ミャンマー・日本語学校ブログ

ミャンマーでの生活、教育、ビジネスなど
ヤンゴン在住12年の作者がお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

立食パーティー

2008年03月21日 | ホテル情報
日航ホテルヤンゴン創立10周年記念とシャトリアムホテルと改名を披露するパーティーがあった。

来る4月1日から「日航」という看板はなくなり、タイ資本のシャトリアムホテルと名前が変わる。(勿論、経営者も変わる)

パーティーは立食形式で、在ヤンゴンの大使館関係者、旅行会社、取引先などからの招待客で会場はぎっしり一杯になった。
なぜか、うちの日本語学校も招待された。

7年前にここで結婚式を挙げたのだが、そのときのホテルの名前が消えてしまうのは何となく寂しいものだ。

パーティーが始まったのは6時半で、会場を後にしたのが8時半だったから、その間ずっと立っていたことになる。

立食パーティーというのはどうも苦手だ。
足は疲れるし、どう振舞ってよいのかもわからない。

でも、食事の内容がとても豪華で、大満足だった。
コメント

ユキヘアサロン(日航ホテル内)

2008年02月22日 | ホテル情報
いつもお世話になっている佐久間雪夫さんが経営する理容院である。
今日もヘアカットとシャンプー、マッサージをしてもらった。

東京で長年、理容師として活躍されていただけあって、カットの腕は一流だ。

妻が言っていたことだが、佐久間氏にカットしてもらうと、鋏の切れがよく髪をやさしく扱ってくれるため気持ちがよいが、他のローカルの店でカットすると、安物の鋏を使っているため、カット中に何度も髪が鋏に引っかかってしまい、痛いのだとか。

お客さんは主にヤンゴン滞在の日本人や外国人だが、最近はミャンマー人のお客さんも増えているそうだ。

アカデミー賞を6回も受賞した俳優のヤンアウンなど有名人もカットに来るそうだ。
今日は偶然、雑誌などでモデルとして活躍中のモーアウンイン君が来店したので、早速彼をモデルにして写真を撮らせていただいた。

私と佐久間氏はほとんど同時期にミャンマーに移住して来たので親近感がある。
実は、この日航ホテルのテナントを紹介させていただいたのは私なのである。

ところで、日航ホテルは4月から経営者が変わり、CHATRIUM HOTELと名称も変わる。
経営者が変わっても、佐久間氏の理容室はそのまま継続されるということを聞いて安心した。

日航ブランドがなくなるのは寂しい限りであるが、宿泊料金が下がることを期待している。
コメント

懐かしのインヤーレイクホテル(2)

2008年01月30日 | ホテル情報
でも、このホテルが嫌いになったわけではない。

ホテルのすぐ目の前がインヤー湖畔で、朝散歩するのがとても気持ちが良かった。

このホテルのフロント係の男性Mさん(当時40歳くらい)と親しくなって、彼の車(マツダのジープ)で町を案内してもらったり、彼の家で食事をご馳走になったりした。

Mさんはラングーン外国語学院(現ヤンゴン外国語大学)で2年間日本語を学んだこともあり、日本語がとても上手だった。

その後、彼とは何年か日本語で文通が続いたが、突然脳梗塞で亡くなったという知らせを聞いた。
彼の夢は日本に行くことだったが夢が叶わないまま人生を終えてしまった。

先週、ほぼ25年ぶりにこのホテルに来る機会があった。
25年前のことが本当に懐かしく思い出された。

(注:ホテルは最近、外国資本によって全面的に改装され高級ホテルとして生まれ変わっています。)
コメント

懐かしのインヤーレイクホテル(1)

2008年01月30日 | ホテル情報
25年前の1983年3月、初めてヤンゴン(当時はラングーン)に到着した。
ヤンゴンで最初に泊まったホテルがインヤーレイクホテルなのである。
(写真は現在のもの)

1970年代に旧ソ連の援助によって建設されたホテルで、当時では最も豪華なホテルだった。
しかし当時は国営ということもあって、サービスはひどいものだった。

まず部屋の鍵がかからない。
従業員がノックもせずに平気で入ってきて、「何か手伝いましょうか?」と聞いてくる。

バスタプにお湯を入れようとしたら、黒くて砂まじりの水が出てきた。
結局、お湯が出ることはなかった。

天井にはたくさんのヤモリ君がいて、「ケッケー」と大きな声で泣いている。

エアコンも音だけ「ゴー」とやかましく、ほとんど冷気が出ていなかった。
うるさいのでスイッチを切った。

まどのカーテンにはカビが生えていた。

到着したのが夜でお腹がすいたので、ホテルの食堂で食べることにした。
1階のロビーの奥が食堂になっているのだが、薄暗くてだだっ広いスペースに誰もいなかった。
奥からウエイターらしき男性が出てきたので、メニューを持ってくるように頼んだ。

ウエイターの最初の一言が
「あまりお勧めできないけど、食べますか。」だった。

注文して料理が出てくるまで30分かかった。
注文したのはミャンマー風鶏肉カレーだったが、あのまずさは半端ではなかった。
料理と一緒に出てきたパンも固くてまずくて食べられなかった。
デザートのバナナも黒く萎びていた。
コメント