レンレンのひとりごと…

毎日のお弁当・手作り料理・手しごと・おでかけ。
そして、ひとりよがりな日常のプチエコと3匹のニャンたち…。

とちぎイチゴづくしの旅~イチゴのジェラート体験♪

2016-03-14 |   ├ 群馬・茨城・栃木

とちぎイチゴづくしの旅~イチゴのジェラート体験♪

今回はトチモニさんのバスツアーではありませんが、
栃木県からのバックアップで格安ツアーに参加して来ました。

集合は大宮駅近く。
「何故に大宮?」とお思いでしょう!
今回のツアーは、栃木からほど近い大宮在住者さんが対象だったそうです。
でもフタを開けてみると7割が東京、神奈川だったという…。
そうです、川崎市のわが家からでも1時間チョッと。
思ったほど遠くなかったです。

 

とちぎイチゴづくしの旅 行程表

  1. 大宮駅(集合)
  2. 道の駅にしみや(ジェラート・いちご情報館見学)
  3. ストロベリーフィールズ(ジェラート・イチゴ狩り)
  4. ほっと・るーむ けやき(ランチ)
  5. 道の駅もてぎ(ジェラート)
  6. 真岡鉄道(茂木~真岡)
  7. 真岡(キューロック館)
  8. 大宮駅(到着)

 

 

大宮を出発し途中、羽生SAでトイレ休憩に立ち寄りましたが、
渋滞もなくほぼ定刻通りに道の駅にのみやに到着。

二宮金次郎さんがお出迎えしてくれましたよ~♪
私にとってはもはや某スマホCMに出てくるハートのおはぎの金ちゃんで頭の中いっぱ~い^^;

道の駅にのみやから車で10分あまりのところに、
二宮金次郎が晩年を過ごした家が桜町陣屋跡として残っているそうです。
桜の季節が見頃だって聞いたので、その頃も行けたらいいな。

栃木県の職員さんからとちまるくんステッカー
「いい芳賀いちご夢街道」の缶バッチいただきました

道の駅にのみや
http://michinoeki-ninomiya.jp/


 

ストロベリーミルフィーユ (スウィーツ工房)

まず1つめのジェラートはスウィーツ工房のストロベリーミルフィーユです。
ミニカップって聞いていたけど、渡されたのは普通のサイズのジェラート。

サラッとしたミルクアイスにフローズンしたイチゴが入った爽やかで上品な甘さのジェラート。
素材の美味しさなのね~あと味がとても良かったです。
肌寒かったけど思わずぺろりと食べちゃった^^

ブログ記事はこちらから
 苺づくし♡道の駅にのみや~とちひめジェラートが絶品

 

 

 

30分後にはこちらいちご畑レストラン内にあるストロベリーフィールズに到着。
そのまま「いちご畑レストラン」へ案内され…

JAはが野 益子観光いちご団地
http://www.15dannchi.sakura.ne.jp/


 

 

 

ストロベリーミルフィーユ&サツマイモのジェラート

間髪いれずとはこのこと!
食べ進めていくうちにみなさん、段々口数が少なくなってきました^^;
なにぶん量が多いですからね。

ストロベリーミルフィーユとサツマイモのWは今回のツアー用に特別提供だそうです。
サツマイモのジェラート、食べ切れずに残しちゃいました。(ごめんなさい)

 

 

 

ジェラートの後は同じ敷地内にあるいちご団地いちご狩り

とちおとめです。
かなり完熟がすすんでいて香りも高くてとても甘かった~♪
この後ランチがあるのに欲張って結構食べちゃった。
だって美味しいですもの

 

 

 

いちご狩り後は20分ほどバスに揺られて陶器の町、益子へ。

ほっとるーむ けやきでランチです。
私が選んだは特製けやきパスタのAセット(サラダ・ドリンク)
3種類のきのことお野菜がたっぷりの味噌仕立てのスープパスタです。
和風ティストでとても美味しかったです。
紫大根やニンジンの彩りがキレイなサラダは、
カットの仕方など勉強になります。
今度やってみようっと♪

ぽってりした益子焼の器がステキで思わずうっとり。

ブログ記事はこちらから
陶器の里 益子でいただく特製けやきパスタ

 

ほっとるーむ けやき
http://www.yamani-otsuka.co.jp/keyaki/


 

 

食後は少し時間があったので陶器市へ。
正規品はお高くて私には買えなかったけど、
3個1000円 のコーナーからお気に入り見つけて買ってきました。
もう何度か食卓で使ってブログでも紹介してます。

 

 

鎌田のだし醤油でおから煮

 

 

ヤマキ花ふわりでふんわり朝食~♪

 

朝ごはん

 

どれもステキでしょ~♪
とても良いお買物が出来てかなりご満悦なおばさんになってます(^_-)-☆

 

 

 

益子からバスで約20分、道の駅もてぎへ。

道の駅もてぎへ行ったら絶対食べましょうランキング1位のおとめミルク
茂木産の完熟イチゴ『とちおとめ』を
注文してから目の前でフレッシュミルクアイスと混ぜ合わせる大人気のアイスです。
ほど良い甘さのミルクアイスといちごの自然な甘さが病みつきになる美味しさよ♪

ツアーでも、3種類食べてこれが断トツ人気でした。

道の駅もてぎ
http://www.motegiplaza.com/

 

 

 

旅も終盤!
〆はSL乗車です。

真岡鉄道
http://www.moka-railway.co.jp/

 

 

茂木駅から真岡駅まで約1時間のSL乗車です。

機関士さんが石炭をくべている姿がカッコ良かった~♪
しかもサービス精神旺盛で写真撮りやすいように配慮して下さって、
私たちツアー客の他にもたくさんいた一般客や鉄オタのみなさんのカメラに答えてたよ。
茂木―真岡間は途中5駅に停車します。
その度に車掌さんが切符を切りに来ました。

車窓の外からはたくさんの人が手を振ってくれたり、
大勢の撮り鉄さんがカメラ構えてるのが見えました。
手を振られ、こちらも振り返しでほのぼのとした気持ちになりました。
イイですねぇ~時がゆったり流れる感覚。

駅舎がSLのデザインの真岡駅ではSL展示施設「SLキューロック館」が無料で楽しめました。

 



帰路は東北道で。
ノンストップで大宮へ向かう予定でしたが、途中、事故渋滞があり蓮田PAで休憩。

 

 

 

悲しいかな…あんなに食べたのに夕方になると小腹が空き、
まる天のチーズ棒を買ってバスで食べました^^;

ブログ記事はこちらから
 高速道路の練り天らぶ!まる天@蓮田PA(下り)

9時から13時半の4時間半の間にジェラート3つ、いちご狩り、ランチというかなりハードなグルメ旅!
チョッと胃袋が疲れましたがとても充実した楽しいイチゴづくしの旅でした。

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一日限りの特別列車「スカイベリートレイン号」でとちぎのいちごスカイベリーを楽しむ♪

2016-02-18 |   ├ 群馬・茨城・栃木

スカイベリー・トレイン号は、東武鉄道スカイツリートレインを貸し切った一日限りの特別列車。
そんな特別列車に乗って、とちぎのいちごスカイベリーを楽しむツアーにお友達と参加して来ました。

 

 

 

車内に乗ると甘~いイチゴの香り♪
紙飾りのイチゴやポスターが車両全体に飾られ気分もわくわく。
そして中1両はスカイベリーのプランターがあちこちに置かれたいちご狩りハウス状態。
車内でプチイチゴ狩りも楽しんじゃいました。

 

 

 

あれあれ…停まるはずのない東武動物公園駅で
列車が停まったなぁと思ったら駅員さん総出で歓迎セレモニー!
横断幕や動物のぬいぐるみを持ってお出迎えして下さいました。
これにはツアーのみんなも大感激でした^^

 

 

参加者は浅草、北千住2ヶ所の駅から乗車しました。
全員が揃ったらところでスカイベリーで乾杯~♪

 

 

 

「とちぎ農産物PRクイズ」もしたよ~
全問正解して(もしなくても)カルタと車掌さん手作りの苺一会バッチを景品にいただきました♪

ところでイチゴってお野菜の仲間って知ってました~?
木に生らないから野菜なんですって。
理解はできてもなんかピンときませんよね^^

 

 

 

楽しく過ごしたスカイベリー号の旅もあっという間に終り栃木駅に到着。
ホームではとちまる君がお出迎えしてくれました。

 

 

栃木駅からは大型バス2台に分乗し、いちごの里へ向かいました。

 

 

 

30分のいちご狩り。
今回は各10分ずつ、特別にとちおとめスカイベリーとちひめの3種類食べ比べをしました。

 

いちごの里湯本農場
栃木県小山市大字大川島408
http://www.itigo.co.jp/
時間 : 0285-33-1070
入園料 : 小学生以上1700~1000円/(時期により価格が違います。)
期間 : 12月初旬~5月中旬

駐車場 : 大型駐車場完備
備考 : とちおとめ30分間食べ放題

 

 

 

まずはスーパーでもお馴染のとちおとめ。
真っ赤かなのを選んで食べるとなんて甘いんでしょう~♪
スカイベリー、とちひめと次が待ってるのに5~6個食べちゃいました。
普段、あまり果物を食べない私ですが、美味しいとつい食べ過ぎてしまいます。

 

 

 

掌サイズのスカイベリー!

初めて見た時はあまりの大きさにビックリしました^^
特徴としては大きな果実でキレイな形。
酸味が少なく甘くてジューシーです。

栃木にある百名山「皇海山」にちなみ、大きさ、美しさ、
おいしさ全てが大空に届くようにとの願いが込められた栃木期待のいちごです。

1こ700円って聞いたので張り切って4~5こ食べちゃった。

最後にとちひめ。
とちひめって果肉が柔らかく市場に出せないので
観光いちご園のみでしか食べられない幻のいちご。
とてもジューシーで食べるイチゴジュースみたいでした。

何やかんやでひとりで2パック以上食べちゃったわ~しあわせ~

 

 

 

ハウスの中にはミツバチの巣があったよ。

 

 

 

いちご狩りの後はマルシエでお買物タイム

 

 

 

いや~参った!
どれもこれも美味しそう。
おっさんへ全種類買って帰りたかったけど
保冷剤入れても4~5時間しかもたないので諦め代わりに道の駅でいちごを買いました。

 

 

 

ランチにはパレスホテル大宮監修によるとちぎきらり丼をいただきました。

とちぎきらり丼は、栃木名産の「とちぎ和牛」「なすひかり」「ニラ」を基本に使用したご当地メニューです。
なすひかりは粒が大きくしっかりした味わいで粘りと甘みがあります。
冷めても美味しいのでお弁当にもぴったり。
ということなのかきらり丼は冷めたお弁当スタイルでした。

 

 

とちぎ和牛はローストビーフ仕立て。
レア加減が絶妙。
きつ過ぎず、ほど良い脂がのって美味しかったです。

今が旬というアスパラが甘くて美味しかったです。
アスパラも含めお肉の下にある炒り玉子とニラは薄味なので素材の味が引き立っていました。
全部完食して丁度好い塩梅の味付け…といったところでしょうか。
贅沢を言えばスープと香の物が欲しかったかな^^;

 

 

 

いちごととちぎきらり丼でお腹いっぱいになった後は、
日本で唯一といういちご研究所へ。

 

 

 

いちごの蛇口。

初めて見た~!!
こんなのあるんですね。
感心なことに蛇口の先っぽがホースとジョイント出来るようになってるの。

 

 

 

スカイベリー開発までのお話など伺いました。
心地良いお声と薄暗さの誘惑に負けてしばしお昼寝タイム。(こらこら)

目覚めて香り体験やいちご関連商品など見学した後は、
研究施設の畑へ案内していただきました。

もうこの辺りになると時間も押し迫ってバタバタ^^;

 

 

 

最後は道の駅にしかたへ。

いちごのジェラートや名物カツ煮まんを食べ、お土産に売れ筋NO.1の本種ピーナッツをいただきました。
まだ食べるの?…と声が聞こえそう^^;

 

 

 

東武金崎駅から特別列車に乗って帰路へ。
違うお席を割り当てられていたのですが、
最前車両が空いてるのでどうぞと言われお言葉に甘えました~。
さすが貸し切り列車、優雅なVIP待遇♪

 

 

 

乗った頃はこんな景色ですが、

 

 

浅草は宵闇。
東武線から銀座線までの道のり、中国語が飛び交ってました。
あ~ぁ春節とやらね^^;

 

今回もとても楽しかったトチモニのツアー。
至れり尽くせりのお心配り、いちご3種類の食べ比べ、貴重な体験ありがとうございました。
また来月もいちご狩りツアーに参加予定です。
よろしくお願いします<m(__)m>

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フクロウの里・逆面の子ども獅子舞

2015-11-17 |   ├ 群馬・茨城・栃木

第2回とちぎ農産物産地ツアーとちぎ“食と農”ふれあいフェア2015と「フクロウの育む里山」農村体験ツアーに参加して来ました。

 

「とちぎ“食と農”ふれあいフェア2015」で栃木の農産物を堪能した後はフクロウの里・逆面へ向かいました。
逆面の長閑な田園地帯にある白山神社では、
子供たちのかわいい獅子舞が披露されるというステキなサプライズ♪

 

 

 

「フクロウを育む里」

里山に巣箱をつけるなどフクロウの営巣環境活動が行われている逆面。
逆面の総世帯70戸の庭先には、フクロウの焼き物が飾られています。
その他にも所々にフクロウを模った案内板やオブジェが設置され、
何処もかしこもフクロウだらけ^^
まさにフクロウの里です。

 

 

 

逆面地区は、宇都宮市の市街地を北に8キロ行った田原地区の北西の丘陵地帯にあり、
米や麦、大豆、椎茸栽培が盛んです。
エコロジー(生態系)、アグリ(農業)、里(人とのふれあい)をテーマとした
「逆面エコ・アグリの里」が結成された環境に優しい地域。

 

 

 

そんなところで作られた「フクロウの育む里の米」は、
フクロウのエサ場となる水田地帯の農薬や化学肥料を減らして作られたお米です。
生産量が少ないこともあり、残念ながら一般店舗では販売されていません。
直接農家さんに注文し年間契約するそうです。

 

 

 

畑の中に小さな山がこんもり。
その山の上に逆面の鎮守様・白山神社があります。

 

 

 

どこか懐かしさが漂う景色。
時代劇に出てきそう。

 

 

石段を登っていくと本殿脇に石造りの社が。
祠なのか末社なのか勉強不足で分かりませんが風情があります。

 

 

 

石段を登り切った正面に本殿があり、その真中に先が塞がった階段があります。
これは祭事の際、獅子舞が通る時だけ開く道だそうです。

私たちは横に逸れた石段を登り本殿脇に案内されました。

 

 

 

そこでは子供たちによる獅子舞が披露されました。

この獅子舞は、天下一関白流神獅子といって宇都宮市指定無形文化財になっています。
室町時代、流行病に困った人々が獅子舞を舞い、
村の辻や家々を祓い清めたのが始まりと伝えられています。
現在も五穀豊穣・子孫繁栄・家内安全を祈願し、
毎年旧盆と風祭の二回、逆面の白山神社に奉納さています。

白山神社
栃木県宇都宮市逆面町678

 

 

細くて急な石段。
この石段に使われている石は大谷石だそうです。

大谷石は宇都宮市大谷町で採れる軽石の石材。
柔らかくて加工しやすいのでこの一帯では古くから建材として使われているそうです。

 

 

本殿の石畳みや獅子舞を奉納している蔵などもこの大谷石で出来ていました。
また周辺の民家の蔵もほとんどがこの大谷石で出来ていました。

 

とてものどかで日本の原風景の様な逆面。
季節を変えまた訪れたいステキなところでした。

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とちぎ“食と農”ふれあいフェア2015@第2回とちぎ農産物産地ツアー

2015-11-08 |   ├ 群馬・茨城・栃木

先月25日に第2回とちぎ農産物産地ツアーとちぎ“食と農”ふれあいフェア2015と「フクロウの育む里山」農村体験ツアーに参加して来ました。

このバスツアーは栃木県の企画協力のもと実施されたもので、
目的地に到着する毎に県庁のお役人さん達がご挨拶にやって来たり、
待遇があげあげでなんともVIPな気分を味わいながらの旅でした。

 

ツアーのスケジュール

  1. とちぎ“食と農”ふれあいフェア2015
  2. 宇都宮市逆面地区
    ・フクロウのいる里山 環境保全型農業への取り組みについての説明
    ・伝統芸能「逆面の獅子舞」
  3. 道の駅うつのみや ろまんちっく村
  4. 若山農場
    ・竹林見学、栗拾い

 

 

 

バスツアー、結構参加していますが上野からの出発は初めて。
上野駅公園口の改札を出て右手を行くと寛永寺があり、
その隣にある駐車スペースがバス乗り場でした。

 

 

とちぎ“食と農”ふれあいフェア2015


 

会場は栃木県庁周辺。
お昼前ですがたくさんの人で賑わっています。

 

 

 

県庁のお役人さんとキレイなおねえさん。
到着早々、色々説明して下さったけど、
私の心はもうふれあいフェアに飛んでしまい何をおっしゃっていたから忘れてしまいました。
ごめんなさい…

 

 

 

お食事チケット1000円分とジェラートの引換券をもらいいざ出陣!

 

 

 

場内では栃木県内25市町の農産物や特産品の販売が行われていました。
試食もたくさんあり、じっくり欲しいものを選ぶことが出来ました。

 

 

 

その中で特に気に入ったのが、おじさんがもっている右の品。
かんぴょうで鶏肉や野菜を巻いたものなんですが名前を忘れてしまった!

 

 

写真があったので拡大してみたら何とか分かりました。

干瓢の八幡巻です。

これがめちゃ美味しいの。
試食でいただいて即購入しようとしたら、
残念なことに場内では試食だけで販売はしていませんでした。
「道の駅で売っています」って言われたので、
ろまんちっく村で探したのですが売ってませんでした。

で早速調べてみたら道の駅しもつけに売っていると判明。
機会があったら買って来るとして、とりあえずお取り寄せしたいなぁ~。

 

 

 

那須烏山市那須製茶工場

紅茶、緑茶、コーヒーといった嗜好品に目がないもので足がここで止まってしまいました。

 

 

 

栃木生まれの和紅茶 那須野紅茶 2015初積み限定品

このネーミング、そそられるでしょ~!
まだ飲んでいないんです。
とびきりの時に飲もうと大切にとってあるの。
楽しみだわ~♪

 

 

 

NHK「キッチンが走る!」でおなじみ杉浦太陽さんがゲストのトークショーを見ながら、

 

 

 

引換券でもらったジェラートを食べた後は…

 

 

 

キリンビールのブースへ。

ビールが飲めるのかと期待したら、「一番搾り麦汁」と「二番搾り麦汁」の飲み比べだった。
かなり期待したので地に落とされた気分~。(大げさ?)

 

 

小山市の田間血方神社神楽を見学したり、とちぎ和牛の豪快焼きに舌鼓を打ったり、
生まれたばかり子牛を愛でたり、鹿沼南高等学校の生徒さんが作ったコシヒカリを買ったり。

 

 

 

矢板市のゆるキャラ「ともなりくん」、
とちぎ花センターのイメージキャラクター「とちはなちゃん」、
市貝町のゆるキャラ「サシバのサっちゃん」にも会えた。

 

 

広い場内と人混みとで結構苦戦したスタンプラリー。
ガンバってうまい棒1本だった。

 

 

 

お昼はとちぎのイケ麺大集合ゾーンへ。

氏家うどん、高根沢町の焼きちゃんぽん、鹿沼にら焼きそば、のっぺいうどんや
お蕎麦は小代行川庵そば組合、そば処ふらあいの舎、
いい里さかがわ館、そばの里まぎのが軒を並べています。

迷いますよねぇ~
散々迷ってお蕎麦に決めました。

 

 

 

一番空いていた茂木町いい里さかがわにしたのすが、
イイ意味で期待を裏切りとっても美味しかったです。

 

 

 

蕎麦の〆具合がバッチリ!
茹で時間といいコシといい最高でした。
正直、露店でこんな美味しいお蕎麦が食べらるとは思ってもいなかったので感激しました。

 

 

 

しかも蕎麦湯まで付けてくれたの。
私にとって蕎麦と同じくらい蕎麦湯は重要。
思いがけなかったから更に感激でした。

いい里さかがわ館そば(蕎麦) / 益子)
昼総合点★★★☆☆ 3.1

 

たっぷりと堪能した「とちぎ“食と農”ふれあいフェア2015」。
美味しいお蕎麦を食べた後は、フクロウのいる里山、宇都宮市逆面地区へとつづきます…。

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風水の温泉~阿字ヶ浦温泉 のぞみ

2015-09-25 |   ├ 群馬・茨城・栃木

那珂湊おさかな市場で知り合ったおばちゃんに紹介してもらった風水の温泉・のぞみ。

最もその時は風水が云々は全く話には出ず、いい温泉という事で紹介されたのでした。
そこは海水浴場の真ん前!
入口から眺めた景色がこれです。
白飛びしてますが眺めが抜群。キレイでしょ~?

 

 

 

靴箱のカギをフロントに渡しコードのついたベルトをもらいます。
そのコードで館内全てを清算し、帰りに支払う仕組みです。

 

 

 

浴室は3階(実質2階)になります。
番台ではタオルなどレンタル(有料)することができます。

ロッカーは返却式、脱衣所にはドライヤー・ハンドウォッシュ・ヘアトリートメント・かかとローション・乳液、浴室にはボディソープ・リンスインシャンプーがあります。
シャワーは浴槽の多さの割に少なめ。
そんなにお客さんがいないにも関わらずタイミングが悪く順番待ちしました。

 

 

 

無料休憩室は一面ガラス張り。
景色が最高~♪

 

 

レストランもあって美味しい海の幸がいただけますよ。

 

 

 

この温泉は設計の全てに風水術・波動術を取り入れたのがウリみたいですが、私が思うに最大のウリは自家源泉と景色だと思います。

 

 

 

館内ロビーでもコンコンと湧いてる源泉

泉質は塩化物強塩泉、加温循環、塩素。
まぁ諸々こんなもんかなと納得しながら入ったらとっても気持ちイイではありませんか!
とぅるんとした肌触りのお湯は、湯上りのお肌がしっとりです。
ただかなり塩分が強い!
うっかり目に入って痛いのなんのってありゃしない。
ご入浴の際はご注意を…。

 

 

 

たまに温泉地でこういうの見るけど、掘削後のこの道具って1回きりの使用なの?
飾ってるって事はもう使えないのかな?
どうなのか知りたい…。

 

 

 

阿字ヶ浦温泉 のぞみ
茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町3290
http://www.ajigauraonsen.jp/
TEL : 029-265-5541
時間 : 10:00~22:00
入館料 : 一般(中学生以上)900円/土日祝(正月・GW・お盆)1,150円
休館日 : 第3木曜日(1月・7月・8月・12月は無休)
駐車場 : あり

泉質:ナトリウム塩化物強塩泉  
泉温:40.2℃

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

できたて明太子が味わえる!めんたいパーク

2015-09-24 |   ├ 群馬・茨城・栃木

那珂湊おさかな市場の後は、是非立ち寄りたかっためんたいパークへ。

大洗港第二ふ頭内にあるここは、広い駐車場が完備されています。
近くには海浜公園やアクアワールド、海水浴場、わくわく科学館、アウトレットとお楽しみも多いので帰りに立ち寄るのもいいですね。

 

 

 

目印はこの看板ね^^

 

 

 

入口前でお出迎えしてくれたのはめんたいパークのオリジナルキャラクター・タラコン博士とヒヨッ子たらこのタラピヨ。
タラコン博士、なんとも人の良さそうなお顔なさってますね^^

 

 

 

館内に入って直ぐに明太子製品の販売コーナーがあります。
試食が1ヶ所ありそこだけ混み混みでした。

 

 

 

私の目的はフードコート。
ここでジャンボおにぎり食べるのが楽しみだったの♪

 

 

 

ジャンボおにぎりは1こ380円。
できたて明太子、焼きたらこ、紅鮭、ミックス(明太子・紅鮭)の4種類あります。

もちろんからし明太子食べました^^

 

 

ごはんは200gくらいあるのかな?
かなり大きいです。
大きさの割には明太子が少ない様に感じたのは、普段わが家のおにぎりの具が多いせいかしら?
おさかな市場で散々買い食いしてきた私たち、1人1つを食べるのは少々きつかったので夫と半分ずつシェア。
とにかく食べてみたかったから半分でも満足♪

明太子は、フレッシュな味わいでとても美味しかったです。
ただ大きなおにぎり故、単調な味だしせっかくのフードコートなのだから漬物一切れでも付いていたらもっといいのになぁって思いました。

 

 

 

イスの赤が明太子っぽいの。

 

 

 

工場見学入口のタラコン博士。
博士は自分を食べながらごはんを食べるのかな?

 

 

 

順路をたどると、たらこのお母さん鱈についてを学ぶコーナーや工場を見学するスペースがありました。

 

 

 

むぎゅむぎゅしたくなるタラピヨぬいぐるみ♪
1000円で売ってたよ^^

 

めんたいパーク大洗
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3
http://mentai-park.com/
TEL : 029-219-4101
時間 : 9:00~18:00 /工場稼働時間 9:00~16:30
入館料 : 無料
休業 : 年中無休
駐車場 : あり

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

めんたいパーク魚介・海鮮料理 / 大洗駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

那珂湊おさかな市場は最高のテーマパーク♪

2015-09-21 |   ├ 群馬・茨城・栃木

昨日は那珂湊おさかな市場へ行って来ました。
朝4時近くに調布ICにのり、途中佐野SAに休憩に立ち寄りましたが渋滞もなく6時ちょっと前に到着しました。
市場の開店は早いお店で7時から。
開店準備でにぎわってる市場ですが、駐車場はわが家を含めまだ数台のクルマのみです。
開店するまで、朝日が昇る岸壁でしばし海風に当たって過ごしていました。

 

 

 

開店間際の市場はまだまだゆったり気分です。
じっくり回って品定め。
楽しいひと時です^^

 

 

 

 

噂では聞いていたけどとにかく安い!

 

 

 

お店やってないとさばけない量だわ!

 

 

 

半身の鮭は筋子付きで2200円。

 

 

 

高価な水ダコも1200円から。

 

 

 

チョッと奥さん、どうですこのお値段?
目ん玉飛び出そうでしたよ、お安くて!

 

 

 

最後まで買おうか迷った1箱500円のマメアジ。
これを見た瞬間、南蛮漬けが頭から離れない…。

でも当日、せいぜい翌日までに調理する自信がなかったから諦めました。
そうです、ここで買ったお魚たちは帰宅後の処理があることを忘れてはいけません。
ちゃんと考慮して買わないと後から大変な目にあいます。

 

 

 

8時近くなってボチボチお客さんが増え始めて来ました。
年配の方ばかりでなく、若いカップルも多かったわ。
9時近くなると子供連れの家族もいっぱい。

 

 

 

干物屋さんでは試食したら最後!美味しくってついつい買ってしまいそうになる。
実はこの時点で持参したわが家の特大クーラーボックスはパンパン。
残念なことに今回は買えませんでした。
次は買って来ようと思う!(また行く気満々^^)

 

 

 

市場は買い食いするお店は豊富です。
その場で殻を剥いてもらっていただく岩ガキ。

 

 

 

2個選んだら1個は大当たりの特大サイズだったよ。
私は何もつけずそのままとぅるんとひとくち。
旨い~!
最高に幸せ~♪

各店でぽん酢やレモンなど用意してあるのでお好みでどうぞ^^

 

 

 

こちらはうにの貝焼き(600円)。
うに好きには堪らないフォルムでしょ?
でもモソモソで期待が大きかっただけに消沈…^^;
私の知ってるうにの味じゃなかったし。

 

 

 

特大天然くるまえび塩焼き(800円)

 

 

 

イイダコがまるごと1匹入った那珂湊流たこ焼き(600円)

特注の大きな鉄板で焼いてます。
これは結構衝撃的でした^^
行列が凄いって聞いたから焼く前から並んで1番乗りで買ったよ♪
お店のおばちゃんとも仲良くなって自家製の茄子漬けもいただいちゃった。
おばちゃん、また会いに行くからね~。

 

 

 

買ったのは、ヒラメ2尾(800円)、イシモチ6尾(300円)、イカゲソ5杯分(150円)、写っていませんがメバチマグロ(500円)。

 

 

 

鮭切身2パックで(500円)

 

 

 

生筋子(2000円)を2パック

 

家に帰ってこれしかない事に驚愕!
クーラーボックスは半分以上が氷だったようです。
(夫任せ。自分で入れていなかったので知らなかったわ。)
でもこのくらいが私には丁度良いお買い物量でした。
下処理しパック詰めして冷凍するの大変ですからね。

 

発泡スチロールの箱は各店で無料でくれるところもありますが有料のところもありました。
クーラーボックスを持参するのが無難かも。
氷は各店でいただけるので空のクーラーボックスでも平気ですよ。

 

 

那珂湊おさかな市場
茨城県ひたちなか市湊本町19-8
http://www.nakaminato-osakanaichiba.jp/
時間 : 7:00~17:00(店舗によって異なります)
アクセス : 常磐道・ひたちなかICより約15分
駐車場 : 100円

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

港の朝日

2015-09-20 |   ├ 群馬・茨城・栃木

港で迎える朝は清々しい~♪
漁港にいると子供の頃を思い出します。
よく岸壁でカニ釣りしたっけ。

さあて今日は1日、市場巡り諸々楽しみたいと思います。

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妙義温泉もみじの湯と道の駅みょうぎ

2015-07-17 |   ├ 群馬・茨城・栃木

7月5日、『明治日本の産業革命遺産』が世界文化遺産として全国8県にまたがり23資産が登録されました。
世界遺産ブームの中、夏休みは世界遺産巡りを予定されてる方もいらっしゃると思います。
首都圏から比較的近場、群馬の富岡製糸場を訪れる方も多いことでしょう。

富岡製糸場を訪れた際、ひと汗流しに妙義温泉もみじの湯はいかがでしょうか。

 

 

 

源泉名: 妙義温泉 もみじの湯
泉質  : ナトリウム‐塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉(高張性弱アルカリ性冷鉱泉)
ph値 : 7.7
泉温  : 源泉16.5℃(加温41℃)
その他 : 加水・加温。循環ろ過。塩素系薬剤(サンクロン)使用。僅かに黄色を呈し透明である

源泉かけ流しとはいきませんが、露天風呂からは妙義山を一望する事が出来とてもリラックスします。




妙義ふれあいプラザ 妙義温泉「もみじの湯」
群馬県富岡市妙義町妙義1−1
http://www.city.tomioka.lg.jp/www/contents/1000000001348/
TEL : 0274-60-7600‎
時間 : 10:00~20:00(3/1~11/30)、10:00~19:00(12/1~2月末)
料金 : 大人510円、小人300円
休業 : 毎週水曜日(水曜日が祝日のときは、その翌日)、年末(12月28日から12月31日)
駐車場 : あり
アクセス : 上信越自動車道松井田妙義I.Cから7分

 

 



富岡市内の観光案内所や観光施設にある『ぐんま周遊観光 クーポン&スタンプラリー』を是非手にとってみて下さい。
様々な施設で使用できるクーポンが付いてます。
もみじの湯はひとり100円引きで入浴できましたよ。

 

 

 

もみじの湯がある一帯には、「道の駅みょうぎ」や「妙義ふるさと美術館」、ローラー滑り台などがあります。
そして国重要文化財の妙義神社(関連記事→パワースポット・神秘の妙義神社)があります。



道の駅みょうぎ
群馬県富岡市妙義町岳322-7
http://www.myogi-bc.jp/contents/
TEL : 0274-73-3991‎
時間 : 9:00~17:00
定休日 : 毎週第3月曜日(4月・5月・10月・11月は無休)、年末(12月28日から12月31日)
アクセス : 上信越自動車道松井田妙義I.Cから5分

 

 

 

下仁田ネギの他、地元で採れた四季の野菜が並ぶ道の駅では様々な富岡の名産も販売しています。
食堂ではうどん、そば、舞茸ごはんなど味わう事ができます。

 

世界遺産の富岡製糸場や街並みを散策した後は、上毛三山の一つで日本三大奇勝の一つである妙義山や国指定重文の妙義神社を巡り温泉に入るというコースはいかがですか。

 

 

関連記事

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

 

 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パワースポット・神秘の妙義神社

2015-03-03 |   ├ 群馬・茨城・栃木

チョッと前になりますが世界遺産になった富岡製糸場へ訪れた時に立ち寄った妙義神社。
まちなか観光物産館で、時間があったら是非訪れて下さいと薦められました。

良かったです~。
静かな境内に一歩踏み入れた途端、神秘の空気に身体全体を包み込まれました。

 

 

 

総門

安永二年(1773)建造。
三間二間単層切妻道門で、もとは白雲山石塔寺の仁王門でした。

 

 

 

総門をくぐり、すすむと銅鳥居があります。
ふと足元を見ると銅鳥居を支える狛犬が。

 

 

 

太鼓橋

 

 

 

百六十五段の参道石段

NHK大河ドラマ「義経」で、牛若丸のタッキーが馬に乗って撮影した場所だと教えられたけど、ホントにこんなボコボコした急な階段を馬に乗って登ったの?
凄すぎるよ~。

この階段を登る余裕がなかった私は本殿の写真は夫に任せ、太鼓橋の辺りでずっとたたずんでいました。
だって太鼓橋や石段下の辺り、もの凄く癒されて身動きしたくなくなるほど心地良かったんですもの。

 

 

 

唐門

宝暦六年(1756)建造、国指定重文。
周囲がすばらしい彫刻で埋められた銅茸平入りの門です。

 

 

 

妙義神社本殿・幣殿・拝殿

宝暦六年(1756)建造、国指定重文。

 

 

 

 

 

波己曽社社殿(旧妙義神社社殿)

明暦二年(1656)建造とされ、県指定重文。
本殿、幣殿、拝殿からなり、旧本社と言伝えられています。

 

 

 

御殿

嘉永五年(1852)再建、市指定重文。
寛永13年から江戸東叡山寛永寺の座主輪王寺宮の隠居所となり、御登山の折りにはこの御殿で過ごされたそうです。
明治31年の夏、明治天皇第10皇女貞宮は数え2歳の頃この御殿で過ごしました。

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」楫取素彦の避暑地のロケ地。


 

 

御殿の鬼瓦は菊の御紋。

 

妙義神社
群馬県富岡市妙義町妙義6
http://www.myougi.jp/
アクセス:関越・上信越自動車道 松井田・妙義ICから5分
駐車場:道の駅みょうぎの無料駐車場

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加