グラン・ブルー


今日はOFF雨はあがり夕方から太陽がでてる
最近は何だか心身ともにハードな日がつづいていたので
夕方から好きな映画を観てゆっくり過ごしてる

大好きな映画 「グランブルー」が又観たくなったのもあるしね、特に疲れた時や
自分を見つめなおす時に良く観てる
だからもう何度もみてます(笑

この映画は道具を使わずに潜水記録を競うフリー・ダイビング(素潜り)で100メートルを
人類で初めて超えた男、ジャック・マイヨールがモデルの話

監督は「レオン」等を手がけたリック・べッソン
青い海の映像も素晴らしく本当に美しい映画だ。

フリーダイビングも道具を使わない己の肉体だけで潜る
そいった意味でフリークライミングと良く似ている

自分の肉体の限界を引き出して自然と一体になる所がね
上に登るか下へ潜るかの違い

しかし、フリーダイビングは浮上中ブラックアウトと呼ばれる低酸素になり命を落としかねない
生死を賭けた記録への挑戦になる。

ジャックは100メートルを超える人類初の記録をうちたてたのが49歳の時
さらに55歳の時に自らの記録を更新している

ジャックはダイビング中に脈拍が落ちて血液が脳のほうに集中する
これはイルカとかクジラにしか見られない症状らしい。

いずれにせよ人間の能力は強靭な意志により超人的な体へと変化して
行く事が可能のかも知れないね。

記録に挑戦するとき彼は何を思い何を考えているのか
深く潜って行くにつれて太陽の光は届かなくなって行くんだろうし、想像を絶する
水圧が体にかかってくる、水深100メーターに到達した時の世界ってどんなんだろう

自分はこう思う
そこの世界はきっとジャック・マイヨールにとっては素晴らしい癒しの場所なのかも知れないって
真っ暗で静寂で心穏やかになる場所のような気がする。

こんなセリフがある、ジャックの彼女が海底ってどんな感じなの?との問いに
ジャックはこう彼女に答える

「海底はつらい、なぜなら上がってくる理由が見つからないから・・・」

こんなセリフがあるのは監督のリック・べッソンが彼を理解していたからだと
自分は思うし、本当に彼はこの深海に癒しを求めていたからだろう。

この映画はフリーダイビングの他にも友情や彼の恋愛も描かれている

特に俺の好きなシーンはイルカとの触れ合いのシーンかな

イルカ良いな~自分も触れてみたいし一緒に遊びたい!
シーパラダイスで触らせてくれるらしいから行ってこようかな・・

でも水族館にい入れられているイルカは可愛そうに思えてしまうね
広い海を自由に泳いでいる方が彼らは幸せだろうに・・

本当にイルカの事を思うならジャックのように海に放つ方が良いかもね。

49歳で100メートルを人類初素潜りで超えたジャック・マイヨール
自分もまだまだ彼のように進化しつづけたい・・
しかし、限界の挑戦には孤独がつきまとうのかも知れないね。

晩年彼はうつ病にかかり2001年12月23日自らの命をたった
俺そのニュースが流れた時悲しかったと同時に何だか理解できたんだ。



以下 グランブルー より



人魚と暮らすにはどうしたら良いのか

まず深い海に潜るんだ

深すぎてブルーは消え、青空も思い出となる

海底の静けさの中でじっと沈黙して

人魚のために死んでもいいと決意すると

人魚たちがその愛を確かめに近づいてくる

その愛が真実で 純粋で 人魚の意にかなえば

僕を永遠に連れていく・・・・


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AB

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ビーチクライミング フリーダム 


TAJI プロジェクト ビーチクライミング フーリーダム 本日決行しました!

波の音と、春の暖かい日差しの下で思いっきり楽しんで登りましたよ

今日は仲間のタケちゃんS峰、テッペイ君を
引き連れてのプロジェクトで天気も良いし最高に良い感じです

そして、グラフィティーにトライ 完登~! これは思いのほか簡単でした

他の仲間も楽しそうに登ってましたぁ

この他にS峰課題 「NO FIRE 」 も登りました、この課題は面白い!

皆で楽しむ為に新しいグレード表示で自由に決めます

BW  (ビーチウォール) グレードで決めていきます

このBWグレードはただ単純に課題の難しさだけを表すだけではなくて
その課題の面白さ、ロケーション度、危険度等を考慮したうえで決めていきますね





コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

波と壁にあるもの


今日はサーフィンで海でした、肉体的にも精神的にもタフな日々だったけど
でも海に来ると癒されるんだよね
やっぱ海は良いな~!

本日はSpeedyのお客さんでサーフィン歴10年以上のTK原さんと一緒に海に入り
サーフィンのレクチャーをしてもらいました!

さすがにTK原さんは当然ですが上手い!
インサイドのポイントで波に乗るんですが、これがムズイ・・・

自分出来ない!でも気の合う人との波乗りは楽しいですね

殆ど最後まで乗れませんが、TKさんはスムーズに横に何本も乗って行きます!

今日は波の見方とかテイクオフのタイミングなどを教えて頂き色々勉強になりましたぁ!

海も暖かくて気持ち良かったしね!ボルダーもサーフィンもこれからは最高の季節だね

両方ももっと上手くなりたい、そして明日はビーチクライミングの
プロジェクトに挑む予定です。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ランジ


ライジィング セッションのリザルトが出てますよ!
皆さんどうでしたか?詳細が出てますので参考になると思いますよ~!
http://www.dynawall.com/stonemagic/rizing/rizing_result.html

ランジもリザルトが出てましたね
結局自分は4位でした!上の3人は別格?ですから、まぁ今回は健闘した方かな・・(笑
それと皆が見てたし応援してくれたから、きっとパワーでたんだね!
仲間って良いな。。

それと木曜にストマジさんに行った時に出来なかったランジ課題少しやってみました
やっぱ出来なかった課題は悔しいしね

MAX君とかに飛び方のアドバイスをしてもらったら
距離が伸びてビックリ!

今まで腕は壁の傾きに合わせる為と足に体重を乗せやすくするのに
腕を引きつけて足だけで飛んでたんだけど

それプラス両腕でも足とタイミングを合わせて最後まで押して飛ぶとの事

あと足の位置は自分で思っているスタンスより1つ位上が良いかもね
ひきつけが苦しくなるけどその方が距離が出るし

自分の場合身長がそんなに無いから大体の距離を測ったら
遠い系のランジは捕りに行くホールドは飛ぶ瞬間は見ない!(これは自分だけかも・・)

その方が一瞬の瞬発力にタイミングを合わせて集中出来るんです
ホールドを見ちゃうとそっちに意識が行ってしまうから距離出ないんだぁ・・
だから飛んでから止めるホールドを見てますよ!


この方法でそのままトライしてみたら
大会の時出来なかった銀テープのルーフへ飛ぶランジが出来ました!
これは嬉しい!

ランジ見ためも派手だし、自分はもともと好きなんだけど
何だか距離が又出せるようになってくるとますます楽しくなって
今のマイ・ブームはランジです!

もっともっと遠くへ飛びたいなぁ







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パラダイス!


昨日は雨で御岳が中止になったので
仲間8名で町田に在るグランベリーモールで登った後に
またまたストーンマジックさんにお邪魔しました!

いやいや楽しい&ガッツリ登った1日だった

とにかく自分は仲間とワイワイ登るのが大好きだな

そこがSpeedyであろうと他のジムさんであろうとね!

普段どこで誰と登っていようとクライミングが好きな事には変わりないし

そこで出会った人が
自分と同じスピリッツを持ってたりするのも嬉しいね

共感するバイブレーションが伝わり仲間となり、やがてその仲間同士
が繋がってこのスポーツに新しい風が吹く!

MAX君との出会いもそんな感じだったかな

自分が思い描いていた理想的なパラダイス
そんな瞬間がすでに始まっているような気がする

とにかく昨日は仲間と笑いが絶えない1日でした!

画像 taji
気分はシャルマのキングライン!(笑



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

明日の御岳中止です

大変残念ですが明日の降水確率が70パーセントの為
外岩の御岳は中止に致します
又日をあらためて企画致します

なお明日どうしても登りたい方の為に!
グランベリーモールに登りに行こうと思いますので
行きたい方は9時にSpeedyに来て下さいね~!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ビーチプロジェクト 「Freedom !」


海のウォールを登るプロジェクト「Freedom !」を昨晩やってみた
まずはかねてから目を付けていた○ガ浜にあるグラフィティーウォール!

とりあえず触りだけにしておいたけど上に行くにつれて手がかりが無くなる

最後のハング部分はチョット危ない
月明かりだけのトライだから最後まではやらなかったけど
でもこれ行ける!

このグラフィティーウォールはロケーションはもう最高

月と海と波の音を背にして登るのは最高に気持ち良かったし

このまま時間が止まればもっと良いのに・・とかロマンティックな事
思ったりする陽気のせいかな(笑

まぁこれは登れるね!

このビーチクライミングは自分の今後のプロジェクトにします
海に在るウォールを登るTAJIプロジェクト 「Freedom !」 まだまだ登れそうなウォールは
沢山ありるし、これからは海の風が気持良いから最高のクライミングが出来そうですね!


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

RIZING SESSION


本日はOFFやっと落ち着きました、体まだバキバキだけど!

RIZING SESSION 皆本当にお疲れ様でした!

結果はSpeedyから入賞者が沢山出て本当に嬉かった!

この2面の小さなジムの環境で、普段ではあまり練習出来ない
慣れないウォールでのコンペであの成績は凄い事だと思う!

皆の挑戦に感動したし又自分もSpeedyの代表として
皆のテンション上がれば良いなと思ってセッションだけ参加した
でも又熱く登ってしまったよ!

結局最後は自分が一番テンション上がってしまった
まぁいつもの事だけど・・・(笑

同じ時を過ごすなら楽しい方が良いに決ってる
これが自分のスタイルだからしょうがないね!

結果セッションのみだったけど1級と初段が出来きました
あの初段のランジ課題も1撃で落とせた!あれは出来過ぎだ(笑

皆の励みになればと思って気合入れて行ったのがきっと良かったんだね!

そして結果が出て表彰式!皆の好成績に又感動しちゃって

その後のランジコンテストに出る予定は自分ぜんぜん無かったんだけど
ランジ凄い飛ぶエキスパートもエントリーしてるようだしね

でもいつも皆には

「出来るか出来ないかよりも、挑戦するかしないのかの方が大事じゃん!」って
偉そうな事言ってる手前

まぁ全然ダメでカッコ悪くても、あえて自分のスタイルやSpeedyのスピリッツが伝えられたら
良いなと思って参加してみました!

セッション全開でいった後だったから体ヘロヘロだったけど
始まった頃はもうそんな事もう関係ない!たまもやアドレナリン全開の本気トライ!
どこまでも飛んでいくぞ!GO BIG!

結果は9課題中6課題止めた!もう意地だね
残りの3課題やってる頃はもう体が言う事きかなかった

皆の応援してくれる声が聞こえたし、終了時間まで体もたず飛べなくなってたけど

全力は尽くしたよ!
今回は自分のスタイルだけは貫いたと思う!

コンペが終わってみて皆と一緒に登って本当に楽しかったし
ランジもエキスパートの強い人と一緒やれて凄く勉強になった

自分まだまだ!頑張る!

それと良い大会を主催して下さいました
ストーンマジックさんやMAX君やノブに他のスタッフの方々に大大大感謝です!
楽しい大会をありがとうございました~!

これからもクライミング始めたばかりの人やビギナーさんが
皆と楽しめる大会を期待してます!

それと一緒にイベント出来たら良いですね~!


入賞結果

男子ビギナー  谷口さん 2位    古田嶋さん 4位    坂本さん 7 位

女子ビギナー   AYAさん 4位     久美子さん 5位

本当におめでとうございます!又皆で頑張っていきましょー!

あとで皆の写真少しずつUPしていきますね。


さて今日は休みだし、これから疲れた体癒しに海へ行こうかな~


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

燃えた長く熱い1日

皆の熱いクライミングで今日は自分も燃えた!
完全燃焼!

皆良く頑張った!本当に嬉しいです

皆はSpeedyの誇りです!!

いろいろ書きたい事あるけど
今日はパワー使い切りましたので
後日書きます!

とりあえずお疲れ様でした

そして今日これだけは言っておきます
Speedyの皆最高だったよ!
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

思いきり楽しもう!


いよいよ明日はビギナーさんのコンペですね
頑張って&楽しんで行こうね!

皆初めてクライミングをやった時って憶えてるかな?
自分は楽しいのと悔しいのとで腕に力が全く入らないまでやってたよ(笑

皆はこのSpeedyのウォールから始まったんだよね!
ここのドアを開けて中に入った時から
自分への新しいチャレンジが始まったんですよ

そして又コンペと言う新しい事に又チャレンジしようとしている
それ自体が素晴らしい事だと思いますよ

明日はそんな初めてクライミングをやった日の事を思い出して
純粋にこのスポーツを楽しんだら良いと思います

どんな結果だとしてもそれは
今後のクライミングにしても自分にとっても絶対プラスになるはずです!
これだけは間違いないです。

それに仲間も増えたし~!
皆1人じゃないよ!

皆で思いっきり楽しんで良い1日にしようね!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ