「遠野」なんだり・かんだり

遠野の歴史・民俗を中心に「書きたい時に書きたいままを気ままに」のはずが、「あればり・こればり」

続くもので・・・

2017-04-21 18:50:59 | 地域

続くもので、今日も釜石話題から・・・

今週二度目の訪問で本来の用件を済ませましたが、

手の愚痴を聞くのも仕事のうちだと思うようになってきたこの頃です。笑

 

今回は家でぶらぶらしている住人を相棒にしたこともあり、またまた唐丹町本郷へ。

TVでここの桜が取り上げられたということで、結構な人が来ていました。

 

戸建て震災復興公営住宅も完成したようですが、

気になるのは桜舞の親分はどうしているのかなあ・・・と。

 

青空がやっと出てきた帰りは、松倉の甲子川沿いの道路経由

こちらも満開でした。

 

川向こうでは、釜石自動車の延長道路の工事が続いています。

 

工事と云えば、遠野市内では市役所新庁舎の工事が急ピッチで進められています。

奥に見える鍋倉山の桜は、まだ先?

 

ちょうど一年前の写真を見ると、庁舎の着工式典が行われ、鍋倉山の桜は咲いていました。

 

桜が満開になるのは、年によってばらつきがありますが、

我が家の春のバレリーナは、だいたいこの時期に踊り始めます。

 

春雷、そして、雨があがった夕暮れ

風景話題から離れますが、このところ、あちらこちらで不祥事続き、

実るほど首を垂れる・・・こんな倫理観はどこに行ってしまったんでしょうねえ~

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

開花

2017-04-20 16:27:02 | 地域

今週初め、3.11にて被災された方の処へ。

昨年7月に住宅の地鎮祭をしたのに、まだ出来ていませんでした。

沿岸部の業者さんは、皆さん、忙しいんですね!

ちなみに、遠野は震災前より、建てる件数が減少していると云う話を耳にしました。

アベノミクスは、どこまで来ているのでしょう?

 

どこまで来ているの?と云えば、桜前線は釜石までやってきていました。

 

唐丹町本郷

 

小川町

 

小学生の服装を見ても、遠野とは大きな違いです。笑

 

甲子町大畑

残念ながら曇り空でしたが、釜石は、満開状態

 

そして、本日

 

いつもであれば、「とぴあ」南西入口前にある桜が、いち早く開花するのですが、

鶯崎の方が早く開花していました。

まだ天気が安定しない日が続いているので、今後の予想は、し難し・・・笑

 

ところで、ここ最近、こんな墓石のある場所へ行く機会が多いのですが、

遠野であれば、誰もが見かけたことのある風景かと思います。

ではありますが、その傍のお宅でお聞きすると、自分の家のモノではないと云われることが多く・・・。

誰のモノ?・・・となるわけで、

きっと、現在住んでいる人たちがここに移り住む前に、どなたかが住んでいた場所だったんだろう

と、思うわけです。

田舎では先祖代々、同じ土地で暮らしていると思われがちですが、

以外にそうでもないことが多いものです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無理が通れば道理が引っ込む

2017-04-16 19:26:38 | 地域

三寒四温の繰り返しで四月も半ばです。

 

庭の花っこもちらほら咲き出し、

 

SL銀河の試運転も始まりました。

 

そんな昨日、中止になった仕事で、かかった分の請求を上げてくれと云ってくれた業者さんが

案内所にお金を届けてくれました。

世の中には、働かせておいて知らないふりをする人もいますが、救われた思いでした。

 

何となく、良い気持ちのままで、昨夜は住んでいる地域の自治会総会

長年、勤めて頂いた会長が病気ということで、役員改選となり、

3.11で被災され、この地域に棲家を得て、地域活動も熱心な方が後任となりました。

大変、ありがたいと心から思わずにはいられませんでした。

 

PTAの頃は、子供たちと一緒に地域活動に参加しても、

子供が卒業すると親も同様に活動から離れる人が多いのですが、

地域の現実は、人手不足

頭数にだけは加えてもらえるよう、懇親を深めた夜となりました。笑

 

明けて本日は、葬儀

中学では同じクラスで同じ部活、その後何十年も会う機会がなく、その後に会ったのが、

同じ部活だった同級生の葬儀、

そして、また、月日が流れ、家族で行った地元の飲食店で再会。

高校を卒業後、地元で働き、風の便りでは盛岡に移ったと聞き、それから大船渡に移り・・・

と、なかなかの波乱万丈ぶりだったようですが、病気には勝てず。

政治家からの弔電も無い、静かな葬儀でした。

 

なんだかタイトルとは、全くかけ離れた内容となりました。笑

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

青笹町晴山宇迦神社

2017-04-10 22:00:43 | 神社

+10℃越えの最高気温が続き、なんとなく春っぽくなってきた遠野です。

 

耕地の草も緑色が目につくようになりました。

 

仕事で外回りとなった午前中、青笹町にある萬通寺さんの前を通ると幟旗

幟には旧三月十三日の文字が見え、暦で確認すると昨日がその日だったようです。

怪しい男がウロウロしているのが見えたようで、外に出てきた向いの不動産屋さんに尋ねると

特段催事らしきことは何もないとのことでした。

 

傍らにはご覧のような社と石碑

 

金神と山神、そして水神が祀られてありました。

 

少し離れて、この石碑

岩手県知事国分謙吉の名前があることから、昭和30年前後のものかと思われます。

農業に尽力した知事らしい記念碑です。

今でも農業県である岩手ですが、それをメインに所得を得るのは、なかなか難しい世の中。

 

先日、ご覧のようなランキングを目にしました。

県内市町村別平均所得ランキングですが、我が遠野は下から8位、市では最下位です。

一概に、お金で幸福度は測れませんが、

私は子供に借金を背をわせず、進学させたいとの一念です。(-_-;)

遠野では、何十年も前から若者が働く場の確保と、収入アップという課題がつきまといますが、

これをマニュフェストに掲げて頂ければ一票入れたいと思います。 笑

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

土公神

2017-04-06 23:40:44 | 民俗

いつのまにか、四月ですね~

今年に入って大槌・釜石方面に足を運ぶ回数が増えていますが、

あちらの方々と話しすると決まって云われるのが、「遠野は寒い!」

 

もっともな話です。釜石では梅が咲き始めていました。

 

が、遠野では周囲の山々や日影には、まだ雪が残っているのですから・・・

それでも、今日は日中、Yシャツ一枚でもOKなほどのバカ陽気。

こうなると土をいじる仕事の方々も一斉に動き始めます。

便利屋よろしく、あちらこちらから声がかかり、事前調査となる訳ですが、

 

今日伺ったお宅の庭にはこんな石碑がありました。

「土公神」(どこうしん・どくしん)

市内にある様々な石碑は見ているつもりでしたが、これは初めて。

ウィキベディアを見ると、

土を司るこの神は季節によって遊行し、春はかまど、夏は門、秋は井戸、冬は庭にいる。

その季節ごとにいる場所の土を動かす工事をすると怒りをかい祟りがある。

とありました。

確かに石碑がある庭のそばに井戸がありました。

しっかりお祓いをして頂くように話たいと思います。笑

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加