遊爺雑記帳

ブログを始めてはや○年。三日坊主にしては長続きしています。平和で美しい日本が滅びることがないことを願ってやみません。

尖閣第二弾 中国艦船の常駐化開始

2010-09-27 19:07:04 | 東シナ海尖閣諸島
 中国農業省は、尖閣諸島の海域での漁業監視船の活動を、常駐化させると公表したそうです。  軍の艦隊の示威行為をしながらの往来、漁船の領海侵犯と続き、予定通りの漁船保護を口実とした軍関連艦船の常駐ですね。  この常駐を橋頭堡にし、制海権を確立・領有さらには尖閣の占領へとプログラムを進めてくることは、諸兄がご承知の通りですね。  着々と計画通りに実行に移す中国に対し、民主党政権はどのような対応策を立案・実施しているのでしょうか。秘中の秘だからなのか、全く伺い知ることは出来ないですね。(見え見えすぎる皮肉) . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

中国人船長を釈放

2010-09-24 18:21:31 | 東シナ海尖閣諸島
 朝日新聞のサイト情報によると、那覇地検の発表では、中国人船長が近く処分保留のまま釈放されることになったのだそうです。  最低でも罰金刑で釈放と思っていましたが、驚きで言葉がありません。夢かとほっぺをつねっているのですが。  日本が中国の属国になる歴史が始まりました。 . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (7)

尖閣の対中対策は、ASEAN、米国との連携が決手

2010-09-22 19:43:32 | 東シナ海尖閣諸島
 尖閣の報道が連日盛んです。  中国の触手に警鐘を鳴らしておられる方々は、遊爺のレベルではなくもっと深く研究されている方々を含め多くいらっしゃいます。ここへきて、スマップの公演中止に至るなど、国内のあらゆる層の人々にまで中国の傍若無人なふるまいと裏の脅威が広く知られることとなり、かえってよかったと思っています。  仙石氏のあやつり人形に堕落した「カンカラ菅」は、閣僚を集めて会議をしても、一刻を争う外交政治ジャブの応酬が求められる中、国連での挨拶案作りに没頭しこの件での話し合いはなしだとか。結果、閣内不一致の発言が飛び出し、3流政治政権振りを暴露する始末です。 . . . 本文を読む
コメント (2)

尖閣諸島の中国漁船

2010-09-10 00:03:20 | 東シナ海尖閣諸島
 尖閣諸島沖で、不法操業の中国漁船と追跡する巡視船とが衝突し、漁船を拿捕、石垣島へ抑留し船長を逮捕しました。  これまでも、半官とも言われる香港の「保釣行動委員会」などが尖閣諸島への上陸を試みるなどしていました。最近の民主党政権の日米同盟破壊の動きとともに、中国海軍の艦隊の活発な東シナ海&太平洋への進出・覇権拡大は、東シナ海や尖閣諸島の領有への動きの本格始動の兆しであり、南シナ海同様漁船(海軍と連携した)を斥候というか先兵として、ジャブを出してくることは、想定されていました。  民主党内の混乱に乗じて、いよいよ始まったかと思ったのは、遊爺だけではないでしょう。   . . . 本文を読む
コメント (6)

内閣支持率が続伸する理由は?

2010-09-07 00:52:38 | 日本を護ろう
 内閣支持率が続伸しています。民主党代表選挙は連日の報道で盛り上がり、経済や金融、外交などの政治の報道は、陰を潜めていると言ってもいいでしょう。  小沢氏か、菅氏かの代表の支持率の世論調査結果と共に、内閣支持率も報道されているのですが、このところ続伸し、支持・不支持が逆転しています。  円高・株安対策、経済復興政策、日米同盟対策といった重大局面になにもしない内閣が、支持率を続伸させているなんて、信じられないです。 . . . 本文を読む
コメント

日本の首相は、菅か小沢しかいないのか

2010-09-03 00:19:31 | 民主党の正体
 結局は、菅・小沢の両氏に候補者が絞り込まれ、現職首相と前政権の幹事長とが直接対決する代表選が始まりました。  政策より政局優先で、己の利益や地位に奔走し国益や国民生活を口先で唱えるだけの民主党の正体をさらけ出した民主党の代表選挙が始まりましたね。それに先立って行われた、両候補の共同会見では、メディアの評論家さん達の政策論争要請を意識して、双方の政策が打ち出されました。  詳細は既に各紙で報道されていることなので、ここでは遊爺の偏見雑感を書きます。 . . . 本文を読む
コメント