遊民ヤギ爺

俳句と映画のゆうゆう散歩

枇杷の花

2022-12-02 16:04:45 | 鶴舞公園へ行って来ました
令和4年12月2日(金)

枇杷の花

バラ科の常緑高木で、樹木の高さは5~10m。
石灰岩地帯に野生、暖かい地方で果樹として栽培される。
葉は広倒被形、長い楕円の葉は15~20cmある。
葉の表面は艶が在り厚めで葉裏には産毛がある。


11月頃から12月にかけて、枝先に円錐花序をなして
五弁の白色の花を多数開き、芳香を放つ。
中軸・花柄・萼片ともに淡い褐色の繊毛に包まれた目立
たない花である。

概して慎ましく、地味、淋しい、ひっそりという印象が
強い花で、華やかさはないが、意思の強さを感じられる
花である。
冬の色の少ない、もの静かな情景が似合う花と云われる。

枇杷の実(6~7月)
ご近所から頂く枇杷の実、

毎年、夏季になると「枇杷の実」を頂くご近所の裏庭に
枇杷の花が咲いている。

細長い大きな葉が枝一杯に広がり、その葉の中央あたり
から小さな白っぽい花が密生しているが、目立たない。
葉の緑に圧倒され、葉陰から覗いているようだ。

葉には芳香があるというが、敏感でない鼻にマスクを
する身では、尚更匂いなど判る筈もないか、、、、?
この葉の独特の形を見なければ何の花が見当がつかぬ、
何時も通り過ぎる、街角の景である。


今日の1句

枇杷の花この家の主慎ましく  ヤギ爺
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

師 走

2022-12-01 15:37:39 | 鶴舞公園へ行って来ました
令和4年12月1日(木)

師 走 : 極 月

陰暦12月の異称であるが、今の陽暦でも同じく12月に
用いられている。
師走の「師」は僧のことで、この月になると僧も彼方此方
と、忙しく走り回ることから出来た言葉と俗に言われるが、
また師は伊勢の御師と呼ばれる下級神職のことで、この人
達が歳末に伊勢神宮の御札を、全国に配り歩いたところか
ら出た言葉だという説もある。
こちらの方が歳末の慣わしを感じさせる言葉として季節感
を濃く含んでいるように思われる。
他に、語義的な解釈として「為果つ月」(しはつつき)、
(一年の仕事の終りの月)に依るとされる説もある。
語源には諸説があるが、文字面からも年末の慌ただしい人
の往来を思わせる響きがある。
12月の他の呼称は(一年の終りを告げる月として)、
「極月」「窮月」「限りの月」「除月」がある。
また、蔵王集(室町時代の文献)から、「梅初月」(梅が
咲き始めるころの月)、「春待月」(春が来るのを待つ月)
という呼び名がある。


今日から12月、今年も残り一月(カレンダーも只の一枚)
今冬一番の寒い朝を迎えた。今年最後の公園の落葉搔きの日。
昨日の強風で、さぞかし落葉は降る積もって、、と思い来や、
さほどの量でもない。


大空高く舞いあがった落葉は一体何処へ、、、、、、?
四方八方、飛び散り、、周辺の家々の屋根、道路へと消えた。


それでも小一時間、搔き集めた落葉はゴミ収納袋(45L)に
40数個はあった。後に未だ残る樹木の枯葉(今一度、、)

落葉搔きを終え、名古屋港へ散策に出掛ける、、、
名古屋港水族館、

平日の午前、人影は疎ら、強風は治まり、時折の冷たい風は
火照る身体に心地佳い。波も穏やかで陽射しは暖かい。

ポートビル、


港界隈のクリスマス・イルミネーションも、先月中旬から始
まり、、少しずつ「年用意」も進んでいるようだ。
これから師走の街は慌ただしさが増して、、、、、。

今日の1句

極の月未だ分別のつかぬ儘  ヤギ爺
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

風呂吹き

2022-11-30 15:48:01 | 鶴舞公園へ行って来ました
令和4年11月30日(水)

風呂吹き : 風呂吹き大根

大根や蕪を厚めに切り、昆布だしで茹で、練り味噌を
のせ食する。
味噌には柚子を入れたり、胡麻を擦り合わせたり、
味醂を加えたりし、好みの味に調合する。

熱々の大根と、とろりとした練り味噌の風味は日本の
冬の食文化を代表する素朴な食材。

大根は、アブラナ科ダイコン属の1,2年根菜。


原産地は諸説あり定かではないが、古く中国を経て日本
へ伝わり日本で最も親しまれる野菜の一つで、世界各地
に多くの品種がある。
初秋に種を蒔き、来春に白または薄紫がかった白色の花
を付け、冬季に収穫する。

耕工を深くした関東で広く栽培される「練馬大根」は、
愛知県で古く栽培されていた、方領大根が基本という。
練馬大根、

「聖護院大根」は京都に多い丸型の大根で、肉質が柔ら
かく千枚漬けなどに重宝されている。
聖護院大根、

青首大根、
守口大根、
桜島大根、

その他には根の上部が青い「青首大根」や、世界で最も
大きいとされる鹿児島の「桜島大根」、世界最長とされ
ている「守口大根」や、ヨーロッパの「ラデイッシュ」
「レデイサラダ」等がある。
大根の食べ方は、煮物、おでん等に代表されるが、漬物
味噌汁の具、酢の物、刺身のつま、大根おろし等がある。
大根は冬の食生活にはかかせないもので、殊に風呂吹き
は最もシンプルで、大根の味を深く味わう冬の代表的な
料理といえよう。


今日の1句

風呂吹のじわり温もる夜の雨   ヤギ爺
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いい肉の日

2022-11-29 16:09:07 | 鶴舞公園へ行って来ました
令和4年11月29日(火)

いい肉の日


今日、11月29日は「いい肉の日」です。


語呂合わせで、11・29(いいにく)いい肉の日。
全国有数の肉用牛の産地である宮崎県の「より良き宮崎牛
づくり対策協議会」が制定した。
1986年(昭和61年)4月、同協議会は県内の肉用牛
の生産から流通、消費に至る県内の関係機関および団体が
一体となって、宮崎牛の増進と消費拡大を促進し、肉用牛
経営の健全な発展を図ることを目的として制定した。


これに関連し、「2月9日」と「毎月29日」を「肉の日」
と語呂合わせで、都道府県食肉消費者対策協議会が記念日
に制定した。

私(ヤギ爺)は年の所為も在り、最近は「肉より魚」。
以前は肉料理が多かったが、今では肉を食べるにも、
「ステーキ」より「すき焼き」(しゃぶしゃぶ)を選ぶ。
ステーキよりも、
すき焼き
しゃぶしゃぶ、

それでも、「ハンバーグ」は好物で結構食べている。

外食に出て子供(孫も)はステーキでも私はハンバーグ
である。

亦、子供達が集まれば焼肉が多かったのだが、最近では
孫達が部活(塾等)などで忙しく、中々寄り付かない。
盆と正月くらいである。(それでも来れない孫もいる)
偶に、孫を連れ息子達、娘達が訪れ外食を共にする事が
ある。


以前は焼肉屋にも出かけたが最近は、回転寿司が多い。
(私達に気を使っているのかも知れない)




今日の1句

冬の雨久方ぶりの洋食屋   ヤギ爺
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

葛 湯

2022-11-28 15:48:42 | 鶴舞公園へ行って来ました
令和4年11月28日(月)

葛 湯 :くずゆ

葛粉に砂糖と少量の水を入れ、よくかき混ぜながら熱湯を
加えてだまが出来ないように攪拌し、糊上になったところ
を食べる。 ほんのりした甘さと葛の香りを楽しむ。
滋養が在り、身体を温め消化もよい飲物(食物)である。
寒い夜や風邪を引いたときなどによい冬のたべもの。
以前は、主として幼児や病人等に用いられたようである。



「葛」はマメ科の大型蔓性の多年草。秋の七草の一つ。
茎の長さは6~9mから、それ以上のものもある。
葉は大きく、裏面は白っぽい。
8月頃に葉腋に約17cmの穂を出し、総状花序に赤紫色
の蝶型の花をびっしり付け、花が終わり扁平な莢実が付く。
根は太く大きく澱粉を取り出し、薬用・食用となる。

根から葛粉を採り、葛湯、葛饅頭などの食用となる。


亦、生薬の葛根湯等の漢方薬として、解熱・発汗・鎮痛剤
等に利用される。
葛根湯(風邪薬)

蔓の繊維を取り、葛布を織ったり、葛蔓で行李(衣装等を
入れる物)を編んだりした。

以前、私の実家は茶商をしていた。
私は小さい頃身体が弱く小児喘息を患い、よく寝込んだ。
咳き込み、ゼイゼイと息をして食欲もなくなる、、、、。
そんな時、私の母は必ず「葛湯」を飲ませてくれた。

「身体にイイから、ゆっくりお食べ」と、少し冷ました
のを、スプーンで飲ませてくれた。
これを飲むと葛の香りと、ほんのりとした甘さが痛んだ
喉にとても心地佳かった、、、、、。


この季節になると、時折カミさんに「葛粉」を所望する。
今では様々な味の物があるが、私は中でも抹茶味が良い。


今日の1句

あはあはと一匙一匙葛湯なめ  ヤギ爺
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする