ミャンマー・日本語学校ブログ

ミャンマーでの生活、教育、ビジネスなど
ヤンゴン在住12年の作者がお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブルートレインがミャンマーへ

2008年11月30日 | 旅行・観光


今日はとても嬉しいニュースがあった。

JRの寝台特急「北斗星」の車両がミャンマーへ売却されることが決まり、近くミャンマーの鉄道を走ることになる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000512-san-soci

客車が18両の他にディーゼル機関車2台も同時にミャンマーへ輸出されるという。

ミャンマーでどの区間を走るのかまだわからないが、たぶんヤンゴンとマンダレー間の夜行急行列車として使用されるのだろう。

しかし、今のダイヤは早朝発の昼間運行の列車ばかりであり、夜行列車は運行されていない。

もし、このブルートレインが走ることになった場合は、ダイヤ改正して夜行列車を運行させるのだろうか。

「北斗星」は函館から上野まで一度だけ乗ったことがある。
子どものときからブルートレインが大好きで、「あさかぜ」「富士」「さくら」「みずほ」「瀬戸」「音戸」「あかつき」....など本当にたくさんのブルートレインに乗った。

全車寝台タイプの豪華列車がミャンマーを走る姿を想像するだけでわくわくしてくる。

客車や機関車の塗装はたぶんそのままだろうから、ミャンマーの景色とブルートレインの組み合わせが実現するとはなんか夢のようだ。



↑このディーゼル機関車もミャンマーへ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 演劇コンクールで優勝! | トップ | もう12月ですね! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行・観光」カテゴリの最新記事