遊民ヤギ爺

俳句と映画のゆうゆう散歩

いい肉の日(1129)

2016-11-29 16:33:30 | 日記
平成28年11月29日(火)

今日は何の日 ?


肉のサンプル(郡上八幡にて)

 今日11月29日は、語呂合せで「いいふくの日」
「いいにくの日」等が有ります。
また、年末になると必ず全国各地でベートーベンの
第九(交響曲第九番)が演奏されますが、日本人に
より初めて、東京音楽学校で1924年に上演され
たのが11月29日だった様です。

いいふくの日は、いい服の日の語呂合わせですが
毎月29日が服の日。
洋服記念日と言う日が11月12日に在ります。
これは明治5年に太政官布告により、これまで和服
の礼装を行ってきたものを「礼服には洋服を」との
通達で、和服礼装が廃止されたと有ります。

いいにくの日(いい肉の日)

イベリコ豚の陶板焼き(名古屋、魚鉄)

しめじ肉巻き(串の宝山)

焼肉定食(郡上八幡にて)

飛騨牛弁当(飛騨高山にて)

宮崎県の「より良き宮崎牛作り対策協議会」が食肉
販売を促進するため、語呂合わせで11月29日を、
「いい肉の日」と制定した様です。
因みに、全国食肉事業協同組合」はJA全農と連携し
毎月29日を「肉の日」と制定している。

特大ハンバーグ(グアムにて)

家族揃ってすき焼を、、(年に何度揃うか、、)

何はともあれ、日本人の「魚離れ肉好き」が特に
若者を中心に多く見られます。
我が家は老い二人、どちらかと言えば肉より魚、、
然し、娘一家、息子一家伴に肉好きの様です。

今日の1句(俳人の名句)

牛鍋や妻子の後のわれ独り     石田 波響

ヤギ爺の拙句



鋤焼を一人きままに腹充たす    ヤギ爺


コメント

リンゴを頂きました

2016-11-27 16:03:18 | 日記
平成28年11月27日(日)

林檎のお歳暮

毎年この時期になると、古い友人から
美味しい林檎を一杯送って頂きます。
宅配の箱を開ける、大きな林檎が箱に
びっしり、、りんごのとても良い香りと
真赤な色が目に飛び込んで参ります。


林檎は、秋に熟する果物の王様、、、、
色、香り、味、それに滋養の面でも優れて
何といっても、生で齧るみずみずしさが
一番ですが、加工しても「パイ等の菓子」
「酒」「羊羹」「フルーツゼリー」等や
料理として、色々利用されています。

アップルパイ

めんこいリンゴ

フルーツゼリー


青森を始めとする東北、信州や岐阜等で
生産されて、日本人に一番親しまれる
果物ですね。

品種も紅玉、国光から今では「ふじ」や
「世界一」等が主流となり、より美味しく
改良されたものが殆どです。

林檎で直ぐに思い出される二つの歌

「リンゴのひとりごと」1940年(昭和15年)
 作詞:武内 俊子、作曲:河村 光陽
わたしは真赤なりんごです
お国は寒い北の国
りんご畑の晴れた日に
箱につめられ汽車ポッポ
町の市場へつきました
リンゴ リンゴ リンゴ
リンゴかわいいひとりごと

2番の
果物店のおじさんに
お顔をきれいにみがかれて
みんな並んだお店先
青いお空を見るたびに
リンゴ畑を思い出す
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーー

童謡「りんごのひとりごと」

この曲の作られた少し前まで東北地方は
冷害、飢饉に見舞われ、娘たちは女衒と
呼ばれる人買いに連れられ身売りされ、、
子の歌の2番の詩には、女の悲しみや
世間の冷たさを切々と訴えて居る様な、
(合田道人著:童謡の風景より)

実際、この詞を書いた時に竹内さんは
入院中に見舞いとしてリンゴを貰い、
この詩を作ったといわれています。

「りんごの唄」1946年1月
 作詞:サトウハチロー、作曲:万城目正

並木路子の「りんごの唄」

赤いりんごにくちびる寄せて
だまって見ている青い空
リンゴは何にも言わないけれど
リンゴの気持ちはよくわかる
リンゴ可愛や可愛やリンゴ

子の唄は、日本で戦後初めて封切られた
映画「そよかぜ」の挿入歌として、、
歌手の並木路子さんが唄い、大ヒットし
戦後の復興にかける日本人の心を大いに
癒してくれました。
ラジオその他で毎日聞かれない日は
無かった様です。

今日の1句(俳人の名句)

胃痛癒えて林檎の来る嬉しさよ   正岡 子規

蛍めく奥羽りんごの明かりかな   室生 犀星
コメント

小学校の作品展

2016-11-24 14:13:59 | 日記
平成28年11月24日(水)

小学校の作品展


先日、小学校の作品展を見に行きました。
今年は開校60周年の記念の年でもあり、全校児童
の力作が勢揃いです。


生徒全員で作った風車

展示会場の体育館に入ると、中央には生徒全員が
作った風車が飾られていました。



その周囲には各学年毎の工作品、粘土細工の人形
針金を使ったタワー、紙粘土とペットボトルを使
った小物入れ等々、どれも個性豊かな作品がなら
んでいます。

紙粘土で作った小物入れ

針金で作ったタワー
壁面には、低学年の絵画、折り紙を使用した窓の
外の風景、版画をローラーインクで印刷した動物
の絵、ポリ袋で作った水の生き物、6年間の思い出
を墨絵で、、どれも力作ばかりです。




低学年の子供達の絵画は皆さんとても上手で、
特に動物の絵はどれも見事に描かれていました。

1年生の絵画




工作については、ペットボトルや紙容器等の
リサイクル使用等、工夫がなされ、容器の形を
上手く利用して、作品に表現、工夫がなされて
居りました。

亦、高学年の6年間の思い出を墨絵で描き、
修学旅行等の楽しかった思い出が伝わって来ま
した。

墨絵で描いた修学旅行の思い出

粘土細工で自分の将来、希望を人形に託す作品
は、生き生きと、今にも踊り出しそうな、
それぞれに個性が有り、とても上手いです。

野球選手


大工さん


助産婦さん


サラリーマン


シェフ

サッカー選手


私(ヤギ爺)の子供の頃は、物資(絵具等)も
少なく、親達の関心も薄く、皆へたくそで、
とても比べものになりません。

この子供達の才能、個性をこのまま上手く伸ば
していけば、素晴らしい大人になってくれる
事と信じています。

多分、周りの大人達(我々)が壊さなければ、
上手く見守っていければ、、、、。

今日の1句

冬ぬくし子の作品に立ち止まり    ヤギ爺


コメント

歌声サロン、(中川)

2016-11-21 15:55:15 | 日記
平成28年11月21日(月)

歌声サロン(中川文化小劇場


昨年の11月に続いて2回目の中川文化小劇場での
歌声サロンです。

あおなみ線、荒子駅を降りると駅前に
ここは荒子観音に近く「前田利家公の像」が、
出迎えてくれます。(昨年は気付かずでした)



中川文化小劇場は名古屋に在る文化小劇場の中
では比較的大きく座席数446有ります。


今回も、最初に①「高原列車は行く」で始まり
②里の秋、③冬の星座④白いブランコ⑤旅の夜風

冬の星座

⑥山小屋の灯、⑦忘れな草をあなたに、⑧北上夜曲

山小屋の灯

北上夜曲(ダークダックス)

ビリーブ(卒業式の歌ベスト10)

⑨ビリーブ、⑩秋桜、⑪あの素晴らしい愛をもう
一度で、  コーヒータイム15分間の休憩です。

ロビーには一杯の人が溢れて、、女子用トイレも
長蛇の列が、、、。

後半の最初は⑫散歩と言う童謡に始まり、

真赤な秋

冬景色

⑬真赤な秋、⑭冬景色、⑮川の流れのように、
⑯ローレライ、⑰野に咲く花の様に、⑱菩提樹

菩提樹の映画

はしだのりひこの風

⑲風、⑳灯台守、㉑桜貝の歌、、、、、最後は
㉒高校三年生の大合唱でフィナーレです。


ビリーバンバンの白いぶらんこ


公園のブランコで遊ぶ

歌の合間に、ソングリーダーのユーモア溢れる
お話しが有り、その中「白いブランコ」に纏わり
在る日公園を通ると、園児らが一杯遊んで居て
女の子が「カーワッテ、」「カーワッテ」と、、
直ぐに交代する子もいれば、力の強そうな男の子
は「替わって」と言う言葉が恥ずかしい(シャイ)
のか出てこない、クサリを持ち強要する。嫌がる
と、頭をゴツン、、、、「痛いー、」と叫ぶと
「ドケー、」と力ずくです、、、。
ドラえもんのシャイアンのようなガキ大将です。
じっと見ていて、止めに入ろうかどうしようか?
すると若い先生が止めに入りました。
後で、園長先生が「直ぐに止めに入るのは良い
のでしょうか? 子供だけでどうやって解決して
いくか、、慰める子、泣く子、様々ある、、。
そんな中で少しずつ、言葉を覚え、痛みを知り
子供同士のコミニュケーションを持てる様に
なります。勿論、怪我をさせぬための注意は、
必要ですが。」
成る程、なるべく子供同士で上手く収める様、
優しく見守る事も必要です、、ネ。
仲良く遊ぶコツ。 
直ぐに、「アーセイ、コーセイ」はダメの様
です。

今日の1句 (俳人の名句)

次の世もかく遊びたし零余子採る      藤本安騎生
コメント

映画 オケ老人

2016-11-19 14:55:11 | 映画
平成28年11月19日(土

オケ老人」を見る

先週末、カミさんとふたりで久しぶりに
映画を見に出かける。
イーオン港店隣接の「東宝シネマズ港」へ、


オケ老人(惚け老人ではない)は、オーケストラの老人
荒木源さんの同名小説から、主人公を男性から女性に
替え、軽妙なタッチのコメデ映画に仕上げている。
高齢化社会の中、各地で様々な問題の在る中、老人達
(ヤギ爺も)は、色々なサークル活動、ボランテア等
皆さんが思うより、地域に根付いて活躍されてます。
そんな高齢者達の姿を見事に捉えた老人賛歌。
テレビドラマ等で活躍の「杏」さん(渡辺謙の娘)の
初めての主演映画。


オケ老人

スタッフ
監 督 : 細川 徹 ぱいかじ南海作戦(椎名誠の
           原作)映画等が在る
原 作 : 荒木 源
撮 影 : 芹沢 明子
編 集 : 木村 悦子
照 明 : 永田 英則
音 楽 : 渡邊 崇

キャスト
小山 千鶴  : 杏(高校の数学教師)
野々村秀太郎 : 笹野 高史(コンサートマスター)
   和香  : 黒島 結菜(秀太郎の孫)
大沢 義郎  : 光石 研(梅フィルのコンマス)
  コーイチ : 萩原 利久(義郎の長男)
坂下 くん  : 坂口健太郎(千鶴の同僚の先生)
及川 さん  : 左 とん平(クラリネットのクラさん)
花田 富雄  : 小松 政夫(チェロ、トミー)
   昌江  : 藤田 弓子(オーボエ)
戸山 さん  : 石倉 三郎(テインパニー)
清水 真弓  : 茅島 成美(フルート)
宮崎しま子  : 喜多 道枝(第2バイオリン)
竹岡 亮吉  : 森下 能幸(トランペット)
フィリップ・ロンバール : フィリップ・エマール

あらすじ
梅が丘高校の数学教師の小山千鶴は、地元のオーケ
ストラ「梅が丘フィルハーモニー」のコンサートに
行き感動し、自分ももう一度バイオリンを演奏した
いと、、、 公民館の「オーケストラ団員募集」の
掲示版を見て、電話する。

千鶴(杏)は間違えて「梅響」へ

直ぐにOKを貰い、早速公民館の練習会場へ、、、
そこには、全く素人の老人ばかりが、、、、、、
ここは「梅が丘交響楽団」。  どうやら千鶴は
応募先を間違えた事に気付くが、、、、、。

コンマスの野々村(笹野高史)

クラリネットのクラさん(左とん平)

チェロのトミー(小松政夫)

オーボエのマーサ(藤田弓子)
「梅響」のメンバーはコンサートマスターの野々村
を始め、クラリネットのクラさん、チェロのトミー
オーボエのマーサ、テインパニーの戸山、フルート
の真弓先生、第2バイオリンのしま子、トランペット
のラバウルと、、何処か患っていそうな老人ばかり
音楽は好きだが練習より、その後の飲み会が楽しみ
の彼ら、、、、。

フルートの真弓先生

テインパニーの戸山(石倉三郎)

トランペットのラバウル(森下能幸)

退める事も儘ならぬうち、、、 心臓の病気のある
野々村から、「是非、指揮棒を振って欲しい」と、


そんな中、千鶴は「梅が丘フィルハーモニー」の
応募テストに申し込み、念願叶い「梅フィル」へ
入団。  暫くは「梅フィル」演奏に専念する。

そんな或る日千鶴の高校の女子生徒の和香から、
「梅フィル」のコンマス大沢が、2年前に「梅響」
の多くの団員を引連れて退団し、「梅フィル」を
作った事、大沢の経営する家電量販店OS電気が
「野々村ラジオ」の土地の買収を企てていると、
二人の対立関係を聞かされる。

数日後、和香のボーイフレンドのコーイチが、
「梅響」に入団する。

大沢の息子コーイチ(萩原利久)
大沢の息子のコーイチは秀才で、音楽にも才能
を発揮、バイオリンの他、ピアノ、フルート等
何でもござれの彼は、千鶴の居ない間に指導を
彼の指導に目覚めた老人達は、突然に目覚め、
懸命に練習をする様になります。
「梅響」に戻った千鶴は彼らの変化に驚き、
「一体どんな指導をしたの、、、」

或る日、土地の買収に野々村家を訪れた大沢の
前で、野々村秀太郎は興奮し、心臓発作で入院
。  病院に見舞った一同の前に、コーイチが
現れ、自分の息子が「梅響」のメンバーと知り
大沢は怒り心頭、息子を連れ帰ります。

退院した野々村の店に「梅フィル」の指揮者と
して来日中のフィリップ・ランバールがやって
来て「私の大切にしている、ラジカセを修理し
て欲しい」と、、、
古い部品を見つけ修理、音を再生した野々村に
「貴方に何かお礼をしたい」と、、
感謝したランバールは「梅響」の練習を訪れ、
大根を楽器の様に演奏するクラさんに曲を
進呈すると。

千鶴は「梅響でコンサートを開きましょう」
と、、、。

いつの間にかメンバーが増えて、猛練習を。


いよいよコンサートの当日、、
大沢率いる「梅フィル」のメンバーも会場
へ、、。

最初に「威風堂々」続いてランバール作曲
の「大根協奏曲」、クラさんの大根、
ランバール氏の人参の楽器も加わり、会場
は爆笑と、拍手喝さいです、、。

最後にドボルザークの新世界より「家路」
会場は総立ち、、のフィナーレです。

終りの字幕スーパーの流れる中、、、
いつの間にか「大沢率いる「梅フィル」
メンバーも「梅響」に加わり、一緒に
練習する風景が、、、。
ハッピーエンド ?
千鶴先生憧れの同僚の坂下君から告白?
「僕決心しました。フランスへ留学して
絵の勉強をして来ます、、、。」


久しぶりの映画、、、、 ほのぼのと
心温まる、小さな幸せを感じる映画」

今日の1句

冬ぬくし映画の余韻残る道




コメント