レンレンのひとりごと…

毎日のお弁当・手作り料理・手しごと・おでかけ。
そして、ひとりよがりな日常のプチエコと3匹のニャンたち…。

清春芸術村の桜

2017-04-21 |   ├ 中部―山梨

旧清春小学校落成記念として植えられたソメイヨシノ約30本が、清春芸術村を囲むように咲いています。

先週の日曜日(4月16日)の桜です。
三分咲きくらいだったかな。
本日4月21日の開花状況は、【散り始め 満開後、50%以下の花が散っている状態】だそうです。
今週いっぱいは楽しめそうですね。

門の中に入って桜見学をしようと思っていたのですが、入村料1500円と聞き外からお花見。
白樺美術館・光の美術館入館料含も含まれてますって言われてもねぇ~今日は桜見に来ただけなのよ!
花見で二人で3000円はチョイときついものね^^;

8割方の人が外からの見学でしたよ。
車はお向かいにある郷土資料館に停めさせてもらいました。

 

 

門の外から1枚。
中央にある十六角形のラ・リーシュが印象的です。

 

 

折角だから甲斐駒ヶ岳の雄大なパノラマを背景にパチリ。
回りでは口々に「白い車が邪魔だ!」と聞こえていたこの車は移動アトリエのシトロエン。
かく言う私も同じくつぶやいていましたが…(´ε`*)

梅原龍三郎先生の「絵を描けるような車があるといい。そうすれば好きな場所に車を止めて描けるから」という願いで、1980年にフランスのシトロエンを改装して作られたアトリエ・カー。
中は水道設備も完備してあり、イーゼルや椅子などが備えられ、自由に外の景色を見ることができるよう三方が大きなガラス面になってます。
現在は老朽化したためここに保存され芸術家たちの創作活動の記念としています。

ということで、タイヤの下を見ると土が盛り上がっていて暫く移動していない風でした。
まぁこれもあっての景色というい事で^^

 

 

裏から回ってラ・リーシュを写した一枚。

 

 

冬青庵

文人画家で随筆家の冬青小林勇の旧宅を鎌倉から移築したもの。
清春芸術村の駐車場奥に建っています。
おもしろいのが、塀が竹ぼうきなの\(◎o◎)/

 

 

清春芸術村・清春白樺美術館
北杜市長坂町中丸2072
http://www.kiyoharu-art.com/
TEL : 0551-32-4865 (清春白樺美術館)
時間 : 10:00~17:00(入館は16:30)
休館 : 年末年始・月曜日(祝日の場合は翌平日休み)
清春芸術村入場料 : 一般 1500円、大高生1000円、小中学生入場無料
アクセス : 中央道・長坂ICより15分

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詰めただけ~かぼちゃコロッ... | トップ | ロケ弁☆不明-筍弁当 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。