遊爺雑記帳

ブログを始めてはや○年。三日坊主にしては長続きしています。平和で美しい日本が滅びることがないことを願ってやみません。

尖閣を中国から守る施策

2021-03-02 01:33:55 | 東シナ海尖閣諸島
 中国による尖閣諸島海域への侵略はエスカレートするばかりで、米国の関与を左右する実効支配の競争では、中国が「海警法」を施行し、軍事侵略エスカレートの他に、法律戦で先手を打ってくるに至り、軍事力でも、法律戦でも日本は劣勢に追い込まれています。  尖閣を中国から守る施策につて、元陸将捕の矢野氏が提言していただいています。 . . . 本文を読む
コメント

今動かねば、尖閣は竹島の二の舞だ

2021-02-28 01:23:56 | 東シナ海尖閣諸島
 日本や米国の政権が代わるか、折々の首脳会談や外相・防衛相の会談で確認されるのが尖閣諸島の防衛問題で、大統領や高官による「尖閣への5条適用」発言に拘泥・安堵する日本の姿は奇妙であると指摘されているのは、元陸将補の森清勇氏。  中国は、香港を管轄下に入れるため2020年6月に香港国家安全維持法を施行し、尖閣を管轄下に入れる意図で2021年2月に海警法を施行した。  日本は、日米関係に加え、広く国際社会との連携を強めるべきだと提唱しておられます。 . . . 本文を読む
コメント

「中国は敵対国家」次期CIA長官が断言

2021-02-27 01:23:56 | 米中新冷戦時代
 米中央情報局(CIA)長官に指名されたウィリアム・バーンズ元国務副長官が、上院情報特別委員会の指名承認公聴会で、中国を「敵対国家」と言い切ったのだそうです。  対中姿勢に不安があるジョー・バイデン大統領の政権下でも強硬姿勢は続くのか。  潮匡人氏は、『最後の砦(とりで)』である軍やCIAなどの現場は『親中』にはなりにくいと。 . . . 本文を読む
コメント

中国・「海警」の尖閣侵入を、米・国防省が批判

2021-02-26 01:23:56 | 東シナ海尖閣諸島
 中国海警局の船が周辺海域への侵入を繰り返している沖縄県・尖閣諸島について、米・国防総省が「日本の主権」を支持し、中国を批判しました。  さらに、海保の巡視船と米国の沿岸警備隊の巡視船が合同訓練を実施し、日米連携を印象付けたのだそうです。 . . . 本文を読む
コメント

バイデン政権の対中政策は、トランプ政権時代の逆

2021-02-25 01:23:56 | 米国 全般
 左派社会主義者が主導権を握り台頭する民主党政権のバイデン大統領。米中が世界の覇権を巡り「新冷戦時代」に突入している今日、対中外交姿勢がどうなるのか。次男とのチャイナゲート疑惑は、対中姿勢にどのような影響を及ぼすのかに注目してきました。  米議会では、トランプ政権時から、与野党が一致して中国の覇権拡大チャレンジに対抗姿勢を示しており、発足当初のバイデン政権も、対中対抗姿勢を見せていました。  しかし、発足 1か月を経過した今、どうやらトランプ前政権とは基本的に異なることが、次第に目に見える形で明らかになってきたようであると指摘しておられるのは、産経新聞ワシントン駐在客員特派員の古森氏。 . . . 本文を読む
コメント

竹島 韓国の不法占拠を解決するにはどうすべきか

2021-02-24 02:02:05 | 竹島
 今年の「竹島の日」の記念式典は、新型コロナウイルス対策で規模を縮小し、参加者は例年の半分程度の約220人に絞って事前登録制として開催されました。政府からは和田義明内閣府政務官が出席。政務官の出席は9年連続で、閣僚の派遣は例年通り見送られました。  今回で第16回を数える祈念式典ですが、これまでに韓国の不法占拠の解決に向け、日本政府は、国際司法裁判所への付託を、1954年、1962年、2012年に韓国に申し入れていますが、「選択条項受託宣言」をしていない韓国は、司法の場から逃げ続けてていることは諸兄がご承知のとおりです。 . . . 本文を読む
コメント

中国の尖閣実効支配暴走が止まらない なのに日米政府は!

2021-02-23 01:23:56 | 東シナ海尖閣諸島
 尖閣諸島周辺では21日、中国海警局の船(=海警)が 2日連続で領海侵入し、今年 9回目となりました。  一方、今月 1日から中国の「海警法」が施行開始され、「海警」に外国船への武器使用を認め、尖閣諸島等の他国の施設を排除できることとし、尖閣の実効支配競争に先手の先制攻撃も加えてきています。  これに対し、バイデン大統領も、菅首相も鈍い対中姿勢。  これでは、習近平の暴走は勢いづくばかりです。 . . . 本文を読む
コメント

竹島が、日本領である主張を補強する重要な資料のひとつとなる「米国政府作製の航空図」

2021-02-21 01:23:56 | 竹島
 サンフランシスコ平和条約で、竹島が日本領土と認定されたにもかかわらず、韓国が李承晩ラインを勝手に設定し、以後不法占拠を続けていることは衆知のことで、2月22日を島根県が「竹島の日」とし、返還を希求する活動を絶やさない努力をしています。  韓国は、1905(明治38)年より前から「独島」と呼ばれていたと主張し、ラスク書簡で主張は却下され、サンフランシスコ平和条約で日本領と確定したにも関わらず、今日も不法占拠を続けています。  少し古い情報ですが、米国空軍作製(=米国政府作製)の公的地図が発見され、米国では「独島」の認識はなく、サンフランシスコ平和条約締結時には、「竹島」を日本領として運用していたことが証明されたのだそうです。  この地図の存在については、初耳ですので、備忘録としてアップさせていただきます。 . . . 本文を読む
コメント

竹島が映す韓国の「言った者勝ち、やった者勝ち」

2021-02-20 01:23:56 | 竹島
 2月22日は島根県が条例で定めた「竹島の日」。  太平洋戦争の終戦時の混乱期、韓国が「李承晩ライン」を設定し不法占拠を続けている竹島について、韓国で日韓ママライターとして活躍しておられる、金 遥楽(キム・ハラ)さんが、歴史を紐解いて解説しておられます。  慰安婦像の勝手な設置も竹島の不法占拠も、「言った者勝ち、やった者勝ち」の心理から来る韓国のお家芸だと。  韓国に居住しておられて、このような主張をされていて、大丈夫かと心配してしまいますが。 . . . 本文を読む
コメント

尖閣諸島は日本自身で守っていかねばならない

2021-02-19 01:33:55 | 東シナ海尖閣諸島
 アメリカが大統領選と新型コロナ対策で不在となった昨今、中国は周辺諸国・地域に触手を伸ばしているとジャーナリストの近藤大介氏。  バイデン政権が発足してから、20日で1カ月になるが、具体的な外交政策は、いまだ見えてこないなか、バイデン、習近平の初の電話会談が行われたこと。アジア担当の司令塔になると目されている、カート・キャンベルNSC(国家安全保障会議)インド太平洋調整官の論文について解説しておられます。 . . . 本文を読む
コメント

「竹島」と「独島」を憂うヘイトなき韓国人の本音

2021-02-18 01:33:33 | 竹島
 2月22日は、「竹島の日」です。  今、文在寅政権の韓国と日本の関係は、かつてない最悪な状態に陥っています。そしてその出口も全く見えていません。  東亜日報が紹介したバイデン政権高官のコメントによるとこの高官は、日韓関係について「韓国が過去にとどまって前に進まないなら、バイデン政権の人々はパートナーとして韓国に期待することをあきらめる可能性もある」と警告したのだそうです。  悪化している日韓関係の棘は数多ありますが、韓国による竹島の不法占拠はそのうちの大きな棘のひとつですね。  ソウル大学などで日本語講師として活動し、ビジネスで通訳、翻訳の仕事をしておられる、呉花梨さんが、「日本人はもはや加害者ではなく、韓国人はもはや被害者ではない。」「韓国と日本は、互いに信じ合って協力し合えば最強のパートナーになれると確信している。」と、関連記事を書いておられます。 . . . 本文を読む
コメント (1)

バイデン米政権の対中姿勢に疑念が

2021-02-17 01:33:55 | 日本を護ろう
 バイデン新政権の対中外交姿勢には警戒心を持って注目しています。  息子のハンター・バイデン氏が絡むチャイナゲート疑惑で、中国に弱味を握られた影響への懸念と、オバマ政権後期のパンダハガー外交姿勢の由縁ですが、政権をスタートさせた後の近況では、概ねトランプ政権時代同様の、対中強行姿勢が大きく変更された様子は見られない様に感じていました。  ところが、怪しい動きが露呈。事実なら、トランプ政権時代とは異なり、台湾を見放したことになり、日米安保での尖閣防衛にもつながる方向転換。ジャーナリストの加賀氏が指摘いただいています。  アントニー・ブリンケン国務長官は5日、中国の外交担当トップ、楊潔チ共産党政治局員と電話会談を行いましたが、トランプ政権時代同様の対中強行姿勢を示したとの米国側の発表に対し、中国側は、ブリンケン氏が「一つの中国」原則を順守すると語ったと発表しているのだそうです。 . . . 本文を読む
コメント

ファンタジーのような「中国独り勝ち」に驕る習政権 後ろ盾「華僑離れ」で経済直撃か

2021-02-16 01:33:33 | 中国 全般
 世界各国がコロナショックに苦しむなか、中国・習近平政権は経済を成長路線に回復させたとして「独り勝ち」を誇っている。  だが、驕(おご)る習政権の栄華が長く続くとはかぎらないと指摘しておられるのは、国際投資アナリストの大原浩氏。  中国の経済統計にも「ファンタジー」のような現象が起きることはよく指摘されていると。 . . . 本文を読む
コメント

中国の技術盗用が止まらない 日本は隙だらけ

2021-02-14 01:33:33 | 日本を護ろう
 米国のマサチューセッツ工科大学 (MIT) で機械工学を教える陳剛(Chen Gang)教授が1月中旬、電信詐欺、虚偽申告などの容疑で、米司法当局によって逮捕されていたのだそうですね。2020年7月には、米国務省がテキサス州ヒューストンの中国総領事館を中国が科学技術の先端情報を違法収集するための一大拠点だったとして、閉鎖を命じていました。  中国政府は、長年、ヒューストン総領事館や他の米国内の拠点を使い、スパイ活動や中国寄りの政策を支持するように米国の議員や財界リーダーに働き掛けるロビー活動のほか、「キツネ狩り」(フォックス・ハント)と呼ばれる作戦を行ってきていたのだそうです。ワクチン外交によって米国より優位に立とうとする中国にとっては、ワクチン開発に必要な先端技術施設があるヒューストンはまさに狙い目だったのだと。     . . . 本文を読む
コメント

日本軍慰安婦は売春を強いられた性奴隷ではなかった 米ハーバード大教授の論文

2021-02-13 01:26:28 | 慰安婦問題
 米ハーバード大学のジョン・マーク・ラムザイヤ教授は今年3月に刊行される「International Review of Law and Economics」第65巻に「太平洋戦争時の性契約」と題する論文を掲載したのだそうです。  2月1日、韓国メディア・韓国経済が「米国で『旧日本軍慰安婦は売春を強要された性奴隷ではなかった』とする内容の論文が発表された」と報じ、韓国のネット上で波紋が広がっているのだそうです。 . . . 本文を読む
コメント