レンレンのひとりごと…

毎日のお弁当・手作り料理・手しごと・おでかけ。
そして、ひとりよがりな日常のプチエコと3匹のニャンたち…。

ひさびさの極上温泉

2016-09-22 |  ├ 山梨

私がこよなく愛する天目山温泉♡
今日は開館20分前、一番乗りで到着♪
車も特等席に駐車出来ました(^ー^)ノ
まだまだ雨足が激しかったのでありがたいです。

 

 

開館までの時間に温泉スタンドへ。
飲用許可を受けていないと表示があったけど
わが家はバリバリ飲用してます(´ε`*)
(皆様は自己責任でどうぞ)

 

 

浴室は男女入れ替え制。

 

 

今日の女湯はゆったり浴槽の方でした〜♪
空いてることもあり源泉掛け流しの浴槽で
伸び伸び気持ち良かったです♪

 

 

今日は朝から夕方までゆっくり湯治気分を味わうためお弁当持ちです。
おっさんのリクエストでお稲荷さんいっぱいよ〜♪
チキンの甘酢あんかけ、焼き魚、沢庵、
デザートや缶酎ハイ、ノンアルも準備万端!

 

 

開店直後の売店は品数豊富♪

 

 

インゲン2袋とピーマンを購入。
どちらも大量に入って1袋100円でした。

私は2度、おっさんは只今3度目の入浴中!
さぁて、おっさんが上がってきたらそろそろ帰るとしましょうか。
今のところ、渋滞はなさそう!
のんびり談合坂にでも寄って行くとしましょうか♪

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぶどう、まだ買えたよ♪道の駅 甲斐大和

2016-09-22 |  ├ 山梨

今日は久々に天目山温泉へ♨️
生憎のお天気にも関わらず、
渋滞と迄はいきませんが中央道はそこそこの交通量でした。
いつもは6時前には高速に乗ってるのが
今日は8時近かったから余計そう感じたのかも(´ε`*)

調布ICから大月IC、20号線を通り、
1時間少々で「道の駅 甲斐大和」に到着。

 

 

目的はぶどう♪
もしかしてもう終わっているかな〜と
半分諦めてたけどのぼりを見た時は
思わずやった〜って嬉しくなっちゃったわ♡

 

 

朝一だったのでまだ出店途中でした( ^ω^ )
そろそろ終わりのシーズンではあったけど
まだたくさんの種類のぶどうが並んでました。
全て試食し、ぶどうの王様ピオーネを
わが家用とお友達へのお土産に購入しました。

 

 

ピオーネとどちらにしようか散々迷ったシャインマスカット。
初めて食べたのですがとっても美味しかったです。
でもやっぱりぶどうの王様にしました♪

 



天目山温泉の開館時間までまだ時間があったのでお野菜も物色。

 

 

唐辛子とニンニクを買いました。

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南アルプス天然水が汲める!道の駅はくしゅう

2016-07-10 |  ├ 山梨

私の趣味のひとつに湧水があります。
全国各地、かなりの名水めぐりをしました。
その中には山奥の結構レアなところもあるのですが、
お手軽に汲める「道の駅」もあります。
その中でも特に気に入ってるのが「道の駅はくしゅう」の天然水。

 

 

硬度30、ph7のの軟水は料理やお茶、コーヒーなどに最適なお水です。
なんたって直ぐ近くにサントリーの南アルプス天然水の工場があるくらいですから。
この工場は以前、見学に行ったことがあるのですが、
徹底した管理と環境に配慮した素晴らしい工場でした。
機会があったら是非、見学に行かれることイイですよ^^

 

 

でもちょっと残念なのが塩素入りってとこ。
公営施設での水汲みなので仕方ないんでしょうけど、昔は入ってなかったん様な記憶が…。

 

 

水汲み場は2ヶ所ありこれは駐車場よりのもの。

 

 

こちらは道の駅よりのもの。
昔はこちらだけだったんです。
しかも石を伝って湧いていたので、こんなに汲みやすくなくって自分で漏斗持参で汲んでたんです。

 

 

いつもこんな感じで絶えず人がいます。

 

 

よってマナー違反な人もいる訳で、こんな看板が立っています。

 

 

美味しいお水を汲んだら、ここで欲しくなるのは美味しい水で作られたこの土地のお米。
土地に合っているのでしょうかコシヒカリが多いですね。

 

 

ミネラル栽培 特別栽培米 こしひかり 3kg (1300円税込)

今回はこちらを購入しました。
白州の水で炊いたごはんはやっぱり最高~♪
ツヤピカで粒がしっかりしていてとっても美味しいです。

 

 

道の駅はくしゅう
北杜市白州町白須1308
TEL : 0551-20-4711
時間 : 9:00~18:00
休業 : 12月~3月毎週水曜日、12月31日~1月3日(4月~11月は無休)
駐車場 : 小型車71台、大型車4台、身障者用2台

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泉質は有馬温泉に近い!尾白の湯で極楽・極楽♪

2016-07-03 |  ├ 山梨

白州・尾白の森名水公園「べるが」内にある尾白の湯。

今回で2度目です。
初めて入ったのは10年前。
尾白の湯が出来たばかりの2006年7月のこと。
直ぐ近くでキャンプをしていて、新しく出来た温泉があると聞いて家族で訪れました。

当時は閉館間際の時間だったにも関わらず、激混みで芋洗い状態だったことと、
施設の方が「泉質があの有馬温泉と同じお湯で最高。」と力説されたことが今も印象に残っています。

10年ぶりに訪れたのは日向山に登った日。
爽快な疲れと興奮を、有馬温泉ばりのよい泉質で洗い流してきました^^

それにしても強烈です!
「赤湯」はアレルギーの湿疹にピリピリと浸みます。
杖でマメができ潰れた掌に電気が走ります。
試しにお湯をなめてみたらぎょ~っとするくらいショッパイ!!
こんなに濃い温泉に入ったら確かに効きそうです。

「赤湯」のほかに「白湯」というのもあって、
源泉の「赤湯」と白州尾白川天然水、
いわゆる南アルプス天然水を1対9でブレンドした温泉です。

 

 

浴室の入り口ホールには、温泉ならぬ白州尾白川天然水がこんこんと湧いてます。

 

白州尾白川天然水は、甲斐駒ヶ岳に降り注いだ雪や雨が、
一千万年以上昔にできた地下深くにある水晶を通ってできた名水です。

 

 

とても美味しい水で、
わが家でもアルカリイオン製水器を設置するまでは、
「道の駅はくしゅう」へよく汲みに行ってました。

 

 

 

売店もあってワゴンには新鮮なお野菜もたくさん売ってます。
このお野菜、「道の駅はくしゅう」と同じものです。
道の駅ではあっという間に売り切れてしまう野菜ですが、
尾白の湯ではご覧の通りまだたくさん残っていました。
特にお昼過ぎなのにゴールドラッシュが残っていたのには驚き!
しっかり4本買ってきました。
この後、道の駅はくしゅうへ立ち寄ったのですが、
案の定、トウモロコシは売り切れてました。

 

 

尾白の湯
山梨県北杜市白州町白須8056
http://www.verga.jp/?page_id=39
TEL : 0551-35-2800
時間 : 10:00~21:00
入館料 : 中学生以上820円、小学生420円
休業 : 水曜日(祝日の場合は翌日、GW&夏休み期間中は無休)
駐車場 : 有

源泉名 : 白州尾白の湯
泉質 : ナトリウム-塩化物強塩温泉
ph値 : 7.2
泉温 : 源泉39.5℃
その他 : 160リットル/分

 

 

今回、ネットの情報を基に双葉SAで前売り入浴券を購入しました。
820円が700円に、15%近くお安くなります。
双葉SAでは売店レジに問い合わせれば用意してくれます。
尾白の湯に入る予定の方は是非、双葉SAに立ち寄って購入することをお勧めします。

この入浴券には併設されているお食事処・白州庵でいただけるコーヒー券が付いてます。

 

 

 

 

白州庵
山梨県北杜市白州町白須8056
http://www.verga.jp/?page_id=55
時間 : 11:00~20:00

 

 

尾白の湯内にあるお食事・白州庵。
畳張りの広間が食堂です。
珍しいところでは温泉から採れる塩を使った山脈らーめんがあります。

 

 

メニューは豊富でリーズナブルな良心的価格設定です。

 

 

温泉から上がったら足を延ばしリラックスしながらお食事が出来る座卓テーブル。

 

 

まるで社食のようなアットホームな作りのカウンター。

 

入浴券についてきたコーヒーサービス券でコーヒーをいただきました。
暑かったのでアイスコーヒーにしてもらいました。

ペットボトルから注いでくれたので市販品なのかな?
でも普通に美味しくいただきました^^

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

白州庵そば(蕎麦) / 北杜市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.0

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山梨百名山 日向山~初めての登山~

2016-06-29 |  ├ 山梨

山頂まで1時間40分ほどの気軽に楽しめる、初心者やファミリーにも人気の日向山。
標高は約1660メートルで、山頂付近の雁ヶ原では、夏でも雪のように真っ白な景色が広がっています。
この真っ白なものの正体は、花崗岩が風化したことによってできた白い砂。
樹林帯から突然現れるその不思議で美しい光景に、登山者からは歓声が起こります。
また、晴れた日には、八ヶ岳や鞍掛山(くらかけやま)・甲斐駒ヶ岳の大パノラマを楽しむことができます。
ハイキングコースには、矢立石から山頂を目指すコースと、尾白川渓谷の錦滝を通るコースがあります。
矢立石から山頂(逆も同様)のコースは、比較的緩やかで、初心者やファミリー方におすすめです。
尾白川渓谷の錦滝を通るコースは、ロープや鎖を使って上り下りする場所があったり、大変急な道となっている為、充分にお気を付けください。(尾白川渓谷の錦滝と不動滝をつなぐ林道は、崩落のため、通行止めとなっています。)

富士の国やまなし観光ネット
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p2_2225.html

 

 

 

中央道を調布ICから乗り須玉ICで下り、R141⇒r611・612⇒R20を北上。
途中、台ケ原下から右折してちょっと寄り道。
台ケ原宿(8:23)の街並みを見物…というか金精軒さんが開いてたらとかすかな期待。
一番乗りで水信玄餅食べられたらいいなってね。
期待ははかなく散りましたが(´ε`*)

「道の駅はくしゅう」手前で左折。
少し行くと一気にひらけ、正面に甲斐駒ヶ岳を望むべるが通り(8:28)に。

突き当りまで進み「矢立石登山口」へと向かう。
別荘地を抜け尾白川林道を登っていく(8:38)
道幅は狭く大型車は無理。

 

 

「矢立石登山口」あたりの路上に10台程度の駐車スペースがあり
そこが駐車場となっていました。
私たちが到着した時は既に満車。
舗装が途切れたその少し先は通行止めで行き止まりになっており、
少し道幅が広く、辛うじて車が転回出来るスペースとなっています。
そこでUターンしタイミングよく駐車スペースを確保。
途中、対向車が来て少々時間ロス。
何せ駐車スペース辺りは車1台が通るのやっとの道幅になります。
結局登山口に辿り着いたのは9:06。
山道を30分近く走ったことになります。
(何もなければ20分くらいで行けたかも。)

さぁ生まれて初めてのハイキング!
私にとってはさながら登山そのものです。

 

 

道祖神(9:52)

ハイキングコースはとても登りやすく、
ふかふかの地面は1ヶ月前に折った足の指にもほとんどヒビキませんでした。
ただ私にとっては5/10までくらいがきつく感じ、結構休憩を入れました。
殊に3/10までが一番きつく長く感じました。
でもその後からは割かし楽でほぼ休憩なしでした。

 

 

9/10に到達すると雨量観測所が現れます(10:50)。
雨量観測所といっても電柱みたいな柱に観測計器が付いただけですが。

 

日向山雨量観測所

  • 富士川水系  釜無川
  • 標高  1650m
  • 位置  山梨県北杜市白州町白州字日向山
  • 設置年月日  昭和52年5月1日
  • 緯度北緯  35"48"11"
  • 経度東経  138"16"19"

 

もうここまで来ると山道はほぼ平坦になり、素人の私でもお散歩感覚♪

 

 

分かれ道があり、左が登山道、右が三角点です。(10:56)

三角点は標高1659.6m。
この山の山頂になります。
ズブの素人なのでこの時点で三角点の意味すら知らず、
気にも留めず登山道へ進みました。
今になってちょっと後悔。

 

 

二股の道を過ぎると頂上(正確には違うけど)はもうすぐそこ!
ほぼ平坦で歩きやすい林です。

 

 

途中、この奇妙な形の木に魅せられた夫婦。
ここでしばし木を触ったり眺めたり語り合ったり。
夫婦の波長が同じだから立ち止まるとなかなか前へ進めません^^;

この木があるところからほんの少し登り切るとそこには別世界が…

 

 

目の前に現れたのはこの景色!
いったい何がどうなっているのかキツネにつままれた気分でした。

そう私たちは日向山がどういう山かも知らずに登ってますから前知識が全くありません。
全く眺望がない樹林から突如現れた白砂とほぼ180度に広がる壮大な景色。
これが雁ヶ原です。

 

 

雁ヶ原は花崗岩が風化したもので日向山の象徴となっています。
夏でも山頂が白く雪のように見える山梨百名山です。

 

 

雲がかかって分かり辛いですが向かって右方向(北東)には八ヶ岳連峰が見えます。
この場所は私が気が付いた限りでは雁ヶ原で唯一平らなひらけた場所でした。

 

 

眼下はアリ地獄のようなザレ場。
用心して☆のところまで行ってみました。

 

 

真下を覗きこんだところ。
奇岩の美しさよりもこの断崖の恐怖が…。
「落ちたら死ぬ。」という恐怖で腰が抜け、その場に座り込んでしまいました。

 

 

座り込みながら左手をパチリ。
左手先まで行けて…、

 

大明神様が祀られています。
(この画像は夫が撮ったものです。)

 

山梨百名山 日向山~初めての登山~
https://youtu.be/G5G2EjbZp0A

2分30秒で動画にまとめてみました。
手ぶれ補正しているので、テロップが揺れて見づらいですがどうぞ臨場感を味わって下さい♪

 

登り2時間、山頂で40分、下り1時間15分。
約4時間の登山(ハイキング)です。

通常は1時間40分のコースを私たちは休憩たっぷりの2時間。
下りは錦滝のルートが一般的らしいのですが、
全くの認識不足で登ったルートで下りました。
季節を変えてリベンジしたいなぁ~♪
今度は万全の装備でね。

当初はハイキング(登山)など全くする予定などなく、
子どもでも登れるハイキングコースとあったので軽い気持ち登りました。
もちろんスニーカーは履いていましたがふたりとも普段着。
でも行き交う人全てが山登りの出で立ち。
私たちみたいな普段着なんてひとりもいない事に気付いたのは半分ほど登った頃です。
無事下山できたから良かったものの、
「軽装備で安易に山登りして遭難し他人に迷惑をかける非常識な人」になり兼ねませんでした。

今まで山に登る、ハイキングするといった行為は、私にとって有り得へん話。
でもガンバって登り、美しい景色や達成感を味わう事が
なんて素晴らしいんだと気付づいてしまった。
下山して真っ先に思ったのが、また登ってみたいという気持ち。
まずは最低限の装備から。
翌日はスポーツ用品店へ登山用品のリサーチ及び相談に行ってきました^^

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

初めての登山~頂上に広がる白砂絶景~日向山

2016-06-11 |  ├ 山梨

日向山、登頂しました~♪
絶景です!!

 

 

そもそも尾白川渓谷の滝を1つ2つ見に行く軽い気持ちで5時過ぎに家を出発。
予定では双葉SAで7時開店の朝食バイキングを食べて、
お腹いっぱいになったのを渓流の遊歩道をウォーキングして腹ごなし。
温泉につかってからお蕎麦を食べて帰る予定だったのよ。

 

 

7時から開店だと思っていた双葉SAの朝食バイキング、
なんと6時半からやってました。
HPには7時って書いてあったのに…だったら6時半に合わせて家を出るんだったわ。
とボヤキながらの朝食。
お粥とアサリの佃煮が美味しくてたっぷり2杯も食べてしまいました。

 

 

朝食後は売店で「尾白の湯」の前売り券を購入。
820円が700円に割引されるんです。
約14%お安くなる計算。
しかもコーヒー券までついてます。
是非ご利用下さいませ^^

 

 

ナビはおっさんにお任せして辿り着いたのが、ここ「矢立石 日向山 ハイキングコース入口」。
いやぁ~ここまで路肩崖の細い山道だったんですが変だと思いながら来てしまいました。
どう見たってこんな山の中に尾白川渓谷の大きな駐車場などある訳ございません。
しかも道はこの先通行止めです。
道路山側半分が駐車場になっているのですが車がびっしりと停まっているせいもあり、
車を転回させるスペースが激狭です。
正直、車の向き変えるのどうするんだろと恐怖を覚えた程。
ちなみにここまで来ている車は全部小型車もしくは軽自動車ばかりでした。
(私たちと違って、皆さん、心得た方々ばかりなんですね。)

何とか下り方向に車を転回させ、1台だけ開いていたスペースに駐車しました。

案内にはお子さまでも利用できるファミリー向けの1時間40分のコースとあったので、
折角ここまで来たからということでお気軽夫婦はハイキングをする事に決めたとさ^^

 

 

初心者&体力の無いおばさん故、2時間かけて頂上にたどり着きました。
いきなり目に広がったのはこの景色。
山の頂上に白砂、空は青、周りの山の緑…。
足元のすぐ先は断崖。

は―は―いいながら辿り着いたのに一瞬で疲れが吹き飛んでしまいました。
そして感動で涙がこみ上げそうになりました。

下りも1時間15分かけてのんびり下山。

 

 

尾白の湯で汗を流して、

 

 

道の駅はくしゅうで南アルプス天然水を汲んで帰路につきました。

当初はお蕎麦食べて帰る予定でしたが、
この時間は既に何処もお蕎麦屋さんが閉まってるの。
一応何かあった時のためにと
おにぎり弁当は持参していたのでそれを食べながら帰って来ました。

東京と違ってお昼時を逃すと食べるところがない地方。
出かける時はカップ麺やおやつなども必ず持参しているわが家です。

初めての登山のお話は後ほど詳しくするとして、今日はこのへんで…(´ε`*)/~~~

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凄いぞ~2回も参戦!桔梗屋詰め放題

2015-12-14 |  ├ 山梨

昨日は桔梗屋の詰め放題へいざ出陣!

 

 

 

調布ICを5時少し前に乗り、途中SAでガソリン入れたりして桔梗屋に到着したのが6時10分くらい。
雨は降ってるしまだ辺りは真っ暗。
桔梗屋の門はまだ閉まっていました。
もちろん一番乗り!

ちなみに前回も同じ時間に来た時は、3台めで13番でした。

程なくしてガードマンさんかな、門を開けて下さり駐車場へ入る事が出来ました。
最前列にイスセット完了!
毎回ですが、詰め放題の列に並ぶ時はイスと冬ならひざ掛けなどの防寒グッズ、
夏なら傘など陽を避けるものは必須アイテムです。

十数分すると2番乗りの車登場。
寒いけどイスだけで場所取りする訳にいかないので6時半前から列に並びます。

 

 

 

お客さんが多い時は8時半くらいから整理券を配ってくれます。
昨日は生憎の雨でしかも寒かったせいかお客さんがいつもより少なく、
整理券が配られたのは9時10分。
約3時間近く寒~い雨空の下並んでいました。
っといっても1番だったので屋根の下で、お尻温かチェアに座って居眠りしていましたけどね^^;

 

 

 

でも見て~他の人たちは雨ぞらの下長蛇の列です。
右手から連なり、コンビニの裏に回って左列が最後尾。
この時点で8時54分です。
大体120~130名くらいでしようか。
昨日の整理券配布が170枚配布だったのでまだ余裕があります。

 

 

 

1番でいざ出陣~!

 

 

 

信玄餅の他に、昨日は吟造りの信玄餅や塩豆大福もあります。
ここは信玄餅詰め放題10数年選手の私!

私は吟造り、夫にはコスパは悪いけど塩豆大福狙いで挑みました。
作戦会議はばっちしです(^_-)-☆

 

 

 

過去10数年の間にルールが大幅に変わり、
袋が数段回ごとに小さくなったどころか、
リボン結びから風船結びという超難関も…。
俄然燃えます、わたし。

 

 

 

どうです~がんばったでしょ~!!

 

 

 

どば~っと広げてみました♪

私、吟造り16こ、信玄餅3この合計19こ。
夫、塩豆大福19こ、くるみ饅頭1この合計20こ。

夫、詰めるまでは威勢イイのですが、いざビニール袋の口を結ぶ段にお願いモード。
結局私が結んであげるという…。
なのに「俺、20個詰めた。」と得意になってる^^;

1番で詰めて1番で開場を後にし車へ戻りました。
ふと思い立ち、ダメモトで整理券の列に並んだら150番と151番もらえちゃった~♪
時間は10時くらいかな。
ホント、昨日はお客さんが少なかったのね。

 

 

 

詰め終わった後見たら、吟造りも塩豆大福もひとつもありません。
そうです、1番乗りの醍醐味はやっぱりレアな吟造り。
だからといって毎回ある訳ではありません。
私も今回でまだ3回。
昨日は本当にラッキーでした^^

 

 

 

第2戦目~♪

左が夫、右が私。
どっちが多いと思います?

左の方がたくさん入ってるように見えますが、実は右より2つも少ないんですよ。
全部信玄餅です。
左が18こ、右が20こ。

結局これも夫の詰めたビニールの口を私が結び10分くらいでささっと詰め終わりました。

 

 

 

信玄餅吟造り4個入り(216円税込)、おかき(360円税込)、
生和菓子6こ(324円税込)、桔梗信玄餅生ロール切れ端(350円税込)

開店早々のアウトレットで購入したお菓子です。
アウトレットでも直ぐ完売してしまう吟造り。
まさか詰め放題でゲット出来るなんて思っていなかったので、開店一番で買ってしまいました。

行くと必ず買ってくる生和菓子は、全種類入ったお得な箱売りを。

数年前からずっと売っていなかった粒々のせんべいを発見!
1袋だけ買って来ました。

信玄餅生ロールの切れ端。
前からあったのかもだけど、私は初めて見たロールケーキ。
生地に黒蜜ときな粉がぬってあり、お餅がロールされています。
大勢の人たちが群がって買っていたので、思わず私もカゴに入れてました^^;

 

帰ってから膨大な信玄餅や大福をジッパー付きの袋に入れて冷凍しました。
第2戦で獲得した信玄餅はお友達に食べるの助けてもらう事に。
山梨からの帰り道、光が丘と横浜のお友達へ半ば強引にお届しちゃいました。
潰れたの貰ってくれてありがとうね^^

ほとんど夫のおやつに消える桔梗屋の和菓子。
わが家の冷凍庫の常備品です。
またなくなる頃に詰め放題しに行こうと思います♪

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

桔梗屋 本社和菓子 / 石和温泉駅春日居町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今更ですが…食べログ物産展@談合坂SA(上り)

2015-09-02 |  ├ 山梨

天目山の帰り、談合坂SAに立ち寄ってビックリ!

食べログ物産展やってました。

チョッと前にごはん何処で食べようか食べログ見てたばっかりだったから。
結局食べログでは決めませんでしたけど。

 

 

 

7月から開催してたんですね。
中央道は何度か乗ってるけど帰りはいつも寄らないから気付かなかったわ。

 

 

 

会場内偵察したけど食べたいもの見つけられなかった。
やっぱこういうのってわざわざ現地に買いに行ったりお取り寄せするのが私は楽しいのかも。

 

 

 

食べログ物産展
http://tabelog.com/campaign/nexco_event/
期間:2015年7月4日(土)~2016年3月31日(木)
会場:談合坂SA(上り)

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり最高~!やまと天目山温泉

2015-08-31 |  ├ 山梨

昨日はブランチ用に作ったお弁当を持って天目山温泉へ行って来ました。

起きられず朝一出発は断念。
のんびりまった~りお弁当作ってからのお出かけです。

 

 

 

明太マヨ、梅干し、しそわかめの3種類のおにぎりと、塩キャベツ、シャウエッセン、三角チーズといった簡単なお弁当です。

息子のお友達が泊まりに来ていたので同じものを作って置いときました。
帰宅したら第一声が「今日はおにぎり作っておいてくれてありがとう。」って。
私も「どういたしまして。お安いご用です。」と。
当たり前のように作ってるだけなのに、いちいち感謝を言葉で表す息子は愛おしいです。
夫もそうだったらいいのに^^;

 

 

 

しそわかめのおにぎり、美味しいよね。
仕切りのつもりで入れた大葉だけどそのまま食べちゃった。
最近の大葉は柔らかくて美味しいわ。

 

 

 

無料休憩室です。
わが家は3時間コースだけど多くの人が毛布持参で仮眠取りながらの1日入浴。
持ち込み禁止とはなってますが、経営者が変わる前からずっと皆さんガッツリ持ち込みしてます。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

天目山温泉は私が日本一だと思っている泉質。
長時間入っても思ったほど打撃はなく、それなのに身体がふわっと軽くなる。
なによりお肌がびっくりするほどツルピカになるの。
荒れた手なんて本当につるんと見違えるほどきれいになるの。

源泉かけ流しだしぬるいのも好き。

一部加温してるんですが一番ぬるい小さな湯船でジモティのおばあちゃんたちと、話が弾んで1時間半どっぷり入ってました。
もう身体中ふやけちゃって^^;
最近浮気して違う温泉行ってたけど、やっぱり天目山だよね~と大満足の1日でした♪

 

 

やまと天目山温泉
甲州市大和町木賊517
http://eiwa-kotsu.com/tenmoku/
TEL : 0553-48-2000
時間 : 10:00~19:00
料金 : 510円/3h
休業 : 水曜日(年末年始は休み、臨時休館あり)
駐車場 : あり

泉質  : アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)
ph値 : 10.3
泉温  : 源泉30℃

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猿橋【大月】

2015-04-20 |  ├ 山梨

天目山の帰りに立ち寄った猿橋。

猿橋は桂川に架かる刎橋。
岸の岩盤に穴を開けて刎ね木を斜めに差込み、重ねて足場に上部構造を組み上げ、板を敷いて作った橋脚のない橋です。
猿橋は、雨から守るため斜めに出た刎ね木や横の柱の上に屋根が付いていてとても趣深いです。

日本三奇橋のひとつとされ、文化14年(1817年)には葛飾北斎が『北斎漫画 七編 甲斐の猿橋』で猿橋を描いています。

 

 

 

桜を期待して行ったけどそもそも桜自体がありませんでした。
でも橋から見る、深い崖の下にある緑色の桂川はなかなかお見事。

天目山の帰りに、たまにぷらっと立ち寄ってます。

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加