飲食居抜きソムリエ  山田 茂  飲食を辞める始めるときのブログ                 

飲食店を希望を持って始めたり順調に多店舗化したり、内装設備に費用がかなり掛かります。その投資を回収できます。

宅建取引主任士 47

2019-03-19 10:09:50 | 宅建取引主任士

不動産開業は
     定年後が、ぴったりです

        

  お問合せ等は、
   メッセージメッセージを送る
   クリック       

 

             プロフィール
              バックナンバー

 

               倒産寸前の町工場  new
     タオルで大逆転   連載 17

             目指すのは「世界一の撚糸工場」

            タオルの大ヒットが会社を救
              ったものの、前述のように、
              浅野撚糸の事業は「糸」が軸
              だ。スーパーゼロを使って、
              タオル以外の商品開発も進め
              ている。すでに高級パジャマ
              などへの採用実績もある。今
              後は、和紙とスーパーゼロを
              組み合わせたストレッチ素材
              の開発などにも挑んでいくと
              いう。V字回復の原動力につ
              いて、河合氏は「社長のパワ
              ーが周りを引っ張ってきたの
              だと思います」と振り返る。
              (次回最終回です)

 

 

     倒産寸前の町工場 
     タオルで大逆転   連載 16

     バスタオルからの切り替え

     さらに、バスタオルよりも干
     すスペースが小さくて済むた
     め、洗濯に大きな負担がかか
     らないことも訴求ポイント。
     女性、特に主婦層に向けてメ
     ッセージを発信した。「バス
     タオルからの切り替え」とい
     う新しいニーズの掘り起こす
     ことを狙った。この新しい使
     い方を量販店やテレビ通販な
     どを通じて提案し、女性の心
     をつかんだ。販売枚数は一気
     に月2万枚以上に。さらに、
     その後は全国ネットのテレビ
     番組で次々と取り上げられた
     ことが追い風となり、売り上
     げはどんどん増えていった。
       殺到する注文に対応するため
     に生産体制を整え、今では月
     20万枚を出荷するほどになっ
     た。
     (次回に続く)

     倒産寸前の町工場  
     タオルで大逆転   連載 15

     変えたのは、商品の伝え方

     なぜ、そんな中途半端な大き
     さの商品が売れたのか。商品
     自体を変えたわけではない。
     実はそれ以前にも、同じサイ
     ズの商品はあったが、月に数
     十枚しか売れていなかった。
     変えたのは、商品の「伝え方
     」だ。従来の打ち出し方は、
     「柔らかい」「吸水性が高い
     」という“機能”が中心だった
     。ただ、それでは実際にどの
     ような場面でどのように使え
     ば便利なのか、イメージしに
     くい。そこで、「バスタオル
     の半分のサイズなのに、髪の
     毛まで含めて全身をしっかり
     ふける」ことを最大の売りに
     した。
     (次回に続く)

 

     倒産寸前の町工場  
     タオルで大逆転   連載 14

     新商品「エニータイム」
      大ヒット

     「最初に販売された名古屋の
     大型雑貨店や百貨店には、従
     業員とその家族で自ら買いに
     行っていました。売れないと
     置いてもらえなくなるので…
     …」(河合氏)。売れたのは
     月 2500枚程度。赤字から抜
     け出せずにいた。そんな状況
     が3 年続いた後、ついに転機
     が訪れる。新商品として、バ
     スタオルの半分の大きさの「
     エニータイム」をラインアッ
     プに加えた。これが大ヒット
     したのだ。
     (次回に続く)

 

 

              倒産寸前の町工場  
     タオルで大逆転   連載 13

            「バスタオルの
             半分サイズ」が
             女性の心をつかむ

            しかし、苦労して生み出した
              エアーかおるも、当初は売れ
              なかった。高級なタオルとい
              えば、かつては贈答用が一般
              的で、自分のために買うこと
              はあまりなかった。有名ブラ
              ンドでなく、柄もついていな
              いタオルが高く売れるわけが
              ないと、タオル商社からはほ
              とんど見向きもされない。
              (次回に続く)

 

 

     倒産寸前の町工場  
     タオルで大逆転   連載 12

     背水の陣になる

     社外の人からは『アナログな
     んですね』と驚かれます」(
     河合氏)そのような問題を一
     つ一つ解決して、タオル「エ
     アーかおる」の発売にまでこ
     ぎつけたのは07年。スーパー
     ゼロの開発から2年が経過し
     ていた。このころ、会社の業
     績はまさにどん底。会計士か
     らは「3年後につぶれます」
     と宣告された。従業員を3分
     の1に、下請け先を半分に減
     らすリストラもやった。まさ
     に背水の陣だった。
     (次回に続く)

 

 

 

     倒産寸前の町工場  
     タオルで大逆転 連載  11

     問題発生

     段ボール箱を利用した

     だが、スーパーゼロをスチー
     ムアイロンの機械に入れると
     、織り込まれている水溶性の
     糸が蒸気によって溶けてしま
     い、糸と糸がくっついてしま
     うのだ。その状態のままタオ
     ルを織ろうとすると、糸が切
     れてしまう。糸が溶けないよ
     うに、蒸気を当てる長さや温
     度などの調整を繰り返した。
     問題解決の糸口となったのは
     「機械への入れ方」だ。従来
     は糸を台車に載せて、そのま
     まスチームアイロンに入れて
     蒸気を当てていた。だから蒸
     気が強く当たりすぎていたの
     だ。「段ボール箱に糸を入れ
     て、箱に小さな穴を開けてか
     ら機械に入れてみると、糸が
     溶けだすのを防ぐことができ
     ました。
     (次回に続く)

 

     倒産寸前の町工場  
     タオルで大逆転 連載  10

     問題発生

     「これはすごい。これなら商
     品になる!」と盛り上がった。
     ところが、いざ量産化しよう
     とすると、いくつもの壁が立
     ちはだかった。その一つが、
     撚りをかけた糸にスチームア
     イロンをかける工程にあった。
     なぜその工程があるかという
     と、撚りが戻って糸が縮れる
     ことを防ぐため、蒸気を当て
     て真っすぐにする必要がある
     からだ。
     (次回に続く)

 

 

     倒産寸前の町工場  
     タオルで大逆転 連載  9

     偶然に

     タオルの生地は、縦糸と横糸
     で織った下地に、ループ状に
     糸を織り込む「パイル地」の
     ものが一般的。浅野撚糸とし
     ては、下地となる縦糸と横糸
     にスーパーゼロを使ってもら
     うつもりでいた。しかし、お
     ぼろタオルは“間違えて”、パ
     イル部分に新しい糸を使って
     いた。「すごいタオルができ
     ました!」そう言われて見せ
     られたのは、驚くほどふんわ
     りとした柔らかいタオルだっ
     た。「タオルメーカーにとっ
     ては、パイルを工夫するのが
     自然な発想だったのでしょう
     。行き違いによって、偶然、
     柔らかいタオルができたので
     す」(河合氏)
     (次回に続く)

 

     倒産寸前の町工場  
     タオルで大逆転 連載  8

     予想外

     おぼろタオルも浅野撚糸と同
     様に、縮小していく国内繊維
     産業で踏ん張ってきた。共通
     の経験や思いがある両社は意
     気投合。すぐに「スーパーゼ
     ロを使ってタオルを作ってみ
     よう」という話になった。浅
     野撚糸としては、「ストレッ
     チ性のある糸を生かしたタオ
     ルができるかもしれない」と
     期待し、試作を依頼した。と
     ころが、出来上がったタオル
     は、予想とは大きく異なるも
     のだった。
     (次回に続く)

 

     倒産寸前の町工場  
     タオルで大逆転 連載  7

     タオルとの”運命の出会い”

     「スーパーゼロを自分たちの
     手で売ることが必要だったの
     です」。常務執行役員の河合
     達也氏はそう振り返る。さま
     ざまな企業を訪問し、新しい
     糸の売り方を模索していたこ
     ろ、浅野撚糸に“運命の出会い
     ”があった。地元金融機関のビ
     ジネスマッチングを通じて紹
     介されたタオルメーカー、お
     ぼろタオル(三重県津市)だ。
     (次回に続く)

     倒産寸前の町工場  
     タオルで大逆転 連載  6

     洗えるスーツに採用される

              このように加工した糸は、繊
              維の間に空洞があるため、伸
              び縮みしやすい。一般的な綿
              糸の約 1.6倍のボリュームに
              なる。この糸を「スーパーゼ
              ロ」と名付け、特許も取得し
              た。スーパーゼロを使った生
              地は、水を通しやすい、柔ら
              かい、乾きが早いなどといっ
              た特徴がある。それを生かし
              て、有名ブランドの「洗える
             スーツ」などに採用された。
             しかし、取引先の状況に左右
             されやすいビジネスモデルの
             ままでは、長期的、安定的に
             利益を生むことは見込めない。
             (次回に続く)

 

 

     倒産寸前の町工場  
     タオルで大逆転 連載  5

     水に溶ける糸

     きっかけは、繊維商社から
     [水に溶ける糸を何かに使え
     ないか」と、用途開発を持
     ちかけられたこと。その糸
     は細く、そのまま使うとす
     ぐに切れてしまうため、通
     常の綿糸に加える形で「補
     強材」として使うことにし
     た。4年にも及ぶ試行錯誤
     の結果、できたのは“膨らむ
     糸”だ。すでに撚りがかかっ
     ている通常の綿糸を、まず
     は反対方向にひねることで
     繊維の状態に戻す。その状
     態から水溶性の糸を撚り合
     わせていく。出来上がった
     糸を熱湯に入れ、水溶性の
     糸だけ溶かすとどうなるか
     。繊維の間に隙間ができる
     。そして、撚りを戻そうと
     する力が働いて、さらに糸
     が膨張する。
     (次回に続く)




     倒産寸前の町工場   
     タオルで大逆転  連載  4

     海外シフトで激変

              撚糸の加工技術やノウハウが中
              国などに流出。海外工場の技術
              が急速に高度化し、繊維産業の
              工程は丸ごと海外にシフトして
              しまった。残った仕事をほそぼ
              そと続けていたが、それも長く
              は続かない――。そんなときに
              巡ってきたのが、「新しい糸」
              の開発だった。
              (次回に続く)



    
     倒産寸前の町工場   
     タオルで大逆転  連載 3

     400社が30社に減少

     繊維産業が盛んだった岐阜県
     内には、かつて400社の撚糸
     工場があったという。しかし
     、今では30社にまで減ってい
     る。衰退の大きな要因は「海
     外シフト」だ。浅野撚糸はス
     トレッチ素材向けの糸などの
     開発や加工を手掛け、 1990
     年代までは大手商社やメーカ
     ーと活発な取引をしていた。
     ところが、2000 年代に入る
     と状況は一変する。
     (次回に続く)




     倒産寸前の町工場   
     タオルで大逆転  連載 2

     撚糸が本業

     どのように浅野撚糸はどん底
     からはい上がったのか。商品
     を生み出し、ブランドが羽ば
     たくまでの軌跡を追った。「
     撚糸(ねんし)」とは、糸に
     撚り(より)をかける、つま
     り、ねじり合わせること。繊
     維から糸をつくる紡績業の工
     程だ。「腕によりをかける」
     といった言葉もここから生ま
     れている。社名の通り、浅野
     撚糸の本業だ。
     (次回に続く)

 

     倒産寸前の町工場   
     タオルで大逆転 新連載 1

     「つぶれる。もうだめだ」

     周囲の誰もがそう思い、事業
     継続を諦めかけていた。10年
     ほど前、そんな危機的状況に
     陥っていた町工場が今、大躍
     進を遂げている。その企業は
     、岐阜県安八町に本社を構え
     る浅野撚糸だ。起死回生の商
     品開発で生み出したタオル「
     エアーかおる」は累計680万
     枚(2019年1月時点)を販売
     。売れ筋商品で1枚1800円(
     税別)という価格にもかかわ
     らず、飛ぶように売れている
     。この商品を発売した07年ご
     ろ、2 億円強に落ち込んでい
     た年商は、13億5000万円(
     18年)にまで跳ね上がった。
            加納由奇絵 ITmedia
              (今回新連載です)

 

     アサヒビール555ml new
       ジョッキ革命の勝算
                                最終回  10

     15年連続縮小回避できるか

     今年10月に予定されている消
     費増税を機に低価格志向が強
     まり、安価な新ジャンルにア
     ルコール需要がシフトするこ
     とが見込まれる。ビール大手
     は新製品投入で、需要の取り
     込みを狙う。業務用と家庭用
     で、需要底上げを狙う各社。
     2019年は「15年連続市場縮
     小」を逃れるか。
     (今回最終回です)

 

             プロフィール
              バックナンバー

 

コメント

3.宅建取引主任士 46

2019-02-20 09:38:26 | 宅建取引主任士

不動産開業は
     定年後が、ぴったりです

        

  お問合せ等は、
   メッセージメッセージを送る
   クリック       

 

             プロフィール
              バックナンバー

 

     アサヒビール555ml new
       ジョッキ革命の勝算
                                 連載  9

     家庭用ビールもテコ入れ

     ビール大手は業務用だけでな
     く、家庭用の展開にも力を注
     ぐ。中でも、もっとも安価な
     「新ジャンル」=第三のビー
     ルは、各社がしのぎを削る主
     戦場になっている。アサヒビ
     ールは「極上」を1月に投入
     。サントリーは「マグナムド
     ライ」、サッポロは「本格辛
     口」を4月に販売する。キリ
     ンは昨年投入した「本麒麟」
     を拡販する計画だ。
     (次回に続く)

 

                           連載  8

      飲み飽きないを追及

               2017 年以降、2 年ぶりの刷
               新で、「麦とホップの配合を
               調整して飲み飽きない味を目
               指した」(キリンビールの山
               形光晴マーケティング部長)
               。同社は業務用ビールの戦略
               については明確にしていない
               が、「飲み飽きない」を追求
               していることから、飲食店で
               も「2 杯目、3 杯目需要を狙
               い続ける」構えだ。
               (次回に続く)

                           連載  7

     キリンはどう動く

     「 居酒屋では消費者は 2 杯、
     3 杯とビールを飲み続けない
     」ことが前提になっているア
     サヒの戦略に対し、業界 2位
     のキリンビールは対照的な動
     きを見せる。キリンは今年 4
     月に旗艦ブランド「一番搾り
     」をリニューアルする。
     (次回に続く)

 

                   連載  6


     飲食店側の受けが良くない

     競合メーカーからは、「そも
     そも肝心の飲食店側のウケが
     あまりよくない」との指摘も
     ある。導入した飲食店は価格
     が変わるので、今まで使って
     いたメニューを変える必要が
     ある。多くの店舗を抱えるチ
     ェーン店はその負担が大きく
     、「導入に二の足を踏む飲食
     店が少なくない」と競合メー
     カー社員は話す。
     (次回に続く)

 

                           連載  5

     1杯目から敬遠されるリスク

     だが、もくろみ通り新型ジョ
     ッキを浸透させることができ
     るかどうかは、不透明だ。ジ
     ョッキの容量が増えた分、ビ
     ール 1杯の価格も上がる。値
     決めは飲食店側が行うものだ
     が、基本的には数十円単位で
     上がっている。相対的に値頃
     感のあるサワーなどに1 杯目
     から消費者が流れるリスクも
     高まる。
     (次回に続く)

 

                            連載  4

     新型ジョッキは
     飲食店にもメリット?

     新型ジョッキ導入については
     、「飲食店側にもメリットが
     ある」と同社は強調する。容
     量を増やすことで消費者が注
     文する杯数が減れば、店員の
     負担も少なくなる。人手不足
     に悩まされる飲食店にとって
     オペレーションの改善になり
     、「消費者、飲食店、メーカ
     ーで“三方良し”の施策」(ア
     サヒ)という。
     (次回に続く)

 

 

                              連載  3

     業務用改革の目玉

     そこで、業界トップのアサヒ
     ビールは業務用ビールのテコ
     入れに本格的に乗り出した。
     同社の平野伸一社長は「業務
     用の縮小を止めないと、家庭
     用の缶ビールでいくら頑張っ
     てもマイナス幅が大きくなっ
     てしまう」と、危機感をあら
     わにする。アサヒが「業務用
     改革」の目玉として打ち出し
     たのが、「555ミリリットル
     ジョッキ」の導入だ。一般的
     な居酒屋の場合、360ミリリ
     ットル前後のジョッキを使用
     することが多い。アサヒの新
     型ジョッキは、通常のジョッ
     キに対して1.5倍の容量にな
     る。
     (次回に続く)

 

 

                                   連載  2

             業務用ビール
     てこ入れの目玉とは

             ビール大手にとって、業務用
             ビールは全体の半分を占める
             重要な市場だ。このまま市場
             縮小を黙って見過ごすわけに
             はいかない。
     (次回に続く )

    アサヒビール555ml 
    ジョッキ革命の勝算
                               新連載  1

    ビール大手各社が、居酒屋な
    ど飲食店向け営業の立て直し
    に本腰を入れている。ビール
    大手 5 社が1月16日に発表し
    た 2018年のビール類(ビー
    ル、発泡酒、第三 のビール )
    出荷数量は、前年比 2.5%減
    の 3億 9400万ケースと、14
    年連続で過去最低を更新した
    。ビールに限ると2 億ケース
    を割り込み、同 5.2%減の 1
    億 9291万ケース。特に居酒
    屋など飲食店向け、いわゆる
    業務用ビールが前年比6.5%
    減と振るわなかった。
       石坂友貴 東経記者
    (新連載です)

 

 

     獺祭チョコレート  new
     なぜこれほどの人気なのか
           最終回 22

           海外の経験を国内で活かす

           もう1つは、会社の体質を強
           くするためです。気候も水も
           違うアメリカでの日本酒造り
           は、失敗も当然あるでしょう
           。それをアメリカだけでなく
           、国内でも共有して酒造りに 
           フィードバックしていくこと
           が、獺祭、そして当社の成長
           につながると考えています」
          (桜井氏)
           パレ ド オールと旭酒造に共
           通しているのは、チョコレー
           ト・日本酒というそれぞれが
           持つ本質的なおいしさを、ど
           こまでも追求する姿勢だ。こ
           の2社が手を携えて生まれた
           ハイブリッド商品が獺祭ショ
           コラ。発売以来ヒットを続け
           るのもうなずける。
            (今回最終回です)

 

 

          連載   21

    海外市場を育てるために

    11月12日には建設予定地の
    地鎮祭が行われた。ニューヨ
    ークの料理大学「カリナリー
    ・インスティテュート」が日
    本酒に関する科目を設置する
    うえで、旭酒造に協力を求め
    てきたのが、プロジェクトの
    発端となったそうだ。
    「ニューヨークに酒蔵を造る
    理由は2つあります。まず、
    獺祭は海外の日本酒マーケッ
    トの1割を占めていますが、
    まだ『一部の日本好き』を対
    象とした未成熟な市場です。
    日本に興味がない人も巻き込
    んだ市場に育てていくために
    、パリのお店とアメリカの酒
    造を拠点にしたいと考えてい
    ます。
    (次回最終回です)

 

    
           連載   20

    グローバル化進む

    その後も一定のペースで成長
    を続け、2018年9月期の売り
    上げは138億円を超えた。
    2018年の6月には、フレンチ
    の巨匠ジョエル・ロブション
    氏(8 月に物故)との協力に
    より、「ダッサイ・ジョエル
    ・ロブション」をオープンし
    た。フランス料理に合わせて
    獺祭を味わうことができる同
    店は、ル・フィガロにも紹介
    されるなど、すでにパリジャ
    ンの評価を得ているという。
    また、現在同社で進行してい
    るのがニューヨーク酒蔵プロ
    ジェクトだ。
    (次回に続く)

 

 

   
           連載   19

    獺祭が正確に読まれなかった

    じわじわと広がっていた火種
    が、大きく燃え上がったのが
    2007年ごろ。それまでは「
    だっさい」と正しく読んでく
    れる人も少ないぐらいだった
    が、iPhone4が発売されたと
    きに一発変換が可能になって
    いたという。
    「うちもやっとここまできた
    んだな、という思いでした」
    (桜井氏)
    売り上げの推移を見ると、2
    008年9月期(2007年10月~
    2008年9月)の売り上げは約
    7億4000万円と、前年の 5億
    4000  万円台から大きく伸び
    ている。
    (次回に続く)

 

 

    
           連載   18

    ヨーロッパ、アジアにまで
    広がる獺祭の網

    「そうしたお店に来られるお
    客様にはなぜか、世界を股に
    掛けて活動している方が多か
    ったのですね。自分の出張先
    や赴任先にある居酒屋で、獺
    祭を紹介してくださったよう
    です。そのため、先に海外で
    人気が出たと言えるかもしれ
    ません。獺祭を扱っているお
    店は最初海外のほうが多いぐ
    らいでしたね」(桜井氏)
    実際、同社のホームページで
    は、「獺祭の飲める店」が国
    内版と海外版に分けて掲載さ
    れている。アメリカ主要都市
    やパリ、モナコ、シンガポー
    ルなど、ヨーロッパ、アジア
    にまで、獺祭の網が張り巡ら
    されているのだ。
    (次回に続く)

 

 

           連載   17

     ひたすら酒造りに資金を投入

            最後に、獺祭の旭酒造の情報
    も紹 介してまとめとしたい。
    獺祭は、 国内・海外2つのマ
    ーケットが同時に接戦し合い
    ながら伸びてきたという、珍
    しい日本酒だ。という のも、
    ひたすら酒造りに資金を投じ
    ているため、広告にも最低限
    のお金しかかけられない。地
    元の居 酒屋での、お客を通じ
    た口コミから、じわじわと評
    価が高まっていったという。
            (次回に続く)

 

   
           連載  16

    ドリンクの開発

    そして、サロン(カフェ)の
    みで提供しているドリンクが
    「ショコラ ネスパ?!」(9
    00円)。見た目は透明だが、
    味はチョコレート、という不
    思議な飲み物だ。カカオ豆・
    砂糖・炭酸ソーダだけを使い
    、香料は用いていない。メニ
    ュー名のとおり、口に含んだ
    ときの驚きは、まさに「?!
    」である。2009年の夏に季
    節商品として発売され、今は
    定番のドリンクとして定着。
    ドリンクにはシャーベットが
    浮かべられているが、ドリン
    クと同じ味のシャーベットの
    ほか、ベリーやシャンパンな
    ど合わせて3種類用意されて
    いる。好みや気分によって、
    異なる味のハーモニーを楽し
    むこともできるわけだ。
    (次回に続く)

 

            連載  15

    獺祭以外の注目商品

    ここで、獺祭以外の注目の商
    品についても触れておきたい。
    まず12月7日に発売されたホ
    ワイトチョコレート「ショコ
    ラブランクリスタル」(160
    0円)だ。ホワイトチョコレ
    ートと言えば、歯が溶けそう
    なほど甘くて、バターのよう
    な濃厚な味わいがあるチョコ
    レート。好きな人は好きだが
    、「何かいろいろ混ざってい
    そう」、さらには「太りそう
    」というイメージがある。し
    かしパレ ド オールのホワイ
    トチョコレートは、その既成
    概念を打ち破ってくれる。植
    物由来のさわやかな風味があ
    り、後味もさらりとしている
    。素材そのものの味と表現さ
    れるような、素朴な味なのだ。
    (次回に続く)

 

           連載  14

    社内生産率UP

    現在、パレ ド オールで生産す
    る商品の約8割に、社内生産の
    Bean to Barチョコレートが
    使用されている。もちろん、
    獺祭ショコラにも。獺祭の純
    粋な味を引き立てる絶妙なチ
    ョコレートは、このようにし
    て作られているのだ。パレ ド
      オールでは2019年5月をメド
    に、東京・青山一丁目の店舗
    にBean to Bar工房を併設で
    オープンする予定。生産量が
    アップし、商品のうち多くが
    社内生産できるようになる。
    また工房はガラス張りにし、
    チョコレート制作の様子を眺
    められるようにする予定だそ
    うだ。より耳目を集める東京
    で工房を開くということは、
    Bean to Barのチョコレート
    を広く印象づけることにもつ
    ながるだろう。
    (次回に続く)

 

   
           連載  13

    原種カカオ復活に参加

            たとえば異なる特徴をもつ2
            つのチョコレートを混ぜると
           、期待どおりの味とはならず
           、ぼやけてしまう。自分が欲
           しい香り、味を出すには、や
           はり最初から自分で作るしか
           方法がないのです」(三枝氏
           )Bean to Barはカカオ豆を
          仕入れ、豆を選別・焙煎する
          ところから始まるが、三枝氏
          はさらに、自ら世界のカカオ
          産地を巡り、優秀なカカオを
          発掘するところから行ってい
          る。品種や産地の気候、栽培
          や収穫の仕方により、カカオ
          の味はそれぞれ異なるからだ
          。近年では、フィリピンで発
          見された原種に近い品種のカ
          カオを復活させるプロジェク
          トにも参画しているそうだ。
          (次回に続く)

 

 

            連載  12

    年間チョコレート原料10トン

    「当店で年間扱うチョコレー
    ト原料の量は10トンを超えま
    す。これだけの量を使ってい
    ると、チョコレートメーカー
    から仕入れる原料の欠点・限
    界が見えてくるんです。そう
    した原料は大量に流通させる
    ことを前提に、ある程度一般
    化された色や味、香りに仕上
    げる必要がある。そのため、
    さまざまなフレーバーのチョ
    コレートがブレンドされてい
    ます。ですからチョコレート
    の味を追求しようとするとき
    、不便なことがあります。
    (次回に続く)

 

 

           連載  11

    原点のBean to Bar開始

    桜井氏の予想どおり、味の追
    求・研鑽にいとまがない三枝
    氏の手で、獺祭ショコラは成
    長を続けてきている。 2014
    年 11月、国内でも先駆けて、
    カカオ豆から成形に至るまで
    のチョコレート制作の全工程
    を一貫して手がける Bean to
    Bar を開始。工房併設の店舗
    を山梨県清里高原にオープン
    した。Bean to Barは、三枝
    氏がフランス・リヨンの「ベ
    ルナシオン」にて故モーリス
    ・ ベルナシオン氏から学び、
    強く感銘を受けた、いわば三
    枝氏にとっての原点だ。
    (次回に続く)

 

            連載  10

            時を積み重ね成長

            しかしパレ ド オールさんのチ
            ョコレートは、獺祭のおいし
            さをうまく表現しています。
            当社とのお付き合いも長く、
            おそらくマイナーチェンジし
            ていると思いますが、時を積
            み重ねた分の成長を続け、高
            い完成度に仕上がっています
            」(旭酒造代表取締役社長の
            桜井一宏氏)「バレンタイン
            デーにはパレ ド オールさん
           と在庫の取り合いになる(笑)
            」(桜井氏)ほどという。
    (次回に続く)



            連載  9

    ブランド力のUPに貢献

    「一流の職人の方が当社の最
    高峰の日本酒で最高のスイー
    ツを手がけることは、当社の
    ブランドを引き上げる支援に
    なると考えています。ただ、
    日本酒のスイーツは増えてい
    るし、今後も増えていくと思
    いますが、本当に難しい素材
    だと思います。きれいな味な
    ので、チョコレートの強い味
    わいと合わせると、物足りな
    くなってしまう。アルコール
    のパンチがある、蒸留酒のほ
    うがバランスを取りやすいで
    しょう。
    (次回に続く)

 

           連載  8

           日本酒メーカーのメリット

          このように、もともとは「利
          き酒ショコラ」として始まっ
          た獺祭ショコラ。現在販売さ
          れているものは、2014年に
          期間限定商品として発売され
          た。「そのとき獺祭を探した
          ら、人気が出すぎて手に入ら
          なくなっていました。そこで
          旭酒造さんと直接取引させて
          いただくことになりました」
         (三枝氏)このように日本酒
         をスイーツに使うことに関し
         て、旭酒造にはどのようなメ
         リットがあるのだろうか。
         (次回に続く)

 

    
              連載  7

    獺祭の社長から認められる

    日本酒の味を強く出すためには日
    本酒の量を増やす必要があるが、
    あまり多すぎると乳化が壊れてし
    まう。本来の味や香りを損なうの
    で、加熱、濃縮することもできま
    せん」(三枝氏)
    最終的に出来上がったショコラを
    旭酒造に送って試食してもらった
    ところ、当時の桜井博志社長(現
    ・会長)から「日本酒とチョコレ
    ートなんてどんなものになるかと
    思ったが、うちの蔵の味が出てい
    る」と喜びを伝える電話がかかっ
    てきたそうだ。
    (次回に続く)

 

    
              連載  6

    日本酒とチョコレートの
    組み合わせにあるハードル

    ただし、このように香りや味の微
    妙なバランスがおいしさとなって
    いる繊細な酒だけに、チョコレー
    トと合わせることが非常に高いハ
    ードルだっ
    「そもそも日本酒とチョコレート
    を比べれば、チョコレートのほう
    がだんぜん味や香りが強いんです
    ね。加えて獺祭磨き二割三分は日
    本酒のなかでも透明感のある味で
    すから、バランスがとても難しか
    った。また、日本酒とチョコレー
    トは水と油で本来は反発しあいま
    すから、乳化(混ぜ合わせて空気
    を含ませ、クリーミーな状態にす
    る)させます。
    (次回に続く)

 

    
              連載  5

    精米歩合は当時日本で最高値

    獺祭は実はお酒としては異端児的
    な存在。山口県岩国市にある旭酒
    造の蔵にて、杜氏や蔵人によらず
    社員の手で造られており、一連の
    酒造りの過程は基本的に手仕事に
    よって行われる。また香りを逃が
    さないため、瓶詰めの後に加熱、
    冷却する方法をとるなど、日本酒
    そのものの味わいを生かすため、
    細部にこだわった丁寧な酒造りが
    なされている。とくに、三枝氏が
    ショコラに使用したのは獺祭のな
    かでも代表格の 「獺祭 磨き二割
    三分」。もともと25%まで精米す
    る予定だったところを、商品が完
    成する直前に思い直して、さらに
    2%磨いたという究極の大吟醸だ
    。精米歩合は当時日本でも最も高
    いとされた。だからこそ、クリア
    な味の奥に、繊細な日本酒本来の
    味が確かに感じられる味わいに仕
    上がっているのだ。
    (次回に続く)

 




              連載  4

    担当者のヒントから企画

    「百貨店の限定商品として企画し
    たもので、担当者が元日本酒のバ
    イヤーだったことから、日本酒を
    使ったチョコレートにしてみては
    、というヒントをもらいました。
    今のように有名ではなかった獺祭
    の存在も、その方に教えてもらい
    ましたし、ほかの日本酒に関して
    も、担当者の方が酒蔵に交渉して
    くれたので、実現しました」(シ
    ョコラティエ パレ ド オールオー
    ナーシェフの三枝俊介氏)
    (次回に続く)

 

 

   
              連載  3

    2007年丸の内店開店

    同店は 2004年、関西初の本格シ
    ョコラティエとして大阪西梅田に
    オープン。チョコレートの本物の
    香りにこだわったチョコレートづ
    くりがコンセプトだ。2007 年に
    は東京丸の内店を開店。同店のシ
    ョーケースには、カカオそのもの
    の味わいをそのまま楽しめるシン
    プルな「 パレ ド オール」のほか、
    和の素材や果物などとのコラボレ
    ーションを味わえる、さまざまな
    ボンボンショコラがずらりと並ぶ。
    同店での獺祭ショコラのスタート
    は存外古く、丸の内店オープンの
    翌年、2008 年バレンタインデー
    期だという。もともとは「利き酒
    ショコラ」という商品で、5 種類
    の日本酒を使ったチョコレートの
    詰め合わせだった。
    (次回に続く)

 

 

              連載  2

    より獺祭の味が引き立って
    感じられるチョコレート

    どんな味なのかというと、「獺祭
    を含んだときの、スッキリとして
    いながらふくよかに広がる香りが
    、チョコレートのなかに違和感な
    く溶け込んだ味わい」とでも表現
    できるだろうか。内側のガナッシ
    ュは絶妙になめらかで、口のなか
    でスッと溶ける。テイストはビタ
    ーとミルクチョコレートの2種類
    があり、やさしい味のミルクチョ
    コレートタイプには、表面にちょ
    っと塩があしらわれている。升で
    お酒を飲むときに、角に塩を置く
    発想だ。ビタータイプのほうは、
    より獺祭の味が引き立って感じら
    れる。
    (次回に続く)

 

    獺祭チョコレート    
    なぜこれほどの人気なのか
             新連載  1

    美味しいから売れている

    世界でも名を知られる日本酒と、
    素材にこだわり抜いたチョコレー
    ト。その2つが見事に融合し、密
    かに人気を集めている。ショコラ
    ティエ パレ ド オールの獺祭ショ
    コラだ。6個入りの箱で2300円と
    、いわゆる「高級チョコ」ではあ
    るが、年間を通して売れ続け、バ
    レンタインデーシーズンには1カ
    月で2万箱も売れるなど、同店で
    も随一のヒット商品となっている。
    獺祭のネームバリューが急上昇し
    ていることも、商品人気を高めて
    いる理由だが、それも確かな品質
    というしっかりした基盤に支えら
    れているからこそ。つまり、おい
    しいから売れているのだ。
       圓岡志麻 フリーライター
    (今回新連載です)

 

 

     5年間一休みしていのに  new 
      「一休」が再成長  最終回 14

     過ごす時間・空間の価値

             このような考え方をしているので
             、「○○温泉に行くので、どこかい
             い宿はないかなあ?」といった質
             問を受けたことはほとんどありま
             せん。「どこかいい宿はないの? 
             あ、そこがいいの。じゃあ、予約
             するわ」と言って、その場でスマ
             ホを取り出し、予約するといった
             感じ。宿に泊まっても、外に一歩
             も出ない人が多いですね。
             土肥: え、そうなのですか。ワ
             タシなんか、旅行に行けば「有名
             な神社に行って」「キレイな紅葉
             を見て」「地元のおいしいご飯を
             食べて」といった感じでスケジュ
             ールを詰めに詰め込んで、クタク
             タになる。
             榊: モノへの投資ではなくて、
             過ごす空間であったり、過ごす時
             間だったり――。そのようなこと
             に価値を感じる人が増えてきたの
             ではないでしょうか。
             (今回最終回有り難うございます)

 

 

              連載  13

     宿に泊まって、外には出ない

    土肥: 榊さんは、サイトを利用
    しているお客さんと、月1回ペー
    スで食事をしているんですよね。
    高級宿に泊まる人って、どんな感
    じで利用しているのでしょうか?
    榊: 旅行先に興味をもっている
    人は、ほとんどいません。
    土肥: ん? 「北海道に行きた
    い」「沖縄に行きたい」「だから
    泊まるところはここで……」とい
    った考え方をしていない?
    榊: 自分を癒やしてくれるホテ
    ルや旅館があれば、北海道でもい
    いし、沖縄でもいい。
    (次回最終回お楽しみに)

 

     5年間一休みしていのに 
      「一休」が再成長  連載  12

              2つの理由

             榊: 社会的な背景でいえば、2
            つあると考えています。1 つは、
            富裕層が増えたこと。以前と比べ
            て、起業しやすくなっているので
            、若くても成功している人が多い
            。こうした背景があって、「高級
            なホテルに泊まろうか」という人
            が増えているのでしょう。
            もう 1つは、共働きの夫婦が増え
            たこと。共働き夫婦って、休みの
            日 がなかなか合わないですよね。
           「10日間の休みがとれたので、一
            緒にハワイに行く 」のは難しい。
            そうすると、「3カ月に一度、高
            級な旅館に泊まるか。そこでゆっ
            くりしよう」という人が増えてい
            るんですよね。女性の社会進出が
            増えれば増えるほど、時間が貴重
            なものになっていくのではないで
            しょうか。もちろん、コートを買
            って、時計を買って、それで幸せ
            を感じる人もたくさんいる。一方
            で、心も体も疲れているので、部
            屋に付いている露天風呂でゆっく
            りしたいという人が増えてきたの
            ではないでしょうか。
            (次回に続く)

 

                プロフィール
              バックナンバー

 

 

コメント

3.宅建取引主任士 45

2018-12-18 09:25:50 | 宅建取引主任士

   

不動産開業は
     定年後が、ぴったりです

        

  お問合せ等は、
   メッセージメッセージを送る
   クリック       

 

             プロフィール
              バックナンバー

 

 

     5年間一休みしていのに  new 
      「一休」が再成長  連載  11

    高級宿に泊まる人が
    増えている背景

    土肥: 2016年~17年にかけて
    の取扱高を見ると、急増していま
    すよね。45%も伸びていますが、
    この要因は?
    榊: 16  年に、ヤフーさんの子
    会社になったことが大きいですね
    。先方からのトラフィックをいた
    だいているので、ここまで成長す
    ることができました。ただ内訳を
    見ると、一休だけで20 %ほど伸
    びている。この流れは続いていて
    、17~18 年も同じくらいの数字
    (45%増)になりそうです。 
    土肥:なぜそれほど伸ばすことが
    できているのか。先ほど、「視線
    を『お客さん』に向けた」という
    話を聞きましたが、社会的な背景
    もあるのでは? 例えば、コト消
    費が大きく影響しているとか。
    (次回に続く)

 

 

     5年間一休みしていのに 
     「一休」が再成長  連載  10

    富裕層の市場は伸びている

    榊: 理論上はアリです。ただ、
    当社が手掛けている富裕層の市場
    はまだまだ成長余地があると思っ
    ているんです。
    土肥: 利用者の数や単価が伸び
    ていると?
     榊: はい。お客さんの利用金額
    が大きく伸びているんですよね。
    10 年と 17年の数字を比較すると、
    年間40~79万円使う人は3.7倍も
    伸びている。80~199万円使う人
    も 5.3倍、200万以上は 10.0倍、
    それぞれ増えているんですよね。
    土肥: (資料を見て)30万円以
    下でも、2 倍ほど伸びている。
    榊: 過去のデータを見ると、利
    用者数も増えているし、単価も伸
    びている。そうした状況のなかで、
    来年は利用者が急減するといった
    ことは考えにくいんですよね。
    (次回に続く)

 

 

 

     5年間一休みしていのに 
     「一休」が再成長  連載  9

    同じ土俵に上がらない

    榊: やれば、売り上げは伸びる
    でしょう。ただ、ブランドのイメ
    ージは変わってしまいますし、コ
    ストも増えることになる。もし参
    入すれば、大きな会社と戦わなけ
    ればいけません。資金力もあるし
    、人もたくさんいる。そのような
    相手と、なぜ戦わなければいけな
    いのか。先方からすれば、こちら
    がとがればとがるほど戦いにくく
    なると思うんですよね。低価格か
    ら高価格までたくさんの宿泊施設
    を扱っているなかで、富裕層だけ
    をターゲットにしている一休を相
    手にするのは難しいのではないか
    と。
    土肥: 土俵には上がらないと?
    榊: 「戦わないで、戦う」とい
    った感じですね。
     土肥: では、違うブランドで運
    営するのはどうでしょうか? 「
    三休で、サラリーマンの出張先を
    探せます」といった具合に。
    (素人コンサルの意見、その2)
    (次回に続く)

 

     

      5年間一休みしていのに 
     「一休」が再成長  連載  8

   「戦わないで、戦う」作戦

    土肥: 以前は宿泊施設のほうを
    見ていたけれども、お客さんのほ
    うを見るようにした。会社で例え
    ると、楽天型だったのをアマゾン
    型に転換したわけですね。楽天の
    主な収入源は出店企業からの手数
    料なので、お客さんは「企業」。
    一方、アマゾンの主な収入源は、
    自社で仕入れた商品を販売するこ
    となので、お客さんは「消費者」
    。このように考えると、会社を創
    業するほどの大変さが伴ったかと
    思うのですが、ここで疑問がひと
    つ。高級ホテルを紹介していて売
    り上げが伸び悩んでいるのであれ
    ば、普通のところを紹介すればよ
    かったのではないでしょうか。ホ
    テルのプールで泳ぐことができて
    1泊3万円、東京の夜景を見るこ
    とができて1泊5万円、部屋の露天
    風呂に入ることができて1泊10万
    円といったところではなくて、サ
    ラリーマンが出張で利用できそう
    なビジネスホテルを紹介すれば売
    り上げは伸びるのでは? 
    (素人コンサルの意見、その1)
    (次回に続く)

 

 

     5年間一休みしていのに 
     「一休」が再成長  連載  7

            結果的にお客に
    喜ばれることをする

            土肥: 結果はいかに?
            Uさん: 数字を見ると、全くダ
            メでした(涙)。それまでは宿泊
            施設のことを一番に考えていたの
            で、ホテルが「これを売りたい」
            と言えば、最優先で考えなければ
            いけませんでした。「バナー広告
            を出したい」という声があれば、
            それに応じていましたし、「メル
            マガで紹介したい」という話があ
            れば、すぐに対応していました。
            ただ、繰り返しになりますが、そ
            の方法だと結果が出ない。じゃあ
            、どうしたのか。「お客さんに喜
            ばれることをしよう」といった考
            えで行動すると、売り上げが伸び
            始めたんですよね。ここでもし結
            果がでなかったから、いまも迷走
            していたかもしれません。
            (次回に続く)

 

 

     5年間一休みしていのに  
     「一休」が再成長  連載  6

    高級車の広告依頼

    土肥: ふむふむ。社員は「会社
    のため」と思ってやってきたのに、
    ある日、「それはダメ。これから
    はこーしなさい」と号令をかけた
    わけですよね。多くの人が戸惑い
    を感じたのでは?
    ――取材時、同席していたUさん
    がここで登場する。
    Uさん: 当時のワタシは営業を
    していて、戸惑いはものすごくあ
    りました。ある日、高級車の広告
    が入ったんですよね。数百万円の
    契約だったので、会社にとっては
    いい話のはず。売り上げに貢献し
    ているので、悪い話ではない。で
    も、上司からはこのように聞かれ
    ました。「お客さんは高級車が好
    きかもしれない、乗っているかも
    しれない。しかし、その広告を見
    たいと思っているのだろうか」と。
    そのときは何も言い返せませんで
    した。ただ、高級車の広告を掲載
    することで、結果がでればいいと
    思っていたんですよね。
    (次回に続く)

 

 

          5年間一休みしていのに  
     「一休」が再成長  連載  5

          会社のあらゆることを変える

           土肥: 「お客さんファースト」
           という考え方ですよね。ただ、言
           葉では理解できても、実践するこ
           とは難しい。「見る」と言っても
           実際には「見ていない」ケースが
           多いのですが、一休ではどのよう
           なことに取り組んだのでしょうか?
           榊: 会社のあらゆることを変え
           ました。例えば、以前のサイトは
           広告であふれていたんですよね。
           集客に苦しんでいる広告やバナー
           などが回っていたのですが、それ
           を全部なくしました。広告主が喜
           ぶことをやるのではなく、お客さ
           んが喜ぶことをしようと。現在の
           トップ画面を見ると、一番上のと
           ころに宿泊施設が並んでいますが
           、これはすべて自社の手作業によ
           るもの。「ここのホテルはものす
           ごくいい。だから、お客さんに泊
           まってほしい」という思いがあっ
           て、紹介しているんですよね。少
           し下のほうに「おすすめ ホテル・
           旅館」がありますが、ここはお客
           さんの嗜好などに合わせて、表示
           するようにしています。
           (次回に続く)

 

 

     5年間一休みしていのに  
   「一休」が再成長  連載  4

    両方見る

    このように市場の動きは変化して
    いたのに、社内からは「自分たち
    は弱くなっていない。市場が悪い
    だけだ」といった指摘があったの
    ですが、それは間違い。実際、他
    社は伸びている。ということは、
    社内のどこかに課題があるのでは 
    ないかと感じました。
    土肥: 榊さんの経歴を見ると、
    大学を卒業して、メガバンクに入
    行している。その後、コンサルテ
    ィングファームで働いていて、そ
    の流れで一休を担当するんですよ
    ね(2013年、一休に入社。14年
    に取締役副社長COOに就任)。
    外部の人間でありながら、一休に
    も席があったわけですが、榊さん
    の目にはどのような課題があると
    感じたのでしょうか?
    榊: 「視線を『お客さん』に向
    ける」ことにしました。当社のビ
    ジネスモデルは、宿泊施設とお客
    さんをマッチングさせること。宿
    泊施設を見なければいけませんし
    、お客さんも見なければいけませ
    ん。このような話をすると  「 両
    方見ればいいじゃないか」といっ
    た声を聞くことがあるのですが、
    個人的に「ひとつしか見れない」
    と思っているんですよね。当社の
    場合、創業してからずっと宿泊施
    設のほうを見ていましたが、それ
    だと売り上げが伸びないことが分
    かってきました。このままではい
    けないということで、お客さんの
    ほうを見るようにしたんですよね。
   (次回に続く)

        


    5年間一休みしていのに
  
   「一休」が再成長  連載  3

        視線を「お客さん」に向ける

         土肥:  一休の取扱高を見ると、
         2006 年までは順調に伸びている
         のですが、07 年から11年にかけ
         て横ばいが続いていますよね。こ
         の 5年間、一体何があったのでし
         ょうか?
         榊: 当社は高級宿泊サイトを運
         営していて、かなりのシェアを確
         保していました。そうした状況の
         中で業績が伸びていなかったので
         、社内からはこのような声があり
         ました。「僕たちは高いシェアを
         手にしている。だから成長できな
         いんだ」「高級ホテルに泊まる人
         は、それほどいないんだ」と。
         ただ、競合他社を見ると、かなり
         成長していることが分かってきま
         した。それまではほぼ独占のよう
         な感じで売り上げを伸ばしていた
         ので、他社がそこに目をつけたの
         でしょう。サイト上で特集を組ん
         だり、別サイトをつくったり。大
         手企業からすれば、当社の売り上
         げはそれほど脅威に感じないはず
         。ただ、取り扱っているホテル数
         は少なくて、オペレーションはそ
         れほど大変ではない。要するに利
         益率が高いところに着目して、た
         くさんの競合が参入してきたんで
        すよね。
        (次回に続く)


   5年間一休みしていのに
  
   「一休」が再成長  連載  2

   16~17年に急回復する

   だが、その作戦は失敗に終わる。
   CMを流しても、Tシャツを着ても
   、輪投げをしても、業績は上向か
   なかったのである。宿泊施設を予
   約するサイトは、競合がひしめき
   あっていて群雄割拠の状態である
   。JTB や近畿日本ツーリストとい
   った老舗だけでなく、楽天トラベ
   ルやじゃらんなどもある。「あー
   、それはキツイね。一休も大変だ
   」と思われたかもしれないが、 5
   年ほどヒトヤスミして、12  年以
   降はぐんぐん伸びているのだ。16
   ~17年にかけての取扱高を見ると
   、45 %増。ファッションECサイ
   ト「ZOZOTOWN」の取扱高は 3
   0 %ほどの伸びなので、「この数
   字はかなりのもの」(一休)と言
   えるだろう。一休のサイトを見る
   と、高級ホテルや老舗旅館などが
   ズラリと並んでいるが、なぜ再成
   長することができたのか。その秘
   密を探るために、同社の榊淳社長
   に話を聞いた。

 

   5年間一休みしていのに  
   「一休」が再成長 新連載  1

   7~11年伸び悩む

       10  年ほど前の話になる。宿泊施
       設の予約サイトを運営する「一休
       」が、メディアによく登場してい
       た。テレビ CMを放映したり、社
       員が情報番組に出演したり、社名
       がプリントされたTシャツを着て、
       バラエティ番組で輪投げをしたり。
       しかし、である。その後、メディ
       アにパッタリ出なくなったのであ
       る。何が起きていたのか。一休は
       2005年にマザーズに上場して、2
       年後の07年に東証一部に上場。破
       竹の勢いで業績を伸ばしていたの
       にもかかわらず、07~11年にかけ
       て取扱高が伸び悩んでいたのであ
       る。「なぜ売り上げが伸びないの
       か」「会社の戦略が悪いのか」な
       どと疑問を感じるようになり、一
       人でも多くの人に自分たちのこと
       を知ってもらうために、“メディア
       に出まくり作戦”を実行していたの
       だ。
                        土肥義則 ITmedia
       (今回新連載です)

 

 

 

   ハズキルーペCMが情報 new
   爆発時代に勝つすごみ
                               最終回   10

  

   (今回最終回有り難うございます)


      ハズキルーペCMが情報 
    爆発時代に勝つすごみ
                               連載   9

   17文字表現の俳句の魅力

   わずか 17 語による表現にもかか
   わらず、読み手にさまざまな広が
   りを想像させることが俳句の魅力
   だろう。CM も同様で、15  秒や
   30  秒という短い時間の中で商品
   の魅力や企業の思いを伝え、視聴
   者の感情を動かすことを求められ
   る。限られた表現でいかに見る人
   の心を刺激することができるか。
   企業やブランドにとっての「不易
   流行」とは何か。それを見極める
   ことが良い広告づくりには不可欠
   だといえよう。
   (次回最終回CMランキング
    お楽しみに)

 

 

    ハズキルーペCMが情報 
    爆発時代に勝つすごみ
                               連載   8

   企業やブランドにとって
   「不易流行」とは何か

   CM にあてはめてみると、京都キ
   ャンペーンのようにひとつのフレ
   ームを守り育てているものもあれ
   ば、スーモのように流行を取り入
   れて瞬発力を高める手法もある。
   京都キャンペーンは「不易」を象
   徴するCMだが、クリエイティブ
   のディテールはつねに世の中の動
   きに合わせて工夫されており、「
   流行」の側面も押さえている。ス
   ーモもキャラクター“スーモ”がブ
   ランドの記号として出演しており
   、2009年のCM開始から『スーモ
   マーチ』の楽曲を継続していると
   いう「不易」の面もある。
   (次回に続く)

 

    ハズキルーペCMが情報 
    爆発時代に勝つすごみ
                               連載   7

   時宜をとらえた旬な展開

   モニターからは「今、流行なので
   目をひく」「流行りの DA PUMP
   をうまく使ってると思った」「話
   題のグループとのダンスがインパ
   クトあって良い」「うまいこと時
   代に乗っかっている。音楽もダン
   スも楽しい」と、時宜をとらえた
   旬の展開が好評価だ。これらの C
   M を見ていると、松尾芭蕉が言う
   ところの「不易流行」という言葉
   を思い出す。「不易」はいつまで
   も変わらないこと、「流行」は時
   代に合わせて変化すること。良い
   俳句を作るには変わらない本質を
   学びながら、一方では時代の変化
   に応じた新奇性を重ねていくこと
   も大切だとする考え方だ。
   (次回に続く)

 

 

   ハズキルーペCMが情報 
    爆発時代に勝つすごみ
                               連載   6

         対極的の手法も注目される

   一方、対極的な手法で 5位にラン
   クインしたのはリクルートの『ス
   ーモ』だ。5 月に公開された『U.
   S.A.』のミュージックビデオの Y
   ouTube再生回数が  1億回を突破
   するなど活躍中の DA PUMPを起
   用。キャラクターの“スーモ”とス
   テージ上で“いいねダンス”を披露
   し、自己最高の CM好感度を記録
   した。“ダサかっこいい”と評され
   た楽曲で再ブレイクを果たした彼
   らをいち早く起用し、CM 好感要
   因の「ダサイけど憎めない」では
   2 位、「時代の先端を感じた」で
   は1位と、まさに“ダサかっこいい
   ”ツボをおさえて上位につけた。
   (次回に続く)

 

 

   ハズキルーペCMが情報 
    爆発時代に勝つすごみ
                               連載   5

   軸は変えず憧れ旅情を描き続ける

   モニターからは「いつ見てもノス
   タルジーを誘う。旅に出たい」「
   この季節になるとコマーシャルで
   見て秋を感じる」「毎回京都の美
   しい景色にひかれる。ナレーター
   の温かみのある声が良い」といっ
   た感想が寄せられ、変わらない C
   Mのトーンに安心感や信頼感を抱
   いているようだ。取り上げるスポ
   ットやキャッチコピー、ナレーシ
   ョンの内容は時代とともに変われ
   ど、CM の軸となる部分は変えず
   に、京都という街への憧れや旅情
   を描き続けることが、ロングラン
   ヒットの理由ではないだろうか。
   (次回に続く)

 

 

   ハズキルーペCMが情報 
    爆発時代に勝つすごみ
                               連載   4

   CMにとっての“不易流行”とは?

   先日、25年間CMナレーションを
   務めた長塚京三の卒業が発表され
   たJR東海『京都キャンペーン』が
   11位にランクインした。CM開始
   時から同じフレームを継続しなが
   らも、飽きられることなく、いつ
   の時代も見る人の心を打つ CMシ
   リーズだ。今作の舞台は洛南エリ
   アの紅葉の名所としても広く知ら
   れる酬恩庵 一休寺で、おなじみの
   『私のお気に入り』をBGMに赤や
   黄に色づいた葉が静かに舞い散る
   様子を映し出している。CM の後
   半、鮮やかな映像から一転、白バ
   ックに「もう一度、京都を。」と
   画面にコピーがかかると、「京都
   をまた新しく歩き直してみること
   にします」とナレーションが入り
   、「そうだ KYOTO 行こう。」
   と締める。「京都」を「KYOTO」
   とアルファベットで表記するのは
   初めてで、25年通っても知らない
   新しい京都の魅力を感じさせる表
   現だ。
   (次回に続く)

 

 

   ハズキルーペCMが情報 
    爆発時代に勝つすごみ
                               連載   3

   潔さがすがすがしい

   強烈なクリエイティブは強く人の
   心を刺激する一方、批判や炎上の
   リスクもはらんでいる。万人に好
   まれるに越したことはないが、情
   報過多の現代においては 「好き」
   「嫌い」という感情を動かす土俵
   にさえ上がれない CMも少なくな
   い。多くの視聴者の心を揺さぶっ
   ている時点で、情報として非常に
   優れた広告表現ではないだろうか
   。リスクヘッジのために視聴者に
   褒めてもらえそうな “ソーシャル
   グッド風なCM”も見受けられる中
   で、ハズキルーペの潔さはすがす
   がしい。
   (次回に続く)

 

 

   ハズキルーペCMが情報 
    爆発時代に勝つすごみ
                               連載   2

   エンターテイメント性の強化

   さらには椅子の上に商品を置き、
   女性スタッフが次々と座ってメイ
   ドインジャパンの強度をアピール
   。最後は武井が「ハズキルーペ、
   大好き」とウインクして締めくく
   るという盛りだくさんの内容で、
   CMはすべて60秒で展開した。
   渡辺謙のまねに加え、舘が「これ
   、咲の生まれた年だね」とワイン
   の年号を指すシーンや、上から座
   っても壊れないという強度の表現
   、前作での菊川怜の決めゼリフ「
   ハズキルーペ、大好き」など、以
   前のCMで話題となった要素をた
   っぷりと盛り込みエンターテイン
   メント性を強化した。
     モニターの感想を見ると、「自分
   の見える範囲が狭くなってきてい
   る昨今、とても気になる一品であ
   る」「商品の性能の良さが強調さ
   れている」といった機能に関する
   コメントはもちろん、「興味がな
   くても目に入るところが良い」「
   セルフパロディにユーモアを感じ
   る」「台詞を覚えてしまうくらい
   のハマリ度」などメインターゲッ
   トであるシニア層にとどまらず若
   年層も楽しんで受け止めているこ
   とがわかる。
   (次回に続く)

 

 

    ハズキルーペCMが情報 
    爆発時代に勝つすごみ
                              新連載   1

         ハズキルーペがついに
   CM好感度1位に!

         インパクトのあるクリエイティブ
         で注目を集め続けている『ハズキ
         ルーペ』が、10月後期のCM好感
         度調査で全3110作品中の1位に輝
         いた。出産のため休養していた武
         井咲の復帰作としても注目された
         が、昨年末にスタートしたCMに
         出演していた舘ひろしや、小泉孝
         太郎といった豪華俳優が出演して
         いることも話題となった。CMの
         舞台は高級クラブ。ママを務める
         武井が「話題のハズキルーペをお
         店で売ります」と宣言し、来店し
         た小泉がパソコンで目が疲れてい
         ると聞くや「ハズキルーペ、かけ
         てみて」と勧める。小泉が「字が
         小さ過ぎて読めない!」と前作で
         の渡辺謙の演技をまねしてみせる
         と、今度は隣の席から舘ひろしが
         登場し、サングラスタイプの商品
         を紹介する。
           関根心太郎 CM総合研究所
   (今回新連載です)

 

 

   ゴーゴーカレー濃厚ルー  new
     カツの快進撃  最終回  14

   情報公開が問われる時代

   同社ではこれまで、人柄を重視し
   てフランチャイズオーナーを選ん
   できた。店舗の立地も、フランチ
   ャイズに関してはオーナーからの
   提案というところも多かったよう
   だ。こうした形態も、今後は変わ
   っていくのかもしれない。実際、
   今回の取材では来店客数や食材産
   地などの情報の開示についても、
   ある程度制限があった。今はそう
   いった情報をどこまでオープンに
   するかが、企業姿勢として問われ
   る時代である。創業者の思いの強
   さでここまで展開してきたゴーゴ
   ーカレー。同社が迎える55周年は
   どのような姿だろうか。
   (今回最終回有り難うございます)

 

   ゴーゴーカレー濃厚ルー  
     カツの快進撃    連載  13

   思いの強さでここまで
   展開してきたゴーゴーカレー

        「立ち上げ以来、『日本を元気に
    したい、金沢カレーを広めたい』
    という熱い思いで運営してきまし
    た。ただこれまでは、いわば、社
    長と創業メンバーのやる気と根性
    だけで、事業としては感覚に頼っ
    ていた面があります。これからは
    もっと計画的に運営していく必要
    があります」(新村氏)
    ゴーゴーカレー72店舗中、フラン
    チャイズは39店舗。新村氏による
    と、カレー店は店舗での工程が少
    ないため、スキルが高くなくとも
    始められるほか、店によって味の
    ばらつきが出ないというメリット
    があり、フランチャイズに向く業
    態だという。
   (次回最終回お楽しみに)

 

 

   ゴーゴーカレー濃厚ルー  
     カツの快進撃    連載  12

   高付加価値化してきている

   そのほか、2017年からは給食事
   業にも参入し、企業の食堂にゴー
   ゴーカレーブランドのカレーを供
   給している。また近年、ネームバ
   リューのある飲食店を入れるなど
   、高付加価値化してきているのが
   ショッピングセンターのフードコ
   ートだが、同社もアリオへの出店
   を増やしているそうだ。駅、高速
   道路のサービスエリア、スキー場
   、遊園地など、確実に集客の見込
   める場所への展開も強化している。
   (次回に続く)

     

    ゴーゴーカレー濃厚ルー  
     カツの快進撃    連載  11

   55の数字のアピールが生きてきた

   特に、55 周年記念のコラボ依頼
   が増えているそうだ。何にでも55
   という数字を使ってアピールして
   きたことが実を結んだと言えるか
   もしれない。フランチャイズ展開
   では北陸や関東に加え、九州も視
   野に入れ、おいしいカレーを提供
   する、という理念に基づいて引き
   続き力を入れたいという。それに
   加えて、さまざまな別事業で裾野
   の拡大も図っている。レトルトの
   物販では、コラボやご当地ものな
   どの特製カレーから、「減塩カレ
   ー」「アミノ酸入りリカバリーカ
   レー」など健康志向の商品を開発。
   (次回に続く)

              プロフィール
              バックナンバー
 

     

コメント

3.宅建取引主任士 44

2018-11-09 09:24:16 | 宅建取引主任士

不動産開業は
     定年後が、ぴったりです

        

  お問合せ等は、
   メッセージメッセージを送る
   クリック       

 

             プロフィール
              バックナンバー

    
          ゴーゴーカレー濃厚ルー  new
      カツの快進撃    連載  10

    他企業とのコラボ

    なお、金沢カレーやゴーゴーカレ
    ーでよくある「お客様の声」に「
    ルーが少ない」というものがある
    。ごはんとルーを食べる割合の計
    算がうまくいかず、最後にごはん
    が余ってしまうのだ。これに対し
    ては、100〜200円で増量するこ
    とで対応している。ゴーゴーカレ
    ーは近年ではほかの企業とのコラ
    ボレーション戦略にも力を入れて
    いる。
    (次回に続く)



                               連載  9
        

         イメージ戦略が功を奏してい

         カツがのっており、見た目にボリ
         ューム感があるため、ダイエット
         が気になる女性に敬遠されがちな
         のだ。サイズやトッピングを選べ
         ることがもっと広まれば、女性の
         利用も増えるかもしれない。来客
         数が安定している理由として、イ
         メージ戦略が功を奏していること
         もあるが、客にとって、価格と味
         やボリュームのバランスがとれて
         いることが挙げられる。実際に試
         食をしてみると、55時間寝かせた
         こだわりのルーは、「クセになる
         味」をうたっているとおり、甘い
         なかにもスパイスが効いた特徴的
         な味わいだ。店舗で揚げるカツも
         、衣がサクサクとして肉がやわら
         かく、かなりの大きさだが食べら
         れてしまう。お得感のある価格に
         抑えながら、食材もできるだけこ
         だわっているようだ。「カツは厳
         選した肉を手仕込みしており、パ
         ン粉やソースはオリジナルブレン
         ドです」(新村氏)
         (次回に続く)

 

 

 

                         連載  8

   ダイエットが気になる女性に
   敬遠されがち?

   ちなみに、アメリカの店舗におけ
   る価格は 日本と同じ程度で、7〜
   8 ドルに設定している。ニューヨ
   ークなどアメリカの都市部はそも
   そも物価が高いことや、特にマン
   ハッタンでは日本の食事はラーメ
   ンでも 10 ドル以上が当たり前で
   あることを考えると、かなり手の
   届きやすい価格だと言えるだろう。
     一方で国内では近年、70〜80 店
   舗を上下しているようだ。客数に
   ついては、実際の数字は言えない
   とのことだが、店舗平均で数百名
   に上る。特に金沢駅や秋葉原など
   が繁盛店だ。どのような客層が訪
   れるのだろうか。アプリ会員の構
   成費をみると、男性が圧倒的に多
   く、なかでも 20〜40代がメイン
   ゾーンだ。これは、金沢カレーや
   ゴーゴーカレーのイメージによる
   ものだろう。
   (次回に続く)

 

 

                        連載  7

   OEM工場の検討

   近隣に大きな展示会場があり、最
   大級のコミック・アニメの展示会
   「コミコン」が開催されるときな
   どは客数も大きく伸びる。日本と
   異なりデリバリーも多い。デリバ
   リーを合わせると、平均して1 日
   に300食が出るそうだ。
   「海外からの出店依頼は、実はた
     くさんあります。ただ、国によっ
   ては輸送に関する問題で、オリジ
   ナルのルーをそのままは持ち込め
   ないので、簡単に展開を広げるこ
   とができないんです。当社のルー
   は当社が非常にこだわっているも
   ので、当然外部にレシピは出せま
   せんので。ニューヨーク店の場合
   は店内の厨房でルーを仕込んでい
   ます」(新村氏)
   今後海外での出店を広げるために
   、OEM工場を設置することも検討
   している。
    (次回に続く)

 

                                 連載  6

   つねにニューヨーク展開が
   念頭にあった

   1号店オープンから3年後の2007年
   には、いち早くニューヨーク上陸も
   果たした。これは、松井選手にあこ
   がれて独立開業した宮森氏の念頭に
   、つねにニューヨーク展開があった
   ことが理由だ。現在はアメリカに7、
   ブラジルに1と、海外店舗を増やし
   ている。10月25日にはテキサス店
   がオープンし、アメリカでは8店舗
   となった。ニューヨーク店は快調で
   、街中でひときわ目立つ黄色の看板
   の前に、行列ができていることも珍
   しくないという。インド料理のカレ
   ーとは異なる日本のカレーは、海外
   の人にも人気があるのだ。
   (次回に続く)

 

                           連載  5

        ゴジラをゴリラに

        「ゴリラは、松井選手の愛称ゴジ
        ラから。ゴジラだと著作権上の問
         題があったため、1字違いのゴリ
         ラにしました」(ゴーゴーカレー
         グループ 常務取締役管理本部長
         新村栄一郎氏)赤色と黄色の配色
         や、ロゴマークのゴリラを囲む円
         などは、ほかのブランドを彷彿と
         させ,なじみ深い.新店舗オープン
         のたびに、555人に対し55円でロ
         ースカツカレーを提供する、ホー
         ムランデーにトッピング無料券を
         配るなどの宣伝戦略も、同チェー
         ンの認知度を高めた。「莫大な広
         告費を払うことを考えれば効率は
         よいですよね。マスコミにも取り
        上げていただけました」(新村氏)
        (次回に続く)

 

                           連載  4

   ブランド戦略が強烈

   しかしゴーゴーカレーの独自性が
   光るのは、なんといってもそのエ
   ピソードにおいてだ。創業者であ
   り代表取締役の宮森宏和氏は、も
   と旅行会社のサラリーマン。野球
   の松井秀喜選手のニューヨーク・
   ヤンキース入りに感動して開業を
   決意、2004年5月5日、新宿に、
   ゴーゴーカレー1 号店を立ち上げ
   た。松井選手の背番号  55にあや
   かっての、55  へのこだわりはす
   さまじい。「 ゴーゴ ー」の店名
   ももちろんだが、  ルーを作る工
   程が55あるほか、5  時間煮込ん
   だルーをさら に55 時間寝かせて
   いるという。さらには、  資本金
   5500 万円、年商55  億円など、
   普通は操作が自由に利かなそう
   な数値にも、55の背番号が紛れ
   込んでいる。ロゴ マークをはじ
   めとするブランド戦略も強烈だ。
   (次回に続く)

 

 

                             連載  3

   アレンジが利く

       なお、CoCo壱番屋のロースカツカ
       レーは774円だ。そのほか、チキン
       カツカレーや、エビフライカレーな
       どもメニューにラインナップされて
       いる。サイズは特小から特大まで5
       段階設け、トッピングを組み合わせ
       られるなど、アレンジが利くのもゴ
       ーゴーカレーの特徴と言えるだろう
       。なお、ゴーゴーカレーはフランチ
       ャイズ展開をしており、価格やサイ
       ズ、サービスの方法など、店舗によ
       って異なる部分もある。
       (次回に続く)

 

 

      
                            連載  2

        金沢カレーブームの火付け役

        ゴーゴーカレーの特徴はまず、金
        沢カレーのチェーンであるという
        こと。金沢カレーとはどういうも
        のかというと、同社も会員として
        名を連ねる金沢カレー協会がその
        特徴をホームページに掲載してい
        る。これによると、ルーは濃厚で
        ドロッとしており、ステンレスの
        皿に、付け合わせの千切りキャベ
        ツとともに盛られる。ルーの上に
        はカツがのっており、その上にソ
        ースがかかっている。フォークあ
        るいは先割れスプーンで食べる…
        …などが金沢カレーであるらしい。
        ゴーゴーカレーでは、この定義に
        当てはまる定番のロースカツカレ
        ーを800円で提供。カツの大きさ
        がほぼルーを覆うほどにボリュー
        ムたっぷりであるのと、キャベツ
        や福神漬けは食べ放題なのでお得
        感がある。
        (次回に続く)

 

 

                        新連載  1

   国内72店舗、第二位

   ラーメンと並ぶ日本の国民食と言
   ばカレーだろう。大手チェーンは
   カレーハウスCoCo壱番屋で、14
   00店舗余り。ほかにもカレーシ
   ョップC&C、日乃屋カレーなど、
   名が知られているところは多いが
   、店舗数はC&Cで約20、日乃屋
   で約50店舗と、ぐっと少なくなる
   。カレーはそもそもインド発祥の
   料理だが、日本では小麦粉を炒め
   たルーを使うなど、独自に発達し
   た。そのせいか、シンプルな調理
   法なのに対しレシピも多く、味わ
   いへのこだわりも多様化している
   。その分、個人店を含めて多様な
   店舗が生息する市場と言えるだろ
   う。カレーチェーンとしては国内
   に72店舗と、店舗数では第2位に
   位置するのがゴーゴーカレーだ。
   黄色地になぜかゴリラのロゴを配
   した看板からも見て取れるように
   、多様な市場のなかでもダントツ
   に個性的な方針で、独自の路線を
   貫くチェーンである。店舗展開は
   北陸や関東が中心なので、有名な
   割には「実際には食べたことがな
   い」という人も多いかもしれない。
      圓岡志麻 フリーライター
   (今回新連載です)

 

 

    「浅草開花楼」の麺   new
     圧倒的な人気  最終回   6

    ラーメン進化への対応どうすか

    「多店舗展開などであまりにも大
    きくなりすぎると、正直対応しき
    れない、というのが正直なところ
    でしょうか。こちら側から断るこ
    とは基本ありませんが、限界はあ
    ります。正直な話、物理的に遠い
    ラーメン店からの注文は基本的に
    もう受けられなくなっています」
    と負死鳥カラス氏は言う。それで
    も機械を使うなど、さらなる大量
    生産をあえてしないのが、浅草開
    化楼のこだわりであり、麺の美味
    しさを保つために必要なことなの
    だろう。今までの麺をどうアレン
    ジしてラーメンの進化に対応して
    いくか。古くて新しい難題である。
    (今回最終回有り難うございます)

 

                           連載   5

           手作業中心のため生産量限界

            今回の取材にあたり、筆者は浅草
            開化楼の工場を見学した。筆者は
            すべて機械を使った製造工程を想
            像していたのだが、そこで見た光
            景は大きく違った。40坪程度のス
            ペース。機械は少し使ってはいた
            が、20人ほどの従業員による手作
            業の工程がかなり多かった。それ
            がおいしい麺を作るコツの 1つだ
            という。ただ、それだけに作れる
            数の上限が決まっている。1 日当
            たり 3万~4 万玉、納入店舗数に
            換算すると700~800店舗分が限
            界なのだ。これ以上の数は作れな
            い。そのために離れていったラー
            メン店もある。実は「六厘舎」や
           「TETSU」も、店舗展開を広げる
            中で離れていっている。
            (次回最終回お楽しみに)

 

                        連載   4

    つけ麺ブームとともに

    偶然にも、その開発を追ってくる
    ようなタイミングで「六厘舎」や
    「つけめんTETSU」などとの取引
    が始まり、浅草開化楼の「つけ麺
    専用麺」へ一気に注目が集まった。
    それまで本来、裏方に徹すべきだ
    った製麺所の名前が当たり前のよ
    うに語られるようになったのはこ
    こからである。つけ麺ブームとと
    もに浅草開化楼の名は広く知られ
    るようになり、お店に麺箱を置い
    て開化楼の麺を使っていることを
    アピールするお店も多数現れた。
    ただ、負死鳥カラス氏によれば、
    麺の卸値はラーメン用で1玉50~
    60円、つけ麺用は70~80円程度
    だという。この水準はここ 20~
    30  年間変わっていないそうで、
    製麺のビジネスは決して大儲けで
    きるものでもないと言えそうだ。
    (次回に続く)

 

 

 

                         連載   3

           つけ麺用の麺開発

          浅草開化楼は1950年創業と68年
          の歴史を持つ老舗ながら、最初か
          ら今のような地位を築いていたワ
          ケではなかった。1990 年代まで
          は、浅草開化楼の麺を使っている
          ラーメン店で、ちまたのラーメン
          本に載るようなお店は1~2  軒程
          度。飛躍したのは 2000年代に入
          ってからだ。仕掛け人は、フリー
          プロレスラーながら浅草開化楼で
          製麺を手掛けている負死鳥カラス
          氏。手を付けたのは「つけ麺専用
          」の麺の開発だった。それまでの
          つけ麺の麺はラーメン用の麺を太
          く切り出したものが主だったが、
          つけ麺用に、コシのある新しい麺
          を作った。まだ、つけ麺ブームが
          来る前のことだ。
          (次回に続く)




                               連載   2

    下記は浅草開化楼の麺を
    使っているラーメン店。

らーめん弁慶
麺創房 無敵家
ハッスルラーメンホンマ
中華そば勝本/つけそば神田勝本
麺 高はし
ラーメン大至
東京スタイルみそら-めん ど・みそ
自由が丘 蔭山樓
麺屋 中川會
らーめん 福たけ
さんじ
じらい屋
ボニート・ボニート
つけめん さなだ
浅草名代らーめん 与ろゐ屋
一寸亭
萬福
栄屋ミルクホール

       (次回に続く)

           

            「浅草開花楼」の麺   new
    圧倒的な人気  新連載   1

    おいしいラーメン店の見分け方?

    ラーメンにおいて、味の決め手と
    してスープと同じぐらい重要なの
    は「麺」だ。その麺を作っている
    、いわゆる「製麺所」の箱をラー
    メン店で見掛けたことがある人も
    いるだろう。製麺所のブランドに
    こだわって、ラーメン店を選ぶラ
    ーメンファンもいる。そんなブラ
    ンド麺の1つが「浅草開化楼」で
    ある。東京で中華麺の製麺所とい
    えば、まず名前が挙がると言って
    いい。「ザ!鉄腕!DASH!!」「
    嵐にしやがれ」(日本テレビ)、
    「ワールドビジネスサテライト」
    「たけしのニッポンのミカタ!」
    (テレビ東京)などテレビ番組で
    もたびたび紹介される。
      井出隊長 ラーメンライター
   (今回新連載です)

 

 

     再度ブロックチェーンとは new
           社会を変えるか    最終回   11

          取引記録の証明

          また、福田議員は2017年3月の予算
          編成への組み込みを前提に、ブロッ
          クチェーン分野も視野に入れた事業
          支援法の枠組みも成立させるという
          。成立すれば、経産省の予算が産業
          支援の目的で当該事業に投下される
          予定だ。実際、電子化された個人情
          報は経済成長の礎とも見られている
          。2016年12月、自民、民進、公明
          、日本維新の会の4党は臨時国会で
          ある法律を成立させた。「官民デー
          タ活用推進基本法」だ。官と民に蓄
          積された莫大なデータを「利活用」
          することで、民間の新規事業や技術
          開発を促進するのが狙いだ。むろん
          、現状は匿名加工情報といって、個
          人が特定されない法規制はなされて
          いるが、この流れが将来ブロックチ
          ェーンに向かったとしても、もはや
          不思議はない。改ざんできない取引
          記録が流通し、いつでも証明が可能
          な社会。ブロックチェーンが実現す
          るのは、あらゆるものにデジタル証
          明書が発行されている社会だ。すな
          わちそれは、取引記録においては「
          嘘のつけない社会」の到来と呼べる
          のではないだろうか。不正会計、性
          能データ改ざん――後を絶たない企
          業での不正行為も、遠くない将来姿
          を消すかもしれない。プログラムが
          、私たちを見ている。
          (今回最終回有り難うございます)

 

 

 

    再度ブロックチェーンとは 
            社会を変えるか   連載   10

    エストニアで導入予定

    すでに海外では、国家の基幹シス
    テムに採用しようとする例もある
    。人口130万人の国、エストニア
    である。同国では国民にIDカード
    を発行しているが、今後、戸籍や
    納税などの情報をブロックチェー
    ン上に載せることを予定している
    。翻って日本はどうか。考えつく
    のは、氏名、性別、住所、生年月
    日と紐付いた「マイナンバー」と
    の連動だろう。政治はどこまでや
    るのか。永田町へと足を向けた。
    自民党でIT戦略特命委員を務める
    福田峰之衆院議員(52)に、マイ
    ナンバーをブロックチェーンで連
    動させることはあるのかと尋ねて
    みると、「将来的には視野には入
    っていますよ」。むろん、法改正
    のプロセスは踏まなければならな
    いが、可能性としてはいまあるデ
    ータを、ブロックチェーンのシス
    テムに載せることはできないこと
    ではないとも続けた。
    (次回最終回お楽しみに)

 

 

    再度ブロックチェーンとは 
            社会を変えるか   連載  9

     あらゆるものにブロックチェーン
     が導入される日

    技術の到達点はどこにあるのか。
    「大きいのは、社会インフラでし
    ょうね」。日本最大のビットコイ
    ン取引所「ビットフライヤー」(
    東京都・港区)CEOの加納裕三氏
    (40)はそう返した。同社は未上
    場ではあるものの企業価値は200
    億円にも達する(日本経済新聞の
    試算)とされ、同社開発のブロッ
    クチェーン技術は楽天やアマゾン
    の仮想通貨建てのアフィリエイト
    プログラムとも連動している。
    2016年4月に経済産業省が発表し
    たレポート「ブロックチェーン技
    術を利用したサービスに関する国
    内外動向調査」でも、加納氏の観
    測と同じく社会インフラに近い活
    用領域が挙げられている。行政で
    は「選挙」「ベーシックインカム
    (社会保障)」「不動産登記」、
    金融分野では「資産管理」など。
    取引記録が残るものにはすべて、
    導入されうると予測されているの
    だ。国内での新規市場の創出、既
    存市場の置き換えによって形成さ
    れる潜在的市場規模は67兆円に
    も及ぶ。
    (次回に続く)

 

 

 

      再度ブロックチェーンとは 
             社会を変えるか   連載  8

            複数の種類がある

             前出のBCCCの参加企業は100
             社を超えたが、その中からは「
             個人認証×ブロックチェーンで
             、チケットの高額転売問題を解
             決する」開発構想も出てきてい
             る(BCCC広報)。技術を転用
             し、あらゆる「契約」ビジネス
             への応用も期待される(=スマ
             ートコントラクト)。特定の金
             額の振り込みなど、設定条件が
             満たされると、その段階で予め
             取り決めたプログラムが実行さ
             れる。例えば不動産賃貸だ。電
             子的に契約を終え、入金を行う
             と、ユーザーに部屋の供与が行
             われる。家賃の滞納が続けば、
             玄関ドアのロックが自動でかか
             る――。これらの行為が、すべ
             てブロックチェーン上の記録の
             「判断」に基づくものになる。
             ここで気になるのは、取引記録
             の秘匿性だろう。他人に見られ
             たくないデータまで丸裸なのか
             といえば、そんなことはない。
             ブロックチェーンには複数の種
             類(型)があり、場合に応じて
             使い分けられている。例えば、
             ビットコインのような通貨に使
             われる技術はパブリック型で、
             ネットワーク参加者の検証が可
             能だ。しかし、個人契約や物流
             関係に用いられる技術はプライ
             ベート型と呼ばれ、「鍵」を持
             つ限られたユーザーしか閲覧で
             きない。
             (次回に続く)

 

 

     


      再度ブロックチェーンとは 
             社会を変えるか   連載  7

     食品トレーサビリティ、
     ウェブ投票システムなど
     開発構想続々

     ベンチャー支援を行う「トーマツベ
     ンチャーサポート(TVS)」は、大
     企業と国内ベンチャーのマッチング
     会「モーニングピッチ」を継続的に
     開催している。2016 年秋、ブロッ
     クチェーン技術をテーマとする回で
     は、ベンチャー5 社が登壇し、技術
     のプレゼンテーションを行った。「
     物流・食品トレーサビリティ」に実
     装した例もあれば、人気投票・世論
     調査など「ウェブ投票」の信頼性向
     上のため開発を進めた例もありと、
     いずれも非金融の分野だった。TVS
     で、ITを活用した金融領域(=フィ
     ンテック)の担当を務める大平貴久
     氏( 35 )は、当日の熱気をこう振
     り返った。「 1 社のベンチャーに、
     大企業50社が名刺交換の列をつくる
     こともあった。 他のテーマと比べて
     も、注目度は極めて高い。 非金融系
     の試みはこの2~3年で世の中に出る
     でしょうね」
     (次回に続く)

 

 

 


      再度ブロックチェーンとは 
             社会を変えるか   連載  6

    
      新たなブロックに進むには、それ
      までのブロックで複雑な計算証明
      を行う必要がある。誤りがあると
      、次に進めない(編集部作成)堅
      牢さを裏付ける実績もある。もと
      もとこれは、2009年に「サトシ
      ・ナカモト」と名乗る人物がウェ
      ブ上で公開した論文で明らかにし
      たもので、仮想通貨「ビットコイ
      ン」の核心技術。この「通貨」は
      、登場から約8年を経ていまだ「
      偽造コイン」の出現を許してはい
      ない。いま、この新技術をモノに
      するため、金融大手も実証実験を
      進めている。ただ、進展の方向性
      は金融に限られてはいない。むし
      ろ「非金融」のあらゆる分野でこ
      の技術が活用されようとしている
      ことのほうに、今後の社会を大き
      く変える可能性が見えてくる。
      (次回に続く)

 

 

             プロフィール
              バックナンバー

 

 

コメント

3.宅建取引主任士 43

2018-10-09 08:48:13 | 宅建取引主任士

不動産開業は
     定年後が、ぴったりです

        

  お問合せ等は、
   メッセージメッセージを送る
   クリック       

 

             プロフィール
              バックナンバー


      再度ブロックチェーンとは new
             社会を変えるか   連載  5

     
     ブロックチェーン技術に中央は存在し
     ない。仮に1人のデータが壊れても、
     他が持っている情報で復元できる。破
     壊は困難だ(編集部作成)
     (次回に続く)

 

      再度ブロックチェーンとは 
             社会を変えるか   連載  4

     1円から決済可能にする、
      堅牢なシステム

     オウケイウェイヴの兼元謙任社長
     (50)は、近い将来手がけたいこ
     とがあると言う。それは「マイク
     ロペイメント(超少額決済)」と
     いう新規市場への進出だ。「うち
     がやっているQ&Aサイトでは、知
     恵を欲しい人がウェブを通じて質
     問をし、誰かが回答する。現状は
     質問者が回答に満足しても、『あ
     りがとう!』で終わってしまいま
     す。でも、ブロックチェーンを導
     入すれば、『ありがとう!』をお
     金に変えられるかもしれない」
     「ありがとう」の価格は、1円か
     100円か。しかし、現状ではその
     ような金額の決済は難しい。銀行
     振込は100円以上の手数料がかか
     る。数パーセントの手数料をとる
     クレジットカード決済は、一定額
     以上でないと手数料が決済額を上
     回ってしまう。1円や100円とい
     う少額のやりとりは、現状のシス
     テムにフィットしないのだ。だが
     、ブロックチェーンを介した仮想
     通貨払いなら、将来的に1円、2円
     という少額のやりとりに見合う安
     価な手数料でサービスが成立する
     可能性があるという。それはブロ
     ックチェーンの特長にもとづいて
     いる。ブロックチェーンの特長と
     して、ホストコンピュータのよう
     な中央管理者が存在しない。個々
     の取引は、参加ユーザーがつなが
     ってデータを共有する構造になっ
     ている。巨大なサーバーは要らな
     いからコスト減も実現できる。
     (次回に続く)

 

     再度ブロックチェーンとは 
             社会を変えるか   連載  3

    なぜ、注目されるか

    そうした状況から、ブロックチェ
    ーン技術者の報酬は高い。ブロッ
    クチェーン技術の開発ベンチャー
    、テックビューロ(大阪市)の朝
    山貴生社長(41)は、「一流技術
    者を雇おうと思ったら、年俸20万
    ドル(約2340万円)は必要だ」
    と言う。20万ドルという年俸額は
    、「人工知能」のトッププログラ
    マーと同水準。それだけ重要な技
    術であることがうかがえる。事実
    、ブロックチェーンは、世界経済
    フォーラム年次総会(通称ダボス
    会議)で「2016年の10大新興技
    術」の一つとして取り上げられた
    。また、こんな言い方もされる。
    「1975年のパーソナル・コンピ
    ューター、1993年のインターネ
    ット、そして2014年のビットコ
    イン」(ネットスケープナビゲー
    ター開発者/マーク・アンドリー
    セン)。そもそも、「ネットワー
    ク上の取引記録」というだけのブ
    ロックチェーンという技術が、こ
    れほど注目を浴びるのはなぜなの
     か。
    (次回に続く)

 

 

      再度ブロックチェーンとは 
             社会を変えるか   連載  2

             ブロックチェーン技術者超不足

             ブロックチェーンとは、一言で言
             えば「ネットワーク上の取引記録
             」である。商取引、データ転送な
             どネットワーク上で行われた「価
             値が移転する」行為には、必ず履
             歴=記録が残る。その取引記録を
             参加ユーザーで共有する──という
             のが基本的な仕組みである。オウ
      ケイウェイヴ社員が参加した講習
      会は「ブロックチェーン大学校」
      。2016年8月に「ブロックチェー
      ン推進協会(BCCC)」が始めた
      社会人講座で、この日開かれてい
      たのは希望する企業への出張版。
      受講した20代男性は「この技術を
      モノにすれば、プログラマーとし
      て大きな付加価値になる。授業は
       難しいが、やりがいがある」と手
     応えを語った。ブロックチェーン
     大学校は全8回。講師の派遣やカ
     リキュラム制作を手掛けるのは、
       仮想通貨「ビットコイン」の取引
     所を運営する「ビットバンク」(
     東京都・渋谷区)である。同社代
     表取締役CEOの廣末紀之氏による
     と、ブロックチェーンを扱える技
     術者はまったく足りていない。「
     人数で言えば、日本全国でも二桁
     の前半というところでしょう」(
     廣末氏)2017.1.17現在。 
     (次回に続く)

 

 

     再度ブロックチェーンとは 
              社会を変えるか  新連載  1

     新たな社会インフラになるのか―
     ―。商取引やデータ転送などの「
     価値が移転する」事実をすべて記
     録し、その記録を共有する「ブロ
     ックチェーン」という技術が注目
     されている。世界の企業や行政機
     関が注目し、導入を考え始めてい
     るこの技術は、今後どのような分
     野に組み込まれ、どのような影響
     を社会に与えるのか。
     ある平日の夜。ウェブ上でQ&Aサ
     ービスを手掛けるIT企業「オウケ
     イウェイヴ」(東京都・渋谷区)
     の共有スペースに、50名近い社員
     が集まってきた。彼らウェブプロ
     グラマーたちは、ある技術の講習
     を受けようとしていた。急速に注
     目を集める「ブロックチェーン技
     術」だ。
        岡本俊浩 ヤフー編集部
     (今回新連載です)

 

 

     ドローン、GPS    new
       「デジタル」が変える農の未来
               
 最終回  17

               デジタル農業の今後が注目

               デジタル農機が田畑を耕し、上空
               をドローンが飛び回り、農家の人
               たちはその様子をオフィスのモニ
               ターで監視する ──そんな近未来
               図が農業関係者の間では共有され
               つつある。事実、デジタル農業の
               恩恵は、自動化や省力化にとどま
               らない。IoTで集めた機械のデー
               タ、圃場に設置した各種センサー
               からのデータなどを活用し、農作
               物の品質向上や効率的な育成を図
               っていく動きも見られる。高付加
               価値の農作物が、最小限の人手と
               コストで収穫できれば、収益性が
               高い仕事として農業に人気が集ま
               る日がきても不思議ではない。多
               大な可能性を秘めたデジタル農業
               の今後が注目される。

     注目 日米貿易協定交渉開始
        事実上のFTAによる
        農業への影響に注目
             2018.926
     (今回最終回有り難うございます)

 

      ドローン、GPS    
        「デジタル」が変える農の未来
               
 連載   16

                圃場から人影がなくなる

               JAグループには、TAC(Team for 
               Agricultural Coordination)とい
               う地域農家を訪問するアドバイザー
               の組織がある。全国に約1千800人
               のスタッフがいて、訪問先で得た年
               間65万件以上のニーズをデータベー
               スにリアルタイムで蓄積していく一
               方で、農家の悩みを解決するため
               にアドバイスするのも重要な役割の
               一つだ。そのなかで最新の農業技術
               や農業機械が紹介されることも多い
               という。このような組織を通して、
               デジタル農業が普及していくことも
               十分に期待できそうだ。技術進歩と
               規制緩和によって、現状の課題が解
               決されていけば、やがて圃場に人影
               がなくなる可能性もある。 
               (次回最終回お楽しみに)

 

 

      ドローン、GPS    
        「デジタル」が変える農の未来
               
 連載   15

                ベテラン世代に信頼されてこそ

                デジタル農業の導入には、年齢の
                問題も大きく関わる。鴻巣市の三
                ツ木さん親子は、父の宏之さんが
                54歳、息子の祐介さんが20歳。
                茨城町の鳥羽田龍太さんは28歳。
                農業者の平均年齢66.7歳(2017
                年時点)から見れば3人とも若く、
                デジタル機器を使い慣れている世
                代だ。50代の三ツ木宏之さんもサ
                ラリーマン時代は技術者で、メカ
                やデジタルにはかなり強いほうだ
                という。省力化や自動化の恩恵は
                、リタイアを考えはじめる高齢の
                農家こそ多そうだが、そこには “
                デジタルの壁  ”が立ちはだかって
                いる。新川課長は言う。「自分で
                情報を集めて最新動向にキャッチ
                アップできる世代には、自然とデ
                ジタル農業が広がっていく期待が
                あります。新規就農者は毎年6万
                人前後いて、49歳以下が4割近く
                いる。デジタル技術による自動化
                、省力化などが進めば、若い世代
                はもっと参入しやすくなるでしょ
                う。一方のベテラン世代には、よ
                り人間的なアプローチが必要だと
                考えています。信頼できる人が勧
                めてサポートしていけば、デジタ
                ル農業の便利さに自然と触れられ
                るかもしれません」
                (次回に続く)

 

 

      ドローン、GPS    
        「デジタル」が変える農の未来
               
 連載   14

    デジタル農業の壁は年齢か

      JAグループの全国組織である全国
      農業協同組合連合会(JA全農)で
      も、デジタル農業の研究開発を進
      めている。ドローン活用などを推
      進する耕種総合対策部事業改革推
      進課の新川一也課長は「技術の進
      歩だけでなく、農家にとっての採
      算性が大きな課題」と話す。「こ
      れから田植え機やトラクタなどの
      買い替え時期を迎える農家は、デ
      ジタル農機も選択肢の一つに入っ
      てくるでしょう。しかし当然、費
      用対効果は検討される。年間にわ
      ずかの期間しか田植え機などを使
      わない小規模農家は手を出しにく
      い。そういう方たちには完全に自
      動化された高級機種ではなく、人
      手は多少かかっても、利便性と価
      格のバランスがとれた製品が求め
      られるでしょう。採算性の重視が
      デジタル農業普及のカギかもしれ
      ません」
      (次回に続く)

 

 

 

      ドローン、GPS    
        「デジタル」が変える農の未来
               
 連載   13

      使用農薬は10分の1に減少

     オプティムの休坂健志執行役員は
    、「農薬を減らすことで、農作物の
     付加価値を高められる」と強調す
     る。「昨年、佐賀県の豆畑農家で
     ドローンを使った農薬のピンポイ
     ント散布を実施したところ、使用
     農薬は従来の10分の1以下まで減
     りました。収穫した枝豆は低農薬
     ですから、通常の3 倍近い値段で
     販売しても飛ぶように売れました」
     (次回に続く)

    

 

    ドローン、GPS    
      「デジタル」が変える農の未来
             
 連載  12

     ドローンの画像分析で
     薬剤を散布

    日々の農作業は慌ただしく、作物
    の状態を丹念に見て回る余裕はな
    い。朝7時頃から3時間ほど農薬を
    散布し、昼食をはさんで17時頃ま
    では収穫、その後に出荷作業をこ
    なすというのが日課だ。アグリド
    ローンを使うと、3カ所に分かれ
    ている計30アール(テニスコート
    約12面分)ほどのキャベツ畑でも
    20分もあれば全体の撮影が終わっ
    てしまう。鳥羽田さんがドローン
    を飛ばすのは3日に1回のペース。
    その画像を分析して、キャベツの
    葉に一定の割合以上に虫の食害が
    見つかれば、そこに害虫がいると
    判断して、農薬を積んだドローン
    を飛行させてピンポイントで薬剤
    を散布する。現在、ドローンによ
    る農薬散布は、ドローンの飛行に
    関わる航空法などの規制、農薬散
    布に関わる農水省などの規制があ
    り、認定を受けた 1 人が操縦し、
    別の 1 人が監視する必要がある。
    それでも、省力化の効果は大きい
    。アグリドローン導入前、キャベ
    ツ畑には数日に1 回、広範に農薬
    を散布していた。一般的な農薬散
    布の方法だ。「現在は散布の数日
    後にドローンを飛ばせば、農薬の
    効果も一目瞭然です」
    (次回に続く)

 

 

 

    ドローン、GPS    
     「デジタル」が変える農の未来
            
 連載  11

   生育状況が一目でわかる

   この地域でも高齢化が進み、リタ
   イア農家は多い。そのなかで20代
   の営農者は珍しい。農家で生まれ
   育った鳥羽田さんは、東京の大学
   で経営学を学んだあと、県立農業
   大学校に入って2年間、農業を継
   ぐための準備をした。ドローン導
   入に興味をもったのは、農業大学
   校時代の友人から聞いた話がきっ
   かけだった。AI、IoT関連のソフ
   トウェアを開発するベンチャー企
   業のオプティム(東京都港区)が
   提供する「アグリドローン」を導
   入した。「ドローンのカメラで畑
   の隅々まで撮影できるので、目視
   が難しい畑の奥のほうまで作物の
   状態が把握できます。生育が悪い
   作物、病虫害が出ている作物など
   一目でわかります」
   (次回に続く)

 

 

 

     ドローン、GPS    
      「デジタル」が変える農の未来
            
 連載  10

   ドローンが病虫害の
   葉だけを消毒

    鳥羽田(とりはた)龍太さん(28
    )は今春から農作業にドローンを
    活用し、農業の大きな変化を実感
    している。鳥羽田さんの農場は、
    茨城県のほぼ中央に位置する茨城
    町。約5ヘクタールの畑でキャベ
    ツやジャガイモ、トマト、ホウレ
    ンソウ、コマツナなどの野菜、果
    物ではナシを栽培している。育て
    た作物はJAや農産物直売所に毎日
    出荷する。
    (次回に続く)

 

 

    ドローン、GPS    
      「デジタル」が変える農の未来
            
 連載  9

          自動走行が許される圃場を
    作ることが現実的

           レベル1はオートステアリング(
           自動操舵)、レベル2は圃場(ほ
           じょう=農作物を栽培する田畑)
           内の監視下での無人走行、レベル
           3は遠隔監視下での無人の自動走
           行。完全無人化には、自動運転に
           適した形状に圃場を整えることや
           、公道を走行する際の安全性確保
           など、いくつかの課題をクリアす
           る必要がある。このガイドライン
           によって、現時点では、人間が乗
           らない状態での自動走行は認めら
           れていない。佐々木専務は「現在
           はレベル1からレベル2に移ろうと
           している段階です。一般の農場で
           は、自動運転のトラクタなどが農
           場内の道路を横切る際に人が出て
           きたときにどう安全性を確保する
           かといった課題があります。最初
           は特区方式で、関係者以外の立ち
           入りがなく、運転手が乗っていな
           くても自動走行が許される圃場を
           つくるのが現実的かもしれない」
           と言う。
           (次回に続く)

 

 

 

     ドローン、GPS    
      「デジタル」が変える農の未来
            
 連載  8

    GPSトラクタの走行は
    誤差2〜3センチ

    人間が操作しなくても自動運転が
    可能なデジタル農機は、田植え機
    だけでなく、トラクタやコンバイ
    ンなどでも開発が進んでいる。た
    とえば自動走行トラクタでは、ク
    ボタが昨年「アグリロボトラクタ
    」のモニター販売を始め、ヤンマ
    ーは北海道大学と共同で実証実験
    を重ねた自動走行トラクタの発売
    を今秋予定している。クボタの佐
    々木真治専務取締役は「自動走行
    の技術自体はかなり成熟してきた
    。アグリロボトラクタはあらかじ
    めプログラミングした走行ライン
    を誤差2〜3センチで自動運転が可
    能」だと言う。直線走行を指示す
    れば、ほぼ直線に近い正確さで進
    むという点で、北海道の広大で斜
    面が多い農場などでは高いニーズ
    がある。ただし、安全性などの課
    題は多い。農林水産省は2017年、
    農機の自動走行に関して、安全性
    確保のためのガイドライン(「農
    業機械の自動走行に関する安全性
    確保ガイドライン」)を作成した。
    (次回に続く)

 

 

     ドローン、GPS    
    「デジタル」が変える農の未来
            
 連載  7

  農機の自動化がモノを言う

   父の宏之さんは、長男の祐介さん
   が自分の後継者になることも計算
   に入れて投資に踏み切った。「息
   子には農業以外の世界も経験して
   もらいたかったのですが……」と
   言いながらも、うれしそうな表情
   をする。主要作物のコメは、農業
   協同組合(JA)のほかに、商社や
   老人施設、個人の消費者にも販売
   し、顧客の要望や市場ニーズに応
   じて「コシヒカリ」「彩のきずな
   」「みつひかり」などの数種類を
   作っている。販売先には困らない
   というが、現在の収入に関しては
   「田植え機のローンや肥料代、田
   の借り賃を差し引けばトントンで
   しょうか」と笑う。これから先も
   「黙っていても水田が集まってく
   る」という状況が続けば、さらに
   作付面積は広くなり、収入増が見
   込める算段がある。宏之さんが「
   50ヘクタールを目指す」と言えば
   、祐介さんも「100ヘクタール」
   と負けていない。「規模が拡大す
   るほど、自動化された農機がモノ
   を言う。これから5年で日本の農
   業は確実に変わるでしょう」
   (次回に続く)

 

 

 

     ドローン、GPS    new
    「デジタル」が変える農の未来
            
 連載  6

   最新機は、本当に楽

   確かに最新型の田植え機に乗る息
   子の祐介さんは、余裕を持って操
   作しているように見える。後部に
   積んだトレイの苗が減ってくれば
   、ハンドルから手を離してトレイ
   の入れ替え作業にかかる。従来の
   田植え機では、別の人も一緒に乗
   ってトレイを入れ替えるか、その
   場に停車して自分で入れ替えてい
   たのだから、作業効率はまるで違
   う。最新型の田植え機は、旧型よ
   り1 割ほど高い。自動運転アシス
   トのほかに、従来型には付いてい
   なかった、IoT でオイル交換や部
   品交換の時期を事前に知らせる機
   能もあり、宏之さんは「重宝して
   いる」と言う。
    (次回に続く)

 

 

     ドローン、GPS    new
    「デジタル」が変える農の未来
            
 連載  5

        GPS付は負担感がまるで違う

        「私は子どもの頃から田植えを手
        伝ってきたのでまっすぐ植えられ
        ますが、それでも1カ月もの間、
        朝から晩まで神経を使ってハンド
        ルを握り続けると心身ともにクタ
        クタになりました。GPS付きは負
        担感がまるで違う」従来の田植え
        機では、ベテランでも運転中に何
        度も振り向いて苗が一直線に並ん
        でいるかを確認する必要があった
        。GPS付き田植え機では、コンピ
        ュータが指定した通り蛇行せずに
        進むので、その必要がない。植え
        るスピードも速く、同じ広さの水
        田なら作業時間は従来型の半分以
        下だという。「高校を卒業して本
        格的に稲作を始めた息子でも、ベ
        テランと同じか、それ以上の速さ
        で田植えができます」
        (次回に続く)

       ドローン、GPS    
    「デジタル」が変える農の未来
            
 連載  4

  作業時間は従来の半分以下

   水田に出ると、最初の1 列は自分
   でしっかりハンドルを握って運転
   する。苗をどこからどこまで植え
   るかを機械に覚えさせるためだ。
   2列目からはGPSの測位機能を利
     用して、ハンドルを握らなくても
   田植え機は直進しながら苗を植え
   ていく。「田植え機に乗ったこと
   がない人にはピンとこないでしょ
   うが、実はこのまっすぐに苗を植
   える運転技術はかなりの熟練を要
   するんです」と宏之さんは言う。
   田植え機は泥のなかで右に左に滑
   りやすく、気を抜くと蛇行してし
   まう。すると、植え付け可能な面
   積が減ってしまう。
   (次回に続く)

 

 

 

   ドローン、GPS     
   「デジタル」が変える農の未来
                                     連載  3

  ロボット農機で進む自動化、省力化

   日本人の食生活を支える農業が岐
   路に差しかかっている。食料自給
   率の低下、コメ消費の減少など食
   生活の変化、安全性の確保などい
   くつも課題があるなかで、最も大
   きな問題が農家の減少と生産者の
   高齢化だ。2005年に335万3000
   人、平均年齢63.2歳だった農業就
   業者は、10 年後の2015年にはそ
   れぞれ 209万7000人、66.4歳と
   なった。労働力不足は急速に進み、
   作物を栽培しない耕作放棄地は増
   加の一途をたどっている。その打
   開策として脚光を浴びているのが
   、AI(人工知能)やIoT(モノの
   インターネット)を活用するデジ
   タル農業だ。コンピュータが動き
   を操るロボット農機が人間に代わ
   って農作業を進める。進むのは自
   動化、省力化だ。鴻巣市の三ツ木
   さん親子が活用しだしたGPS自動
   田植え機もそんな農機の一つだ。
    (次回に続く)

 

 

   ドローン、GPS     
   「デジタル」が変える農の未来
                                     連載  2

   専業、最新型田植え機購入

   宏之さんはその後もリタイア農家
   の休耕田を借り受け、現在は近隣
   に点在する計25ヘクタールの水田
   を作付けしている。それに伴って
   田植えに費やす時間も増え続け、
   今年は5月20日〜6月20日までの
   丸1カ月間を要した。「水田が多い
   農家のなかには田植えをやり切れ
   ずに、一部の水田でコメづくりを
   あきらめることもあります。一定
   規模を超えると、高性能な機械の
   力を借りなければ難しくなると思
   いました」専業となって農業の大
   規模化を志す宏之さんは昨年、最
   新型の田植え機を約400万円で購
   入した。GPS(全地球測位システ
   ム)が搭載され、自動運転アシス
   ト機能が付いている。
   (次回に続く)

 

             プロフィール
              バックナンバー

 

 

コメント