやすくなっているので、私も再訪したいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む