レンレンのひとりごと…

毎日のお弁当・手作り料理・手しごと・おでかけ。
そして、ひとりよがりな日常のプチエコと3匹のニャンたち…。

鳥取砂丘・三朝温泉

2011-11-10 |   └ 鳥取・島根

 

 

鳥取砂丘・三朝温泉  中国・北陸への旅~2日目

道の駅 ポート赤碕
鳥取県東伯郡琴浦町大字別所255

 

海産物販売があり、新鮮な魚介類や乾物が格安で並んでいました。
外ではくるくる回転する物干しにイカがはためいていました。

太い水ダコが3本も入ったパックが驚きの500円!!
ホテルに入ってからの晩酌のお供に美味しく頂きました。

その他に昆布や煮干しをお土産に購入。

 

 

三朝温泉たまわりの湯
http://www.spa-misasa.jp/269/5147.html
鳥取県東伯郡三朝町大字三朝
時間 :10:30~22:00(最終受付21:30)
入浴料:大人(中学生以上)500円  小人(小学生以下300円  乳幼児無料

 

 

三朝温泉、とても泉質が良いって聞いていたので是非立ち寄りたかったんです。
位置的には松江から鳥取へ向かう途中、
東郷池の手前辺りから南に10キロくらいの所でしたので急遽立ち寄る事にしました。

 

 


幸せだわ~ん。
誰~もいません一番風呂頂きました。

とろとろのお湯が溢れています好きなお湯ですねぇ~
源泉が高温の為、加水されていましたが掛け流し状態です。

今回の旅行で本当に驚いたのが中国地方は温泉が多いこと。
国道を走っていると、どんだけあるんだ~と思うくらい温泉郷の看板がありました。
海が見える景色も心が落ち着くし、余生をこんな地域で過ごせたらなぁ~なんてふと思いました。

 

 

このお隣の国を思わせる屋根の作りの建物は何ぞや?

レストラン、日帰り温泉が利用できる国民宿舎・水明荘です。

三朝温泉を出たらお昼が近かったので食べログで検索したらチョッと評判の良いお店を見つけ、
ナビに従ってたどり着いたのがこの建物。

実は1度は通り過ぎました。
まさか…こんなに大きな建物だとは思いませんもの。

 

 

昼時なのにがら~んとしたレストラン、扉もしまっています。
入口にメニューと共に「ご利用の方はフロントへ」の張り紙。

チョッとドキドキしながらフロントで日替わり定食Bを注文し、
食事が出来るまでロビーで待たされました。

 

 

日替わり定食B 1,050円
凄いでしょ~この品数でこのお値段!クチコミ通りでした。

「お食事のご用意が出来ました。」と案内されました。
広~い食堂に私たち夫婦ふたりきり。
はて…この画、どこかで見たことがある。
そうそう、北朝鮮へ行った観光客がこんな感じで食事している場面をニュースで見たことがあるわ。

…とか何とかいいながら美味しく頂きました。

 

汁椀の他にお蕎麦まで付いていました。
関東とはひと味違う風味、ミリンが効いたお出汁でした。
どのお料理も控えめな味付けで、最後まで美味しく頂けました。

水明荘 『お食事処 水音』
http://www.suimeiso.jp/
鳥取県東伯郡湯梨浜町旭132
電 話: 0858-32-0411
ランチ: 11:30~13:00

 

水明荘懐石・会席料理 / 松崎駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1

 

 

こちらは東郷池の四ツ手網。
水明荘のお庭から眺める事が出来ます。

 

 

食事の後は、一路、今回の旅行の最大の目的地鳥取砂丘へ向かうはず…だったのですが、またまた寄り道。

神話の里の文字に惹かれてついふらっと立ち寄ってしまいまった道の駅『神話の里 白うさぎ』。

ここではこの賀露むすめ2パックに、そのまま食べる方のですがまたもや煮干しを買いました。
私ったらどんだけお台所直結型なのかしら。。

 

 

一生の間に1度は訪れたいと思っていた鳥取砂丘。
イメージは広大な砂漠。
今回の旅のメインスポット、かなり期待を胸に抱きながらの到着。

 

がぁ~~~ん!!ちっちゃい。

広い砂浜のでっかいバージョン。

想像とは大違いでした。
こんなもんなんですかねぇ~まぁいいんですけど。

 

 

砂漠の中を歩くラクダを写したかったんだけど、どんなにガンバってもバックに森が入ってしまう。。。

 

 

感心したのが、砂の中にはゴミひとつ落ちていませんでした。
貴重な自然、地元の皆様が大切にされているんでしょうね。

 

 

お食事をした水明荘の方にイチオシで勧められたリフト。
チョッとテンション下がったのでパスしました。

 

この後は宿泊地である金沢へ向かいました。

道路状況から金沢には9時過ぎの到着は確実。
楽天トラベルで検索すると9時以降のチェックインで朝食付きに
格安料金のプランがあったのでその場で予約。

確認の為ホテルへ直接電話確認して知った衝撃事実!!

同じプランをホテルに直接予約すると楽天トラベルで予約するより8割近くもお高かったんです。
楽天トラベルの力、偉大ですね~~感謝します

 

 

 

 

いよいよ翌日は最終日。
夫お勧めの近江町市場・能登半島へつづく。

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出雲大社

2011-11-08 |   └ 鳥取・島根

出雲大社 神楽殿

 

出雲大社  中国・北陸への旅~1日目その3

お日柄が良かったのでしょう、数組の挙式が行われていました。
あまりにも美男美女のとても素敵なカップルだったもので思わずパチリと。(失礼致しました。)
末永くお幸せに。

 

 

神楽殿の大注連縄は長さ13m、重さ4.5tという日本最大級。

この大注連縄にお賽銭が刺さると願い事が叶うらしいです。
みなさん老若男女問わず一生懸命投げていました。

もちろん私も。
一発でサクっと刺さりましたよ~
「楽しい旅行を無事過ごさせて下さい。」とお願いしました。
(とても良く効く願掛けでした。)

 

 


拝殿

『平成の大遷宮』
御本殿は、大屋根の檜皮葺き作業の為、現在プレハブの様な建物に覆われています。
残念ながら今回は出雲大社の壮大な全貌を拝観する事が出来ませんでしたが、
平成25年5月10日には「本殿遷座祭」を斎行されるそうです。

 

 


西十九社

出雲大社では10月を神無月ならぬ神在月。
全国の神様が旧暦10月にここ出雲大社で会議をする為に集まるので様がられる…なるほど。
その折の神様の宿舎が東十九社、西十九社とのことです。
毎年その間の旧暦10月に神在祭が行われます。
ちなみに今年平成23年は11月6日~11日、祭場は神楽殿です。

 

 

 

 


八足門(やつあしもん)

本殿前の拝礼門。
二拝四拍手一拝でお参り致します。

 

 


松並木

樹齢数百年の松並木で参道が三本に分かれています。
昔は中央は神の通る道と言われ、皇族や神官しか通行できなかったそうです。

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石見銀山と街並み地区

2011-11-07 |   └ 鳥取・島根

石見銀山 龍源寺間歩(いわみぎんざん りゅうげんじまぶ)

 

 

石見銀山と町並み地区  中国・北陸への旅~1日目その2


石見銀山と町並み地区

画像が多かったのでフォトチャンネルを作ってみました。
駐車場に車を停め、テクテク歩いて巡った順に画像を並べてみました。

 

 

町並み地区を散策中、素敵なショップを発見♪

 

 

店内は雑貨や洋服の販売やカフェの他、暮らし方をトータルに提案しながらオシャレに展示していました。
暖簾をくぐり足を踏み入れた途端、時間を忘れて隅から隅まで楽しませてもらいました。
超おススメショップですよ~。

私はこちらで素敵な木製のトレーを2枚購入しました。

『郡言堂』石見銀山本店
http://www.gungendo.co.jp/

 

石見銀山・町並み地区エリアでのお土産に、手作り味噌、手作りもろ味噌、銀のピアス(銀の店・工房)を購入。

 

こんなあんなで10時近くから歩き始めて夢中で散策したらクタクタ。
お茶でもしようかと時計をみたら1時近くになっていました。
3時間以上も歩き続けていたなんて…楽しくって時間を忘れていました。

ちなみにこの日1日の万歩計の歩数は24000歩を超えていました。
私たち夫婦ってタフだわ。。。

 

丁度目の前にお蕎麦屋さんがあったので、昼食を摂ることにしました。

私は鴨つけ麺(900円)。

いわゆる鴨せいろです。
地域が違うと呼び名も変わるんですね。

 

 

夫は割子そば(680円)。
写真の写し方、失敗!!折角3段あるのに重ねたまま…広げて写せば良かったわ。。。

3段の丸い漆器(割子)に盛り、蕎麦汁をかけて食べる出雲を代表するお蕎麦だそうです。

 

ん~蕎麦がモソモソ…小麦粉だんごを食べているようでした。
チョッと残念だったな。

 

この後は道の駅や地元スーパーに立ち寄りながら出雲大社へ向かいました。つづく。

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

御前そばそば(蕎麦) / 大田市その他)
昼総合点★★☆☆☆ 2.9

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江津東ウインドファーム風力発電所

2011-11-04 |   └ 鳥取・島根

 

江津東ウインドファーム風力発電所  中国・北陸への旅~1日目その1

テレビでは見たことがあったけど、こんなに目の当たりにしたのは始めての風車。

今回の旅では随分多くの風車を見ました。
とくに初日に目にしたせいか、この江津東ウインドファーム風力発電所にはとても感動しました。
この日、宿に入ってからネットで調べたら日本海側は風力発電に適しているらしい。
まるで日本海側は風車銀座の様ですね。

この後は石見銀山、出雲大社へと向かいました。

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国・北陸への旅

2011-11-04 |   └ 鳥取・島根

 

東名川崎ICに乗ったのが夜の8時、江津ICを下りたのが朝の8時近く。
高速だけで休憩も含めて12時間、872.9キロの道のりです。

かなりハードな行程です。
観光を終え、松江の宿に向かう途中で自宅からのメーターが999キロに。
このぞろ目に長旅の疲れも吹っ飛ぶ高いテンションになりました。

 

 

中国・北陸の旅1日目のコースは…

東名川崎IC

江津IC

江津東ウインドファーム

石見銀山・町並み地区

出雲大社

松江(泊)

 

ホテルの部屋の窓からの景色です。
宍道湖の夕暮れ時が綺麗です。

宿泊したのは松江シティホテル本館。

何度も旅行をしたいので、
なるべく宿泊施設をリーズナブルに抑える為ビジネスホテルを選びました。

このホテル凄いんですよ~ユニットバスに源泉が引かれているんです。
高層階に宿泊したのでバスタブに温泉が溜まるのに時間がかかったけど、
しっかり浸かって旅の疲れを落とす事が出来ました。

翌日は朝食用に、簡単なおかずが入ったおにぎりパックと
インスタントの味噌汁、コーヒーのサービスがでました。
早い出発だった為、ホテルではなく道中の道の駅で頂きました。

 

ひと月以上も前からどうやったら宿泊費をお安く済ませるか検討していました。

もともとアウトドア派なのでテント持参やログハウスやコテージなんかも念頭においてみたのですが、
断トツで楽天トラベルからビジネスホテルを予約するのが1番だと分かりました。
しかも楽天会員なら1%のポイントも付き、更に楽天カードで決算なら+1%のポイント。

1日目のホテルは当日のお昼時にスマホから予約しました。

何故当日予約かというと、旅自体が予定は未定だからです。
目的地を大体決め、状況によっては変更も有りにしたかったのでギリギリまで宿を決められませんでした。
季節はずれの平日だから出来るアバウトさというところでしょうか…。

ホンとは早割を利用すればもっとお安く抑えるのですが、仕事柄わが家には難しいもので…。

 

 

 

 

中国・北陸の旅2日目のコースは…

三朝温泉

水明荘 お食事処 水音

鳥取砂丘


金沢泊

 

 

中国・北陸の旅3日目のコースは…

金沢・近江町市場

千里浜なぎさドライブウェイ

トラットリアシゲゾー

能登半島・輪島

氷見IC 国道470号(能越自動車道)

調布IC

氷見IC~調布ICまで513.5km

2泊3日(4日?)の旅は全走行距離2300kmの大旅行となりました。
帰宅後1~2日は元気いっぱいでしたが、3日目からどっと疲れが出て、
1週間くらい毎日眠い日々を送ったのにも拘わらず、
今はまた、どこへ行こうか検討中です。

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加