TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

桜めぐり (高遠~山高神代桜~神田大糸一本桜)

2010-04-26 | 写真日記

真冬に逆戻りした天気は、季節外れの雪まで降らし、 4月とはいえない寒さに震えあがる春です。
さて、4月といえば桜、天候不順にもかわらず、各地の桜は綺麗に咲いているようです。
今年の花見はどこにしよう、、、晴れ間をねらって出かけてきたのは、
天下第一の桜と呼ばれる信州伊奈・高遠城址のタカトウコヒガンザクラ、
次に山梨県・日野春の山高神代桜、さらに足をのばして大糸一本桜と、桜めぐりをしてきました。

中央道飯田インターから高遠に向かうと、杖突峠からはを伊那谷の美しい山間の風景がひろがり、
高遠城址に近づくにつれ、景色は桜のピンクが増して、期待感を盛り上げてくれます。
アプローチからして素晴らしい高遠の桜、さて今年のサクラはどんなでしょう。

 

 

ようやく好天となったこの日、平日とはいえ午前9時には付近の駐車場は満車状態。
桜の人気スポットど真ん中ですものね~
それでも入り口近くに運よく一台の空きを見つけて駐車、こいつはハナから縁起がいいわい(^・^)

 

 

快晴の空を覆い隠すほどの満開の桜、ブルーとピンクのコントラストも美しいです。

 

 

 本丸跡のサクラです。
 ここにあるタカトウコヒガンザクラは、明治8年頃から植えられ、いまでは樹齢130年を越す老木
 も
ありますが、このように老いてもなお美しい花を咲かせています。

 

  

  小ぶりながらも紅が濃いめで可愛らしいタカトウコヒガンザクラ。


 
 

 

 

                     

 

豪華絢爛の桜景色を見せる高遠城址公園、その数は現在1500本あります。
昨日のニュースによると、一昨日降った季節外れの湿った雪が満開の花びらに積もり、
その重みに耐えきれず60本もの枝が折れてしまったそうです。
桜守のかたたちは、急ぎ折れた枝を切り落とし、防腐剤を塗布してサクラの手当てを行ったそうです。
ああ、、あの見事な桜が60本も被害にと思うと悲しいですが、
これも自然なるものの厳しさ、試練なのでしょうね。

 

 

 

 

 中央アルプスと南アルプスに抱かれた伊奈谷、タカトウコヒガンザクラの向こうに見えるのは
 木曽駒かな???

 

 

 

 城内を埋め尽くすサクラ、薄紅色に酔いしれる春を味わえる高遠、素敵なところです。

 

                          

 

 高遠城址をあとに、次に向かうは山梨県・日野春にある実相寺。
 寺の境内には日本最古で最大の桜、山高の神代桜があります。
 
 樹齢約2000年、目通り幹囲は10mを越す大きなサクラです。

   

 実相寺山門よこに並ぶソメイヨシノも見事です。 

 

 

 

 樹齢約2000年、、、ものすごい貫禄があります。
 花の見頃は一週間前でしたので、ほぼ咲き終わってはいますが、その風格たるや
 長い年月を見据え、毎年花を咲かせてきただけに、底知れぬものが伝わってきます。
 サクラの種類は彼岸桜の一種エドヒガンザクラで、中部地方特有のものだそうです。 
 三春の滝桜・根尾谷の薄墨桜とともに日本三大桜のひとつに数えられています。

 

 

 

 そして、お寺の庭には7000本の水仙がこれまた見事に桜とコラボ!

 

 

 

 さらに素晴らしい景観をつくりだしているのが、本堂後ろに聳える甲斐駒の眺め!
 南アルプスの秀峰、「山の団十郎」との呼び名もある甲斐駒ケ岳が
 咲き誇る桜をバックに眺められ、昨年秋にあの頂に立った私としては、感慨も一入でした。

 

 

                       

 

 実相寺で神代桜を見がてら小耳にはさんだ話では、この近くに名高い枝垂れ桜があるそうで、
 それっとばかりに次は小渕沢に向かいました。

 その桜は、神田(しんでん)の大糸桜といって、樹齢約400年のシダレザクラで、
 その昔ここには神社に捧げる米を作る田があり、その豊穣を願って植えられた桜だそうです。
 JR中央本線の車窓から、田園風景のなかにポツンと一本見える桜としても有名。

 

 

 わかりにくい田舎の細い道を何度か場所を尋ねながらたどり着きました
 空き地につくられた駐車場から5分ほど農道を歩いていった先の畑の中に、
 周囲を風よけネットでかこまれた枝垂桜が見えてきました。
 景観的にはネットは邪魔ですが、このときも風が強く、たしかにこれでは桜が風にやられて
 しまうなと実感。 左に富士山が見えて、ここでも桜と山のナイスビュー

 

 

 樹齢400年、幹回り7,5m、枝張り20m、堂々としたシダレザクラです!
 このあたり標高が高いせいか、花はまだ蕾がほとんどでしたが、満開となったときは
 さぞかしゴージャスな眺めとなることでしょう。

 この土地の人々には、桜の花がにぎやかに咲く年は豊作になる」との言い伝えが残っていて
 自然との共生のなかで自然に畏敬の念を感じ、つつましやかに自然の恵みを受けては
 感謝と親しみの気持ちを深めていったのではないかと思います。

 

 春は荒々しい季節、というのを今年ほど実感した年もありませんでした。
 そんな季節のなかで桜が私たちにもたらす幸福感、それを強く感じた年でもありました。
 山の峰々に積もった雪が、桜の開花を機にすこしづつとけていっては田や畑に豊かな水を、
 また、桜が咲く頃から陽射しは徐々に強まり、太陽のパワーが豊穣に導くといったことなど、
 桜と人々の暮らしが古き昔から密接な関わりをもっていたように、時代は変わっても、
 なぜか桜に対する愛着や親しみが薄れずにいるのは、そういったところにもあるのではないかと
 桜めぐりをしながら思いました。
 
 

コメント (8)

春の女神が舞う山へ

2010-04-12 | 写真日記

寒の戻りがひと休みして、春らしい暖かさが訪れ、桜がちょうど満開となるころに、
毎年登っている山があります。
神奈川県北部に位置する標高578mの石砂山(いしざれやま)は、
いまでは絶滅危惧種となったギフチョウが自然発生する貴重な里山です。

アゲハチョウ科に属する本州特産チョウのギフチョウは、
年に一度、春に発生するたいへん美しいチョウで、その可憐な姿から『春の女神』と呼ばれています。
1960年以前には、丹沢から津久井にかけての山麓に広い範囲で見られたギフチョウですが、
その後開発がすすみ、里山が手入れされなくなったことなどから、多くの生息地が相次いで消滅、
いまではここ藤野町にわずかに見られるだけとなってしまいました。

 

 

 

 登山口に向かい、篠原の集落がある小道を行けば、長閑でほっとする景色が広がり、
 田の畦にはイヌノフグリやオドリコソウなど春の花がびっしりとならび、
 土手の斜面ではエイザンスミレ、ケマルバスミレが可愛らしい顔をのぞかせ出迎えてくれます。

 

 

 

      

 

                    

 

 

  

  お地蔵さまの後ろで真っ白な花を咲かせているのはズミ。
  春の陽射しにまぶしいほど白く輝いています。

                   

 

    

    ズミの根元にはアマナがたくさん咲いて♪♪♪

 

 

          


 この一角にはズミの木が何本かあるのですが、それらのほとんどは枝が折れたり、また根元から
 倒れてしまったものもあり、それでも綺麗に花咲いている姿が哀れです。
 先日の春の嵐でやられたのでしょう。 春のイメージは、ふわんとした穏やかで優しい感じを
 思いがちなのですが、実際のところ春は、そうではなくて、四季のなかで最も荒々しく、
 気温の変化も激しいパワーのある季節なんだというのを、このズミへの仕打ちをを見て思います。

 

 登山口からしばらくは暗い杉の樹林帯を登り、やがて広葉樹の明るい雑木林の道となります。
 さあ、今日は運よく春の女神に出会えるのでしょうか。

 

 

 林床に見られるカントウカンアオイの葉です。
 ギフチョウは、この葉の裏側に真珠のような小さな卵を産みつけ、卵が幼虫となってからは葉を
 食べて育ちます。約40日で蛹化、初夏から翌春までの長い期間を蛹で過ごします。


 

 陽だまりの尾根道を山頂めざし歩いていると、ひらひら~ 一頭のギフチョウが現れました!
 地面すれすれを緩やかに飛びまわります。
 ギフチョウの姿が見られるのは、気温15℃以上で風のない穏やかな日と条件が繊細なのも、
 春の女神様らしいです。。

 

           

           枯れ葉の上でそっとお休みになる女神さま、、、(^_^)

 

 山頂までの登山道で出会えたギフチョウは、この一頭だけでした。
 下山してくる登山者に様子をたずねると、上には4、5頭いましたよ、とのこと、
 わっ、うれしい~♪ 期待に胸をはずませながら、わっせわっせと山を登ります。

 山頂にはカメラを手にした人たちが何人もいて、女神さまを囲みしきりにシャッターを切っています。
 私もスミレにとまって吸蜜中のギフチョウをパシャパシャ。

       

 

       

 スミレの蜜をちょこっと吸っては飛び、また別のスミレにとまるを繰り返しながら山頂周辺を
 低く飛び交うギフチョウ。そうしたギフチョウの姿をぼんやり眺めているだけで、なんかハッピーな
 気分になります。 そして、ギフチョウとともに春の訪れをしみじみと感じられるのが、この山です。

 

 さて、山頂をあとに来た道を戻ります。
 登ってくるときギフチョウを見かけた場所では、一頭がひらひら飛んでいました。
 きっとこのあたりが好きなんでしょうね~

 登山口周辺の野原にも、何頭かのギフチョウが見られ、カメラを持った人たちが追いかけています。
 お地蔵さまをよく見ようと、草をかきわけ進んでいくと、そこへ一頭のギフチョウが飛んできて、
 私の目の前にとまりました。

       

       美しい翅を広げて見せてくれた女神さま  なかなか毛深いんですね~

 

 

 野に咲く花を眺めながら、のんびり歩いてクルマをとめた場所へと戻ったのが13時過ぎ、
 まだ早いので、帰り道途中にある「七沢森林公園」へ寄ってみることにしました。

 

 

 

 「七沢森林公園」は、東丹沢の麓にある里山をそのまま公園として活用、横浜スタジアム24個分
 の広さがあり、アップダウンを繰り返しながら一周するだけでかなりの運動量になります。
 ちょうどサクラが満開で、静かな山里でのお花見が楽しめました。

 

 春が、荒々しさのなかに垣間見せる美、それはサクラやカタクリなどに代表される儚くも美しい
 春の花たち。厳しい寒さから解放され、ひととき暖かい陽射しに包まれるとき、
 強いパワーと繊細な優しさを併せもつ、春の息吹をひときわ感じます。

 

コメント

ひよこ組 

2010-04-03 | kanon

 4月1日、夏音は保育園の入園式を迎えました。
 きょうから新しい生活がはじまります。

  先生のお話に聞き入る?かのん

 

 

   胸につけた名札をジッと見つめて・・・

 

 

   園児たちが元気よく歌を合唱して歓迎

 わたしも5年後には、お歌をうたってあげるおねえさんになるんだわ。

                 

                          

 

 そして翌日、、、
 はじめての保育園生活、1時間ちょっとの時間ではあったけど、
 人見知り激しいかのんは、不安と寂しさいっぱいで、
 泣きっぱなしの汗びっしょり、湿度100%になって、ひたすらお迎えを待ちました。

 前の日に行ったお花見のこと、

 

 

 

 

 見るものみ~んな?!?!だった『夢と魔法の国』のこと、  

   

     

      このヒト、人間???

     驚異の目で、ジッとピノキオの顔を見つめていたかのん(笑)
     

 

      

  楽しかったこと思い出そうとしたけど、ダメダメダメ~
  もうもういっぱい泣いてしまったわたしです。。

  うん、また月曜日から試練の日々よ
  でもわたし、がんばるわ。
      

コメント (2)