フジコ・ヘミング ピアノリサイタル



先日ピアニストのフジコ・ヘミングのピアノリサイタルに行きました。

ずっと楽しみにしていましたので開演前からワクワク。

フジコさんが現れるとその圧倒的な存在感とオーラに感動。

静寂の中、演奏がはじまると主旋律を強く情熱的に弾くピアノにすぐに引き込まれていきました。

年齢や聴力を失った事など微塵も感じさせない、その力強い演奏に魂を揺さぶられます

どの曲も素晴らしく息を呑み食い入るように聴いていました。

そしてソロ最後の曲リスト「ラ・カンパネラ」は

彼女の人生の全てをピアノの音に乗せて弾くように切なくてドラマティック。

素晴らしいとしか言いようがない程に感動していました。

演奏後、少し体調が優れなかったと彼女は語っていましたが

それが逆に命を削ってまでも、全てを演奏に傾けているかのよう・・。

このラ・カンパネラの演奏は、大げさでなく今後の自分にとっての人生に大きな影響を及ぼすほどに凄い衝撃で感動的な演奏でした。


自らは年齢を明かす事の無いフジコ。


それは今自分は幾つだらかとか、もう幾つになるからとか言ってしまえば
自分自身への言い訳にしか過ぎない事を彼女は悟っているからでしょうか。

自分を磨き向上していく事に年齢など関係ない。


「奇跡のピアニスト」フジコ・ヘミングと言う彼女を表すフレーズは本物でした。

同じ空間で彼女の生演奏を聴けた事に心から幸せを感じます
それほど素晴らしかったです。

ヨガ的に言うと人にもプラーナ(エネルギー)があります

そのエネルギーと勇気とをもらった気がします。

自分も年齢や環境に言い訳する事なく、運命が開かれる時までに準備し努力しつづけて行こうと
改めて思いました。





フジコの演奏をそっと待つスタンウェイ。
このピアノに魂を入れる事が出来るのは本物のピアニストだけなのでしょう。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

良いな鎌倉



鎌倉に引っ越して一週間経ち昨日の休みは久々に波乗りを満喫しました

すぐに海に行ける環境はやはり良いですね。

街並みも歴史と情緒があって好きです

古いお寺が沢山あり、ポンプ式の水道や昔ながらの銭湯もあったりで

引っ越したばかりなのに何だか落ち着くんです。

通勤も鎌倉から北鎌倉を抜けてくるジムまでの道並みも良いんだぁ。。



目の前にある海も静かで大好きです

もっと鎌倉の街を散策してみようと思います。





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

鎌倉の海に引っ越しました。



人生に一度は大好きな海の近くに住みたいと思って鎌倉に引っ越しました。

海に近いと言うかすぐそこに海があり、窓から海が見えますし波の音も聞こえてきます

部屋で波の音を聞きながら過ごしていると、とても穏やかで癒されます

波乗りやヨガもこの海で出来るので楽しみですね。

心穏やかに生活できる事は自分の体に作用しボルダリングも含め

全てに良い結果が出ると思っています

何より自然の海が側にある生活はやはり良いですね!



窓からはこんな海の景色が見えます

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

彼女はこの暑さでやる気なしです



皆さんも夏バテには気をつけて元気な夏を過ごしましょー
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

家族と時の経過



家で一番の寝ボスケのノン(♀)もう家に来て10年以上経つからお婆さん犬なんです

二階でお袋と一緒に寝てるんだけど
目が悪くなったみたいで最近階段を下りて来れなくなった

そのノンをお袋が抱きかかえて朝一緒に階段を下りてくる

その姿を見ていると

ノンもお袋も年をとったなぁ・・そう思うと何だか考え深くなってしまう

人もペットも同じ時間を経過して年を重ねているんですね。。

昨日も自分が子供の頃に良く遊んでくれた近所のおじさんを久々に見かけた
杖をつきながらやっとの思いで坂道を登っている姿は
自分の記憶の中のおじさんでは無く、お爺さんになっていた。

少し進んでは足を止めて休み、目を細めて坂の上を眺めて又登りはじめる

その眼差しだけは以前の優しいままだったけど。

時の流れは皆平等に経過してる

そのお爺さんの姿はこれからの時の経過によりやがて自分の姿になるの
かも知れません

時の流れは早く人生は短い
今を命一杯生きて充実した時を重ねて人間的にも男としても
幾つになっても魅力的でありつづけたいな。。

年をとったら「老人と海」の主人公のサンチャゴのような男に成りたい!(笑

今日の日差しは少し暖かくて春を感じますね

春はもうすぐそこです!さて今日も命一杯頑張ろう~。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

毎日が最高に



今日はオーストラリアから帰国した友人と一緒に波乗りでした

昔から危ない事ば~っかり一緒にやって来た友(笑
年は下だけど熱い生き方をしてる奴でリスペクトっ!

本当は今日も御岳に入ってストイックに1人でトライしようと思っていたのですが
今週はトレーニングも少しハード気味だったのでボルダーはレストにしました。

それに気の合う友人との時間は楽しくていろんな意味でリフレッシュ出来るから
凄く大事だし!

今日のサーフィンもメチャ楽しかった~

波乗り終わった後も浜辺で悪ふざけ全開で遊ぶ!砂浜日差しが暖かくて気持ち良かった
あ~今日も終始笑ってたなぁ~!

疲れも吹っ飛んだし、又これで次のトライに向けて頑張れる!

自分の本当に好きな事をやって生きて行くにはリスクもあるけど
それを理解してくれる人や共感してくれる友人が居る事に感謝だなぁ~

DO WHAT YOU REALY WANT TO DO.

何時でも今が最高っだって思っていられる生き方したいよね。

     

海に居るとサーファーの顔になってきたかな。。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

I LOVE ROCK & WAVE



今日は朝波乗りでした、海でSpeedyにも登りに来てくれる
ゴリラーズのT原さんに会いました~

ここの所外岩で少しだけ海に行けなかったので
何だか力入ってしまったようです

しっかり指摘されました・・(笑

でも気持ち良かったなぁ
自分は秋の海が一番好きなんです

ボルダリングは仕事の延長上にあるから余り根を詰めると返って視野が狭くなってしまいます

だから波乗りやヨガで自身を浄化させる事でリフレッシュ出来るんです

それはボルダーにもプラスに働きます

まぁ~ただ単純に好きっ!なんだけど

達成感のボルダー。爽快感の波乗り。そしてどちらの自然にも癒される

俺岩も波も同じに愛せるな。。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

終わり無き夏



本日最後の夏休みも海に向かい波乗りを楽しみました

良い夏休みだったなぁ・・

ディープウォーターにサーフィンに絶えず海があった

ディープウォーターの開拓にはこれから本気で取り組んで行こうと思います
先日開拓で試しに登ってみてそう決心しました

それは自分が好きなクライミングと海が同時にそこにあるし、誰もやってない所を登れるからね。

しかし水深の状態もそうだし、下の部分が海で隠れていて少しでも下がスラブ状になっていれば直に岩に落ちかねないのでリスクも大きい

それらを調べて試登して行かなくてはなりませんね。

でも海に落ちて浮かび上がって来る時
自分が落ちた時の泡の輪に下から見て浮上するのが最高に気持ち良いんです

もっと高い所から落ちればそれだけ長く海の中に居られるし。

それとサーフィンのように冬でもディープウォーターが出来るようにこれから色々試行錯誤して行きたいと思います。

この夏は自分にとってもSpeedyにとっても良い分岐点だったのかもしれませんね。

もちろん普通のボルダーもガンガンやりますよ!(笑

クライミングジムが増えて行く中でSpeedy独自のスタイルを
又明日から目指します!

どうやらまだ夏は終わりそうもありませんねぇ

自分にしか出来ないようなオリジナルな事をして行きたいです

ジャック・マイヨールのように・・・。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



今日の夕方は綺麗な虹を見ました
夏の夕焼けの雲と共にあんな綺麗なアーチの虹は初めて見ましたね

何か良い事あるかなぁ~
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

動物病院


今日はオフなので事故のケガの治療に病院に行って来ました
沖縄ボルダートリップまで後1週間だしね。。

帰って家でゆっくりしていた所、ノン(シーズ♀)の目が赤く腫れていた!

よく見ると彼女の左目だけ閉じていてなんだか痛々しくて可哀想・・

早速近くにある動物病院へ連れて行った。飼い主揃って今日は病院DAY・・

診察室に一緒に呼び出されて診察してもらうと、目の角膜に傷が出来て感染してるとの事。

早速治療する獣医さん、一緒に手伝って欲しいと言われたので
そばで手伝いをしながらノンを見守った

治療中は俺の目をじっと見つめ自分の傍から離れなれようとしない

きっと彼女不安なんだろうね、普段は俺につれない態度なんだけど
この時ばかりは俺に助けを求めてるそぶりで、ちょっと切なくなった。

早めに病院に連れて来たのが良かったみたいで、大事にはいたらず無事に
治療も終わり
帰りは一緒に散歩しながら帰って来ました。

これで彼女との絆の距離は少しは近づいたかなぁ・・(笑


待合室不安そうな表情のノンです
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ