遊民ヤギ爺

俳句と映画のゆうゆう散歩

名城公園(北園)

2021-12-05 16:50:31 | 日記

令和3年12月5日(日)

名城公園(北園)

地下鉄名城線の名城公園駅2番出口から徒歩で1分、大通りの

信号を渡ると直ぐの所にある。

 

北園は江戸時代の御深井庭(オフケニワ)の跡地に在る。

名古屋城創建の時、城の北側の湿地の中の池を中心とした大庭

園で、その当時は名古屋城北側の防備の役割を担っていた。

徳川家光が上洛の際にこの庭園を訪れ、江戸城吹上御苑の手本

としたとされている。

明治以降、この地は埋め立てられて練兵場として使われた。

戦後の1947年(昭和22年)、名城公園都市計画が決定。

その後随時、公園内の整備が行われ、芝生広場、造園、花壇

等が造られていった。

1988年(昭和63年)にはフラワープラザが完成した。

北園には野球場、テニスコート、スポーツ会館等が造られた。

オランダ風車の在る花壇、

 

現在、老朽化した「愛知県体育館」(名古屋場所等に使用)の

新築移設計画が進められている。

 

12月4日(土)の午前、名城公園内に高齢者から子供達迄

葯200名のボランテアが集まり、花壇に凡そ5000株の

「ビオラ」の苗の植付けが行われた。

小学生の男の子は「難しかったけど、、、、、、大きな花に

なって欲しい、、」と感想を述べていた。

植えたビオラは来年の3月末頃に見頃を迎えるそうです。

ビオラは、スミレ科スミレ属の園芸品種で、花の径が5cm

以上のものをパンジー、4cm以下のものをビオラという。

 

今日の1句

冬日向孫に手を添へ庭いじり   ヤギ爺

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

切干大根

2021-12-04 16:35:21 | 日記

令和3年12月4日(土)

切 干

大根やさつま芋の保存方法の一つで、季語としては大根をさす。

沢庵ようの丸干しに対して、切って一週間ほど寒風に晒し干す。

愛知県刈谷市の生産者

 

千切り、角切り、花丸切り等がある。

切干大根は三杯酢や木の芽味噌に和えたり、油揚げ等と煮たり

して食べる。 味噌汁の具やはりはり漬け等にも使用される。

 

亦、薩摩芋を切って干したものを芋切り干し、干芋等という。

干し芋を焼いて食べる

 

名古屋を中心とする尾張地方では花丸(花切り)大根という。

大根を輪切りに薄く切り、干して乾燥させると桜の花びらの様

に見えることから花切り大根とよばれている。

愛知県清須市特産の「宮重大根」は切干、漬物に適するとされ

ているが、宮重大根は青首大根の一種である。

京野菜の「聖護院大根」は此処から発祥したといわれている。

生産地では、青首大根の青い部分を輪切りにして皮を剝き生で

塩を付けて食べる習慣が在ると言われている。

戦後、「宮重大根純種子保存会」によりその生産が復活した。

清須市の「夢広場公園」には、大根の像が植えられている。

 

私は母の煮た、切干し大根と里芋、油揚げの煮ものが大好物で

今でも、時折カミさんに所望している。

 

今日の1句

お袋の切干大根伝承す   ヤギ爺

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木枯らし

2021-12-03 16:59:52 | 日記

令和3年12月3日(金)

凩 : 木枯らし

晩秋から初冬にかけて吹く北西よりの強い風。

木を枯らすほど吹きすさぶ事から、こう呼ばれる。

厳冬の北風ほど酷烈ではないが、激しい音を立てて吹きまくり

本格的な冬の到来を告げる。

木枯らしの観測(1号)は、近畿地方と東京のみで行われる。

今年の木枯らし1号は、近畿地方では10月31日に観測。

東京では12月1日に予測していたが、都心部での初めて吹く

風速8以上に達せず、1951年に統計が始まって以来初めて

木枯らし1号は吹かなかったとのことである。

12月1日には、等圧線が込み(計12本)日本全国で強風が

吹き荒れた。

名古屋地方では前日(11月30日)の夜半から風雨が激しく

なり、1日まで雨が降り強風が続いていた。

公園の樹木の大半は落葉し、ご近所の庭、駐車場にまで降り注

いだ。

公園にはびっしりと落葉が積もり翌2日の早朝から落葉

掻きが行われた。 

小1時間でごみ収集袋(大45Lで40個)が山積みされる。

未だ、数本(公園の南側)紅葉が半分程、、、残っている。

師走12月、これから毎日のように北風が吹いて、、、、

長く寒い冬の日が続くのであろうか、、、

 

今日の1句

公園の木々凩に抗へず   ヤギ爺

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鬼平、死す!

2021-12-02 16:55:12 | 日記

令和3年12月2日(木)

中村吉右衛門さんの死

歌舞伎界を代表する、人間国宝の中村吉右衛門さんが亡くなった。

11月28日、心不全のため都内の病院で亡くなられた。77歳。

大星由良助

菅原伝授手習鑑、松王丸、

俊寛、

勧進帳、弁慶

 

「仮名手本忠臣蔵」の大星由良助、「菅原伝授手習鑑」の松王丸、

「俊寛」の俊寛、「勧進帳」の弁慶等、数多くの当り役を務めて

来られた。

八代目・松本幸四郎(初代、白鸚)の次男として1944年(昭和

19年)5月22日生まれ、母方の祖父である初代中村吉右衛門の

養子となり、1948年に中村萬之助の名で4初舞台を踏む。

1966年、2代目中村吉右衛門を襲名した。

2002年、日本芸術院会員となる。

2011年、人間国宝となった。

2017年。に文化功労者となり、文化勲章を授与される。

父は初代白鸚、兄は二代目白鴎、甥は松本幸四郎、娘婿は尾上菊之助

中村吉右衛門と、兄の2代目白鸚(右)

 

テレビには、「切り捨て御免」(1980年~82年)で主演。

1989年から始まった「鬼平犯科帳」で、火付盗賊改方長官

の長谷川平蔵(4代目)に出演、2001年迄9シリーズで主演

その後の単発作品を含め膳150作品をこなした。

初代の鬼平は父の初代白鸚、2代目は丹波哲郎、3代目萬家錦之

介、そして4代目の鬼平を演じ、当第一の鬼平の評判を取った。

初代鬼平を演じた初代白鸚

二代目鬼平の丹波哲郎、

三代目鬼平の萬家錦之介

そして、中村吉右衛門の鬼平

 

 

中日新聞朝刊コラム「中日春明」に中村吉右衛門さんの追悼記事

が載ったので紹介したい。

『演じれば演じるほど、客は笑ってくれた。多くの劇評判が好演

を称えている。 ニ十歳の頃に絶賛を得た役者萬之助だったが、

独り落ち込むばかりだったという。 「俺は二代目吉右衛門を

継がねばならない役者なのだ。脇の三枚目が当り役、はまり役と

言われてどうする。 精神安定剤と酒に助けを求めた末に、血を

吐いて倒れ休演する事になった。」と著書に告白している。

一代で時代を築いた明治生まれの初代中村吉右衛門の大きさは、

途方もなかったようだ。22歳で二代目を襲名した後、重圧との

闘いが続いたという。 名前の重みを正面から受け止め、新たな

境地に達した人だろう。

大星由良助、松王丸、俊寛、、、、時代物の名演だけでも数え切

れない。 

血の滲む努力のたまものを残し、歌舞伎俳優の二代目中村吉右衛

門さんが亡くなった。 七十七歳吉右衛門の名をさらに大きくして

の旅立ちだろう。 

松貫四の名で自ら筆を執り、一人芝居「須磨浦」を書き下ろした。

無観客の舞台で昨年、自ら演じた映像が、NHKで放送されていた。

我が子を手にかけなければならなかった、熊谷次郎直実の悲劇で

ある。あらがえない運命と孤独、痛切な親子情が、コロナ過の中

で迫って来た。 歌舞伎を大きくするような新境地でもあったが、

惜しまれる。 背に悲しみをたたえながら舞台を去って行く直実

の後ろ姿が浮かぶ。(令和3年12月2日、中日新聞朝刊コラム

:中日春秋より引用しました。)

 

今日の1句

のぼりつめ千両役者冬薔薇    ヤギ爺

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

冬の薔薇

2021-12-01 16:46:54 | 鶴舞公園へ行って来ました

令和3年12月1日(水)

冬薔薇 : ふゆそうび

冬に咲く薔薇を「ふゆそうび」という。

切り花等に人気の高い西洋薔薇は、中国原産の四季咲きの

庚申薔薇も交配されて居り、四季咲きが多い。

冬の薔薇は夏の最盛期に比べ、ひっそりと捨てがたい風情

が在るといわれている。

最近、冬日向で薔薇を育てるご家庭をよく目にするが、

切り花を楽しんで居らっしゃるようで、切狭を手に庭弄り

この家の主はご婦人の様で、冬の日差しの下で何とも楽し

気である、、、、、。

 

昭和区に在る鶴舞公園には「バラ園」がある。

ここには120種、1400株の薔薇が在ると言われる。

薔薇の最盛期は5月下旬~6月下旬の初夏であるが、冬

時期の花の少ない公園に、数は少ないが薔薇が出迎える。

個性的なものが多く、夫々の名前が振るっている。

カトリーヌ・ドヌーブ」「モナリザ」「スーパー・スタ

ー」「白銀」「黒真珠」、、、、

カトリーヌ・ドヌーブ

モナリザ

白銀

黒真珠

 

数は少ないが、どれもひっそりと冬枯れの公園の中で、

これ見よがしに競い合い、見栄を切る、、、、、。

 

今日の1句(俳人の名句)

かりそめの色にはならず冬薔薇   片山 由美子

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする